運動、座ったきり、運動不足と健康:
2019年

ほか「運動、座ったきり、運動不足と健康」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2019年12月 BioToday ストレッチは走りやすくもしないし怪我も防がない〜それより慣らし運動が有効
2019年12月 BioToday 複雑な運動の際の信号は運動野が独自に作るのではなく複数の脳領域で作られる
2019年11月 Science 運動はニッチを見つける
  身体活動性マウスの炎症細胞(白血球)が座りがちなマウスよりも少ない
 これは造血幹細胞および前駆細胞(HSPC)の活性低下に由来する効果です。 HSPCのより低い活性は、少なくとも部分的には、造血骨髄のニッチ内の細胞を調節する脂肪組織によって産生されるホルモンであるレプチンのレベルの運動誘発性の減少によるものでした。
2019年11月 BioToday 食べる前の運動は筋肉の脂肪利用を促し、食後のインスリン上昇を抑える
2019年11月 AFP  「もっと運動を」世界の青少年の5人に4人が運動不足 WHOが警鐘
2019年11月 BBC News 'Global epidemic' of childhood inactivity
2019年11月 BioToday 世界の思春期若者の殆どの運動量は必要量に達していない
2019年11月 BioToday 乳癌診断後の週150分以上の運動は診断前の運動量がどうあれ死亡リスクを下げる
2019年11月 BioToday ランニングはたとえ僅かでも死亡リスク低下と関連する
2019年10月 BioToday コーヒーで運動能力が改善〜5kmの自転車漕ぎ時間が数秒改善
2019年10月 BioToday 歩くのが遅い中年はより老けている〜幼少期の脳欠陥がそうするのかもしれない
2019年9月 Science 長寿のために立ち上がれ
 強度に関係なくあらゆるレベルの身体活動が死亡率の大幅な低下に関連していた
2019年9月 "適度な運動タンパク質"を見つけた! 運動が身体の炎症・老化を抑制する分子メカニズムを発見!! 健康のために1日10分、骨に衝撃を与えよう!!! 東京都健康長寿医療センター
 運動で生じる骨への「力(衝撃)」が、力を感知する分子として知られているタンパク質(Cas:キャス)に作用し、身体の多くの組織・臓器の炎症・老化に関与することが知られている別のタンパク質(NF-κB:エヌ・エフ・カッパ・ビー)の活性を抑制することで骨の強度・密度を維持する
2019年9月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Running—or sitting—can change the shape of your heart
 カウチポテトになると、心臓が猿のように見えます
2019年8月 AFP  脳振とう多いと勃起不全リスク上昇、元NFL選手の調査で判明
2019年8月 BBC News Athletes have poor teeth despite brushing

2019年8月 BioToday 運動量が多く、じっとしている時間が短いと死に難い
2019年8月 LiveScience Why Do We Bend Our Arms When We Run?
  科学者は、それらの主題が適性アーム、それらのエネルギー支出によって歩いた時が、約11%増大すると気付いた。なぜなら、たぶん、相対的に遅いスピードで動く間それらの腕適性を保持するのは、より多くの努力を必要としたからである。
2019年8月 LiveScience Jogging Is the Best Weapon Against 'Obesity Genes'






2019年7月 アスリートの「筋肉の硬さ」と「競技パフォーマンス」の関連性を明らかに
 競技特性と筋肉の質に応じたトレーニングの必要性を示唆  順天堂大学
 短距離走選手では「硬く伸び縮みしにくい筋肉」を持つ選手の方がパフォーマンスが高い(タイムが良い)
 長距離走選手では「軟らかく伸び縮みしやすい筋肉」を持つ選手の方がパフォーマンスが高い

2019年7月 BioToday 中高年がより活動的に過ごすことを維持するかそうなることでより長生きできる
2019年6月 LiveScience Sitting in Front of the TV May Be Worse for Your Heart Than Sitting at a Desk
 デスクワークを持つ人々は、オフィス椅子のすべてのそれらの座業の時間についてそんなにやましいところがあると感じている必要はないかもしれない。
2019年7月 スラド 長時間座って過ごす人の心血管疾患・早期死亡リスク、テレビ視聴で上昇し、仕事では上昇しないとの研究成果

2019年6月 ワイアード スタンディングデスクには意味がない?
 一日中座っているデスクワーカーにとって、スタンディングデスクのような選択肢は、心臓病リスクの低下にはつながらない
2019年6月 AFP  人間の耐久力、絶対的な限界は「胃」で決まる? 究極のアスリート研究
2019年6月 LiveScience Scientists Just Found the Limits to Human Endurance

2019年5月 財経新聞 普段から速く歩く人、遅く歩く人よりも長生きする 肥満度の影響を受けず

2019年04月 BioToday 米国の10代若者も成人も10年前に比べて毎日1時間長く座っている
2019年04月 運動が筋量を維持するメカニズムを解明 (運動はオートファジー基質を調節して遅筋の抗酸化物質を産生する)  名古屋市立大学
 運動はオートファジーの調節に関わる因子を活性化し抗酸化物質の産生を促進する
2019年04月 BioToday 運動不足と認知症やアルツハイマー病は関連せず

2019年03月 BBC News Can exercise reverse the ageing process?
2019年03月 AFP  がんや脳卒中の死亡リスク、週1回のウオーキングでも減少 研究
2019年03月 BioToday 日頃の運動はたとえ僅かでも死に難くする
2019年03月 BioToday うつで肥満の患者に食事/運動増進と精神療法の併用が有効〜栄養補助は無効
2019年02月 腕立て40回以上できると心疾患リスク低下 消防士身体検査データの後ろ向き解析
 腕立て伏せが40回以上できる中年男性は、10回未満しかできない同世代の男性と比べて心血管疾患(CVD)リスクが有意に低い
 Association Between Push-up Exercise Capacity and Future Cardiovascular Events Among Active Adult Men.
 1104人の職業でアクティブな成人コホート研究によって、10年のフォローアップを横切るベースラインプッシュアップ能力と付帯的な心臓血管病気リスクの間の重要なネガティブな協会が見つかった。
2019年02月 BioToday インターバル運動で体脂肪がより減る
2019年02月 位置情報ゲームを利用する中高年の歩数が有意に増加 「Pokémon GO」リリース前後 9 か月間の歩数分析より 東京大学
2019年02月 BioToday 過激な運動をしても死にやすくはならない
2019年01月 中央日報@韓国  韓日研究チーム、高齢者女性の健康に良い運動は「これ」
 老年期にダンススポーツを楽しんでいる女性は日常活動に障害が発生する確率がそうでない女性に比べて74%減少


 以上、 →2019年の記事でした


→ 「運動、座ったきり、運動不足と健康」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー