癌、悪性腫瘍:
2019年1〜4月

ほか「癌、悪性腫瘍」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2019年04月 LiveScience Can Chronic Stress Cause or Worsen Cancer? Here's What the Evidence Shows.
 慢性ストレス
2019年04月 BioToday 肺癌に至りうる前癌病変と関連する遺伝的異常を正常な気道細胞から同定しうる
2019年04月 BBC News A rasher of bacon a day 'ups cancer risk'
2019年04月 Nature 近年、がんサバイバーが格段に増えており、治療の長期的影響とその緩和にも目を向けるべきときが来ている。 Study cancer survivors
2019年04月 財経新聞 犬の嗅覚から人間のガンを発見できる可能性 アメリカの研究
2019年04月 BioToday  乳癌の生じ易さが平均的で無症状の女性は50-74歳の間マンモグラフィ検診すべき
2019年04月 毎日新聞 がん10年生存率56%に 治療進歩、昨年比わずかに上昇
2019年04月 AFP 主流の豊胸バッグに発がん性 仏当局、メーカーに禁止を通達
2019年04月 3Dマンモで乳房生検率が大幅低下 英・3万例超の前向き研究
 The Potential Impact of Digital Breast Tomosynthesis on the Benign Biopsy Rate in Women Recalled within the UK Breast Screening Programme.
2019年04月 LiveScience There May Be a Link Between Coffee and Lung Cancer, Study Suggests
 コーヒーはたくさんの健康利点と接続されたけれども、新しい研究により、コーヒーインテークが、肺癌の増大したリスクと接続できることが示唆される。
2019年03月 BioToday  週1本のワインの発癌性は男性なら週5本、女性なら週10本の喫煙量に相当

2019年03月 Science フルクトースを多く含むコーンシロップはマウスにて腸管腫瘍の増殖をうながす
2019年03月 EurekAlert-Science  高フルクトース・コーンシロップは腸癌マウスモデルの腫瘍増殖を促進する
2019年03月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS The corn syrup in a soda a day can give mice bigger colon tumors
2019年03月 LiveScience High-Fructose Corn Syrup Fuels Colon Cancer Growth in Mice
2019年03月 BioToday マンモグラフィに超音波検査を加えた乳癌検診は害を上回る価値なし
2019年03月 BioToday 卵巣癌を余さず切り取った患者の正常リンパ節を根絶やしても生存は改善しない
2019年02月 AFP  小児がん患者、45%が未診療 先進国と途上国で著しい格差も
2019年02月 BioToday BRCA変異と関連する血縁/民族/祖先の女性はBRCA変異保有の恐れの検診が必要
2019年02月 朝日新聞 1回4千万円…米国では がん新治療、国内価格の行方は
2019年02月 LiveScience More Women Reported to Have Rare Cancer Linked to Breast Implants
2019年02月 読売新聞 子宮頸がん、2000年を境に増加…性交渉の低年齢化など要因か
2019年02月 朝日新聞 「がんと言われても動揺しない社会へ」官民でキックオフ
2019年02月 日本における子宮頸がんの動向が明らかに
  大阪府がん登録データから見えた現実 大阪大学 日本医療研究開発機構
 2000年を境に増加
 特に腺癌では30歳代以下の若年層で増加 若年層では放射性治療が効きにくい
2019年02月 米・がん死亡率、25年間で27%低下
 米国がん協会(ACS)の「がん統計2019年版(Cancer Statistics, 2019)」
2019年02月 LiveScience Obesity-Related Cancer Rates Are Rising Among Millennials
2019年01月 自己指圧で乳がん治療後の症状が緩和 自宅で患者自身によるケアが可能
 Impact of Self-Acupressure on Co-Occurring Symptoms in Cancer Survivors
2019年01月 BioToday 子へのHPVワクチン接種の親の受け入れが癌予防効果の説明でより高まるようだ
2019年01月 読売新聞 がん罹患率...塩分摂取多い東北・日本海側で胃がん、喫煙率高い北海道は肺がん多く
2019年01月 世界の大腸がん死亡率、2035年まで低下 42カ国の動向を予測
 Global trends in colorectal cancer mortality: projections to the year 2035.
2019年01月 読売新聞 がん患者、新たに年99万人…トップは「大腸」
2019年01月 BioToday 米国の癌死亡率は引き続き低下〜最も高かった1991年から2016年に27%低下
2019年01月 MBS オプジーボ「食道がんにも有効」と判明 2020年に保険適用へ 小野薬品工業
2019年01月 LiveScience Cancer Death Rates Reach 25-Year Low
 U.S. cancer death rates have declined continuously for the last quarter of a century
2019年01月 BioToday 血管運動症状(ホットフラッシュや寝汗)が長く続くと乳癌が生じやすい
2019年01月 読売新聞 タバコと飲酒で「食道がん」リスク上昇…東大などチームが解明
 飲酒、喫煙歴の両方が長い人ほど、発がんに関わる「NOTCH1」や「TP53」という遺伝子で頻繁に変異
 変異する遺伝子の種類も多い
 高齢者では飲酒と喫煙の有無にかかわらず、食道全体の4〜8割の細胞で遺伝子の変異
2019年01月 読売新聞 「がんゲノム医療」拠点拡充へ…2019年度、新たに30施設指定





2019年04月 Nature 医学研究:腫瘍の脆弱性を明らかにする致命的な手掛かり Lethal clues to cancer-cell vulnerability
 がん細胞にはがん抑制遺伝子が変異しているものが多く、こうした変異によってがん細胞の生存は他の遺伝子に依存するようになる。今回、遺伝子編集法のCRIPR–Cas9によって、そうした脆弱性を見つける方法が得られた。
2019年04月 Nature 医学研究:CRISPR–Cas9スクリーニングを用いたがん治療標的の優先順位決定 Prioritization of cancer therapeutic targets using CRISPR–Cas9 screens
2019年04月 Nature MSI腫瘍におけるWRNの合成致死性
2019年04月 BioToday 脂肪細胞のp62欠損はオステオポンチン分泌促進により腫瘍増殖を促す
2019年04月 乳がんの細胞増殖と治療薬効果のカギとなるタンパク質を発見、英学術誌「Nature」に掲載される 慶應義塾大学
 乳がん細胞が栄養ストレス環境に適応し増殖するためには、LLGL2 と SLC7A5 の 2 つのタンパク質の働きによるアミノ酸「ロイシン」の細胞内取り込みが鍵
2019年04月 BBC News 'Dismantling cancer' reveals weak spots
『分解癌』と、弱い場所は明らかにする
  研究は600の新しい癌弱点を放棄し、それぞれは薬の目標であるかもしれない。
2019年04月 BioToday 低学歴の人の肝癌による死亡が米国で増えている
2019年04月 毎日新聞 がん細胞を攻撃「光免疫療法」が先駆け審査指定 早期の実用化へ向け
2019年04月 大学ジャーナル 注射薬で全身のがんを治療 大阪大学がアルファ線を放出する注射液を開発
2019年04月 BioToday 癌細胞は保身因子PD-L1を表面に据え置くだけでなくリンパ節に出張させもする
2019年04月 BioToday ユビキチンリガーゼ欠損は腸微生物の有り様を変えて黒色腫増殖を封じる
2019年03月 異常ながん遺伝子発現を制御する抗がん剤の実用化を目指した応用研究を開始 
  がんメタボローム研究推進支援事業  国立がん研究センター・庄内産業振興センターが製薬企業との共同研究契約を締結
2019年03月 体内から原子の力でがんを攻撃  科学技術振興機構 大阪大学
 加速器を用いて、がん治療効果の高いアルファ線を放出する治療薬の製造に成功
2019年03月 Science 腫瘍内におけるT細胞の幹細胞性と機能不全は共通のメカニズムで引き起こされる
2019年03月 Science 免疫療法の新たな初回治療 Another first for immunotherapy
 皮膚原発Merkel cell carcinoma(メルケル細胞癌)
2019年03月 Science 癌の免疫療法には負の側面があるかもしれない Cancer immunotherapy may have a dark side
 長期のほんの約20%は、少しにおいて、それらが腫瘍成長をかき立てることができると警告
2019年03月 Nature 乳がん: ストレスホルモンが転移を促進する
2019年03月 Nature 乳がん:グルココルチコイドは乳がん転移を促進する Glucocorticoids promote breast cancer metastasis
2019年03月 Nature NR4A欠損T細胞は腫瘍負荷を軽減する
2019年03月 Nature 免疫学:ゲノム規模の解析からNR4A1がT細胞機能不全の主要メディエーターであることが明らかになった Genome-wide analysis identifies NR4A1 as a key mediator of T cell dysfunction
2019年03月 Nature 免疫学:NR4A転写因子群は固形腫瘍におけるCAR T細胞機能を制限する NR4A transcription factors limit CAR T cell function in solid tumours
2019年03月 Nature 選択圧の下で:免疫系ががんの進化を方向付ける仕組み
2019年03月 Nature 肺がん:肺がんの進化におけるネオアンチゲンに方向付けられた免疫逃避 Neoantigen-directed immune escape in lung cancer evolution
2019年03月 Nature  がんにおけるヒストン変異の解析
2019年03月 Nature がん遺伝学:ヒトがんにおける「がんヒストン」変異の広がりつつある全体像 The expanding landscape of ‘oncohistone’ mutations in human cancers
2019年03月 Nature  組織球性新生物におけるMEK阻害
2019年03月 Nature がん治療:組織球性新生物の患者におけるMEK阻害の有効性 Efficacy of MEK inhibition in patients with histiocytic neoplasms
2019年03月 放射線による発がんには遺伝子突然変異の誘発とは別のメカニズムがあることが判明
  遺伝性のリンパ腫に生じる遺伝子変異の全体像を動物実験で明らかに 量子科学技術研究開発機構
 被ばくしたマウスではリンパ腫の発生率が高いにもかかわらず、遺伝子変異の数や変異パターンには違いがない
2019年03月 Nature 乳がんの遅発性再発の予測を向上させる
 長期間の追跡調査データを用いて、臨床エンドポイントと関連リスクをモデル化
2019年03月 Nature がんゲノミクス:乳がんの再発動態から明らかになった遅発性再発ER陽性ゲノムサブグループ Dynamics of breast-cancer relapse reveal late-recurring ER-positive genomic subgroups
2019年03月 Nature グリオブラストーマの代謝脆弱性 神経膠芽腫
 変化した代謝環境を標的とする薬剤
 Gboxinはミトコンドリアの酸化的リン酸化複合体に結合して、F0F1 ATPアーゼの活性を阻害する
2019年03月 Nature がん:Gboxinはグリオブラストーマを標的とする酸化的リン酸化阻害剤である Gboxin is an oxidative phosphorylation inhibitor that targets glioblastoma
2019年03月 BioToday 癌の変異p53が呈する安定性向上にキナーゼPIPK1-αが寄与しているらしい
2019年03月 BioToday 大腸癌患者の片親違い兄弟姉妹も両親が一緒の場合と同様に大腸癌を生じ易い
2019年03月 Science 小児脳腫瘍のモデルを作成する Modeling a pediatric brain tumor
 By analyzing mouse models
2019年03月 Science 村が必要
 高収入国の小児癌治療レートが80%より多く。最低水準-および中間所得層の国では、平均的な治療レートは30%未満である。
 キー議論ポイントは、ほとんどの小児科の癌患者が、まだ、新しいおとなの癌のための約束を示した「ターゲットとされた療法」から利益を得ていなかった理由である。
 「take a village to raise a child」←ヒラリーの本で有名になったアフリカの民話。
2019年03月 Science 生存を超えて Beyond survival
2019年03月 Science 小児がんのためのデータ共有
2019年03月 Science 小児癌のゲノムランドスケープ:診断および治療への影響
2019年03月 Science 小児がんに対する新たな精確医療型臨床試験を推進する
2019年03月 Science がんに罹患したすべての子供たちに科学と健康を
2019年03月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Treatments for childhood cancer can devastate lives years later. Scientists are trying to change that
2019年03月 BBC News Cancer's 'internal wiring' predicts relapse risk
2019年03月 Nature p53に依存した代謝が腫瘍増殖を抑制する
2019年03月 Nature 転移のための肝臓ニッチ
 膵臓腫瘍を持つマウスでは、肝細胞がSTAT3シグナル伝達を活性化しており、これは膵臓がん細胞の近隣にある非悪性細胞が分泌するインターロイキン6により促される
2019年03月 Nature 医学研究:がんの転移を助ける分子の使者 Molecular envoys pave the way for pancreatic cancer to invade the liver
 膵臓腫瘍の周囲の細胞に由来する肝臓での定着促進シグナル
2019年03月 Nature がん:肝細胞は肝臓で転移促進性ニッチの形成を指示する Hepatocytes direct the formation of a pro-metastatic niche in the liver
2019年03月 AFP  乳がん再発はなぜ起こる?最新研究が手掛かり発見
 潜在的に危険な状態にある4つのサブグループについて、それぞれの遺伝子変異を特定

2019年02月 Nature 転移の付き添いサービス
 腫瘍から剥がれ落ちたがん細胞 血中循環腫瘍細胞(CTC)–好中球の相互作用には細胞接着タンパク質のVCAM1が必要
 転移の有益なバイオマーカーになる可能性
2019年02月 Nature 医学研究:くっつく細胞が、がんの転移を助ける Sticking together helps cancer to spread
2019年02月 Nature 医学研究:好中球は血中循環腫瘍細胞に付き添って、細胞周期進行を可能にする Neutrophils escort circulating tumour cells to enable cell cycle progression
2019年02月 時事通信 免疫細胞「疲弊」の原因解明=がん攻撃力の維持期待 慶大
 T細胞は、活性化され続けると「疲弊」して攻撃能力がなくなる
 遺伝子の働きを調節するたんぱく質「Nr4a」が、T細胞のブレーキ役となる分子「PD-1」の働きを強める一方、がん細胞を攻撃する分子の産生を弱めている
2019年02月 毎日新聞 がん細胞を攻撃する「キラーT細胞」 働きが悪くなる仕組みを解明
 働きの落ちたキラーT細胞の核内に多く作られるたんぱく質「Nr4a」
2019年02月 読売新聞 がん免疫治療薬、筋肉量が多いと効果長続き…阪大チーム研究
  「オプジーボ」などの新しいがん免疫治療薬の効果は、筋肉量が多い患者ほど長続き
2019年02月 Science より現実に近い腫瘍モデル More-realistic tumor models
 三次元(3D)が脈管構造の必要を作成し、腫瘍微環境の他の面を追加するために、機会も開く
2019年02月 Nature 脂肪酸代謝の新しい経路
 脂肪酸の不飽和化に重要な酵素 ステアロイルCoAデサチュラーゼ(SCD)
 in vivoでは、SCDを欠くがん細胞でFADS2を阻害すると、腫瘍の増殖が抑制された
2019年02月 Nature がん:腫瘍が脂質を作るために使う別の代謝経路 Tumours use a metabolic twist to make lipids
2019年02月 Nature がん:もう1つの脂肪酸不飽和化経路が、がんの可塑性を高めていることの証拠 Evidence for an alternative fatty acid desaturation pathway increasing cancer plasticity
2019年02月 AFP  子宮頸がん、検診とワクチン接種急拡大なら事実上撲滅できる可能性も 論文
2019年02月 EurekAlert-Science  血小板のドッペルゲンガーは血栓症と癌転移に立ち向かう
 おとり役の血小板(血塊を形成させる血液細胞)を、前臨床モデルで作製
2019年02月 Nature 遺伝的不安定性の進化
2019年02月 Nature がん:ゲノムの混乱には異常なコピー1つで十分 One rogue agent suffices for genomic chaos
2019年02月 Nature RNAのm6A修飾はマウスの抗腫瘍免疫応答を調節する
2019年02月 Nature 遺伝毒性ストレスから腸を保護する
 サイトカインIL-22が大腸の上皮幹細胞に取り込まれ、DNA損傷応答経路を誘導する
 このシグナルを伝達できない細胞は細胞死を逃れ、マウスにおいて大腸がんを発生させやすくなった
2019年02月 肺がんの治療抵抗性メカニズムを解明  肺がん治療抵抗性の解明と診断・治療法の発見に関する論文掲載について 京都府立医科大学
 EGFR 遺伝子変異陽性肺がんの治療抵抗性の機構解明
 AXL 阻害薬と分子標的薬の併用で肺がん細胞をほぼ死滅させ再発を著明に遅らせることにも成功
2019年02月 DNA損傷修復能の新しい測定法を開発 PARP阻害薬などの抗がん剤の有効性を予測可能に 東北大学
2019年02月 Nature がんの成長パターン
2019年02月 Nature がんモデル:組織の弯曲と機械的張力の頂底方向の不均衡が、がんの形態形成を指示する Tissue curvature and apicobasal mechanical tension imbalance instruct cancer morphogenesis
2019年02月 Science 乳癌への倍賭け Doubling down on breast cancer
 Triple-negative breast cancer (TNBC) は、アフリカ系女性に優先的に影響する癌の非常に攻撃的な形である
 細胞外の行列たんぱく質Tinagl1によりTNBCのマウスモデルの腫瘍成長と転移が抑制される
2019年02月 Nature がん:脳脊髄液の液体生検によるグリオーマの腫瘍進化の追跡 Tracking tumour evolution in glioma through liquid biopsies of cerebrospinal fluid
2019年02月 Nature CD8 T細胞応答を促進する腸内共生細菌
2019年02月 Nature 免疫療法:がんや感染と闘う腸の力 A gut punch fights cancer and infection
 腸の一連の細菌株が、殺細胞能を持ち、がんを標的にできて、感染を防御する免疫細胞を増強する
2019年02月 Nature 免疫療法:CD8 T細胞および抗がん免疫を誘導する特定の共生細菌コンソーシアム A defined commensal consortium elicits CD8 T cells and anti-cancer immunity
2019年01月 概日時計のスピードを遅らせる新しい化合物を発見
  培養した急性骨髄性白血病細胞の増殖も抑制 科学技術振興機構 名古屋大学
2019年01月 がんの新たなバイオマーカーとして期待されるエクソソームの超高感度検出法の開発 神戸大学
 抗体と人工高分子材料を巧みに融合し、煩雑な前処理をすることなしに、体液中のがん細胞由来のエクソソームを正常エクソソームと識別することに成功
2019年01月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Cancer-slaying virus may fight childhood eye tumor
2019年01月 EurekAlert-Science ウイルスベースの治療が小児の眼球の癌を標的にする

2019年01月 BioToday 癌の抗PD-1治療による1型ヘルパーT細胞(TH1)増進で結核発症/悪化の恐れあり
2019年01月 BioToday USPSTFが推奨する乳癌予防薬一式にアロマターゼ阻害剤が加わった
2019年01月 Nature 免疫学:組織常在型記憶CD8+ T細胞は皮膚において黒色腫–免疫平衡を促進する Tissue-resident memory CD8+ T cells promote melanoma–immune equilibrium in skin
2019年01月 Nature 医学研究:正常細胞とがん細胞で変異の性質は異なる Mutations differ in normal and cancer cells of the oesophagus
2019年01月 Nature 正常な食道組織におけるがん変異
2019年01月 Nature 進化遺伝学:変異型がんドライバーによる、加齢に伴う食道上皮の再構築 Age-related remodelling of oesophageal epithelia by mutated cancer drivers
2019年01月 LiveScience Cancer Cells Transformed into Harmless Fat in Mouse Study
2019年01月 BioToday 膵癌の間質によくいるマクロファージが発現するVISTAが抗腫瘍免疫を封じている
2019年01月 遺伝性乳がん・卵巣がん症候群の原因となる BRCA1の新規結合分子RACK1を発見
  その機能の破綻による乳がんの発がんメカニズムを解明 東北大学
2019年01月 Nature 免疫療法:標的にするのが難しい腫瘍を追跡する免疫細胞 Immune cells track hard-to-target brain tumours
2019年01月 Nature 免疫療法:新たにグリオブラストーマと診断された患者への個別化ワクチン接種による能動免疫付与に関する臨床試験 Actively personalized vaccination trial for newly diagnosed glioblastoma
2019年01月 Nature ネオアンチゲンワクチンを使った免疫療法によって、これまで難しかった脳腫瘍の治療を改善できる可能性がある。 Progress in the fight against brain cancer
2019年01月 Nature 免疫療法:グリオブラストーマに関する第Ib相臨床試験で見られた、ネオアンチゲンワクチンによる腫瘍内T細胞応答の発生 Neoantigen vaccine generates intratumoral T cell responses in phase Ib glioblastoma trial
2019年01月 がんを攻撃する魚雷型ナノカプセル
  ナノサイズの筒に抗がん剤を入れ、半球で蓋をする 理化学研究所
2019年01月 食道がん抗がん剤治療の新たな治療効果判定法を確立
  Metabolic Tumor Volume に基づく、より正確な予後予測と治療戦略 大阪大学
 Metabolic Tumor Volume(MTV)という指標を用いて代謝活性を加味したがんの体積を測定
 抗がん剤によるがんの減少率を正確に測定することが可能となった
2019年01月 がん細胞が死を回避するメカニズムの一端を解明
  新たながん分子標的薬の開発に期待 神戸大学
 がん細胞が飢餓などのストレスによるアポトーシスを回避する際のブレーキ役
  スフィンゴシン1-リン酸(S1P) とプロテインキナーゼC(PKC)の直接作用による細胞内シグナリング
2019年01月 Nature 腫瘍免疫学:腫瘍におけるADAR1の欠損は免疫チェックポイント阻害に対する抵抗性を抑える Loss of ADAR1 in tumours overcomes resistance to immune checkpoint blockade
2019年01月 時事通信 加齢によるがん化の仕組み解明 酒・たばこも促進 京大など
 遺伝子変異の個数は、年齢に比例して増加し、高齢者は全員、食道上皮の面積の40〜80%が変異を持った細胞に置き換わっていた

 以上、 →2019年1〜4月の記事でした


→ 「癌、悪性腫瘍」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー