食欲 拒食症・摂食障害 肥満、ダイエット:
2019年7〜12月

ほか「食欲 拒食症・摂食障害 肥満、ダイエット」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2019年9月 Science 食餌を感知する
 脳の視床下部は代謝と摂食の調節に関連しています。
  高脂肪食を与えられたマウスでは、ミクログリアと呼ばれる脳の先天性免疫細胞が活性化され、体重増加の開始前に視床下部の炎症が起こります。
  高脂肪食は、脱共役タンパク質2(Ucp2)遺伝子の発現、およびミクログリアのミトコンドリアの変化を誘発します。 ミ
  クログリアにおけるUcp2遺伝子の除去は、これらの変化を防ぎ、マウスを高脂肪食による肥満から保護しました。
2019年9月 BBC News Obesity not caused by lack of willpower - psychologists
 心理学者の報告によると、肥満を道徳的な失敗と見なすと事態が悪化するだけです。
2019年9月 慢性的な下痢が肥満の原因!? 米国民保健栄養調査  肥満と排便習慣
 Obesity is associated with significantly increased risk for diarrhoea after controlling for demographic, dietary and medical factors: a cross-sectional analysis of the 2009-2010 National Health and Nutrition Examination Survey.
2019年9月 BioToday 落花生や木の実をよく食べると体重が増え難く、肥満になり難い

2019年9月 BioToday 課税でお菓子の値段が2割増しになれば英国の肥満率(%)は1年で2.7下がる
2019年9月 BioToday 脂肪組織標的ペプチド付きFabp4遺伝子抑制CRISPR干渉剤が肥満マウスに有効
2019年9月 腸内細菌叢の異常が神経性やせ症の病態に関与  新たな栄養療法の可能性   九州大学 東海大学
 ヒト型の腸内細菌叢をもつ人工菌叢マウス(やせ症型マウス、健常型マウス)を作製
 やせ症型マウスでは、バクテロイデス属というグループの腸内細菌が減少しており、同じグループの腸内細菌を投与すると不安様行動は正常化
2019年9月 BioToday 腸のIgA抗体回復は肥満関連疾患の治療法として有望なようだ
2019年8月 Nature  褐色脂肪組織を介した熱産生は分岐鎖アミノ酸の取り込みに依存する

2019年8月 飢餓を感知する感覚神経は新たな行動戦略を生み出す  東京大学
 飢餓と同時に経験した味を忌避するようになる学習に関わる感覚神経 線虫C.エレガンス
2019年8月 BioToday 褐色脂肪は滞ると有害なBCAAをミトコンドリアにせっせと届けて熱に変える
2019年8月 世界初!腸内細菌が起こす病気の革新的な制御法を開発
 夢の肥満ワクチン、糖尿病ワクチンの開発へ 東京大学 大阪市立大学 日本医療研究開発機構
 あらゆる粘膜で非常に高濃度の抗原特異的な免疫グロブリンA(IgA)を誘導する方法を開発
 病原常在腸内細菌を制御
2019年8月 絶食で経口ワクチンの効果が消失する仕組みを発見
 腸管免疫の機能維持には食事が必須 国立国際医療研究センター 慶應義塾大学
2019年8月 LiveScience Jogging Is the Best Weapon Against 'Obesity Genes'


2019年7月 BioToday 拒食症と関連する8つの遺伝子特徴を同定
2019年7月 BBC News Anorexia stems from body as well as mind – study

2019年7月 毎日新聞 肥満になると聞こえにくくなります 研究グループ発表 聴覚細胞損傷か
2019年7月 AFP  肥満のまん延、遺伝子も関連 主な原因は環境
2019年7月 BioToday 遺伝子ではなく太りやすくする環境が肥満増加の主因〜ノルウェーでの試験





2019年7月 BBC News Calorie counting apps 'can exacerbate eating disorders'
 カロリーカウントアプリ『摂食障害を悪化させるかもしれない』
2019年7月 BBC News Obesity 'causes more cases of some cancers than smoking'

2019年7月 自然リンパ球が肥満を誘導することを発見
 肥満症治療に向けた新しいターゲットとなる可能性 理化学研究所
 自然リンパ球は近年新しく発見されたリンパ球
 周囲の環境から産生されるサイトカインによって活性化
2019年7月 BioToday  空腹をなだめる役割を担う神経のエネルギー消費亢進作用もマウス実験で判明

 以上、 →2019年7〜12月の記事でした


→ 「食欲 拒食症・摂食障害 肥満、ダイエット」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー