ナノテクノロジー/微小工学:
2019〜2020年

ほか「ナノテクノロジー/微小工学」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2020年03月 角膜・オン・チップの開発に成功 -「まばたき」も再現-   京都大学
 点眼液開発や、それに必要な動物実験の代替法として期待
 マイクロメートルほどの非常に小さいものを加工できる微細加工技術を応用した「マイクロ流体デバイス」にヒト由来の角膜上皮細胞を培養し、更に、細胞培養液を行き来させることによって、まばたきも再現
2020年03月 光で「生きたまま」微生物を高密度濃縮できるハニカム基板を開発―有用微生物の濃縮によるバイオマス利用技術の革新に期待―   科学技術振興機構 大阪府立大学
 自己組織化で形成したハニカム状の光熱フィルムにわずか 20 秒間レーザー(出力 80 mW 以下)を照射するだけで、発生した対流を使用して 80〜90%の高い生存率で細菌の高密度集積(106〜107 cells/cm2)ができる
2019年11月 Science ナノマテリアルが実現するエネルギー貯蔵の未来
2019年11月 BioToday 細胞1つ1つに微針で穴を開けて目当ての遺伝子を入れるマイクロ流体装置を開発
2019年11月 LiveScience DNA Just One of More Than 1 Million Possible 'Genetic Molecules,' Scientists Find
 科学者たちによると、DNAは100万個以上の「遺伝子分子」の1つにすぎません
  科学者はコンピュータープログラムを使用して、DNAのように遺伝情報を保存できる可能性のある100万個を超える分子を発見しました。
2019年9月 DNAオリガミによる人工細胞微小カプセルの開発に成功 機能をプログラム可能な分子ロボットの開発に期待
  京都大学 東京大学 東北大学 東京工業大学 東京農工大学
2019年9月 大学ジャーナル 世界初、DNAオリガミによる人工細胞微小カプセルの開発に成功

2019年8月 食物繊維を使ってカーボンナノチューブの精製に成功! 
  産業応用に向けた半導体型カーボンナノチューブの安価な分離法の開発~  名古屋大学
2019年8月 人の体温環境でDNA信号を5000倍以上に増やす人工細胞を構築
 人間の思い通りに動く「分子システム」の実現に一歩前進 東北大学 東京工業大学
2019年8月 Nature 分子生物物理学:ゲノムプロセシング酵素の回転をDNA折り紙で作った回転子を使って追跡する Rotation tracking of genome-processing enzymes using DNA origami rotors
2019年5月 大学ジャーナル DNAオリガミを融合した分子人工筋肉、北海道大学などが開発

2019年5月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS U.S. cancer institute cancels nanotech research centers

2019年5月 Nature 脳に着想を得た光コンピューティング
人工光合成
2019年04月 Using DNA templates to harness the sun's energy ARIZONA STATE UNIVERSITY
2019年04月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS These origami robots could one day deliver drugs inside your body
2019年5月 世界初!DNAオリガミを融合した分子人工筋肉を開発 ナノからマクロスケールまで広範に適応する再生可能なソフトアクチュエーターとして期待 北海道大学 東京工業大学 関西大学

2019年03月 Science 自然、偶発的および工業的に製造されたナノ物質ならびにそれらが地球システムに及ぼす影響 Natural, incidental, and engineered nanomaterials and their impacts on the Earth system
 人の行動を通じて直接作成されない自然なナノ素材のソースとインパクト






2019年03月 Nature 協同運動:緩く結合した粒子が協同して動くロボットを作る
 磁石を使って粒子同士を緩く結合することで、外部刺激(今回は光)によって、粒子の振る舞いを個々の振動から刺激の方へ向かう集団運動へと変化
 最大10万ユニットからなる系でシミュレート
構成粒子の5分の1が故障してもまだ機能するはず 
2019年02月 Nature 生物物理学: 移動方向を逆転させて、動き方を解明
 モータータンパク質 微小管上を野生型のダイニンとは逆の方向に移動するダイニンを作製
2019年02月 Science 錠剤が患者の胃の中で注射をする Pills give patients a shot inside the stomach
 動物実験
  この方法で配達されたインシュリンは、通常の注射同様に血糖をコントロールする。
2019年02月 EurekAlert-Science  カメから着想を得た薬物送達デバイスによって可能になった、飲み込める注射
2019年02月 BioToday 自ずといい塩梅で胃に定着する飲む注射装置を開発〜インスリン投与可能
2019年02月 読売新聞 カプセルに注射針仕込んだ「飲むインスリン」…MITが開発
2019年01月 がんを攻撃する魚雷型ナノカプセル
  ナノサイズの筒に抗がん剤を入れ、半球で蓋をする 理化学研究所
2019年01月 超柔軟ナノメッシュセンサーの開発に成功、創薬分野への応用に期待  東京女子医科大学
 細胞とほぼ同様な柔らかさを持つセンサーの開発
 数層のナノファイバーからなるナノメッシュ構造を電極に応用

 以上、 →2019〜2020年の記事でした


→ 「ナノテクノロジー/微小工学」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー