インターネット利用と心理:
2019年

ほか「インターネット利用と心理」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』



2019年9月 Nature Human Behaviour 
キュレーションとパーソナリティ主導のソーシャルネットワークに向けて
  ソーシャルネットワークが新興技術によって大幅に変化しているかどうかは、研究者によって争われ続けています。 私たちの理解は、人々が自分のつながりをキュレートする認知メカニズムを明らかにすることにより、また将来のネットワークを形作る上で付随するパーソナリティの役割とともに進むかもしれません。
2019年9月 AFP  フェイスブック、「いいね!」件数を非表示に 豪で試験開始
2019年9月 豪州ABC Facebook 'messing with their own DNA' by removing 'likes'


2019年9月 朝日新聞 中高生の4割強、ネット依存傾向 静岡で2000人調査
2019年9月 BioToday ソーシャルメディアにより耽る子供ほど内面的な問題をより被っている
2019年9月 Nature  オンライン憎悪の復元力
 憎悪ネットワークがインターネットのより小さな「暗い」部分に隠れる可能性

2019年9月 AFP  フェイスブックも「いいね!」表示終了を検討
2019年9月 中央日報@韓国 国別SNS使用時間…1位は1日4時間の「フィリピン」、韓国は? 
 上位10カ国は、いずれも発展途上国
 上位4カ国は10代と20代の人口の割合が圧倒的に高い
 SNSを多用する10代と20代の人口の割合が高い国ほど平均SNS使用時間が長い
 日本は45分でSNS活動の平均使用時間が1時間に満たない唯一の国
2019年8月 SNS使用で女児のメンタルヘルス悪化 英・1万人超の大規模研究
 13〜16歳の英国小児1万2,866人を対象  使用頻度が高いほどメンタルヘルスが悪化する可能性
 Roles of cyberbullying, sleep, and physical activity in mediating the effects of social media use on mental health and wellbeing among young people in England: a secondary analysis of longitudinal data.

憎しみの「暗いプール」はオンラインで繁栄します。 ここでは、彼らと戦うための4つの論争の的になる方法があります
2019年8月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS ‘Dark pools’ of hate flourish online. Here are four controversial ways to fight them
 新しい研究によりプラットフォームをまたいだオンラインの憎悪グループの生態地図が作られる
虚記憶恐るべし:ニセの記憶だらけの私たち
2019年8月 BBC News Fake news is 'reinforced by false memories'
 研究者側が用意したガセニュースを 「ああ、それ知ってる!」と思い込む&主張する人の多いこと多いこと!
 アイルランドでの中絶国民投票研究が見せつけるSNSのリスク

2019年8月 ワイアード SNSの「おすすめ」が自殺を助長する:アルゴリズムによる悲しみを増やさないために、いま取り組むべきこと
2019年8月 親子関係と、子どものインターネット使用に関する調査分析
 親といて楽しくない子どもは、インターネットを長時間使用か 国立成育医療研究センター
2019年8月 ヒアリの侵入に市民はどう反応したか? 
  大量のウェブ検索データから見る侵略的外来種への関心の時空間的変動 東京大学
 日本の侵略的外来種31種を対象に解析
 外来種の発見報告や外来種の分布、外来種の危険性、メディアによる報道などが検索量に影響する
 ヒアリが発見された県では局所的に検索量が急激に増加するが、隣接県ではほとんど増加しない
 何度も同じ県で発見されると、検索量の増加が起こりにくくなる
 変動を生み出すのは、分布やリスクなど外来種自身の生態的な特徴と、メディアによる報道である
2019年8月 スラド 一部Twitterユーザー、ヘイトスピーチ対策として居住地をドイツに設定する
 インターネット上でのヘイトスピーチを減らすための法律「NetzDG」がある
2019年7月 AFP インスタ、日本などで「いいね!」非表示に プレッシャー緩和で
 「いいね!」がユーザーの精神に及ぼす影響が指摘されたことを受け試験的に開始、プレッシャーを緩和するため
 自分以外のユーザーの投稿についた「いいね!」の数を知ることができなくなる
2019年7月 UK Today (JAPAN JOURNALS) SNSは見栄の張り合い! 6人に1人は 嘘の自宅写真を投稿!!
2019年7月 成人ではSNSが精神的健康に良い影響
 治療を必要とするうつ病や不安障害のリスクが低下
 Social Media and Change in Psychological Distress Over Time: The Role of Social Causation
感情的に反応する人ほど、正しくあることでポジティブな気分を味わい、それはきちんと正確に認識しようという欲求を上回ってしまう。 したがって情報に断片的に触れただけで終わりにしてしまうと、その話題に関する自分の知識について不当なまでに大きな自信を抱くことになる。





2019年6月 Science ソーシャルメディアの使用とメンタルヘルス
 8年のコースの上のイギリスの12,000人を超えるティーンエイジャーの間の社会的なメディア使用を分析
 社会的なメディア使用の事実上どの効果も個人の間のまたは時間を横切る同じ個人のライフ満足に見つけなかった。これらの結果は、社会的なメディアの使用の上の懸念および精神衛生へのその関係が不当であるかもしれないことを示唆する。

2019年6月 AFP  ネットユーザーの86%、偽ニュースにだまされた経験あり 国際調査
2019年6月 BBC News ing apps users 'more likely to have unhealthy attitudes to weight'
 出会い系アプリユーザは『体重について不健康な生活習慣持ち』率が高め
 米国研究によって、嘔吐、下剤使用、絶食は、使われた最も一般的な方法の間にあった。

2019年5月 ワイアード Twitterのユーザーは、使わない人々より裕福で問題意識が高い:調査結果
 若くて高学歴で、しかも裕福
 Twitterユーザーのほうが進歩的な考えを受け入れやすく、民主党支持者が多い
2019年5月 ワイアード 「不機嫌な猫」の死と、牧歌的なインターネットの終わり
 2012年当時のSNS
 グランピー・キャットの死は、ウェブサイト「YTMND」の閉鎖とも時期が重なった
  インターネットが「憎悪」ではなく「喜び」であり、「嫌がらせ」ではなく「応援」だった時代が終わりを告げた
2019年5月 Nature Human Behaviour 
異種の個人の間のニュース拡散の異例の構造と力学
 時々、ほとんど接続なしのユーザーが、よい親戚があるユーザーより効果的にニュースを広めることができる
長く、模樹石似の拡散パスおよびノード距離の非ガウスの配布を結果として生じる。
2019年5月 Nature Human Behaviour 
感染網
  簡単な感染が、高く接続された『影響を及ぼす人』から効率的に広がる間、新しい研究は、社会的なネットワークを通って分散するように驚くほど種々の小道に続いている別の種類の広がっているプロセス〈複雑な感染のそれ〉を明らかにした。

2019年5月 BBC News Social media effect 'tiny' in teenagers, large study finds
 ファミリー、友人および学校生活すべてはライフ満足へのより大きいインパクトを持っている
2019年5月 BBC News ソーシャルメディアは若者を幸せにする? 関連は「ごくわずか」と英研究
 ソーシャルメディアは、10代の若者の暮らしの充実に「ごくわずか」しか貢献していない

2019年03月 Nature Human Behaviour 
衝突防止のための情報と通信技術
  通信技術〈メッセージング・サービスや社会的なメディアなどの〉は、独立な情報の普及を防止するために用いられえて、誤報は、憎悪を延期し、暴力をけしかけるために用いられうる。しかし、衝突を防止するのに役立つように情報と通信技術のパワーを利用することが可能である。
2019年03月 ワイアード 米国人の3分の1が、ネットで「深刻なハラスメント」を経験している:調査結果
2019年03月 豪州ABC They say money can't buy happiness, but in China, people are paying for flattery
 中国社会的メディアプラットフォームは、完全なよそ者への賛辞の外で、現在、数ドルと交換に、シェルのためにインターネットユーザーの軍隊が用意できている「賞賛グループ」を主催している。
2019年03月 AFP  中国ネット消費の苦情件数、男性が女性の倍以上 民間報告書で明らかに
2019年03月 朝日新聞 メルカリ利用、シニア層はお金より「社会とのつながり」
2019年03月 豪州ABC Aussies are taking on the anti-vaccination movement when Facebook won't
 ほとんど科学およびいくつかのミームへの1つの健全な敬意より多くなしで武装し、オーストラリア人は、反予防接種動きを呈するように1日ごとにオンラインで行く。
群衆の質に偏りがあると集合知は高まりにくい
多様さは知恵を昇華させる
 均質なチームや似た者同士のチームより、政治的に多様なエディタチームのほうが、比較的高品質なWikipedia記事を生成している
2019年03月 Nature Human Behaviour 
偏光させられた群衆の知恵
この記事はイデオロギーの偏光のチーム性能への効果を調査する。
数百万 of を分析し、Wikipediaに編集することによって、作者は、均質なまたは適度なチームより、政治的に多様なエディタチームがより高品質記事を生産することを明らかにし、それらは、これらのより優れた記事を生産することについて責任があるメカニズムを識別する。
2019年03月 Science 無料ニュース、でも誰が読んでいる? Free news, but who's reading?
 中国世界で西側の情報へのアクセスをうながす効果
2019年02月 メルカリで最も売り上げているのは60代 ラクマではこの3年でシニア層が約30倍に MONEYzine
2019年02月 Nature Human Behaviour 
クラウドソーシングされた知識の不均衡
  Wikipediaなどのプラットフォームの参加の知識作成により、インターネットの巨大な民主化している可能性が明らかにされた。それはその制限も露出した。
2019年02月 豪州ABC 'Immediate instincts are the worst': When venting to strangers online can backfire
 「社会的な、メディア持っている-a-泣き言グループ」は、不平の室である
怒り管理ツールとしてのそれらの有効性は、人々に、不満を言うべき何かを本当に与えることができた。
2019年02月 財経新聞 SNSやネットの1日あたり利用時間、日本は世界と比べて大幅に少ない
2019年02月 財経新聞 メルカリ、18年の1人あたり平均月間売上額は1.7万円 60代以上男性が最も高く
2019年02月 大学ジャーナル SNSでつながる友人知人は平均294.7人 20年卒予定の大学生をマイナビが調査
2019年01月 ワイアード Twitterで「女性へのハラスメント」が止まらない:アムネスティの調査結果が示す実態
2019年01月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Majority of Americans were not exposed to ‘fake news’ in 2016 U.S. election, Twitter study suggests  フェイクニュースを拡散共有したのはごく一部の人々
2019年01月 EurekAlert-Science  2016年米国大統領選挙時のツイッターにおける非常に一方に集中して保守寄りだったフェイクニュースとの関わり合い
 フェイクニュース発信の圧倒的多数がごく一部のツイッター利用者によって占められており、多くは年配で、保守的であり、政治活動に携わっていた
2019年01月 Science 2016年アメリカ合衆国大統領選挙の間のツイッター上のフェイクニュース Fake news on Twitter during the 2016 U.S. presidential election
2019年01月 BBC News Parents' vaccine side effects fear 'fuelled by social media'  反ワクチンSNS
2019年01月 BBC News Older people share more fake news — but we don't know why
2019年01月 大学ジャーナル 親密な人間関係をデータから識別、神戸大学が新手法開発
2019年01月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS People can predict your tweets—even if you aren’t on Twitter
 コンピュータ科学者は、あなたの10の最も緊密なコンタクトのTwitterストリームがあなた自身のストリームよりいっそううまくあなたの未来のツイートを予測できることを示した。
2019年01月 Nature Human Behaviour 
 情報フローはオンライン社会的活動において予測限界を明らかにする
 個人の社会的なつながりは、その個人について達成可能な潜在的な予言的な精度の最高95%に含んでいる。従って、原則として、社会的なプラットフォームは、それらのデータへのアクセスなしでそれらのつながりだけから個人の輪郭を描くことができる。
2019年01月 Nature Human Behaviour 
個人を越えるプライバシー
  オンラインのプラットフォームのためのプライバシー規則は、ユーザーがそれらの個人的なデータをコントロールすることを可能にする。しかし、私達の個人的なデータなしで私達の私的な属性または行動が推定できる時に起こること?研究者は、オンライン社会的ネットワークのそれらの友人から提供された情報だけを使うので個人の行動が予測できることを明らかにする。
2019年01月 Nature Human Behaviour 
社会的な学習戦略はインタラクティブな群衆の知恵と狂気を調節する
グループは、いつ集合知恵vs順応性がない『収集』を表しているか?
  私達は、使われた仕事および社会的な学習戦略に基づいて群衆知能対集めが予測できることを示すために、モデリングと実験を用いる。
2019年01月 Nature Human Behaviour 
 大気汚染のため、社会的なメディアの中国の都市居住者の表現された幸福が下がる
 シーナWeiboの2億1000万件のツイートにおいて144の都市から表現された感傷から構成されるのでメートル法である日刊、都市レベル幸福は、社会的なメディアにおいて、大気汚染の高いレベルが、中国の都市居住者の表現された幸福をかなり減らすことを示す。
2019年01月 Nature Human Behaviour 
 グローバルな音楽を流しているデータは、感情の好みの毎日のおよび季節のパターンを明らかにする
 51の国の100万人の個人により選ばれた7億6500万のオンラインの音楽劇からデータを使って、多様な文化および人口統計のグループを横切って一貫している音楽的な強度の毎日および季節感情リズムを明らかにする。文化と年を横切る音楽的な強度についてのベースライン好みにおいて違いも報告する。
2019年01月 Nature スマートフォンやインターネットの利用が健康にもたらす影響が盛んにメディアで報じられているが、科学的に証明するためにはもっとデータが必要だ。 Screen time: how much is too much?
2019年01月 スラド 高齢者は偽ニュースを拡散しやすいという調査結果
 ニューヨーク大学およびプリンストン大学
 65歳以上はほかの世代と比べて偽ニュース(フェイクニュース)を拡散しやすい
2019年01月 豪州ABC Older people share more fake news — but we don't know why
2019年01月 Nature Human Behaviour 

 青春期の幸福とデジタルテクノロジー
 思春期の子供はデジタルのテクノロジーを規則的に使うけれども、それらの心理学的な幸福へのそのインパクトは不明瞭である。ここでは、作者は3つの大きいデータセットを調査し、小さなネガティブな協会だけを見つける:デジタルのテクノロジー使用により幸福の最大0.4%が説明される

 以上、 →2019年の記事でした


→ 「インターネット利用と心理」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー