生態系、遺伝子プール、生物多様性:
2019年7〜9月

ほか「生態系、遺伝子プール、生物多様性」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2019年09月 EurekAlert Are humans preventing flies from eavesdropping?
 ハエの盗聴を防止するのは人間ですか?
 サウンドスケープは、密接に進化したホスト寄生バチの関係の進化に影響を与える可能性があります。 交通騒音と自然の海洋騒音の両方が、捕食寄生者のオルミアフライの音への方向を阻害することがわかりました。これは、ハエの繁殖とクリケットホストの生存に影響します。
 Ormia ochracea ヤドリバエ科の小さな黄色の夜行性ハエです。コオロギへの寄生と非常に鋭い指向性聴力で有名です。
2019年9月 National Geographic JP  過去の「大量絶滅」と現在の空恐ろしい類似点
2019年9月 極限環境の湖からヒトの500倍のヒ素耐性を持つ線虫を発見
 極限環境生物の適応メカニズムを解明する糸口に
 明治大学農学部 新屋専任講師らの共同研究 明治大学
2019年9月 毎日新聞 輸出急減、缶詰値上げ サバに何が起きている?
 原因は遠いアフリカ大陸にあった。ここ2~3年でナイジェリアやエジプト、ガーナへの日本からのサバの輸出が急増。全体の輸出量は2018年までの5年間で倍以上に増え、この3カ国で約半分を占めた。経済成長で購買力が増したものの、ノルウェー産のサバが厳しい資源管理の効果で大型化し、価格上昇して手が出せなくなった。このため、小型サバの漁獲量が多い日本からの購入を増やしたのだ。
 国内で消費される生サバにはほとんど影響がない。スーパーなどで売られているのは、魚体が大きく脂の乗ったノルウェー産がほとんど。高価なノルウェー産を、経済力のある日本が購入し、小型が中心の日本産サバはアフリカ向け輸出やサバ缶、養殖用えさの間で奪い合うという構図だ。
2019年9月 Science 一時的な豊かさ
  緯度が低いほど、乾燥地域では植物のアルファの多様性が低下しますが、降水量が多い地域では10年ごとに9%も増加しました。 しかし、このモデルは、赤道および乾燥地域では、より湿潤で温暖な条件が、人間を含む非気候破壊の悪影響を取り消すことができないことを示しました。 多くの種の地球規模の絶滅リスクを高める気候変動と地域の影響を混同しないことが重要です。
2019年9月 National Geographic JP  キリンが直面する「静かなる絶滅」
2019年9月 ワイアード マイクロプラスティックは「人新世の遺物」として未来に残り続ける:研究結果
2019年9月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Connecting fragmented pieces of habitat can help endangered species recover
 調査では、「回廊」がかつて信じられていたよりもはるかに有益であることがわかりました
2019年9月 EurekAlert-Science  生息地の連結により植物多様性は数十年で上昇する
2019年9月 Science 18年間の実験における生息地の連続性を通じた植物多様性の継続的蓄積
 生息地の接続性を復元することは、生物多様性を保全するための強力な手法である可能性
2019年9月 BBC News 'Alarming' extinction threat to Europe's trees

2019年9月 BBC News Microplastics: Premium teabags leak billions of particles - study
 マイクロプラスチック:プレミアムティーバッグから数十億個の粒子が漏れる
 飲料水中のマイクロプラスチックは、現在のレベルでは健康上のリスクをもたらすとは思われない
2019年9月 豪州ABC Delicate wash cycle the worst for releasing plastic microfibres
 繊細な洗濯サイクルは最悪、プラスチックのマイクロファイバーを放出する
2019年9月 豪州ABC How the introduction of predators rapidly changed an island
 2012年まで、マリア島の動物の住人は大きな捕食者なしで生きていました。 しかし、悪魔が導入されたとき、彼らは適応するか死ぬ必要がありました。
 15人のタスマニアデビルがタスマニア島南東部に顔面腫瘍疾患から保護するために解放されたとき、その数はすぐに100に増加しました。
 採餌実験では、ポッサムが食物を探すために地上で多くの時間を費やす代わりに、木に戻ったことが示されました。
 ポッサムが行動を変えるのに3年もかかりませんでした。
2019年9月 毎日新聞 エゾシカ、国後島に生息 流氷に乗り? 生態系一気に破壊の恐れ
2019年9月 Nature 生態学:原生自然地域は陸上生物多様性の絶滅リスクを半減させる Wilderness areas halve the extinction risk of terrestrial biodiversity
2019年9月 Nature 中国が砂漠化対策として進めている大規模な植樹は、水資源に負担をもたらす恐れも。 China’s tree-planting drive could falter in a warming world
2019年9月 National Geographic JP  「人新世」が動物たちを追い詰める
2019年9月 National Geographic Less than 3 percent of the ocean is 'highly protected'
2019年9月 AFP  クラゲの大量発生、魚の乱獲やプラごみなど人間が原因
2019年9月 AFP  干ばつでコウモリが大量死、人気観光地に大量の死骸  オーストラリア
 ユーカリの重要な花粉媒介者
2019年9月 Nature  ストレス耐性のあるサンゴは海水温が下がっても耐熱性を維持する
2019年9月 Science 河川形態、生物相および生態系プロセス間のリンク:河川再生への影響
2019年9月 Science 害虫の危険
  15の最も有害な害虫(83の認識された非在来の害虫)が、樹木の死によって5.5テラグラムの炭素の推定年間損失を引き起こす
2019年9月 Science 新たな「ブロブ(暖水塊)」が太平洋の生態系を脅かす
2019年9月 豪州ABC What's your fur baby's environmental 'pawprint'?
 犬は私たちの生活を豊かにしますが、ペットの所有は地球に影響を与えます。
2019年9月 豪州ABC A successful fight against foxes gave rise to a new predator — and the effect was devastating
 キツネとの戦いに成功すると、新しい捕食者が生まれました。
 キツネの餌付けにより、野生の猫はドライアンドラで繁殖し、フクロアリとワタリを殺しました
しかし、ネコのわな、餌、捕食者に耐えるフェンスは、在来動物を救うのに役立ちました
農民も手を貸し、種は今「人口爆発」を楽しんでいます
 毒餌によって制御下にある野生のキツネは、野生の猫が代わりに入ってきて、その影響は壊滅的でした。
2019年9月 National Geographic JP  ニューヨークの海でクジラが急増、復活の理由は
2019年9月 ナメクジに寄生し、死体を利用・消費する寄生線虫の広範な分布を確認 ナメクジ駆除の生物農薬への利用可能性も 東邦大学
 ナメクジカンセンチュウ スラッグ・キラー(ナメクジ殺し) ヨーロッパでは大量生産
2019年9月 財経新聞 ナメクジに寄生する線虫、生物農薬に利用可能か 東邦大などの研究

2019年9月 読売新聞 噴火続いた西之島「生態系が回復」…環境省が上陸調査
2019年9月 Nature グレートバリアリーフの大規模白化事象などの生態学的な危機が、研究者たちに深い悲しみと心痛を。 ‘Ecological grief’ grips scientists witnessing Great Barrier Reef’s decline
2019年9月 National Geographic Three billion birds have been lost in North America since 1970
 生息地の損失、農薬などにより、北米の春はこれまで以上に静かになっています。
2019年9月 BBC News Bird populations in US and Canada down 3bn in 50 years
2019年9月 豪州ABC Bird populations are collapsing, and it's a sign of a bigger problem
 鳥の個体数は崩壊しており、それはより大きな問題の兆候です
2019年9月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Three billion North American birds have vanished since 1970, surveys show
2019年9月 AFP  北米の鳥の個体数、約50年で29%減少 30億羽に相当 研究
2019年9月 EurekAlert-Science  1970年以降、北アメリカで30億羽近くも鳥が減少
2019年9月 Science 北米で数十億羽の鳥が姿を消した
2019年9月 National Geographic JP  北米の鳥が激減、半世紀で約30億羽、3割が消えた
2019年9月 スラド ここ10年間の異常気象はアメリカに7,610億ドルもの被害をもたらしている

2019年9月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Wilderness areas halve the risk of extinction for plants and animals
荒野は、動植物の絶滅のリスクを半減します
しかし、これらの領域のほんの一部だけが保護されています
2019年9月 AFP ヒトの胎盤内から黒色炭素粒子を検出、大気汚染が影響か 研究
 胎盤の胎児に面している側である「胎児面」から検出
2019年9月 Nature  ヒトの胎盤で黒色炭素粒子が観察された
2019年9月 BBC News Wild wheat genetics offer climate hope for food crops
 小麦などの食用作物の野生の親類は、植物が変化する気候に対処するのを助けるために豊富な遺伝物質のホストをホストします。
2019年9月 ビビりなやつほど生き残る!?外来マングースによって在来カエルの逃避行動が急速に発達!
 外来種による在来種への影響の新たな側面  森林総合研究所 国立環境研究所 東京農工大学
 奄美大島において、絶滅危惧種アマミハナサキガエルの逃避行動が、侵略的外来種であるフイリマングースによって、わずか数十年の間に急速に発達
 その変化はマングースを駆除しても戻らない
2019年9月 National Geographic These surreal jarred fish tell an urgent story of extinction
 保存された水生生物の生物学者の珍しい「魚のバンカー」は、人類がどのようにして種を運命に追い込んだかを示しています。
2019年9月 National Geographic To save birds, should we kill off cats?
2019年9月 National Geographic Plant extinctions are shaking Earth’s green foundation
 鳥、哺乳類、両生類と比較して、1900年以降、野生ではより多くの植物が消滅しています。生態系へのコストはいくらですか?
2019年9月 National Geographic Learn how species that faced extinction are bouncing back
 ヤモリからクジラやアホウドリまで、 人口が絶滅のふちから後ろに引いている--集中的な保存努力のおかげで。
2019年9月 National Geographic The ‘little cow’ of the sea nears extinction
  カリフォルニア湾では、残っているバキータは19個未満です。 種が完全に死ぬ前に、自然保護論者は何を学ぶことができますか?
2019年9月 National Geographic This common fishing practice endangers an entire whale species
  多くの北大西洋セミクジラはボートと衝突したり、垂直トラップラインに捕らわれて400匹の動物しか残っていません。
2019年9月 Science 海底山脈の採掘と生態系への影響
2019年9月 Science  変わりゆく高山の生態系
2019年9月 Science  温暖化によるチンボラソ火山の変化
2019年9月 Science 地理学者アレクサンダー・フォン・フンボルトが眺めた山々
2019年9月 Science フンボルトの謎:山の生物多様性の世界的なパターンの原因
2019年9月 Science 山の生物多様性の構築:地質学的および進化的プロセス
2019年9月 Science 気候変動に対する山岳植生の応答は地上と地下の関係により形成される

2019年9月 Science 熱帯山地河川に関するグローバルな視点 熱帯山地河川(TMR)
2019年9月 National Geographic Amazon fish species at risk if fires destroy river habitat
2019年9月 豪州ABC On a remote island, mice are taking down endangered seabirds 300 times their size
 離島では、ネズミはサイズの300倍の「絶滅危惧種の海鳥」を捕獲しています
2019年9月 AFP  英海峡のイルカから高濃度の毒性物質、論文
 バンドウイルカ 58頭のうち57頭でPCB濃度の限界値を上回っていた
 雄の方がより高い濃度を示したが、これは雌が「妊娠および(中略)授乳の期間中に、PCBの大部分を自身の子に引き渡してしまう」から
2019年9月 BBC News 'Cocktail of pollutants' found in dolphins in English Channel

2019年9月 BBC News Australia bushfires are now 'hotter and more intense'

2019年9月 毎日新聞 たたら製鉄でモモンガ減少 哺乳類21属が古墳時代と近世に 国立環境研究所チーム
2019年9月 National Geographic Huge decline in songbirds linked to common insecticide
 ネオニクス(種子の段階で植物に導入される農薬)は、鳥の食欲抑制剤のように働き、数時間以内に体重を減らします。
2019年9月 豪州ABC Common insecticide causes rapid weight loss and interrupts migration of songbird
2019年9月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Common pesticide makes migrating birds anorexic2 Science Magazine
2019年9月 EurekAlert-Science  ネオニコチノイド系殺虫剤が鳴禽類の渡りを遅らせる
2019年9月 Science ネオニコチノイド系殺虫剤は鳴き鳥の食欲を減らし、渡りを遅らせる
2019年9月 National Geographic JP  殺虫剤で渡り鳥が「遅延」、激減と関連か、北米
2019年9月 AFP  パリなど仏5都市、殺虫剤の使用を禁止
2019年9月 ワイアード アマゾンの森林火災を宇宙から見ると、原因が「経済活動」であることが浮き彫りになる
2019年9月 2019年9月 National Geographic Amazon fish species at risk if fires destroy river habitat
2019年9月 地球温暖化は高山植物群落の開花シーズンを短縮する 市民ボランティアにより明らかにされた温暖化影響予測 北海道大学
 全体の開花期間は約 5 日間短縮する
2019年9月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS A dam threatens the world’s rarest ape. Why are some conservationists suddenly on board?
2019年9月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Genetic ‘road map’ reveals the lost birthplace of a 150-year-old butterfly
 遺伝的「ロードマップ」は、150歳の蝶の失われた発祥地を明らかにします
2019年9月 読売新聞 アオウミガメ、本州で自然孵化…海水温上昇の影響か
2019年9月 Science  森の巨人は最もリスクが高い木々である
2019年9月 National Geographic JP 米西海岸からアワビが消える? ケルプの森に異変
 海洋生態学者にとって「炭鉱のカナリア」であるアワビの減少
2019年9月 EurekAlert-Science 紅海のサンゴ礁では産卵同調性の崩壊によってサンゴの存続がひそかに脅かされている
2019年9月 Science 一斉産卵の崩壊:珊瑚存続への静かな脅威
2019年9月 EurekAlert-Science  栄養分の少ない北太平洋でキラウェア火山の溶岩によって希にしか観察されない植物プランクトンブルームが発生
2019年9月 Science  キラウエア火山の溶岩は北太平洋における植物プランクトンの大繁殖に拍車をかける
2019年9月 神戸大学 地理情報システムと環境DNAの組み合わせで絶滅危惧種ヤマトサンショウウオの新規生息地を発見!

2019年9月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS €100 million German insect protection plan will protect habitats, restrict weed killers, and boost research

2019年9月 朝日新聞 DNA調査で「ネス湖に『恐竜』いない」 では正体は…
2019年9月 財経新聞 ネス湖の「ネッシー」の正体は「巨大うなぎ」という説
2019年9月 Nature  異なる気候でシロイヌナズナのゲノムが受ける選択
2019年9月 Nature 生態遺伝学:現在および将来の気候においてシロイヌナズナのゲノムが受ける自然選択 Natural selection on the Arabidopsis thaliana genome in present and future climates
2019年9月 National Geographic JP  海藻は「温暖化対策のカリスマ」、最新研究
 海藻が、温暖化対策の万能選手になりうる
2019年9月 豪州ABC 'We're losing our penguins': With 170 birds dead, there are fears colonies will be wiped out
 過去1年間に、タスマニアで170頭を超える小さなペンギンが犬に襲われて死亡しました。
2019年9月 HARBOR BUSINESS Online 国内で販売される小麦製品の約7割からモンサントの除草剤「グリホサート」検出
 国内産の小麦からは検出されていない
 米国では市民団体が外食店を調査したところ、全ての店の商品からグリホサートが検出された。
 日本の小麦の自給率は約14%
2019年9月 BBC News Climate change 'has affected a third of UK bird species'
 気候変動は「英国の鳥類の3分の1に影響を及ぼしています」
2019年9月 日本で繁殖する主要海鳥種の個体数変化を初めて解明
 ウミガラス・エトピリカ・ウミネコ・オオセグロカモメの減少を確認  山階鳥類研究所 北海道大学
 絶滅危惧種(ウミガラス・エトピリカ)と広域分布種(ウミネコ・オオセグロカモメ)の双方が減少
2019年9月 財経新聞 海鳥の世界的減少、やはり日本でも 北大・山階鳥類研究所の研究
2019年8月 Science アマゾンの火災と森林破壊との関連を科学者が警告
2019年9月 National Geographic JP  アマゾン森林火災、実態は「伐採規制前への逆行」
2019年8月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Great white sharks have suddenly disappeared from one of their favorite hangouts
 偉大なホオジロザメがお気に入りのたまり場から突然姿を消した
 科学者は、なぜ南アフリカのケープタウン近くフォルス湾で目撃例が壊れたかを理解しようとしている
2019年8月 AFP  グレートバリアリーフの長期見通し、初めて「非常に悪い」に
2019年8月 豪州ABC 'Sobering findings': Great Barrier Reef future's downgraded to 'very poor'
2019年8月 BBC News Great Barrier Reef outlook very poor, Australia says

2019年8月 豪州ABC Ancient civilisations altered the planet much more than we thought
 古代文明が地球の生態学に重大な変化を引き起こしたが、今日と比べて重要ではないと言う人も
2019年8月 EurekAlert-Science 球初期の人為的改変に関する地球規模の評価
2019年8月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Ancient farmers irreversibly altered Earth’s face by 3000 years ago

2019年8月 朝日新聞 ミンミンゼミ、なぜ都心に?東西で分布に違い 大きな謎
 「セミハンドブック」関東では平地~低山地に普通にいる大型のセミで、夏に欠かせない存在。名古屋以西では主に山間部で聞くセミ
2019年8月 Nature 生態学:気候変動と乱獲が海洋捕食者の体内の神経毒物濃度を増大させる Climate change and overfishing increase neurotoxicant in marine predators
2019年8月 National Geographic The silent decline of the platypus, Australia’s beloved oddity
2019年9月 National Geographic JP  カモノハシは減っている、260年分の記録で判明
2019年8月 ワイアード マイクロプラスティックは「北極圏の雪」にまで蓄積していた。でも、どこから飛んできたのか?

2019年8月 ワイアード いま、バナナが絶滅の危機にひんしている

2019年8月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS No microbiome is an island, unprecedented survey of Hawaiian valley reveals
 ミクロビオームがない島、ハワイの谷の前例のない調査が明らかにする
 植物および動物は、食物連鎖内のより下位の生物またはより広い環境から微生物パートナーを獲得します
2019年8月 豪州ABC Scientists looks to history for solutions to widespread pasture dieback
 広範な牧草地の後退  クイーンズランド州で何千ヘクタールの牧草地を殺しているコナカイガラムシ

2019年8月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS There’s no doubt that Brazil’s fires are caused by deforestation, scientists say
2019年8月 National Geographic JP  未曽有のアマゾン森林火災、動物への影響は
2019年8月 ワイアード アマゾンの森林火災は“必然”だった──急速に進む恐るべき「緑の喪失」のメカニズム

2019年8月 National Geographic Crows love cheeseburgers. And now they’re getting high cholesterol.
2019年8月 AFP  カワウソの国際取引禁止へ、コツメカワウソも対象 ワシントン条約会議

2019年8月 Science 地球全体の土壌生態系と生物化学への影響
2019年8月 National Geographic JP  ダム撤去でサケが急回復、鍵は海辺のビーバー
2019年8月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Scientists say sustainable forestry organizations should lift ban on biotech trees
 科学者は、持続可能な林業組織がバイオテクノロジーの木の禁止を解除すべきだと言います
2019年8月 BioToday 大気汚染物質PM10/2.5濃度上昇と死亡率上昇が関連〜世界24か国652都市の試験
2019年8月 Nature  サメ類が漁業から避難できる空間は限られている
2019年8月 Nature 海洋保全:サメ類の避難場所を奪う漁船 Industrial fishing boats leave few safe havens for sharks on the high seas
2019年8月 Nature 海洋保全:漁業活動の影響下におけるサメ類の空間的リスクの全球評価 Global spatial risk assessment of sharks under the footprint of fisheries
2019年8月 Nature  火急の課題:森林火災の増大は北方林を炭素シンクから放出源に変える恐れがある
2019年8月 Nature 生物地球化学:気候変動と土壌のつながり Soils linked to climate change
 北方林の土壌の有機層には、数百年にわたって炭素が蓄積されてきた。今回、地球温暖化によって森林火災の頻度が高くなると、こうした炭素が大気中に放出される可能性があることが明らかになった。
2019年8月 AFP  飲料水中のマイクロプラスチック「現状では人体に危険ない」 WHO
2019年8月 BBC News Microplastics in water pose ‘no apparent health risk’
2019年8月 AFP  野生のフロリダパンサーやボブキャットに謎の神経障害、歩行困難に 米
2019年8月 AFP  キリンに忍び寄る「静かな絶滅」の脅威
2019年8月 BBC News Giraffes given greater protection from unregulated trade as numbers fall






2019年8月 National Geographic JP  食卓からバナナが消える? 新パナマ病が南米へ
2019年8月 National Geographic JP 新たなプラ汚染問題 石そっくりのプラスチック

2019年8月 豪州ABC Wildlife struggling to cope with bushfires coupled with habitat loss
 生息地喪失と山火事のコンボに苦労している野生生物
2019年8月 National Geographic Air pollution linked to bipolar disorder, depression
 双極性障害、うつ病に関連する大気汚染
 汚染された地域では、うつ病や双極性障害などの神経障害が多く見られます。
2019年8月 National Geographic JP  大気汚染で躁うつ病やうつ病に? 脳への影響は不明
2019年8月 National Geographic California's disappearing sea snails carry a grim climate warning
 カリフォルニアの消える赤いアワビは厳しい気候の警告を運ぶ
レッドアワビは、その食糧源であるカリフォルニアケルプフォレストが枯渇しつつあるため死にかけています。
2019年8月 BBC News Tropical storms are making these spiders more aggressive
 嵐が従順なコロニーを殺し、攻撃的なクモが繁栄する
2019年8月 National Geographic JP  世界の巨大淡水生物、40年間で約9割も減っていた
2019年8月 海鳥が食べたプラスチック片から添加剤を検出 山階鳥類研究所 東京農工大学
2019年8月 National Geographic Some animals can adapt to climate change—just not fast enough
 少しの鳥はマッチより早い春に繁殖時を適合させていたけれども、生き残りを確実にするために、十分に早くそれらが繁殖するかもしれないかどうかはクリアではない。
2019年8月 Nature  熱帯が二酸化炭素排出源だったという意外な結果
 北アフリカの熱帯地域からの排出量は、これまで考えられていたよりもはるかに多い
 持続的な土地劣化を原因とする土壌からのCO2放出
2019年8月 BBC News Welsh bees threatened by deadly disease American Foulbrood
 胞子組み立てバクテリアのためPaenibacillus幼虫ssp.幼虫を起こすアメリカの腐蛆病は、非常に伝染性の蜜蜂病気である。
2019年8月 LiveScience A Banana-Killing Fungus Has Reached Latin America. Does This Spell the End for Bananas?

2019年8月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Fiddler crabs produce more carbon dioxide than their marshy homes can handle
 シオマネキは、それらの湿地の家が扱えるかもしれないより多い二酸化炭素を生み出す
2019年8月 National Geographic Humans, not glaciers, likely doomed Ice Age cave bears
 数十頭の先史時代の熊からの遺伝形質の分析により、それらの低下がヨーロッパでヒトの到着ときちんとマッチしていることが示される。
2019年8月 BBC News Extinction: Humans played big role in demise of the cave bear
2019年8月 【日本語ブログ】ヨーロッパのホラアナグマの絶滅における現生人類の影響
2019年8月 BBC News Plastic particles falling out of sky with snow in Arctic
 北極圏でも、雪で微小なプラスチックの粒子が空から落ちています
2019年8月 National Geographic Tiny pieces of plastic found in Arctic snow
2019年8月 AFP  北極圏の雪からマイクロプラスチック、広範な大気汚染に警鐘 研究
2019年8月 BBC News Black squirrels the result of 'interbreeding' grey squirrels, study finds
 灰色リスときつねリスが交雑して、黒リスが進化した
2019年8月 LiveScience Scientists Figure Out Why There Are Black Squirrels All Over the United States

2019年8月 BBC News Deforestation: What’s wrong with planting new forests?
 植林は、環境を害することができる。
2019年8月 National Geographic Beavers on the coast are helping salmon bounce back. Here’s how.
2019年8月 毎日新聞 害虫ガ「ツマジロクサヨトウ」幼虫、佐賀でも 九州・沖縄7県に拡大
2019年8月 National Geographic Forest fires are getting too hot—even for fire-adapted animals
2019年8月 National Geographic  珍味トリュフが危機 夏の猛暑が大きな打撃に
2019年8月 毎日新聞 ブラジルアマゾン熱帯雨林、危機 破壊面積、先月4倍増 温暖化、大統領軽視
2019年8月 AFP  野生動物駆除に「シアン化物爆弾」、トランプ政権が使用再開を許可
2019年8月 豪州ABC Green energy isn't enough to fix climate change, this report warns, we need to change our food
 緑エネルギーは、気候変化を定着させるために十分ではなく、リポートは警告、私達の食物を交換する必要がある
2019年8月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Bioenergy plantations could fight climate change—but threaten food crops, U.N. panel warns

2019年8月 Nature 地質学:人類 vs. 地球 Humans versus Earth: the quest to define the Anthropocene
 新しい地質年代である「人新世」の始まりを定義しようと、研究者たちは、水銀汚染や核兵器に由来する物質など、人類が地球に残してきた大きな爪痕として最も的確な特徴を追い求めている。
2019年8月 Nature  土壌線虫類の全球マッピング
2019年8月 Nature 生態学:土壌線虫の全球マップ Global maps of soil-dwelling nematode worms
2019年8月 Nature 生態学:全球規模での土壌線虫の個体数と機能群組成 Soil nematode abundance and functional group composition at a global scale
2019年8月 Nature  魚類における毒素蓄積に対する気候変動と乱獲の影響
2019年8月 AFP  米カリフォルニアの「ジョシュア・ツリー」、気候変動で今世紀中に絶滅か 研究
2019年8月 豪州ABC Native bees die three times faster from honey bee parasite, researchers find
  ミツバチの共通の病気は花を通してネイティブの蜜蜂にうつされえて、彼らを正常な死亡のレートの約3倍で死なせる。
2019年8月 National Geographic Insect 'apocalypse' in U.S. driven by 50x increase in toxic pesticides
2019年8月 National Geographic JP  農業の毒性が48倍に、『沈黙の春』再び? 研究
 ネオニコチノイド系殺虫剤により、米国の農業環境の毒性が急激に高まっている
2019年8月 毎日新聞 除草剤でイトトンボ減少 直接毒性なくても影響 近大チーム
 イトトンボ除草剤で水草枯れ半減 近大チーム「農薬リスク予測」
2019年8月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Animal friendships change with the weather in African savanna2 Science Magazine
 乾燥している天候は、いくつかの草食動物を、隔たることに追いやるけれども、雨とヌーは、それらを一緒に返すことができる
2019年8月 1億年前に形成した海底下深部の溶岩から生命生存可能性を示す鉱物を発見
 地球の海洋地殻上部は火星生命の生存可能性を類推するための手がかりに 海洋研究開発機構 東京大学
2019年8月 財経新聞 たたら製鉄が野生動物に及ぼした影響は千年を越えて残る 帯広畜産大の研究

2019年8月 豪州ABC Defending the environment is a deadly business as activist death rates rise
 環境を防御することは活動家死亡率上昇として必殺のビジネスである
 2002から2017までの環境を防御した1,500人を超える人々が殺され、汚職が殺人のキードライバー
 たぶんデータを報告したより高い実際の死亡率
2019年8月 中央アジアの砂漠から韓国・日本へと風送拡散する微生物の解明  金沢大学
 2015年の早春から夏までの黄砂飛来が多い4カ月間,韓国ソウル近郊の龍仁と日本の鳥取県米子で大気中の微粒子を調査
2019年8月 豪州ABC What happens to a remote island's ecosystem when you remove rats and mice?
2019年8月 National Geographic Seabirds that eat plastic—and live—have major health problems
2019年8月 National Geographic JP 海鳥のプラスチック誤食、少量でも健康被害、研究

2019年8月 BBC News Spanish slugs: Moscow alarm over giant invasive pests

2019年8月 Nature  エアロゾルが雲の厚さに及ぼす影響はわずかである
2019年8月 Nature 気候科学:エアロゾルに対してあまり敏感でない雲水 Weak sensitivity of cloud water to aerosols
2019年8月 Nature 気候科学:人為起源のエアロゾルに対する平均雲水量の弱い応答 Weak average liquid-cloud-water response to anthropogenic aerosols
2019年8月 神戸新聞 飼育NG“偽メダカ” 知らないうちに法律違反
 カダヤシ 許可なく飼育すると罰せられる特定外来生物
2019年7月 圃場整備により生息地のつながりが失われると、水田の最上位捕食者タガメの栄養段階が低下することを発見 長崎大学
 水田と水路の段差が魚の往来を阻み、水田の上位捕食者・タガメの栄養段階(生産者からの食物連鎖の長さ)を低下させる
2019年7月 National Geographic JP  外来アライグマ、生息適地はもっと広がる 研究
 世界のかなり広い地域で生息可能
2019年7月 National Geographic Raccoons are spreading across Earth—and climate change could help
2019年7月 AFP  人工授精でミナミシロサイの赤ちゃん誕生、絶滅寸前の亜種にも希望
2019年7月 毎日新聞 「ユリヤガイ」生体30年ぶり確認 山口・萩市の離島
2019年7月 AFP  今年分の自然資源、7月中に使い果たす 環境NPOが警鐘
 アース・オーバーシュート・デーは毎年その到来が早まっている。1993年は10月21日だったが、2003年は9月22日、2017年は8月2日だった。
2019年7月 Nature  気候変動のスピードに動物の適応がついていけない
2019年7月 大気汚染長期曝露で冠動脈石灰化リスク増 中国8,000人超の解析
 Association of Estimated Long-term Exposure to Air Pollution and Traffic Proximity With a Marker for Coronary Atherosclerosis in a Nationwide Study in China.

2019年7月 北海道大学 環境DNA解析により水を汲むだけで特定外来生物ウチダザリガニの分布拡大を把握
2019年7月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS These squirrel-size monkeys helped bring Peru’s Amazon back to life
2019年7月 Nature  漁業の脅威にさらされているサメ
2019年7月 北海道の針葉樹は衰退している! 約40年間のモニタリングから原生林生態系への気候変動影響を解明
  森林総合研究所 北海道大学
2019年7月 National Geographic Cowboy boots sold in the U.S. fueled the decline of pangolins
 絶滅危惧種のセンザンコウ革が利用できなくなると、売り手は絶滅危惧種の巨大なブラジル魚ピラルクーを革と取り替えた
 2017年以来、すべての8つのセンザンコウ種が国際貿易から締め出されている。
2019年7月 National Geographic JP  珍獣センザンコウの取引禁止で巨大魚が危機に
2019年7月 National Geographic JP  釣り人垂涎の巨大魚 絶滅回避へ「最後の砦」
 南アジア一帯で生息数が減少している大型淡水魚のゴールデンマハシールは、ブータンに安住の地を見出したようだ
2019年7月 National Geographic Argentina brought beavers to Tierra del Fuego. It was not a good idea.
 1946年に、アルゼンチンの軍隊は、毛皮交換を促進することを期待してカナダから20匹のビーバーをティエラデルフエゴに飛ばした。産業は決して茂らなかったけれども、ビーバーはした:今日110,000もある
  2008年、アルゼンチン、およびチリが合致していた 最南の森林を救うにはビーバーを取り除かなければならない。
2019年7月  北海道大学 環境DNA解析により水を汲むだけで特定外来生物ウチダザリガニの分布拡大を把握
2019年7月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Ocean acidification could boost shell growth in snails and sea urchins
 より多くの海の二酸化炭素は、より栄養的な藻類およびより強いシェルを作る
2019年7月 豪州ABC Vanuatu declares a state of emergency as beetles threaten its coconuts
  かぶと虫がそのココナッツの恐れがあるので、ヴァヌアツは非常事態を宣言する
2019年7月 豪州ABC Just 10 wombats left in national park after unsuccessful mange study

2019年7月 シカによる食害がガ類群集の変化に影響した可能性 ガ類を用いた環境モニタリングによる自然再生に期待  九州大学
2019年7月 スケーリーフットが絶滅危惧種に認定
 IUCNレッドリスト登録に基づく深海生物多様性保全への第一歩  海洋研究開発機構
2019年7月 スラド インド洋深海の巻貝「スケーリーフット」、絶滅危惧種に認定される
2019年7月 Nature 国際海底機構は、持続可能な深海鉱物資源の採掘を実現させなければならない。 Write rules for deep-sea mining before it’s too late
2019年7月 Nature ウロコフネタマガイ(Chrysomallon squamiferum)が、熱水噴出孔に固有の深海生物として初めて国際自然保護連合(IUCN)の絶滅危惧種に。 Ocean snail is first animal to be officially endangered by deep-sea mining
2019年7月 Nature 海洋採鉱:深海のジレンマ Seabed mining is coming — bringing mineral riches and fears of epic extinctions
2019年7月 National Geographic JP  南ア沖のザトウクジラが驚異の復活、最新調査で判明
2019年7月 Science 全球の地球システムモデルから予想される海洋生態系の季節変化から複数年予想まで
温暖化で絶滅するソデグロガラス
2019年7月 Science 熱不耐性
 アフリカ 類似サイズのムクドリと比較 30℃より熱くなる時には、bushcrowsはシェードに動き、カバーの下でさえ、あえぎ始めて食べることができない。悲しげに、気候が暖まるので、エチオピアのbushcrowsが消えることが必然的であるようである。
2019年7月 Science ゲノミクスガイドは絶滅危惧種を助ける
 フロリダ低木カケスと環境問題に関心のあるヤッピーの長期の研究によって、彼らは、新しい血を小さい人口に追加しているポジティブな効果を文書化した。そして、モデリング研究により、この新しい血が中規模の人口から来ることが示唆される。しかし、時々、 島きつね 遺伝の救助として最もよい解決ではないかもしれない。
2019年7月 Science バナナ菌がラテンアメリカを警戒態勢におく
 戦うための新しい方法は、菌類に耐えることができる遺伝子移植のバナナを含む地平線にある。
2019年7月 BBC News Cigarette butts in soil hamper plant growth, study suggests
 土のタバコ吸い殻 植物成長を害す
2019年7月 BBC News Russia alarmed by large fall in bee populations
 殺虫剤はロシアの大量の蜜蜂死のため非難される一方、フランスのハチミツ生産はまた減っている。
2019年7月 共同通信 豚コレラ、ネズミが媒介か 農水省が感染経路分析
 ネズミなどの野生動物や車両を介してウイルスが農場の内部に侵入した可能性が高い
2019年7月 朝日新聞 日本関係の30種が絶滅危惧種に 河川減で淡水魚に打撃
2019年7月 「うなぎの寝床」の環境を科学的に解明 ニホンウナギの棲みやすい川づくりへの指針を提示  九州大学
 下流に分布する小さい個体は河川勾配の緩やかな区間を好み、その区間のなかでは隠れ家となる砂利が河床に多く、流れの穏やかな浅い瀬を利用する
2019年7月 AFP 豪北部に生息する有毒ガエル、南部でも発見 生態系に影響の恐れ
 外来種であるオオヒキガエルがより涼しい気候に適応して南部でも繁殖
2019年7月 産経新聞 奈良公園のシカ生息頭数 過去最多の1388頭
2019年7月 National Geographic How to feed the world without destroying the planet
2019年7月 毎日新聞 「野生絶滅」にクニマス ゲンゴロウブナなど淡水魚25種が絶滅危惧に
2019年7月 LiveScience We Finally Know Why Florida's Coral Reefs Are Dying, and It's Not Just Climate Change
 湯がフロリダのサンゴ礁を殺している。
 窒素を含んでいる起こされた農業の肥料を雨のように降らせてあるおよび海洋に流出
2019年7月 LiveScience Joshua Trees Will Be All-But-Extinct by 2070 Without Climate Action, Study Warns
 ジョシュア・ツリーは気候アクションなしで2070年までにすべてけれども消えて、研究は警告する
2019年7月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Devastating banana disease may have reached Latin America, could drive up global prices



2019年7月 LiveScience The Marshall Islands Are 10 Times More 'Radioactive' Than Chernobyl
 マーシャル群島は、チェルノブイリより10倍多い『放射性』である
2019年7月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Boosting genetic diversity may save vanishing animal populations. But it may also backfire
2019年7月 読売新聞 エゾシマリス交雑、北大と円山動物園が共同調査
 外来種のチョウセンシマリスとの交雑がないか
2019年7月 斜面崩壊後の草原植生の変遷についての論文を出版  大阪市立自然史博物館
 熊本県阿蘇地域の半自然草原において、異なる時期に崩壊した斜面の植生を比較
2019年7月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Hungry elephants fight climate change one mouthful at a time
 ゾウは、数百年より多くのより多くの炭素を蓄えるために、森林生態系を交換する
2019年7月 BBC News Climate change: Used cooking oil imports may fuel deforestation
 気候変化:使われた食用油輸入は森林伐採に燃料を供給できる
2019年7月 National Geographic Masai giraffes declared endangered
 ケニアとタンザニアの亜種は、主として密漁と土地利用の変化のため最近の30年の約50パーセント傾いていた。
2019年7月 Science アブラヤシと和解する
生息地フラグメンテーションを勉強するために、産業出資を受け入れて、どのようにそれらの譲歩において長生き野生生物を最もよく管理するかにおいて油やし会社を勧めた。そして、生産高に影響せずに大規模農場がより多くの生物の多様性を主催できるかどうかにかかわらず長期のエコロジカルな実験がテストしている。
2019年7月 スラド 「赤いクワガタ」のような有毒の昆虫「ヒラズゲンセイ」に注意

2019年7月 BBC News  沈没したロシア原潜から80万倍の放射線 ノルウェー沖
2019年7月 National Geographic Masai giraffes declared endangered
2019年7月 National Geographic JP  マサイキリンを絶滅危惧種に指定、IUCN
2019年7月 LiveScience Cats in Australia Kill Over 2 Billion Wild Animals Each Year
2019年7月 豪州ABC Feral and pet cats killing 'billions' of native animals each year, research finds 

2019年7月 Nature 生態学:作物の多様性が国の食料生産を安定化させる National food production stabilized by crop diversity
2019年7月 National Geographic As wolverines battle to survive, warming poses a new threat
 世紀末までに、気候変化のため、グズリはカナダの南の生息地のほとんどを失うかもしれない。
2019年7月 National Geographic 6 recent deaths push rare whales closer to extinction
 生息数わずか約400、繁殖できるより速く殺されているタイセイヨウセミクジラ。
2019年7月 朝日新聞 ライチョウのひな全滅か 中央アルプスで孵化の5羽 
 およそ半世紀ぶりにメス1羽の生息が去年、確認されたことを受け、中央アルプス一帯でのライチョウの復活に向けて、先月、北アルプスの乗鞍岳で採取した有精卵6個を駒ヶ岳に運び、今月1日に5羽のヒナがふ化しているのが確認されました。
 中央アルプスの駒ヶ岳で、およそ半世紀ぶりにふ化が確認された二ホンライチョウのヒナ5羽
  環境省「天敵に食べられるなどして全滅したとみられる」

2019年7月 ニホンライチョウ、温暖化で絶滅の危機 北アルプスでニホンライチョウの生息に適した環境は今世紀末にほぼ消失のおそれ 森林総合研究所
2019年7月 毎日新聞 ライチョウ今世紀末絶滅か 温暖化で生息域0.4% 英誌に論文
2019年7月 読売新聞 ライチョウ、今世紀末に絶滅の恐れ…温暖化影響
2019年7月 赤道から離れつつあるサンゴ礁 沖縄科学技術大学院大学
2019年7月 AFP  「ニモ」の卵、光害でふ化しない可能性 研究
2019年7月 豪州ABC Superbugs found lurking in Australian seagulls 'may cause human disease'
 スーパーバグスは、オーストラリアのカモメに潜むことを、『人の病気を起こすかもしれない』と気付いた
2019年7月 BBC News Australian seagulls carry antibiotic-resistant superbugs

2019年7月 National Geographic JP 人食いライオンの原因にも、実は怖いヤマアラシ
2019年7月 National Geographic When lions attack porcupines, humans suffer unexpected consequences
2019年7月 Science マングローブの森が果たす防風作用
2019年7月 豪州ABC Centuries-old native Australian trees are dying in the South Australian outback
2019年7月 AFP  気候変動は大規模植林で緩和できる、ただし米国と同じ面積の森が必要 研究
2019年7月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS  森林再生面積は想像以上に広大。森林再生は「有効な最善の気候変動対策」である
2019年7月 Science 世界的な木の復元能力
 損失の大部分は熱帯地方に存在する
2019年7月 National Geographic JP 森の再生で過去100年分のCO2を帳消しにできる
2019年7月 BioToday 世界には1兆本の植樹の余地あり〜炭素排出の2/3の回収が可能
2019年7月 Science ホンダワラ類の海藻サルガッサムの大西洋ベルト
2019年7月 ワイアード プランクトンの変化が突きつける、産業革命後の気候変動による「深刻な影響」

2019年7月 毎日新聞 18年西日本豪雨 温暖化で雨量6.5%増か 気象研が算出
2019年7月 Nature 鳥類の侵入に対する環境的制約
2019年7月 Nature 生態学:場所レベルの過程が全球において外来鳥類個体群の確立を促進する Location-level processes drive the establishment of alien bird populations worldwide
2019年7月 【日本語ブログ】「外来」鳥類の新しい生息地での定着

2019年7月 共同通信 病害虫のガ、日本で初めて発見と農水省
 イネやトウモロコシに寄生する病害虫のガ「ツマジロクサヨトウ」の幼虫が日本で初めて見つかった
 ツマジロクサヨトウは米州の熱帯地域などを原産とする昆虫。2016年にアフリカで猛威を振るい、その後アジアに拡散。中国では今年1月に雲南省で見つかって以来、被害が拡大しつつある。台湾では8日、北部・苗栗県で幼虫が見つかった。
2019年7月 National Geographic Melting ice may be a boon for some Arctic whales—then a bust
 融解氷はいくつかの北極のクジラのための恩恵であるかもしれない--そして上半身
 海の氷が消滅するように、それの中に生きている脂肪分が多い藻類も。それらは、プランクトンからクジラに動く食物連鎖の豊かなベースである。
2019年7月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS World’s supply of frankincense could go up in smoke

2019年7月 豪州ABC How Kangaroo Island could save koalas from chlamydia

2019年7月 BBC News Bird feeding chick cigarette end captured in picture

 以上、 →2019年7〜9月の記事でした


→ 「生態系、遺伝子プール、生物多様性」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー