進化経済学 神経経済学 行動経済学 消費者心理:
2019〜2020年

ほか「進化経済学 神経経済学 行動経済学 消費者心理」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2020年02月 Nature Human Behaviour  Nudges that don’t nudge
 ナッジしないナッジ
 行動介入は、多くのドメインにわたって選択肢を改善できますが、それらが普遍的に効果的ではないことを覚えておく必要があります。
2020年02月 UNIVERSITY COLLEGE LONDON  メガプロジェクトが失敗する理由
2020年02月 Nature Human Behaviour  Conservatives and liberals have similar physiological responses to threats
 保守派とリベラル派は脅威に対して同様の生理学的反応を示します
  以前の研究では、保守派はリベラル派よりも脅迫的な刺激に対してより強い生理学的反応を示すことが報告されています。 米国(n = 202および352)およびオランダ(n = 81)からの新しい研究は、元の研究の結論を支持していません。
2020年02月 BioToday 銃を所持していてもよく眠れるわけではなく、より幸せでもない
2020年02月 Nature Human Behaviour  How does value distract?
 値はどのように気を散らすのですか
経済的な決定を下すとき、私たちの選択はしばしば無関係な情報に影響されます。 1つの顕著な説明は、神経回路の正規化に訴えます。 新しい論文では、代わりに、注意プロセスが原因である可能性が示唆されています
2020年02月 Nature Human Behaviour  Value-based attention but not divisive normalization influences decisions with multiple alternatives
 価値に基づいた注意が、分裂的正規化ではなく、複数の選択肢を持つ決定に影響します
価値の異なる項目間の決定は、無関係な選択の影響を受ける可能性があります。 複製と新しい実験を組み合わせると、注意の価値の影響がこの行動を促進します。これは、これまで分裂正規化によるものでした。
2020年01月 弱い相手との対戦が100%の実力を発揮するための鍵!   東京農工大学
 最適な運動戦略を促すための手段として、他者との対戦が有効
 対戦相手の強さによって運動戦略が臨機応変に切り替えられる:特に弱い相手との対戦によって、個々人の運動能力に適した最適な運動戦略を導く
2020年01月 BioToday  事実を論うより心情に訴える広告が医師の意欲をより掻き立てる
2020年01月 Nature Human Behaviour  Motivated control as a bridge between neuroeconomics and cognitive neuroscience
 神経経済学と認知神経科学の間の橋渡しとしてのやる気のある制御
 動機付けられた制御プロセスは、競合するタスク要求に対応するために行動を最適化するのに役立ちます。関連する労力を最小限に抑えながら報酬を求めます。
 動機付けされた制御の主要な貢献者である背側前帯状皮質が、イベントが予想と異なる場合に生成される驚きに似た計算量を追跡する。
2020年01月 Nature Human Behaviour  Complex economic activities concentrate in large cities
 複雑な経済活動は大都市に集中
経済的な複雑さは、大都市における生産活動の空間的集中を促進します。





2019年12月 脳の働きによる効果的な謝罪方法  コストがかかっているほど誠意を感じる 神戸大学
 個人が謝罪する場合と同じように、補償を申し出る・外部の第三者委員会の調査をすすんで受けるといったコストがかかる謝り方をするほど誠意が伝わる
 謝罪を受けた相手側の、脳の意図処理ネットワークが活性化する
2019年12月 カスタマイズ商品に高額を支払うのはどんな人?
 コントロール欲求の個人差が支払意思額に影響 名古屋大学
 コントロール欲求の高い人は、低い人に比べて、カスタマイズ商品に支払ってもよい金額が高くなる。
2019年12月 Nature Human Behaviour 
  現代民主主義の文化的基盤
  学者たちは、安定した国家民主主義を達成するための最善の方法について長い間異議を唱えてきました。 民主化は、民主的な文化的価値の世代間の蓄積から始まり、それなしでは民主主義は失敗しがちです。
2019年12月 Nature Human Behaviour 
  政権の文化的理論
  文化がレジームを形成するか、レジームが文化を形成するかについては長年の議論があります。 新しい研究は、文化の因果的優位性を支持して議論を解決します。

2019年11月 BioToday ファーストフード店でカロリー表示したところ客の購入分のカロリーが若干減少
2019年10月 複雑な遺伝 The promise and peril of the new science of social genomics
 政治的信念や社会経済的地位といった複雑な社会的特性と遺伝子との間に関連があることが分かってきたが、遺伝子検査の結果からこうした特性を予測するのは難しい。
2019年10月 なぜファンは進次郎氏を見捨てたのか 逆風が吹き始めたきっかけは入閣よりも結婚か 杉浦由美子
 「リベラルと保守ってどう違うんですか? 自民党はどっち?」と疑問を持つ女性層は「情報をもってないが、意識は高く選挙には行く」。
  反対に、新聞や週刊誌の政治経済の記事に目を通し、情報を持っている人たちは「どの政党も候補者もダメだ」と絶望していき、投票を放棄し出す。
 滝川クリステルさんは綺麗すぎるため、同性の共感が得られない
2019年10月 本川・社会実情データ図録 平日・土日別食事時間・買物時間の国際比較
 食事時間、買物時間について、日本では日曜が最も長いが、欧米では、むしろ土曜日の方が長く、日曜日は最短の傾向
2019年10月 ワイアード 重要な決断は、空腹時にすべきではない:研究結果
 空腹状態にあるとき、あとでもらえる大きな報酬よりも、すぐにもらえる小さな報酬を選ぶ傾向にある
2019年8月 スラド 努力して得た報酬の方が主観的価値が大きくなるという脳メカニズムが発見される



2019年7月 Nature Human Behaviour 
道徳的なポジションと道徳的な議論の間の接続によって、意見変化は動く
 イデオロギーと道徳的な意見の間の接続を説明するモデル
 44年の投票データによってそれも有効にする
 害と公正さに接続しているポジションは、自由主義者でよりポピュラーで、漸次的によりポピュラーになる。
2019年6月 AFP  無くした財布が戻る確率、中の現金が多いほど高い 世界規模で調査
2019年6月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS  世界的に「落とし物」の財布は中身が多いほど返すことが多い。「盗んだ」と思われたくない
2019年7月 Science 世界中の市民の正直さ
 物質的利己主義と利他行動の間のトレードオフ
 40の国を横切る355の都市のお金の様々な合計を含んでいる17,000を超える財布を配布
 NoMoney (0米ドル)、お金(13.45米ドル)、およびBigMoney (94.15米ドル)条件において報告された財布のシェア。
2019年6月 財経新聞 AIが構成したテレビショッピング番組、入電件数が3割増加


カップルの共同決定力学
 パートナーが利己的にふるまっている時には、そのまましたいようにさせるほうが、利他的にふるまうように働きかけるより良い結果になる;彼らに決定をさせる(利己的に相手に対して利他的になる)ほうが、二人とも利己的行動に走るよりは良い結果をもたらす カップルが共同の決定をする時には、研究は、矛盾対人関係のオリエンテーションが、両当事者を満足させる決定を引き起こすかもしれないと気付く
 利己的なパートナーとペアにされる時には、それは、利己的であるというよりも、利他的に動くのに良い。同様に、利他的なパートナーとペアにされる時には、それは、要求された結果を達成するために利己的に動くのにより良い

2019年04月 Nature Human Behaviour 

  低価格の情報ナッジは低所得の移民の間の公民権散布量を増大させる
ランダム化された現場実験を通じて、スタンフォードの移住方針ラボの研究者は、連邦の料金棄権証書のためのそれらの適任についての低価格の軽いつつきに知らせている移民が公民権アプリケーションのレートを増大させたのを証明する。
2019年04月 Nature Human Behaviour 
注視バイアス違いは個々の選択行動を捕らえる
簡単な選択は、行動のように思われることによって偏っている。この仕事により4つのデータセットを横切るこの注視バイアスにおいて個々の違いは調査されて、 見つめるショー バイアスは 可変で、それらの力は個人の選択において違いを確かに予測する。
2019年04月 Nature Human Behaviour 
人の好奇心のための多様な動機
  Kenji Kobayashi
オプションが複数の属性により定義される時には、全体の結果の不確実性を問わず人々は個々の属性について物好きである
それは、好奇心を形づくる予想したユーティリティの別個のタイプを明らかにしている
2019年04月 Nature Human Behaviour 
審議機能を持つ民主主義と気候管理
民主主義が気候変化に効果的にアドレスすることができないと信じる人々に対して、私達は、より深く審議機能を持つ民主主義国が、装備を改良できると主張する 挑戦に遭遇する世界 。
2019年04月 Nature Human Behaviour 行
動変化理論を表すためのフォーマルなシステムの開発
  行動変化理論はより正確に指定される必要がある。主要な理論のうちの5つが、構成物に関係するシステムを使って正式に表されているかもしれないこと ラベルを貼る 構成物定義および定義されたバイナリの関係 構成物 。
2019年04月 Nature Human Behaviour 
修理業対面的介入は、「マルチ危険家庭用意」を通文化的に増大させる
2つの文化の地震と火用意を増大させたジョフィなどリポート修理業危険用意介入。家庭の用意は長期の変化を示し、より高い結果予想および家庭の所有権により予測された。

2019年02月 Nature Human Behaviour 
量と時間は、異時点間の選択に独立な影響を及ぼす
 より小さいまたはより大きい大量のより早いまたはより遅い貨幣支払い-outsの間で人が決める時には、辛抱強い選択は、量と時間についての情報を連続して処理することに起因し、得られる量に1番目の焦点を合わせる。
2019年02月 Nature Human Behaviour 
経済の不均衡はどのように可動性予想および行動 所 を形成し、若者に損害を与えたか
経験および理論的な文学、および不均衡の可動性予想 所 へのインパクトにおいて経済および心理学的なパースペクティブを統合し、若者に社会経済的に損害を与えた
2019年02月 Nature Human Behaviour 
minimalisticの部分最適性のソースは探検する--功績仕事
  人々は、どのように、 よい 探検と利用から選ぶことにいるか?そのような決定への本質を獲得する仕事において、歌などは、決定参加者の連続と関連した最適性からの体系的な逸脱を見つけた 作ることができる 。

 以上、 →2019〜2020年の記事でした


→ 「進化経済学 神経経済学 行動経済学 消費者心理」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー