動物行動学 動物の心:
2019年5〜8月

ほか「動物行動学 動物の心」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2019年8月 昆虫が変態する普遍的な仕組みの解明 不完全変態するフタホシコオロギの幼虫でサナギに相当する時期を特定 徳島大学
 Gb’E93 成虫への変態が抑制され、幼虫の過剰脱皮を繰り返して巨大化
 Gb’Kr-h1とGb’Broad遺伝子阻害 6齢で早熟変態を引き起こし、体サイズも矮小化



2019年8月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS These manta rays form ‘friendships’ that last longer than a summer fling
 これらのマンタは夏の羽ばたきよりも長持ちする「友情」を形成します
2019年8月 豪州ABC Manta hey! It turns out reef manta rays like to make friends

2019年8月 スラド 深海魚の出現と地震には相関関係は見られず

2019年8月 National Geographic JP  ホホジロザメを食べるシャチ、狙いは肝臓
2019年8月 LiveScience World's Largest Frogs Can Move Rocks Half Their Weight ... for Their Wee Pollywogs

2019年8月 BBC News Dolphin spotted juggling with jellyfish in Denmark

2019年8月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Mystery solved? Why cats eat grass
 科学者は、それが、彼らが病気であると感じているからではないと言う
 後に草食う人の約4分の1だけが吐くことは気づかれて、回答者の91%は、それらの猫が、植物問題を吸収する前に病気であるようではないと伝えていた。
 草をむしゃむしゃ食っている助け動物は、消化の地域の筋肉活動を増大させて腸の寄生虫を追い出す。
2019年8月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS The world’s biggest frogs build their own ponds

夜光ザメ
2019年8月 豪州ABC Yes, these sharks glow in the dark. And now scientists know why
2019年8月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS This shark glows using a process previously unknown to science
2019年8月 National Geographic These sharks glow underwater—thanks to tiny ‘lightsabers’
2019年8月 AFP  緑色に光るサメ、発光に関係する分子を特定 米研究
2019年8月 National Geographic JP  光るサメの秘密を解明、蛍光色素に抗菌作用も
2019年8月 ホホジロザメが海中でオットセイを襲う様子をバイオロギングで撮影、記録 国立極地研究所
2019年8月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS These caterpillars can camouflage themselves, even when blindfolded
 オオシモフリエダシャクのキャタピラーはの皮膚で色を感知する
  目隠しされる時にさえ、自身をカムフラージュできる
2019年8月 世界初、空気中の霧から水をつくる シロアリの翅(はね)の表面構造を再現
  旭川医科大学 東京薬科大学 龍谷大学 理化学研究所
 空気中の小さな霧粒をキャッチし水滴をつくる一方で、大きな水滴は弾く
ヒョウアザラシ
2019年8月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Slow-motion video reveals how ants deliver their painful venom
 昆虫は1秒あたり13滴の毒を配達できる
2019年8月 豪州ABC Tiny turtle embryo moves inside egg to beat the heatGenelle Weule

2019年8月 National Geographic JP  イルカがクジラを育てる、しかも3年、初
 ハンドウイルカの母親が、イルカの一種であるカズハゴンドウの子を3年にわたって育てていた例が報告された。野生動物が異なる種の子を育てるのは珍しい。

2019年7月 National Geographic JP  両生類にも空間学習能力、毒ガエルで初めて確認
2019年7月 豪州ABC Darwin's bark spider makes the toughest silk in the world. Here's how
 世界の中で最も丈夫な絹を作るクモ
2019年7月 【日本語ブログ】新たに発見された強靭なクモ糸を生み出すタンパク質
2019年7月 National Geographic JP  世界一高い場所にすむ哺乳類 なんとネズミ
 南米のキジリオオミミマウスが、海抜ゼロの低地からアンデスの火山まで分布


2019年7月 Nature  捕食性の原生生物が生み出す波の連鎖
 原生生物スピロストマム属(Spirostomum;別名ネジレグチミズケムシ属)の繊毛虫
 集団的コミュニケーション
2019年7月 National Geographic This surprisingly smart frog makes maps in its mind
2019年7月 チンパンジーが赤ちゃんに注目することを発見 視線計測で乳児への興味の種差が明らかに 京都大学
 チンパンジーが自種のおとなより乳児をよく注視する
 ボノボでは同種のおとなと乳児に対する注視時間に差はありませんでした

2019年7月 シャコガイの幼生には、親貝の「糞」が必要であることを発見!  広島大学
 生きている褐虫藻を大量に含んでいる 共生藻(褐虫藻)
2019年7月 National Geographic Orcas eat great white sharks—new insights into rare behavior revealed
2019年7月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Gorillas have developed humanlike social structure, controversial study suggests

2019年7月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Researchers think they know what’s killing London’s iconic sparrow
 イエスズメは鳥のマラリアの犠牲者であるようである
2019年7月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Chimpanzees grow closer when they watch a movie together

2019年7月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS These orangutan moms scratch to get their kid’s attention
2019年7月 National Geographic Goats can perceive each other’s emotions from their voices
2019年7月 National Geographic JP  仲間の気持ちを声で聞き分け、ヤギで判明






慢性痛
2019年7月 National Geographic Bats regurgitate nectar for their babies—a new discovery
2019年7月 AFP  ゴリラもフェス開催、人間に近似した「複雑な社会」を形成
 古くからの友人グループや血縁集団といった人間に著しく似た方法で社会的絆を形成
2019年7月 AFP  ヤギ同士の感情表現、鳴き声が重要な役割 英研究
2019年7月 環形動物も大きな音を鳴らすことを発見 キムラハナカゴオトヒメゴカイのマウスアタック  京都大学
 口吻で相手を弾き飛ばす高速攻撃(マウスアタック) キャビテーション気泡
2019年7月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Watch a tiny worm make one of the loudest sounds in the ocean
 Sponge-dwelling worms may be one of the nosiest animals in the sea
2019年7月 LiveScience Tiny Fighting Worms Make One of the Loudest Sounds in the Ocean

2019年7月 AFP  鳥だってノリノリで踊りたい! オウムの脳も音楽処理能力があることが判明
2019年7月 オタマジャクシは成長とともに群れるルールを変える:サイズと血縁関係、双方を認識している証拠の発見   総合研究大学院大学
 ヤマアカガエル 幼生の発達段階によって、群れる相手の好みが変化
 相手の大きさと血縁関係の両方を同時に考慮
2019年7月 AFP  雌のホッキョクギツネ、ノルウェー・カナダ間を76日で移動 調査
2019年6月 「深海魚の出現は地震の前兆」を迷信と断定
 1928年から2011年までの深海魚の漂着・捕獲等の事例をもとに検証  静岡県立大学 東海大学
2019年6月 産経新聞 「深海魚は地震の前兆」は迷信 東海大調査
2019年7月 深海魚出現と大地震は無関係 地震221回、関連分析 東海大など
2019年6月 National Geographic JP  餌不足で「共食い形態」に激変、驚異の両生類
 顎 大口 サンショウウオ 二型
2019年6月 大学ジャーナル 魚類も相手の顔をいち早く見ている 大阪市立大学

2019年6月 動物界最高レベルのフェロモン感度を誇るゴキブリ  北海道大学
2019年6月 National Geographic This odd deep-sea fish can hold its breath for four minutes
2019年6月 National Geographic JP  【動画】海水を吸って膨らみ息止める魚、初の発見


2019年6月 National Geographic JP  太陽は真上、フンコロガシは何を頼りに糞転がす?
2019年6月 National Geographic These monkeys are 3,000 years into their own 'Stone Age'
2019年6月 【日本語ブログ】3000年前から「石器」を製作していたヒゲオマキザル
2019年6月 National Geographic JP  サルにも「石器時代」、3000年継続中で石器も変化
2019年6月 National Geographic JP 謎の大型エイ、初の論文で意外な行動が判明
 スモールアイ・スティングレイ
2019年6月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Why dirt-eating goats never need to visit the dentist
 噛む前に、ヤギの四部の胃は砂と砂を仕分けする
シャチの方言
2019年6月 豪州ABC How do you know if a killer whale is Australian? Listen to its accent
2019年6月 スラド セミ成虫の寿命1週間説は俗説、笠岡高校の3年生がこの調査で生物系三学会最優秀賞を受賞



2019年6月 他者の怪我に対しチンパンジーが情動的に反応することを発見
 最新技術が明かす類人猿の注意と生理的反応 京都大学
2019年6月 財経新聞 チンパンジーは怪我をした人間を見ると情動を動かされる、京大の研究


2019年6月 まずは顔!その後も・・・やっぱり相手の顔が気になる!魚類もヒトやチンパンジーと同様、「顔重視」であることを確認  大阪市立大学
 カワスズメ科魚類の一種プルチャー(=ブリシャージ、Neolamprologus pulcher)
 餌など特定のものに注目する時は、近寄って体軸をその対象に向け、しばらく静止する
2019年6月 Nature ハリスホークの狩猟に用いられる混合誘導システム
 モモアカノスリ
 獲物の不規則で機動的な飛行に惑わされないようにするフィードバックシステムが、数学的な混合誘導則に基づいている

2019年6月 AFP  中米原産の誠実な魚、意中の個体と離れると悲観的に 仏研究


2019年6月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Watch an ant rip apart a spiderweb to rescue a sibling

2019年6月 Science 前頭前野のシナプス可塑性は食物の安全性に関する社会的コミュニケーションを媒介している
 食物好みの社会的なトランスミッションは、非空間のメモリーを勉強するためのモデルである。
 マウスに、食べるために食物が安全なシグナルは、同種のの息の分子とともにそのにおいにより送られる。におい自身がどうであるかがエンコードし、割り当てられた原子価は不十分に理解されている。Loureiroなどは、2つの脳エリアと梨状の外皮と平均の前頭葉前部の外皮の間の単シナプスの小道を見つけて、それはこのプロセス中心的な役割を果たす。この接続は社会的なインタラクションの間に、強くなり、従って、マウスがその仲間に食品安全性メッセージを提供することを可能にする。
パンダ
2019年6月 Science 草食動物の皮をかぶった肉食動物

2019年6月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Spotted for the first time: a fish holding its breath underwater
 Coffinfish hold water over their gills for up to 4 minutes
2019年6月 LiveScience These Deep-Sea Weirdos Hold Their Breath for Minutes at a Time


2019年6月 苦味物質が苦味を抑えることを発見 キツネザルにおける苦味受容の進化  京都大学
 キツネザルにサリシンとアルブチンを同時になめさせたところ、サリシン単独では苦味を避ける反応が、アルブチンがあると抑えられました

2019年6月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Watch an elephant ‘count’ simply by using its sense of smell
 アジアゾウは、鼻だけを使って食物量を識別できる

2019年5月 京都新聞 野生チンパンジーがカニ食べると初確認、京大グループ
 開けた場所に生息するニホンザルなど霊長類20種がカニを食べることは知られているが、深い森の中に暮らすチンパンジーやボノボ、ゴリラ、オランウータンといった類人猿では知られていなかった。
 ギニアのニンバ山でチンパンジーが、甲羅幅が数センチのサワガニを食べている
 アリを食べる数が少ない時期に、カニを取る傾向
 カニを食べるのは雌や子どもが多かった
2019年5月 朝日新聞 リアルさるかに合戦? カニ食べるチンパンジーを初確認 2019年5月 ギニア・ニンバ山の野生チンパンジーによるカニ採集を発見
 人間にもっとも近いヒト科の類人猿では初めて  京都大学
2019年5月 AFP  「言語の起源」解明の手掛かり、オナガザルの実験で明らかに
2019年5月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS When green monkeys spy a drone, they use their cousins' cry for 'eagle'

2019年5月 世界初、死海で動く微生物モーターの仕組みを解明   学習院大学 東北大学
2019年5月 National Geographic How these mysterious fireflies synchronize their dazzling light shows
2019年5月 EurekAlert-Science  魚類が高速遊泳をするときに遅筋の活動を抑える神経機構を特定
2019年5月 National Geographic JP  水中で暮らす唯一のクモ、秘密は「泡」に
2019年5月 山陽新聞 ヒザラガイの歯の「磁鉄鉱」作る遺伝子特定 岡山大大学院の根本特任助教ら
2019年5月 National Geographic In a first, chimpanzees seen smashing and eating tortoises
2019年5月 豪州ABC Chimpanzees filmed cracking tortoise shells and feasting on their flesh
2019年5月 National Geographic JP  チンパンジーがカメを叩き割る、初の観察
2019年5月 毎日新聞 カメも食べます チンパンジー 食生態初確認 独グループ

2019年5月 魚類が高速遊泳をするときに遅筋の活動を抑える神経機構を特定 基礎生物学研究所 生命創成探究センター
 ゼブラフィッシュ幼魚の高速遊泳時には、脊髄に存在する抑制性ニューロンの一種であるV1ニューロンが、遅筋を制御する運動ニューロンの活動を抑制
2019年5月 LiveScience Look Out, Songbirds — Baby Sharks Want to Eat You
2019年5月 National Geographic Giant tiger sharks eat backyard birds, surprising study reveals
2019年5月 National Geographic JP  サメの赤ちゃんが「陸の小鳥」を常食、研究
2019年5月 ミツバチの尻振りダンスを自動解読
  巣内のビデオ動画から餌の場所を自動で推定 農業・食品産業技術総合研究機構
 一般的なビデオカメラを用いて巣箱の中を撮影したビデオ動画から自動でダンスを抽出・解読
2019年5月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS This spider turns its web into a slingshot, flinging itself at prey
2019年5月 AFP  巣の糸の張力で自らを「発射」 クモの捕食行動を解明 米研究
2019年5月 National Geographic This spider accelerates faster than a rocket
2019年5月 LiveScience This Crafty Spider Doesn't Have Venom...But It Does Have a 'Slingshot'Live


2019年5月 AFP  犬は自己中心的? オオカミのほうが仲間思いとの研究

 以上、 →2019年5〜8月の記事でした


→ 「動物行動学 動物の心」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー