社会心理学 集団心理:
2018年

ほか「社会心理学 集団心理」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2018年12月 大学ジャーナル 脱いじめ傍観者教育プログラム、学級風土が効果に影響
 脱いじめ傍観者教育プログラムを実施したところ、いじめを否定する意識が高まる
  ただ、学級風土の良くないクラスでは逆効果も
2018年12月 Science 人口規模のソーシャルネットワークにも見られる遠距離交流の紐帯の強さ The strength of long-range ties in population-scale social networks
 ネットワークの間の強いつながりは、アイデアまたは病気を広げるので重要であるかもしれない。
2018年12月 EurekAlert-Science  長距離間の繋がりが結び付け、社会的なワームホールが直結させる
 身近の強い繋がりから得られる情報量(bandwidth)ははるかに大きく、また「冗長的(redundant)」である
 個人が新しい情報に触れる可能性は、より弱い社会的繋がり、つまりより遠隔のネットワークにおける方が高い
 まれではあるが、こうした強固なショートカットは、著者らによって「ワームホール」と名付けられた
2018年12月 Nature Human Behaviour 
集合的なメモリーと注意のユニバーサル腐敗
  文化的な製品--科学の書類、特許、歌、映画、および伝記を含む--により受け取られた配慮は衰えて、集合的なメモリーが一般的なパターンに続いていることを提案し、biexponentialな機能に続いている。
2018年12月 Nature Human Behaviour 
集合的なメモリーの腐敗を予測する
  文化的な製品は彼ら自身のライフを持っている
  これらの製品への公的な注意により、時間の上の一貫しているパターンが示される:屈折ポイントにより特徴付けられている一定の低下。このパターンは、どれほどコミュニティで文化的な製品が議論されて、文化的なメモリーとしてアーカイブされるかに起因しているかもしれない。
2018年12月 Nature ポップミュージックから災害、学術論文、スポーツ選手まで、集団的記憶の薄れ方は、数学の法則に従うことが分かった。 Maths shows how we lose interest
2018年12月 人間行動シミュレーションから混雑原因を短時間で発見する技術を開発
  空港全体の混雑原因を数分で発見でき、有効な緩和施策を提案 富士通研究所 早稲田大学
2018年12月 Nature Human Behaviour 
事前の共有された成功は、チーム競技会の勝利を予測する
4つの主要なスポーツリーグとマルチプレイヤーオンライン試合から結果を分析することにより、チームとしての事前の共有された成功が個々のプレーヤーのスキルにより説明されるものを越えて勝つことのオッズをかなり改善することが明らかにされる。
2018年12月 Nature Human Behaviour 
共有された成功は、成功をもうける
チーム反映を可能にするものを理解していることは、人の行動のドメインを横切るかなりの興味のフォーカスであった。研究は、非常に熟練したメンバーを募集することと固定していることに加えて、共有された事前の成功が、強化されたチーム性能にかなり寄与していると気付く。
2018年12月 Nature Human Behaviour チームの勝利が次の勝利をもたらす

2018年11月 Nature Human Behaviour 
神経科学および行動の研究の準実験的の因果関係 どのように、原因となるリンクを設立するかが、科学の学科を横切る中心的な問題である。私達は経験の経済学から方法を説明し、それらは、どのように、因果関係をテストするために、フィールドを横切って例えば心理学と神経科学に適応するかもしれないか
2018年11月 Science 私にとって良いことは、あなたのために良い
 What's good for me is good for you
  although diversity programs may target only one group, the results can have positive impacts on everyone who feels involved.
2018年11月 Nature Human Behaviour 

  一般化により人の探検は広大な決定スペースについて指導される
  複雑で、見慣れない環境において報酬を検索する時には、しばしば、すべてのオプションを探究することが不可能である。
  どのように一般化の組み合わせおよび楽観的なサンプリングは、どのように複雑な環境について効率的な人探検を指導するか。
2018年11月 EurekAlert-Science  高い評判のネットワークに参入できるか否かによって左右される芸術における成功
2018年11月 Nature 社会科学:信頼性を高める行動が非規範的な公共財の普及を促進する Credibility-enhancing displays promote the provision of non-normative public goods
 広く受け入れられていない公共財の採用を促進する 模範モデル
2018年11月 Nature Human Behaviour 
蓋然論のモーター連鎖の学習可能性の制約をネットワーク化
 ネットワーク横断に基づいて蓋然論のモーター連鎖を学ぶ時には、学習者はより高オーダー位相プロパティを利用する。
2018年11月 Nature Human Behaviour 
早いライフ非認識スキルの「学者、心理―社会的であること、認識であること、および健康結果」への効果の体系的なレビューとメタアナリシス
  いくらかの証拠 改善された学者との非認識のスキルの関連、心理―社会的であることおよび健康結果 が, 証拠が弱く、異種である であるけれども、。このフィールドでより過酷な研究が必要である。
2018年11月 Nature Human Behaviour 

行動変化科学を進める過酷な方法を使う
行動変化のフィールドは重要なフラグメンテーションおよび貧しい報告から損害を被る。ここでは、私達は、行動変化の科学を進める補足的な体系的な、および過酷な方法を導入する2つの大規模なイニシアチブ--行動変化プログラムの人行動変化プロジェクトと科学--その目的を説明する
2018年11月 日本社会の協調性は 農業が盛んな地域における「地域活動」が促進
  408 集落 7295 人対象調査の結果から解明  京都大学
2018年10月 Nature Human Behaviour 
匿名のインタラクションの経験のため、直観的な協力が減少する
  評判の懸念により、社会的な状況のために協力する本能が補強される。
 離脱が利己主義を損わないのを知る時、 協力的な習慣は一回限りの匿名インタラクションにおいて転覆できる。
2018年10月 人によって異なる決断をすることの大切さ
 決断の多様性が集団のメリットを高めることを数理統計学的に証明 京都大学
 楽観 悲観の多様性
 集団が 「何かよいこと」に向かって試行錯誤するとき、2つの選択肢の成功率が両方とも高そうだと思われるときには、楽観的な集団の方が全体として成功しやすく
 希少疾患における医療上の決断に関するインシリコ研究:集団における決断の多様性がもたらす利益について
2018年09月 Nature Human Behaviour 
インフルエンザ予防接種のための軽いつつき
軽いつつきは環境または選択アーキテクチャに小さな変更である
それは、インフルエンザ予防接種レートをかなり増大させるようにデザインできる。
2018年09月 Nature Human Behaviour 
メディケア(高齢者公的医療保険)受給者でのインフルエンザ予防接種増加を企図して行動科学デザインされた手紙
228,000人の参加者との5アームトライアルが、個人≥66歳で、単一の送られた手紙増大絶対のインフルエンザ予防接種が、約1%評価すると気付いた。手紙の形成は結果に重要な違いを全然生じさせなかった。


2018年09月 Nature Human Behaviour 
カタロニアの独立心のための押し
2017年に、カタロニアはスペインから独立心を一方的に宣言した。独立押しは、単に、市民が独立心をますます要求したボトムアップのプロセスではなかった。カタロニア政治的エリートは有権者より過激で、独立派キャンプで覇権を勝ち取る競合する高い値をつけは、独立押しに燃料を供給した。
2018年09月 Nature Human Behaviour 

  悪い人々についての信念は不安定である
  道徳的な印象構成のための非対称なベイジアンアップデートメカニズム
  悪く動いたエージェントについての信念は行儀が良いエージェントについてより不確かであり、従って、悪く動いたエージェントについての信念はより柔軟である。
2018年09月 Nature Human Behaviour 
「省エネルギー」予測における二番目注文基準を立てる信念の危険な役割
二番目注文、基準を立てる信念--
コミュニティメンバーの信念 エネルギー節約は環境を助ける--
省エネルギー促進に危険な役割を果たす。
2018年09月 Nature Human Behaviour 
温度の下で電話する
『共通であるけれども区別された責任』という原則と一列に並んで、優位個人は、共有資源崩壊を避けることの特権を与えられたポジションと仕事を認めているけれども、彼らは貧者の過度なただ乗りを受け入れない。
2018年08月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Urban planners aim to eliminate slums—with computer programs
 New approach maps out neighborhoods using spatial networks
2018年08月 BBC News Workers in open-plan offices 'more active'
2018年08月 Nature Human Behaviour 
伝達性幾何学捕獲物交通は都市に流れる
 交通フローのプロパティを数学的に特徴付け
  4つの種々の都市で、最も短いパスではなく、伝達性最も短パス〈『すべてルート』流れを仮定する〉を通してより多くの交通があると気付く。
2018年08月 EurekAlert-Science  集団性渋滞の制御:交通の流れについてアリから学べること
2018年08月 BBC News Ants show 'lazy' approach may be best for digging
2018年08月 Nature 公衆衛生:モデルとなる市民 How digital drug users could help to halt the US opioid epidemic
2018年08月 EurekAlert-Science  他人に対する責任を負うかどうかが指導者と追随者を分ける
2018年08月 Nature Human Behaviour 
グローバルな憲法進歩のための推定メカニズム
  私達が時間的に分析することむきだしにするネットワーク、および階層的な効果 それは、世界的な憲法の変化の競争メカニズムを理解し、定量化する必要があった。





2018年07月 ワイアード オフィスが「オープン」な設計だと、生産性が低下する──企業での実験の詳細と、そこから見えてきたこと
 直接のコミュニケーションが激減してメールの量が増えた
2018年07月 Nature Human Behaviour  キリスト教が速やかに拡大したのは、民衆の力ではなく強力な指導者の力による
 キリスト教は、より小規模な、政治的階層性のある社会において、極めて速やかに広まる
 改宗速度の最も強い予測因子は、より強い政治的指導者層の存在と、より小さい集団サイズ
 集団サイズや政治的組織といった、集団レベルの特性の一端を知るだけで、ある観念が集団内に広まるかどうかを適切に予測できる確率が大きく高まる
2018年07月 Nature Human Behaviour 
社会レベル文化的変化を予測する
オーストロネシアの人口の特徴がキリスト教の採用のレートを予測できたかどうかにかかわらず分析することによって、研究者は、政治的なリーダーシップおよび小さい人口サイズが、太平洋のキリスト教の広がりを容易にしたと気付く。
2018年07月 Nature Human Behaviour 
キリスト教は、小さく、政治的に構造化された社会により速く広がった
  キリスト教の広がりについての理論は、70のオーストロネシアの文化の比較の異文化間方法および歴史のデータを使ってテストされる。
  変換は、小さいおよび政治的に設立された社会の中で最も速かったけれども、社会的な不均衡により詰め込まれない。
2018年07月 Nature 複雑ネットワーク:芸術、文化、科学のキャリアにおけるホットストリーク Careers: Hot streaks in artistic, cultural, and scientific careers
 1人のキャリアにおける傑作群には高度な時間的規則性が認められ、各キャリアはインパクトの高い成果物が連続的に生まれる
 ホットストリークを発見することで個人の全体的インパクトが基本的に推進され、これを無視すればキャリアの将来のインパクトを意図的に過大または過小評価することにつながる
2018年07月 Nature 公共財ゲームで協力を最大にするには
2018年07月 環境の厳しさと食料生産手段が人間関係の自由度を左右する 39 ヵ国比較調査により人間関係の流動性の原因と人の心理への影響を解明 北海道大学
  Relational mobility may influence your interpersonal behaviors
 フェイスブック経由調査
 地域の関係流動性は,その地域が過去に厳しい自然・社会環境の下にあった場合ほど,また稲作 のような相互の助け合いが必須の食料生産を採用していた場合ほど低い傾向にある。
 関係流動性が高い国々の人は,低い国々の人と比べて,人助けや,友人や恋人に自分の秘密を打 ち明けるなど,より積極的に対人関係に関わっていました。
2018年06月 Nature 回顧:ネットワーク科学の20年 In retrospect: Twenty years of network science
2018年06月 Nature Human Behaviour 
人の可動性の保存された量の証拠
約40,000人の個人から高解像度可動性跡を分析することにより、一般に、人々が日常的な25のおなじみの位置のセットを再び訪れるけれども、時間の間このセットが発展し、それらの社会的な球のサイズと比例していることが明らかにされる。
2018年06月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS How minority viewpoints become majority ones
 New study suggests the “tipping point” for change is when 25% agree
2018年06月 Science 社会的慣習の転換点に関する実験的証拠
2018年06月 EurekAlert-Science  どのくらいの規模の少数派なら影響力を発揮できるか
 すべてのグループにおいて、変化をもたらすために必要な「熱心な少数派」の規模は15〜35%、中間値25%であった。
 25%以下の少数派だと残るメンバーの平均6%の気持ちを変えたに過ぎなかった
 この規模を超えると、残るメンバーの72〜100%に新しい選択肢を受け入れるように促すことができた
2018年06月 Nature 不確実性を許容する心が協力行動を生み出す
2018年06月 Nature Human Behaviour 
許容されている窃盗の実験的なテストおよび資源交換のリスク縮小理論
資源入手可能性は可変であるバーチャルな捜し回っている環境において、徐々に、参加者が相互の交換関係をバッファリスクに内生的に発展させるので、他の資源の窃盗許容は狭まっていく。
2018年05月 大学ジャーナル 「他人への信頼感が健康に与える影響」に地域差 東北大学が大規模追跡調査
2018年05月 Nature 最適な車両数:道程のネットワーク分析によって最適化されたニューヨークのタクシーの数
2018年05月 Nature Human Behaviour 
経験の影響モデルの下の社会的な影響最大化
実世界社会的ネットワークのよりリアルな機能を含み、伝統的なモデルに比べて大幅により大きい影響伝播を予測する経験的に動機づけられた影響最大化モデルのクラスを指定する。
2018年05月 Science 人は見ることのできないものにはなれない
2018年04月 Nature Human Behaviour 
国際化世界の国政選挙
国政選挙は民主主義の社会の必須のコンポーネントである。しかし、警告Mareike Kleine、選挙により向こうの注意は進行中の国際的な交渉から転換できる。従って、それらのタイミングは慎重に考慮されるべきである。
2018年04月 Nature Human Behaviour 
略奪品部門規則は自然なグループの間の侵略を形成する
損害を与えられたグループメンバーが防御用の戦略に行くのに対して、自然なグループの間のコンテスト実験は、より攻撃用の戦略をかなり選ぶために、特権を与えられた個人を促して、コンテスト略奪品の不均衡な共有により先在集団間の関係の効果が無効にされうるのを証明する。
2018年03月 National Geographic JP  なぜ人は他人を「敵」か「味方」に分類するのか
友人は多いほうがいいか
2018年03月 Nature 協力の複雑さ
 最大の協力を導く選択は、必ずしも最も複雑なものではない
2018年03月 Nature 人間行動学:単純な道徳律が協力を支える Human behaviour: Simple moral code supports cooperation
 協力の進化を促すには単純な道徳規則で十分である
2018年03月 Nature 人間行動学:協力の進化における社会規範の複雑さと過去の評判 Social norm complexity and past reputations in the evolution of cooperation

2018年03月 Nature 進化学:変わりやすい世界における利他現象 Altruism in a volatile world
 利他的個体が、近縁者が生む子の数の時間的変動を抑制することによって、自らの遺伝子型の長期的な成功率を高め得る
2018年02月 Nature Human Behaviour 

マイノリティ文化 生き残りのための唯一の方法
非対称な社会的な境界は、その顕著さを維持する間少数派の文化が外のインタラクションの利点を得ることを可能にする。 これが集団間のインタラクションの性質についての問題を開き、そのような境界が、見積もられた文化的なノルマを守るための唯一の方法であるかどうかにかかわらず。
2018年02月 Nature Human Behaviour 
相互民族のインタラクションが高収益な時の少数派の文化の持続可能性
「少数--大多数」集団相互作用のモデルは、少数派文化的習慣が、グループ境界が少数派のメンバーの自由な動きを許す文化的な均質化から保護できることを示す、 しかし、より強力な大多数のメンバーを除く。
2018年02月 Nature Human Behaviour 
幸福の社会科学を拡張する 幸福の社会科学は、人の幸福のための社会的な接続およびprosocialな行動の重要性を認めて、より偉大な協力のためより学際的になる必要がある、 特に社会科学者と政策立案者の間で。
2018年02月 Nature Human Behaviour 
バイアス--相違トレードオフは、予測不可能な環境においてオンラインの学習の時に個々の違いを制御する
騒々しい証拠から学ぶことにおける個々の変動性は、バイアスに関係する--相違トレードオフ、サンプリングアルゴリズムを使ってモデルにより最もよく説明され最適な推定に近づく。

2018年01月 Nature Human Behaviour 
平易な視界に隠れる
ソーシャルネットワークにちょいと部分修正を入れるだけで、 個人や集団は、標準の社会的ネットワーク分析アルゴリズムを用いる誰かから検出される可能性を減らすことができる
2018年01月 Nature Human Behaviour 
ソーシャルネットワーク内における個人隠しと隠れコミュニティ
個人とコミュニティが標準の社会的なネットワーク分析ツールによって検出から
簡単な変化を通じてそれらの社会的なネットワーク接続にオンラインで変装できることを示す。

SNSは常に解析され続けプライバシーは危機に晒され続けているが、
逆に言えばテロリストなどによる隠れネットワーク検出にもつながる成果


2018年01月【日本語ブログ】反社会的個体にたいする懲罰感情の起源
2018年01月 Nature Human Behaviour 
社会的なノルマは非対称な制裁によって発展する
社会的なノルマはどれほど時間の間発展し、それらの発展に影響するものは、ノルマについての文学で中心的な問題であるか。
時間、衛生、および暴力ノルマの上では、より厳密になった、 厳密なノルマを好む人々による制裁が、ゆるんだノルマを好む者に 他の方向に是認するより多く影響するので。
2018年01月 Nature Human Behaviour 
少しの討論からの集められた知識は、大群衆の知恵より性能が優れる
群衆の集合的な知恵はしばしば問題への個々の判断よりよい返答を提供する。 ここでは、群衆のすべての答えの平均より、群衆を、多くの小さな審議機能を持つグループ生産によりよく分割した大きい実験が見積もる。

 以上、 →2018年の記事でした


→ 「社会心理学 集団心理」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー