性格/性向/感情/幸福感:
2019年1〜6月

ほか「性格/性向/感情/幸福感」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2019年6月 Nature Human Behaviour 
 未投薬であった気分と心配不法行為の不確実性の下の、変更される学習
心配は、不確かな条件の下の変更された反応により特徴付けられている。
これらの変更された反応は、ネガティブな結果に呼応して、不心配である個人より迅速にそれらの行動をアップデートする心配している個人に支払われるべきである。
2019年5月 Science 島皮質は嫌悪に関連した体性感覚情報の処理を行い嫌悪学習において重要な役割を果たしている
英国の科学者デイビッドストローンは、最初、1989年 , 幼年期の微生物への露出の不足が、アレルギーとぜんそくの害された免疫系およびより高いレートをもたらしていた で提案する that 私達の現代および無菌の世界 に、論争の「衛生仮説」を提案した。
 ネズミ実験では 特定のバクテリア属〈マイコバクテリウム-バッカエ〉に抗鬱効果があることが確認されている
 ストレスが多いイベントに先立つM. vaccaeの噴射により、マウス ストレス誘発性大腸炎をかわし、「PTSD-似」症候群が防止できた。
 土壌細菌で放線菌の一種「マイコバクテリウム・バッカエ (Mycobacterium vaccae)」
2019年5月 愛情ホルモン「オキシトシン」より効果持続が見込める有機合成化合物を発見!
 オキシトシンよりも長時間作用・高効果が見込める化合物の合成に成功 金沢大学
 金沢大学子どものこころの発達研究センター
 マウス体内で天然に作られる内在性 OT よりも長期間作用し,効果も大きいスーパーアゴニスト
2019年5月 財経新聞 「空気読めない」は脳回路によって決まる 理研が回路特定

2019年5月 Science 脳幹の挿入核は海馬に投射し、恐怖文脈条件づけの形成を制御する
2019年5月 白昼夢が幸福につながる条件が明らかに マインドフルネスとオタク消費の効果を実証  広島大学
2019年5月 豪州ABC Are you a time optimist? You're just hurting your future self
 Why you're so bad at keeping plans — and how to get better at it
 私達はよそ者のように私達の未来の自身を扱う
2019年04月 Science 人格心理学で高い再現性
これらの結果は、心理学の他のサブエリアより個性心理学の発見が頑強であることを示唆する。
2019年04月 Science 心配性の人がいる理由
2019年04月 Science 扁桃体内部の異なる機能を担う細胞集団は協調して適応的行動のための身体状態をモニターしている
2019年04月 仮想通貨取引に精神疾患リスク
 ギャンブル障害や抑うつ、不安症状の問題と関連する
 Preliminary findings on cryptocurrency trading among regular gamblers: A new risk for problem gambling?
2019年04月 笑う門には「長寿」来る!?
 Associations of frequency of laughter with risk of all-cause mortality and cardiovascular disease incidence in a general population: findings from the Yamagata study.
 山形大学看護学科基礎看護学講座教授の櫻田香氏ら
 日常生活における笑いの頻度が、全死亡および心血管疾患の独立した危険因子である
2019年04月 「根気」(こんき)を生み出す脳内メカニズムの発見
 粘り強さは海馬とセロトニンが制御する  慶應義塾大学
 目標を達成するまで粘り強く行動を続けるには腹側海馬の活動低下が必須
2019年04月 朝日新聞 どうすれば「根気」は続く? 脳の働き調べるマウス実験
2019年04月 Nature Human Behaviour 

  人の好奇心の下にある動機
私達は、好奇心が行動の強いドライバーであると知っているけれども、私達はその潜在的な動機をほとんど相対的に知らない。新しい研究により、人の好奇心が多様な動機により動かされうることが示される。第一に何人かの個人が正確な信念を形成することに動機となる間、他は、むしろ、それらをよいと感じさせる情報を捜す。
2019年04月 Nature Human Behaviour 
コンプレックスはは、制限された情報を心理学的な幸福の予測に追加する
年の上の感情力学と幸福についての研究は、感情の変化を捕らえるために、ますます多くの動的な手段を用いた。
平均によって伝えられた情報のために小さいこれらの手段加算が影響することおよびその相違。
2019年04月 心理的因子と痛みの関係における中枢性感作の媒介効果  畿央大学
2019年04月 ワイアード あなたの幸せをソーシャルメディアが奪う? 「幸福感」を巡る定説の落とし穴
 年収10万ドル(約1,117万円)以上の人の幸福度は、2万5,000ドル(約279万円)以下の人よりも低かった
 ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの行動科学教授 ポール・ドーラン
感情労働

2019年03月 Science 近づくか逃げるか? Get closer or run away?
 扁桃核は、相互に互換性がない行動の間で決めるとすぐに生じる衝突役割を果たす
 平均のアーモンド内のドーパミン作用性のニューロンの人口が、2つの他の脳エリアに突き出ていると気付いた --終末の筋跡および腹側正中の視床下部のベッド核。これらのエリアがエキサイトするか、または抑制する時には、マウスは、探検または脅威回避行動に反対することを示す。
2019年03月 AFP  世界幸福度ランキング、1位は2年連続フィンランド
2019年03月 Nature Human Behaviour 
2つの文化を横切るスピーチ作詩法の12の感情の認識のカテゴリーの第一
感情は文化を横切って一般的である 心理学的な研究の中心的な問題 。この研究において スピーチ作詩法が、2つの種々の文化を横切って認められている最低12の感情を伝達できるコーエンなどショー 。
2019年03月 BioToday テストステロンが多いほど血栓症、心不全、心筋梗塞を生じ易いらしい
2019年03月 愛情ホルモン「オキシトシン」の分子作用メカニズムを解明 金沢大学
 オキシトシンはRAGEに結合して血液脳関門を通過する
 炎症や老化などの進展に関わるパターン認識受容体のひとつであるRAGE
 RAGEを欠くRAGEノックアウトマウスの母親の子育ては下手で,仔の生存率は低い





2019年02月 中央日報@韓国 「世界最高の国」ランキング1位は「スイス」…韓国と日本は? 
 主要80カ国の影響力、企業環境、社会安全網、生活の質、自然環境など75項目を総合的に評価
 韓国は企業家精神では世界8位、軍事力および政治、経済、外交分野の力では10位に入ったが、「興味」分野で63位、「文化遺産」で44位となり、全体では上位20位に含まれなかった。 
 2位は日本、3位はカナダ、4位はドイツ、5位は英国、6位はスウェーデン、7位は豪州、8位は米国、9位はノルウェー、10位はフランス。
2019年02月 ⽇本⼈の表情がエクマンの理論とは異なることを実証 世界で初めて⽇本⼈の基本 6 感情の表情を報告 京都大学 科学技術振興機構
2019年02月 大学ジャーナル 日本人の表情はエクマン理論と違った、京都大学が発見
2019年02月 Science 前頭前野ニューロンの危険な発火 Risky firing of prefrontal neurons
 ねずみ前前頭骨外皮の亜区のニューロンのサブクラスが縁前の外皮、未来の選択を予知できる。ねずみは賭け仕事に向けられた。
 これらのセルがoptogeneticallyに黙る時 ねずみ増大賭け行動 より大きい報酬を選択してより多くの危険を冒す
2019年02月 中央日報@韓国 韓国人、幸福度非常に低い…「社会に対する不安と不信強い」 
2019年02月 成人の4人に3人が孤独感 米調査
 特に20歳代後半、50歳代半ば、80歳代後半で中〜高度の孤独を感じている割合が高い
 High prevalence and adverse health effects of loneliness in community-dwelling adults across the lifespan: role of wisdom as a protective factor.
2019年02月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Evidence mounts that gut bacteria can influence mood, prevent depression
2019年02月 BioToday 全般性不安障害に有効な薬は幾つかある〜最初が駄目でも他を試す価値あり
2019年01月 Nature Human Behaviour 
 大気汚染のため、社会的なメディアの中国の都市居住者の表現された幸福が下がる
 シーナWeiboの2億1000万件のツイートにおいて144の都市から表現された感傷から構成されるのでメートル法である日刊、都市レベル幸福は、社会的なメディアにおいて、大気汚染の高いレベルが、中国の都市居住者の表現された幸福をかなり減らすことを示す。
2019年01月 Nature Human Behaviour 
 グローバルな音楽を流しているデータは、感情の好みの毎日のおよび季節のパターンを明らかにする
 51の国の100万人の個人により選ばれた7億6500万のオンラインの音楽劇からデータを使って、多様な文化および人口統計のグループを横切って一貫している音楽的な強度の毎日および季節感情リズムを明らかにする。文化と年を横切る音楽的な強度についてのベースライン好みにおいて違いも報告する。
2019年01月 時事通信 対人障害改善の薬開発=「幸せホルモン」鼻からスプレー 浜松医科大
 オキシトシン
2019年01月 Science 小脳による報酬回路と社会行動の調節 Cerebellar modulation of the reward circuitry and social behavior
 小脳への損害は、自身を認識の損傷および異常な社会的な行動の様々な形に明示する。
 腹被蓋エリアへの小脳のインプットは、社会的な探検の間に、よりアクティブであった。従って、腹被蓋エリアニューロンの消極は、同様な報酬刺激がマウスのための社会的なインタラクションであるのを見せる。
2019年01月 性ホルモン産生酵素が個人の性格・気質に関連する
  脳内アロマターゼ量は攻撃性、協調性と相関する 理化学研究所
 男性・女性ともに視床における女性ホルモン産生酵素アロマターゼ量が多いほど協調性が低い
2019年01月 脳内アロマターゼ量が性格に影響する Association between aromatase in human brains and personality traits.
2019年01月 Nature Human Behaviour 
ポジティブな記憶特定性は、うつ状態への弱点減少と関連する
  427人のうつリスク思春期児童で、
  具体的なポジティブライフ経験記憶が、ネガティブなセルフ関連した考え減少およびストレスホルモンレベル減少と関連する
2019年01月 Nature Human Behaviour 
 青春期の幸福とデジタルテクノロジー
 思春期の子供はデジタルのテクノロジーを規則的に使うけれども、それらの心理学的な幸福へのそのインパクトは不明瞭である。ここでは、作者は3つの大きいデータセットを調査し、小さなネガティブな協会だけを見つける:デジタルのテクノロジー使用により幸福の最大0.4%が説明される



 以上、 →2019年1〜6月の記事でした


→ 「性格/性向/感情/幸福感」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー