動物行動学 動物の心:
2018年5〜8月

ほか「動物行動学 動物の心」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』



2018年08月 AFP  ペンギンの驚異的な遠泳、追跡調査に初めて成功 NZ

2018年08月 NHK  ポイントは表面の”突起” セミの羽に抗菌作用 関大など研究  関西大学
2018年08月 毎日新聞 <関大チーム>最強「セミの羽」抗菌材 安全な製品開発期待
2018年08月 「ハダカデバネズミ」における協調的子育ての仕組みを解明 働きネズミは女王の糞を食べてベビーシッターとなる  麻布大学 熊本大学 慶應義塾大学
2018年09月 朝日新聞 ハダカデバネズミ、女王のフン食べると「世話ネズミ」に
2018年08月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Evolution turned this ant into a living drill

2018年08月 National Geographic These Bats Make Tiny Igloos to Survive the Winter
2018年08月 Science 雪でできたコウモリの洞窟
2018年08月 AFP インコも顔を赤らめる? 鳥の感受性理解に道筋 仏研究
2018年08月 Nature Orcoのクライオ電子顕微鏡構造は昆虫嗅覚の基盤についての手掛かりをもたらす
2018年08月 Nature 構造生物学:昆虫嗅覚受容体Orcoのクライオ電子顕微鏡構造 Cryo-EM structure of the insect olfactory receptor Orco
2018年08月 天狗の鼻のような突起を持つゲンゴロウの幼虫がカイミジンコの捕食に特化していることを国内共同研究で論文発表 長崎大学
 発見されてから90年以上、どのように使われているのか不明なままだった
 ケシゲンゴロウの幼虫が頭部の長い突起と大アゴを用いてカイミジンコを効率良く捕獲する
2018年08月 大学ジャーナル テングザルの太鼓腹に住む細菌叢の同定に世界で初めて成功 餌によりおなかの菌が変わる
2018年08月 京都大学 テングザルの太鼓腹に共生する細菌叢を初解明 豊かな森は、サルのおなかの菌も豊かにする
2018年08月 EurekAlert-Science  集団性渋滞の制御:交通の流れについてアリから学べること
2018年08月 BBC News Ants show 'lazy' approach may be best for digging
2018年08月 財経新聞 理研、ハエの行動・脳内解析から未知の動物間コミュニケーション戦略を発見
 cVAというフェロモンによって行動を調節する
2018年08月 カイコの生き残り戦略  植物の香り生成を操作する新規酵素発見! 東京大学 山口大学
2018年08月 産経新聞 カイコの高度な生き残り術 「天敵呼ぶ香り」封じて餌食べ放題
 クワの葉-カイコ-寄生バエ(ヤドリバエ)からなる生物間相互作用でカイコが寄生バエに寄生されないために獲得した戦略について検討
 食害痕にカイコが吐糸口から分泌した成分が塗り付けられている
 絹糸腺から分泌された成分中に植物のみどりの香り生成を抑制する成分が含まれている
 脂肪酸ヒドロペルオキシドをケトジエン脂肪酸に変換する脱水酵素で鱗翅目昆虫に特異的に存在
2018年08月 石垣島でモデル線虫C.elegansの姉妹種発見 新たなモデル生物として動物の進化や多様性を生み出すしくみの解明に期待 森林総合研究所 東北大学 宮崎大学
2018年08月 BBC News Killer whale still carrying dead baby after 16 days
2018年08月 BBC News 母親シャチ、死んだ子シャチを17日間運び続け
2018年08月 National Geographic Orca Mother Drops Calf, After Unprecedented 17 Days of Mourning



2018年08月 豪州ABC Blue fairy-wrens eavesdrop to protect themselves from predators
 異種鳥類が発する音声情報を生存に活用する鳥類
2018年08月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Elephant trunks are long-distance food detectors
2018年08月 National Geographic JP 股間にヤスデを擦りつけるキツネザル、薬代わり?




2018年08月 Science 微生物群構築に現れた単純性
 有機体は、単一の炭素ソースの低い集中において、文化の後にpassagedされて、互いの代謝産物を十字供給された; そして、結果として生じているコミュニティについて配列した 16リボソームRNAを使い、結果は数学的に作成された。

2018年08月 Nature 島に暮らす鳥は脳が大きい
 島嶼種と大陸種の間に相対的な脳サイズの差があるかどうかを調べた研究は、これまでのところカラス属と霊長類の研究の2例しかなく、いずれの場合も、島での生活と体サイズに対する脳サイズとの関連は認められなかった
 島で生活をしていると、状況が悪化しても生息地を移動するという可能性に制約があるため、個体がきめ細かな行動反応を模索し、それに依存せざるを得ない

2018年07月 Science 社会性アメーバの微生物叢を変化させるレクチン
2018年07月 Science アリのインスリンシグナル伝達による繁殖分業と真社会性への進化
2018年07月 EurekAlert-Science 一つの遺伝子が全てを支配する:アリにおける真社会性の制御
唐辛子を気にしないツパイ
2018年07月 LiveScience Hot Take: Tree Shrews Love Chili Peppers
 Chinese tree shrew
2018年07月 西日本新聞 「洞窟性アリ」国内初発見 沖縄で新種、世界2例目 餌はコウモリのフン
2018年07月 日本で初めて、世界で2例目となる「洞窟性アリ」の発見 九州大学
 アシナガアリ属の一種で、ガマアシナガアリ(和名新称)
  Aphaenogaster gamagumayaa 学名は沖縄方言で「洞窟に引きこもる者」
2018年07月 毎日新聞 三陸ウミガメ「寒冷地仕様」代謝高く動き活発 東大分析
ねずみ、短尾サル、およびツパイ
 彼らが同一のビジュアルな差別仕事を学んだ時に
 ねずみはよりゆっくり学び、他の種より下のピークパフォーマンスを持っていた。
彼らは、また違う方法で学んだ:トレーニングにわたって 獲得の後に含む 、
ねずみは、長い間ついて行った短尾サルとツパイと違って、それらのパフォーマンスを誘導するために、報酬歴史を用いた。
2018年07月 Science 種が異なれば問題の解決方法も異なる
2018年07月 National Geographic JP  ワオキツネザル、弱さを嗅ぎつけ相手に付け入る
 体臭でライバルの強さを判断し、交尾相手やなわばりを奪いかねない

2018年07月 Science マウス、ラットおよびヒトの「サンクコスト」に対する感受性
2018年07月 EurekAlert-Science 過去に費やした時間が将来の報酬を楽しみに待つ気持ちに影響する
2018年07月 AFP マウスもサンクコスト嫌う? 「せっかく」の心理明らかに 研究
 サンクコスト(埋没費用)
2018年07月 群れはいかにして捕食を減らせるか? ヒヒは危険であるほど長く目を開ける 名古屋大学 琉球大学
 松本晶子 大平英樹
2018年07月 北海道大学 母親の遺伝情報しか持たないドジョウの卵形成を解明 みんなママと同じ!新たな養殖技術への応用に期待
 水産科学研究院 准教授 藤本貴史
2018年07月 BBC News Bristol University discovers how wingless spiders fly
2018年07月 時事通信 餌の大きさ、体長に影響=ヒメオサムシ、離島で大型に 北大など
2018年07月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Watch how battles with bats give moths their flashy tails
2018年07月 National Geographic JP  コウモリを錯覚させて逃げるガ、進化の謎を解明
2018年07月 捕食者との遭遇経験が、捕食者がいないところでの ハダニの寄主植物選択を変えることを発見しました 京都大学
後進するトンボ
2018年07月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS This video reveals the secret to the dragonfly’s backward flight
2018年07月 毎日新聞 コアラは苦みに敏感、毒弱いユーカリ選ぶ 遺伝子で判明
2018年07月 京都新聞 コアラ、ユーカリ苦みの味覚発達か 京大など遺伝子情報を解読
 苦みを感じ分ける能力に関わる遺伝子は24種類あり、同じ有袋類のタスマニアデビルの19種類と比べて多く、哺乳類全体の中でもたくさん
2018年07月 豪州ABC Genes behind koala's 'iron stomach' mapped for the first time
2018年07月 BBC News Saving koalas: Gene study promises solution to deadly sex disease
2018年07月 BBC News Koala chlamydia vaccine possible with DNA study
2018年07月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS A koala’s diet would kill most mammals. Their genome reveals how they survive
2018年07月 AFP コアラのゲノム解読、保護への応用に期待
2018年07月 コアラの全ゲノム配列の解読に成功 コアラはなぜ猛毒のユーカリを食べるのか? 京都大学
2018年07月 National Geographic JP  毒の葉だけ食べて生きるコアラ、鍵の遺伝子を発見





2018年06月 Science カタツムリを食べるヘビ
2018年06月 朝日新聞 マウスにも仲間を気遣う「共感力」 川崎医福大など証明
2018年06月 AFP 道具作るカラス、「リバースエンジニアリング」で作製 研究
 『心的テンプレート照合』
 カレドニアガラスは道具の心的イメージだけを用いて、その道具がどのように作られたかを分析するリバースエンジニアリングを行うことができる
2018年06月 BBC News How crows can use a vending machine
2018年06月 BBC News Crow vending machine skills 'redefine intelligence'


2018年06月 National Geographic Birds That Leave Nest Too Late Can Endanger Their Families
 巣立ちの遅いヒナ鳥は、家族を危険にさらしうる
2018年06月 National Geographic JP  長く巣に留まりたいひな、早く送り出したい親鳥
 鳥の巣立ちの時期が、巣の内外における生存率の差によって決まる
2018年06月 スラド レミングスは集団自殺しない
 集団自殺するという話は、ディズニーの映画「白い荒野」でレミング達が海に飛び込むシーンによって広まった
2018年06月 ヒグマにおいて繁殖期に特異的に発達する皮膚腺を発見 ヒグマの繁殖期の生態解明に期待 帯広畜産大学
2018年06月 National Geographic JP  ホホジロザメの謎を解明、「暖水渦」に長期滞在

2018年06月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Time to fly? Birds that leave the nest at the wrong time can bring disaster on the whole family
2018年06月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS This swamp sparrow’s song is more than 1500 years old
2018年06月 National Geographic This Bird Has Been Singing the Same Song for 1,000 Years
2018年06月 National Geographic JP  ヒット曲はますますヒット、鳥で判明、最新研究
2018年06月 National Geographic Rare Manta Ray Nursery Discovered
2018年06月 大学ジャーナル 哺乳類と同じ「倒立顔効果」がメダカにも 東京大学と岡山大学が発見
2018年06月 LiveScience Flying Spiders Test the Winds Before Sailing on Silk Kites
2018年06月 National Geographic These 5 New Snake Species Suck Snails Out of Their Shells
2018年06月 National Geographic JP  カタツムリを「吸う」新種ヘビ5種を発見、南米
歩き専門カエル
2018年06月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS These frogs walk instead of hop, video reveals
キタアオジタトカゲ
2018年06月 National Geographic JP 青い舌で敵を威嚇、紫外線も反射、トカゲで判明
2018年06月 Nature 生物物理学:離れた場所の揺れが低温での酵素の働きを助ける Biophysics: Enzymes can adapt to cold by wiggling regions far from their active site
 寒冷地に生きる生物が生化学反応を促進できる方法を示唆
2018年06月 北海道大学 聞こえない小鳥でも個体ごとに特徴のある歌をうたう 聴覚によらない生得的なメカニズムが発声パターンの個体差を生む (理学研究院 准教授 和多和宏
2018年06月 財経新聞 北大、聴力を持たないカナリアも歌に個性を持つ事を発見
2018年06月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS This is the sound a dolphin might hear if it’s about to become dinner
 シャチは、Rissoのイルカとパイロットクジラをスクランブルするようにする不規則な呼び出しを生み出す

2018年06月 National Geographic JP  「手」つなぎ「名前」呼びあうオスイルカ
 オーストラリア、シャークベイのハンドウイルカのオスは、互いの「名前」を呼びあいつつ、頻繁に体を触れ合うことで同盟を維持している


2018年06月 ツキノワグマは木を見て森も見ていた クマが木に登ってドングリを食べる条件 森林総合研究所 東京農工大学
2018年06月 財経新聞 クマが樹上のドングリを食べる行動は理に叶っている 東京農工大の研究
2018年06月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Bees understand the concept of zero
2018年06月 Science ミツバチは数の大小関係、さらに最小値としてのゼロも理解する
2018年06月 EurekAlert-Science  ミツバチはゼロという高度な概念を正しく理解できる
2018年06月 財経新聞 蜂は「ゼロ」という概念を理解できることが判明
2018年06月 Nature 神経科学:渡りをする動物での長距離にわたる航路決定と磁気感知 Long-distance navigation and magnetoreception in migratory animals  総説
2018年06月 Nature 電気を感じる仕組み:サメ類とエイ類における感覚識別の分子基盤
2018年06月 Nature 神経生理学:サメ類とエイ類における電気受容の分子的チューニング Molecular tuning of electroreception in sharks and skates
2018年06月 翌日のナメクジ出現を気象条件から事前に予測 北海道大学
魚も日光浴が必要
2018年06月 LiveScience 'Sunbathing' Helps Fish Turn Up the Heat

2018年05月 National Geographic This is How Camels Can Eat Spikey Cacti
2018年05月 クモ糸が形成される初期機構を解明 強い糸を作るためには分子レベルの準備が必要 理化学研究所 科学技術振興機構
 ポリプロリンIIヘリックス構造

2018年05月 毎日新聞 <昆虫>したたかナナフシ、鳥に食べられても卵ふ化
2018年05月 神戸大学 ナナフシは鳥に捕食されても生き残る!? 飛べない昆虫の新たな長距離移動法の提唱
2018年05月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Stick insects travel long distances—by being eaten by birds
2018年06月 産経新聞 鳥に食べられ卵を運ばせる? 飛べない昆虫ナナフシ、命懸けの生息域拡大作戦
2018年05月【日本語ブログ】社会的相互作用により協調する2匹のサルの脳
2018年05月 EurekAlert-Science  群れの先頭にいるトリはより効率的で巧みな飛び方をする
 若齢のコウノトリの群れを詳細に追跡したところ、群れを統率するトリと後に従っているトリとでは、飛行技術が大きく異なっていることが明らかにされた。

2018年05月 AFP カッコウは「勇敢な旅人」6日で6500キロ飛行 北京・モンゴル・アフリカ
 中国観鳥会が2016年5月に始めた「北京カッコウ」プロジェクト
 北京市野生動物救護センターと英国鳥類学協会BTO
2018年05月 Science 渡り中のコウノトリの群れ内の行動から地球規模の移動パターンまでを分析
2018年05月 Nature クモの粘着物質は湿潤環境下でも粘着性を維持する
2018年05月 捕食者の臭いを感知し、本能的な恐怖を惹起する新規臭いセンサーの発見 なぜ、マウスは捕食者の臭い臭いを「学習」する必要がないのか 関西医科大学 筑波大学

2018年05月 National Geographic JP  どちらが清潔? 人とチンパンジーのベッド
2018年05月 National Geographic Who Has the 'Cleaner' Bed: Chimps or Humans?
2018年05月 LiveScience Think Your Bed Is Clean? A Chimp's Is Cleaner.
2018年05月 BBC News 'Memory transplant' achieved in snails


2018年05月 Nature 怯えたマウスを逃げ出させる脳回路
2018年05月 Nature 神経科学:正中視床回路は視覚的脅威に対する反応を決定する A midline thalamic circuit determines reactions to visual threat
2018年05月 AFP 鳥の渡り行動、省エネが目的か 研究
 渡り先で採取する餌から獲得できるエネルギーが、渡り先への往復の移動で消費するエネルギーや、渡りをせずに得られるエネルギーを上回る
2018年05月 じっくりと考えた後の失敗こそが学習を促進する   「早とちり」の弊害をネズミ試験で検証 東京大学
 池谷裕二 八幡洋輔
2018年05月 日本経済新聞 東大、じっくりと考えた後の失敗こそが学習を促進する「早とちり」の弊害をネズミ試験で検証
2018年05月 BioToday 社交的でない雄ザルや自閉症男児の脳脊髄液バソプレシンは少ない
2018年05月 EurekAlert-Science  血圧を調節するホルモンはサルにおける社会性の鍵となるマーカーかもしれない
 アルギニンバソプレッシン(AVP)
2018年05月 コウモリが互いの超音波の周波数を変えて混信を回避することを発見   科学技術振興機構 同志社大学




2018年05月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS These bats use stealth sonar, likely to evade rivals
 Strangely quiet echolocation calls may explain wind turbine collisions  
2018年05月 BioToday  線虫の磁力感知能を再現できず

 以上、 →2018年5〜8月の記事でした


→ 「動物行動学 動物の心」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー