五感:視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚:
2019年7〜12月

ほか「五感:視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2019年12月 BioToday 人工網膜からの視覚と生来の視覚は脳の視覚野で一体化しうる~AMD治療に光明

2019年12月 BBC News What's the best colour lighting for sleep?
 睡眠に最適な色の照明は何ですか?
一般的な信念に反して、スクリーンからの青い光はそれほど悪くないかもしれない
2019年12月 BioToday 見ているものをどう捉えるかは前頭皮質の働きによる
 見ているものをどう捉えるか(conscious perception)は脳の視覚野(visual cortex)ではなくより高次の脳領域・前頭皮質(前頭葉)が担う
2019年12月 Nature  脳における行動の諸変数の集団的表現
 マウスの脳活動を同時記録する最先端技術「ニューロピクセル」
  視覚、選択、運動および行動的エンゲージメントに関連した信号がどのようにして生じるか、そしてそれらが皮質領域と皮質下領域にどのように広がっているかを明らかに
2019年12月 豪州ABC It's not just you. The noise in your office is very distracting
  それはあなただけではありません。 あなたのオフィスの騒音は非常に邪魔です
 音の種類とそれらがオフィスのどこから来ているかは、気が散る音に影響する可能性があります。
オフィスの音が気を散らすのは、音の種類によって異なります
サイレンのような警告音は、スピーチと同様に無視するのが難しい場合があります
予備調査では、音の方向が気を散らすものに影響を与える可能性があることが示唆されています
 オープンプランのオフィスのサウンドスケープでは、集中して作業を完了することが非常に困難になる場合があります。
 「誰かが電話で話しているときの一方的な会話は、無視するのが特に難しい場合があります。なぜなら、あなたは他の人が言っていることを再推測しているからです。」
 被験者の注意が[目の前にあるとき]、背後からの音はそれほど邪魔にならない
2019年12月 Nature  視覚を通じて脳地図を更新する仕組み
 ハエが新たな視光景を経験する時に、視覚的に反応する「リング」ニューロンから「頭方向」ニューロン、つまり脳の中心複合体にある「コンパス」ニューロンへの抑制性入力が、どのように精緻化されるのか
 ハエ脳のシナプス可塑性がキノコ体以外で報告された最初の例
2019年12月 Nature 神経科学:ショウジョウバエが方向付けられる仕組み How a fly’s neural compass adapts to an ever-changing world
 ハエに関する2報の論文で、脳の方向システムが、自己の方向に関する情報を環境の目標物の位置と調整させる学習機構が明らかに
2019年12月 Nature 神経科学:感覚運動体験は視覚入力を頭方向ネットワークに再マッピングする Sensorimotor experience remaps visual input to a heading-direction network
2019年12月 Nature 神経科学:多様な視光景における安定な頭方向表現の生成 Generation of stable heading representations in diverse visual scenes

2019年12月 ワイアード コーヒーの風味は、カップの素材や色に影響される:研究結果

2019年12月  eLife  幼児期の難聴は軽度でも脳機能に影響
 幼児期の聴覚喪失は、脳の中枢聴覚系機能の永続的な変化につながることが知られているが、新たな研究で、軽度~中等度の聴覚障害でも同様の変化につながる可能性がある
 Functional brain alterations following mild-to-moderate sensorineural hearing loss in children.
 私たちの調査結果は、「幼児期から中期の軽度から中等度の難聴でさえ」、小児期後期/青年期の音の神経処理の変化につながる可能性があることを示しています。
2019年12月 JAMA イライラして成績が伸びない子、軽い難聴を抱えているかも 聞こえの問題が行動や成績に影響
オランダ大規模コホート研究
 Association of Slight to Mild Hearing Loss With Behavioral Problems and School Performance in Children.
 純音聴力検査および騒音下での音声検査中の聴力閾値が高いほど、行動上の問題のスコアが高くなり、学校の成績が悪くなりました。
2019年11月 ドライアイ未診断者を特定し、その危険因子を明らかに
 iPhoneアプリ「ドライアイリズム®」を用いた医療ビッグデータによる臨床研究  順天堂大学
2019年11月 皮膚からのかゆみ信号が脊髄で強まってしまうメカニズムを発見
 かゆみを鎮める治療薬の開発への応用に期待 九州大学
 接触性皮膚炎モデルマウスを用いて研究
 アストロサイトから放出されるタンパク質「リポカリン2」が、炎症を起こした皮膚からのかゆみ信号を脳へ伝える中継地点の脊髄神経に作用し、その活動を強めてしまう
2019年11月 BioToday 脳は母音の開始時の声量上昇を頼りに音節を識別する
2019年11月 National Geographic JP  庭にクーガー? 危険動物を見たと思い込む心理の秘密
2019年11月 豪州ABC We all have a song to sing, but they might be more similar than we'd thought
 世界中の文化の人間の歌には普遍的なパターンが
2019年11月 EurekAlert-Science 人間の歌には世界中の文化に共通する普遍的パターンがある
2019年11月 Science 人類の歌、その普遍性と多様性
2019年11月 夜間の照明が脳の発達に影響することを発見 昭和大学 早稲田大学
 ヒトと同じ昼行性動物のニワトリをモデル
 ヒヨコをLight-at-Night環境で飼育すると、松果体でのアロプレグナノロン合成が適切に行えなくなる
 アロプレグナノロンが減少すると、成長の途上にある小脳のプルキンエ細胞が細胞死を起こす
 夜の光はプルキンエ細胞の細胞死を引きおこす
2019年11月 BioToday 小児の近視の進行を遅らせるコンタクトレンズMiSightを米国FDAが承認
2019年11月 Nature Human Behaviour 
  認知マップのメトリックを変形すると記憶が歪む
  没入型仮想現実と後継者表現モデリングを組み合わせて使用し、環境ジオメトリが、げっ歯類のナビゲーションにおけるグリッドセルの発火パターンの変形と一致する「人間の空間メモリ」を歪めることを示します。
2019年11月 Nature  国立公園がメンタルヘルスに与える影響の価値評価
2019年11月  聴覚失認者に認知しやすいチャイム⾳は存在するか
 視覚刺激と数値計算の負荷による検討 兵庫県立大学 兵庫県立人と自然の博物館
 聴覚失認者にとって負荷が軽いか繰り返しがあれば、現在のチャイムは有効である。
2019年11月 BioToday 白色雑音(ホワイトノイズ)があったほうがよく聞こえる
2019年11月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Up, pup! Dogs, like humans, associate high-pitched sounds with lofty objects
 アップ、子犬! 犬は、人間のように、甲高い音を高尚なオブジェクトに関連付けます
 新しい研究は、視聴覚リンクが哺乳類に深い根を持つことができることを示唆しています
2019年11月 BBC News Some people 'genetically wired' to avoid some vegetables

2019年11月 Science 次世代の人工視覚が視野に入る
 2014年に米国の規制当局が盲人用の人工網膜を承認して以来、約350人が移植を受け、これにより遺伝性網膜色素変性症で失われた光感知細胞からの信号が置き換えられました。 しかし、このデバイスは比較的粗い視界のみを復元するため、いくつかのグループは現在、水準を上げることを目指しています。 彼らのアプローチのいくつかは、目や脳の細胞に電気の衝撃を与えます。 他のものは、光で細胞を活性化する技術である光遺伝学を利用しています。
2019年11月 BioToday コード進行の不確実さと意外さの落差が大きいポップソングほど人を虜にする
2019年11月 BioToday 遮音ではなく音とともに幼少期を過ごすことで脆弱X症候群の音過敏を癒やしうる
2019年11月 BioToday 癌になると特に甘味を感じなくなる
2019年11月 毎日新聞 「明暗順応」メカニズム解明 網膜保護、薬剤開発に期待 阪大チーム
2019年11月 LiveScience Women Missing Brain's Olfactory Bulb Can Still Smell, Puzzling Scientists
 脳の嗅球を欠く女性はまだ臭いがする、不可解な科学者
2019年11月 BioToday 嗅球がないのにちゃんと嗅げる女性が見つかる〜左利きと関連
2019年11月 BioToday インターネットを介した前庭リハビリで慢性前庭症候群(めまい)がより改善
2019年11月 朝日新聞 「空腹は最上の調味料」本当だった 生理研が実証研究
 空腹時に味覚を調節する神経系をマウスの脳内で発見  脳の神経を光で刺激し、人工的に空腹状態に







2019年10月 BioToday 難聴の電気刺激治療の改善をもたらす折り紙細工様の柔らかな電極を開発
2019年10月 色字共感覚の色は文字についての知識を反映している    立教大学 東京大学
 文字についての知識が変化すると共感覚色も更新される
フラベリック
2019年10月 EurekAlert Living in a noisy area increases the risk of suffering a more serious stroke
  大都市で私たちが受ける環境ノイズのレベルが高いと、虚血性脳卒中の重症度と結果の両方が増大する可能性があります。 より正確には、研究者は、騒がしい地域に住んでいる人々のリスクを30%に高めました。 対照的に、緑地の近くに住むと、このリスクが最大25%低下します。 これらの要因が脳卒中の重症度に関連して分析されたのはこれが初めてです。
2019年10月 補聴器が認知症やうつ、転倒リスクを抑制
 Can Hearing Aids Delay Time to Diagnosis of Dementia, Depression, or Falls in Older Adults?
2019年10月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS One billion people, many in poor countries, have major vision problems that could be fixed

2019年10月 スラド 「ダークモード」は目に優しいわけではない

2019年10月 Nature Human Behaviour 
 人種分類の神経ダイナミクスは、顔認識と利他主義における人種バイアスを予測します
 マルチモーダル脳画像測定を使用して、同一人種および他人種の顔の分類の神経ダイナミクスを記述します。 結果として生じる動的な神経活動は、顔認識と利他的意図の人種的偏見を予測します

2019年10月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS What makes people happy when skies are gray? The color yellow
 赤道から遠く離れるほど、晴れた色と喜びを結びつける可能性が高くなります
2019年10月 Nature  一日の時間帯に応じた色の好み  ショウジョウバエ
 青色光は一日を通して忌避 緑色光に対する選好性は朝と夕方にピーク
2019年10月 Nature 神経科学:色の好みの日々のリズム Flies’ colour preferences depend on the time of day
2019年10月 Nature 神経科学:ショウジョウバエにおける日中の色選好性は概日時計とTRPチャネルに依存する Daytime colour preference in Drosophila depends on the circadian clock and TRP channels
2019年10月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Echolocation in blind people reveals the brain’s adaptive powers


2019年9月 世界初!ファッションによる体型錯視効果を定量測定
 服装による着やせ錯視、脚長錯視などを科学的に定量化する新技術
  ファッションの評価、開発に科学の目を導入 大阪大学
2019年9月 朝日新聞 着やせ効果、やはり白より黒い服 大阪大チームが検証
2019年9月 Nature  触覚が生じる仕組み
 PIEZO2は2800残基を超える大型のイオンチャネル 構造的にはPIEZO1と似ている
2019年9月 わずか 3 分、目の動きの解析で認知機能を評価 認知症の早期診断に向けた新技術 大阪大学

2019年9月 BBC News Acid attack survivor regains sight via new surgery
 酸による攻撃の生存者が新しい手術で視力を取り戻す
 外科医は、幹細胞を使用して、目の上の瘢痕組織を置換しました。
研究では、#補聴器を使用して、#認知症、うつ病、転倒のリスクを低減しています
2019年9月 触覚・筋感覚に関わる感覚神経の活動を光刺激によって選択的に 活性化させることに成功
 感覚機能障害治療への応用に期待  国立精神・神経医療研究センター

2019年8月 毎日新聞 島皮質表情から怒りの感情読み取る脳部位特定 心の機能残す手術に応用も

2019年8月 大学ジャーナル クチナシの色素が児童の近視進行を抑制、慶應義塾大学が比較試験で確認

2019年8月 Nature Human Behaviour 
声道の変化は母音に影響します
 声の地域バリエーションは母音に影響する
さまざまなサウンドシステムがどのように進化したかを説明するために、多くの理論が提唱されています。
  声道形状の違いが役割を果たすかどうかは、これまでのところ不明のままです。
 広い民族言語学の4グループの間の微妙な違いを文書化。
  コンピューターシミュレーションを使用して、時間の経過とともに差異がどのように増幅されるかを示し、多様な母音システムを導きます。
2019年8月 Nature Human Behaviour 
声道の解剖学的構造から生じる弱いバイアスは、母音の繰り返し伝達を形作ります
声の地域解剖学から出現する弱いバイアスは、母音の繰り返されたトランスミッションを形づくる
  シミュレーションにより、どのように硬口蓋のバリエーションが音声の多様性に寄与しているかが示される。
2019年8月 読売新聞 子どもの急性内斜視...スマホ使いすぎ原因か
2019年8月 小中学生の近視増加傾向への警鐘
 都内小学生の約80%、都内中学生の約95%が近視 慶應義塾大学
2019年8月 嗅覚と遺伝子多型、嗅覚と脳画像・認知機能に関するアドオンコホートを開始  東北大学 日本医療研究開発機構

2019年8月  豊橋技術科学大学  様々な色のグレア錯視に対する瞳孔反応
 グレア錯視に対する瞳孔縮小が、その明るさ知覚の程度にしたがって生じている
2019年8月 クロセチンが児童の近視進行を抑制 増加する近視に対する新たなアプローチ 慶應義塾大学
 小学生 69 名に対し、クチナシ由来の色素成分「クロセチン」を投与するランダム化比較試験
 小児の眼軸長伸長、屈折度数の近視化を有意に抑制
2019年8月 鼻の中でタイプの異なる匂いセンサーができる仕組みを解明 遺伝子制御で匂いの感じ方が大きく変化  東京工業大学
 水棲型と陸棲型のタイプの異なる匂いセンサーができるメカニズム
 たった一つの遺伝子の制御でマウスが感じとる「匂いの世界」は大きく変化
2019年8月 ワイアード 「楽器の演奏」が、英語と理数系科目の成績を上げる:研究結果

東フィンランド州の大学からの新しい研究により、現在、乳酸バクテリアおよび本質的なバクテリアがライムギの健康利点に寄与していることが示される
  ライムギパンを焼くために使われたサワー種は、乳酸バクテリアが豊富である。
2019年8月 BioToday 突発性難聴の診断/治療の手引きを米学会が改訂
2019年7月 音楽は術前の不安軽減で鎮静薬の代替に
 鎮静薬ミダゾラム静脈投与と同程度の不安軽減効果
 Music versus midazolam during preoperative nerve block placements: a prospective randomized controlled study.
2019年7月 Nature 神経科学:視覚野における集団応答の高次元構造 High-dimensional geometry of population responses in visual cortex
2019年7月 Science 後部頭頂皮質は運動計画よりも視覚情報のカテゴリー弁別の意思決定に寄与する
2019年7月 一次体性感覚野が、運動についての事前情報を受け取っていることを発見
 脳は触る前からどんな感触を得るか知っているかもしれない  東京都医学総合研究所 国立精神・神経医療研究センター 生理学研究所 日本医療研究開発機構
2019年7月 ヒトが『しっとり感』を感じるメカニズムを解明
 化粧品・自動車・繊維・バーチャルリアリティに応用展開 電気通信大学 山形大学
 ほとんど水分を含んでいなくても、「湿り感」と「なめらか感」を同時に認知すると、「しっとり感」を感じる
 モノに触れた瞬間に大きな摩擦抵抗が加わり、それが速やかに減少すると「湿り感」と「なめらか感」が認知される
2019年7月 毎日新聞 肥満になると聞こえにくくなります 研究グループ発表 聴覚細胞損傷か
2019年7月 ワイアード 人間は「叫び声」の違いを、どこまで聞き分けられるのか? 叫びの研究者が科学してみた結果
2019年7月 緑内障が睡眠中の血圧上昇と関連  奈良県立医科大学
 日本人での有病率は40歳以上の5%(20人に1人)
 自覚症状に乏しいことや視神経障害を改善する治療がないことなどから日本の中途失明原因の第一位

 以上、 →2019年7〜12月の記事でした


→ 「五感:視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー