性差医療、性差医学:
2019年〜

ほか「性差医療、性差医学」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2020年03月 Nature Human Behaviour  Systematic review and meta-analysis investigating moderators of long-term effects of exercise on cognition in healthy individuals
健康な個人の認知に対する運動の長期的影響のモデレーターを調査する系統的レビューおよびメタ分析
  性別、運動の種類、投与量は、認知のための運動の利点に影響を与えます。 これらの利点は、運動強度とその進行の役割における性別の違いに注意を払うことによって最適化できます。
2020年03月 Nature 性依存的な脂肪炎症
 マウスにおいて、内臓脂肪組織における制御性T(Treg)細胞の表現型、機能および数が、雌雄間で異なる
2020年03月 BioToday 向上心が乏しい退職高齢女性ほど認知機能が衰えやすい
2020年03月 LiveScience Woman's transplanted 'man hands' became lighter and more feminine over time

2020年02月 Nature テストステロンの疾患リスクへの影響は女性と男性とで異なる

2020年01月 BioToday 幼い頃に虐待されたコカイン依存の人のオキシトシン治療の効果は男女で異なる
2020年01月 BioToday 女性の老化に伴う血圧上昇は男性より早く進む
2020年01月 BioToday 過活動膀胱男性の頻尿治療は骨盤底筋を鍛える行動療法から始めるのがよい
2020年01月 BBC News  More men needed to donate blood 'high in iron'
 男性は献血者の40%を占め、血液には女性より多くの鉄が含まれています。

2019年12月 BioToday マグネシウム摂取量が多い閉経女性は冠動脈心疾患による死亡を被り難い
2019年12月 副腎のテロメアが男女の寿命差に関係する?  東京都健康長寿医療センター
2019年12月 男性と女性の腹部大動脈瘤成長速度はなぜ異なる?
 卵巣機能の低下による血管劣化が悪化速度上昇の素因となる  近畿大学
 卵巣を除去したメス動物では、腹部大動脈瘤の発症率が上昇し、形成される瘤の大きさも大きい
2019年11月 国内の失業率1%上昇するごとに、77万人超の腰痛有訴者が増える可能性
 影響は女性で1.02倍増大  東北大学
2019年9月 内臓脂肪量1kg増で女性は2型糖尿病リスク7倍 英国の大規模コホート研究UK Biobank
 Contribution of genetics to visceral adiposity and its relation to cardiovascular and metabolic disease.
2019年8月 BioToday  女性の心不全薬は少なめで大丈夫そう〜ガイドライン推奨の半分程で事足りうる






2019年7月 豪州ABC BRCA1 gene mutation is highly publicised as a cancer risk for women — but men can have it too
 BRCA1遺伝子変異は女性のための癌リスクとして高く公表される--しかし、男もそれを持つことができる
2019年7月 ストレスで女性の骨密度が減少? 米・WHIのデータを解析
 Psychosocial stress and bone loss among postmenopausal women: results from the Women’s Health Initiative

2019年7月 BioToday 女性が生理症状のせいで仕事や勉強が普段より捗らない日は年間平均約23日
2019年7月 BBC News Leg fat 'better than belly fat' for older women
 脂肪を足で運ぶことにより閉経後の女性は心臓病から保護される
2019年6月 毎日新聞 AED、女子に使用少なく 服脱がせ電極パッド貼付に抵抗感 学校内での心停止分析
2019年6月 Nature アルツハイマー病の進行の分子的概観
 8万以上の単一核皮質トランスクリプトームのプロファイリング
 遺伝子発現に細胞タイプ特異的な乱れと共通する乱れが見られる
 転写レベルで性的二型がある

2019年6月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Study of marathon runners reveals a ‘hard limit’ on human endurance
 代謝的にウルトラマラソンに課税する妊娠
2019年6月 BBC News Ultimate limit of human endurance found
2019年5月 財経新聞 女性は室温が高いほど仕事の効率がよくなる ドイツの研究

2019年04月 マウスの行動の性差は活性酸素による酸化ヌクレオチドの蓄積が原因である
 男女それぞれの特性に注目した病気の予防や治療法の開発に期待 九州大学
 野生型マウスでは雌が生涯を通して雄よりも2倍程度高い自発運動量
 ゲノムへの酸化塩基8-オキソグアニン (8-oxoG)の蓄積を防ぐ8-oxo-dGTP分解酵素(MTH1)と8-oxoG DNAグリコシラーゼ(OGG1)の両者を欠損するTO-DKOマウス
 女性はうつ病やアルツハイマー病などの発症頻度が男性よりも高いことが知られていますが、その理由の1つとしてゲノムの酸化損傷やその修復・防御系の関与が示唆されます。
2019年03月 BioToday テストステロンが多いほど血栓症、心不全、心筋梗塞を生じ易いらしい
2019年03月 Nature 雌の胚は複製によるストレスと炎症に影響を受けやすい
2019年03月 Nature 分子生物学:不安定なゲノムが炎症を促進する Unstable genomes promote inflammation
 マウス DNA複製の重度の障害が胎盤における炎症の引き金となる
  雌の胚が雄の胚よりもこうした炎症への感受性が高い
2019年03月 Nature 分子生物学:ゲノム不安定性により引き起こされる炎症による雌に偏った胚致死 Female-biased embryonic death from inflammation induced by genomic instability
2019年02月 BioToday 医療の下地となる生物研究の約7割はいまだに結果の性別を報告していない
2019年01月 女性特有の神経発達障害に関する病態メカニズムを解明 信州大学
 MICPCH症候群の原因遺伝子であるCASKが失われた神経細胞では、興奮性シナプスの数が増加し、抑制性シナプスの数が減少
2019年01月 BioToday 揚げ物をよく食べると死にやすい〜米国の閉経女性のプロスペクティブ試験

 以上、 →2019年〜の記事でした


→ 「性差医療、性差医学」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー