言語:
2019年

ほか「言語」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』





2019年9月 熟語の音読障害を引き起こす脳内の異常を解明! 神経症状を脳内ネットワークの視点から理解することに成功 名古屋大学
 筋萎縮性側索硬化症(ALS)を患っている約半数の症例で、「田舎(いなか)」や「昨日(きのう)」などの漢字二文字以上の熟字全体に,日本語の訓をあてて読む熟字訓を読むことが困難となる
2019年9月 財経新聞 ALSを誘導する神経変性は言語機能障害を誘導する 名大の研究

2019年9月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Human speech may have a universal transmission rate: 39 bits per second
 人間の音声には、39ビット/秒の普遍的な伝送速度があります。
 どれだけ早く話しても、同じ量の情報を共有します

2019年8月 脳は“ドレミ”を言語処理!?  脳波により絶対音感の仕組み解明へ   新潟大学
 絶対音感では、ドの音高に対して左半球優位な脳応答


2019年7月 AFP  キリストが使った言語、内戦の影響で消滅の危機 シリア

2019年7月 Nature Human Behaviour 
スピーチの皮質のエンコーディングにより、仕事関連している音響情報が強化される
スピーチの神経の処理はゴール指向の行動に順応する。
このプロセスは主要な聴覚外皮においてすでに起こっている。そこで、スピーチ音の仕事関連している音響情報は選択的に強化される。



2019年5月 AFP  「言語の起源」解明の手掛かり、オナガザルの実験で明らかに
2019年5月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS When green monkeys spy a drone, they use their cousins' cry for 'eagle'

2019年5月 Science 気候変動と言語多様性
 空間および系統発生的なファクターのために統計的にコントロールする間景色機能と生物の多様性と関連した競争仮説に対する気候変動性仮説を確認するために、6425の言語のグローバルなデータセットを活用。これらの結果は、どれほど、安定している気候が小さな社会的な生きとグループをサポートし、どれほどより可変の気候がより大きい連立の構成をサポートするかに洞察を提供する。

2019年5月 Nature Human Behaviour 
全国的に代表したABCD研究のバイリンガルの実行する機能利点の無証拠
4,500を超える9~10歳,データを分析することによって、バイリンガルの子供が、実行する機能に利点を持っているという証拠を全然見つけなかった 考えと行動の自主的統制に中心的な認識の才能 。






2019年5月 Nature 北方の有力集団
2019年5月 Nature 言語学:シナ・チベット語族の起源と拡散 The origin and spread of the Sino-Tibetan language family
2019年5月 Nature 言語学:シナ・チベット語族が後期新石器時代の中国北部で生じたことを示す系統学的証拠 Phylogenetic evidence for Sino-Tibetan origin in northern China in the Late Neolithic
2019年04月 【日本語ブログ】シナ・チベット語族の起源
2019年04月 BBC News 'Exhilarating' implant turns thoughts to speech
 テクノロジーは、声を失った人々を再び話すために助けることができた。
2019年04月 Nature 音声を作る神経機能代替技術に向けて少し前進
2019年04月 Nature 神経科学:思っていることを音声にする脳インプラント Brain implants that let you speak your mind
2019年04月 Nature 神経科学:話された文章の神経表現を解読して音声を合成する Speech synthesis from neural decoding of spoken sentences
2019年04月 BioToday 脳波(脳信号)をコンピューターによる発声に変換できた
2019年04月 朝日新聞 日本人が苦手「L」「R」 数日の訓練で聞き分けられた
 情報通信研究機構脳情報工学研究室(神戸市)の研究チーム
 周波数がわずかに違う音を聞いたときに現れる脳波のパターンの違いを、円の画像として見ることができる装置

2019年04月 Nature Human Behaviour 
古期英語韻文伝統の大規模な量的なプロファイリング
私達はすべての長生き古期英語詩のスタイルを分析する。それらは、未婚の作者がベオウルフを創作し、詩アンドレアスがキネウルフにより書かれたという量的な証拠を見つける--イギリス文学的歴史の2つの長年の問題。
2019年03月 LiveScience Your Brain Needs 1.5 MB of Storage to Master Your Native Language
 1.5MBフロッピーディスクくらい
社会学史 (講談社現代新書) 新刊 大澤真幸 (著) 税込価格:1,512円(14pt) 出版社:講談社
2019年02月 豪州ABC Why do our accents change when we live overseas?
 オーストラリア人訛りを失った? それは私達の脳を生産する 「私達の種族を見つけなさい」に順応している 。
2019年01月 流暢な英語の発話が出現した失語症の1例
  シミズ病院(京都市)リハビリテーション科言語聴覚士の西川奈央人氏ら
  母語が日本語で日常的に英語を使用する機会がないにもかかわらず、脳出血発症後に失語症を呈し、流暢な英語の発話が出現した症例
  日本高次脳機能障害学会

2019年01月 Science コンピュータが神経信号を言語に変える  Computers turn neural signals into speech


 以上、 →2019年の記事でした


→ 「言語」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー