初潮・月経・更年期・閉経:
2019〜2020年

ほか「初潮・月経・更年期・閉経」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2020年02月 BioToday 閉経年齢と心血管疾患危険因子の変化は関連しないようだ
2020年02月 豪州ABC  Female athletes skipping periods 'not normal' — app tracks menstruation cycles to boost performance
 生理を止める女性アスリート「通常ではない」—アプリは月経周期を追跡してパフォーマンスを向上させます
 ブリスベンライオンズ女性チームはアプリを使用して月経周期を追跡しているので、コーチはデータを分析して選手の回復とパフォーマンスを最適化し、AFLWプレミアの確保に役立てることができます。
2020年01月 日本人のデータを用いた大規模な解析調査で 月経周期に関する新たな事実が明らかに ~今後のさらなる研究に向け、協力者を募集~   国立成育医療研究センター
 季節は日本人女性の月経周期にほとんど影響がない
 日本人女性の月経周期は居住地による影響をほとんど受けない
 月経周期の平均値は 25 歳頃に最も長くなり、その後 45 歳にかけて約 3 日間平均値が短くなる
 ルナルナ
2020年01月 AFP  性交渉の頻度が高い女性は閉経が遅い 研究

2020年01月 BioToday  テストステロン処方は性機能障害の治療に限るとの方針を米国内科学会が示した





2019年12月 UK Today (JAPAN JOURNALS) 英国にも飛び火⁉生理バッジ論争勃発!
2019年12月 LiveScience Once-a-Month Birth Control Pill Is in the Works
 月に1回の経口避妊薬の準備中
2019年12月 BBC News Once-a-month oral contraceptive pill in tests
2019年12月 EurekAlert-Science  月1回の経口避妊薬は患者の服薬遵守を改善できる
2019年12月 BioToday 月1回服用を目指して開発中の経口避妊薬がブタへの投与で1か月後の検出を達成
2019年12月 ワイアード 月1回の服用で済む経口避妊薬、その画期的なメカニズム

2019年12月 LiveScience 'The Pill' Might Shrink Certain Brain Regions Among Women Taking It
 「ピル」はそれを服用している女性の間で特定の脳領域を縮小する可能性があります
 視床下部と呼ばれる脳領域は、経口避妊薬を使用している女性の方が、非使用者に比べて小さくなっています 広範な使用にもかかわらず、経口避妊薬が脳にどのように影響するかは「かなり研究不足」
 ピルを服用している女性の視床下部は、ピルを服用していない女性よりも約6%小さかった「それはかなり大きな違いです」
 小さな視床下部が怒りの増加とうつ病の症状に関連
 規模な研究からの予備的な発見であり、原因と結果を証明しない 経口避妊薬が脳にどのような影響を与えるかを結論付けるのはまだ時期尚早
2019年12月 BioToday 経口避妊薬使用女性の視床下部は小さい
生理バッジ
2019年11月 BBC News Japanese store 'rethinks' badges for staff on periods
2019年11月 BBC News 大丸梅田店、「生理ちゃんバッジ」を再検討へ  働きやすさのため
2019年11月 BioToday 男性のテストステロン使用と静脈血栓塞栓症(VTE)リスク上昇が関連
2019年10月 財経新聞 テストステロンの投与は女性の運動能力を大幅に高める

2019年10月 BioToday 経口避妊薬を使う思春期女児はうつ症状をより被る
2019年9月 Science ヒト卵母細胞における染色体分離エラーは、自然繁殖が可能な生殖寿命を規定する
2019年9月 BBC News How tracking menstrual cycles helps women in sport

2019年9月 BioToday 更年期ホルモン補充治療はほぼどれも乳癌を生じ易くする〜メタ解析
2019年8月 テストステロンが女性の性欲回復に効果
 閉経後女性に対するテストステロン治療の性機能などの回復効果
  Safety and efficacy of testosterone for women: a systematic review and meta-analysis of randomised controlled trial data.
2019年7月 BioToday 月経カップの漏れ止め効果はナプキンやタンポンに引けを取らないようだ
2019年7月 LiveScience Menstrual Cups Are Safe, But Questions Remain About 'Toxic Shock' Risk, Review Finds

2019年7月 読売新聞 不眠症…男性の「ぐっすり」減少は30代から 女性は閉経きっかけに (ヨミドクター 渥美正彦)
2019年7月 BioToday アンドロゲン枯渇療法とアルツハイマー病や認知症の発現率上昇が再び関連
2019年6月 「更年期症状の軽減効果を有するカシス抽出物の有効成分および飲食物,化粧品,並びにその使用方法」 (特願2019-93226)の出願について  弘前大学
 青森県産カシス
2019年5月 BBC News What does the menopause do to the body?

2019年03月 BioToday 閉経女性の全身ホルモン補充療法とアルツハイマー病リスク上昇が関連
2019年03月 BBC News HRT: Women told not to be alarmed by Alzheimer's study
2019年03月 カカオポリフェノールの継続摂取が、閉経後女性における 糖代謝改善の可能性と、血圧とコレステロールの低下を確認 京医科大学
2019年02月 BioToday 家庭医による鍼治療で閉経症状が改善
2019年02月 高いマインドフルネスが更年期症状を緩和
 Association of mindfulness and stress with menopausal symptoms in midlife women.
2019年01月 「エストロゲンが骨細胞のSema3Aを介して骨の恒常性を維持するしくみを解明」
  閉経後骨粗鬆症の新たな治療法の開発に期待
 科学技術振興機構 東京医科歯科大学 東京大学 日本医療研究開発機構
2019年01月 読売新聞 月経異常の女性運動選手、疲労骨折リスクが8倍に
2019年01月 BioToday 閉経女性のホルモン補充療法と変形性膝関節症の発現率低下が関連
2019年01月 BioToday 血管運動症状(ホットフラッシュや寝汗)が長く続くと乳癌が生じやすい

 以上、 →2019〜2020年の記事でした


→ 「初潮・月経・更年期・閉経」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー