親子、夫婦、家庭、虐待:
2018年1〜6月

ほか「親子、夫婦、家庭、虐待」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2018年06月 読売新聞 母乳育児の経済効果、粉ミルクと比べて検証…参加母子1万組を募集
2018年06月 大学ジャーナル 世帯年収800万円以上でも約7割が「もっと子どもはほしいが金銭面で難しい」 東京大学とベネッセが調査
2018年06月 BBC News The health impact of separating migrant children from parents
2018年06月 LiveScience Separated Migrant Children Face Lasting Psychological Trauma
2018年06月 AFP 結婚は「ハート」に効く、英研究
 心臓疾患や心臓発作の予防に寄与するかもしれない
 配偶者とともに生活する人に比べて、離婚した人、配偶者を亡くした人、結婚歴のない人が心血管疾患、冠状動脈性心疾患にかかる可能性はそれぞれ42%、16%高い
 冠状動脈性心疾患、心臓発作で死亡するリスクも、結婚していない人の方がそれぞれ42%、55%高かった
 心血管疾患の80%は、男性であること、高齢、高血圧、高コレステロール、喫煙、糖尿病など一連の「危険因子」によって引き起こされる
 婚姻状態にないカップル、同性のカップルといった状態は分からなかった
2018年06月 NHK北海道 “ひとりで子育て”道内で増加
 公的な支援制度の認知度が低い 母子家庭で81.8%、父子家庭で75.9%
2018年05月 読売新聞 1〜4歳児の家庭内事故死、浴槽などでの溺死が最多…短時間でも目を離すと危険
2018年05月 朝日新聞 7人中5人は自宅で産む「孤立出産」 赤ちゃんポスト
2018年05月 読売新聞 赤ちゃんポストに昨年度7人、累計137人
2018年05月 読売新聞 特別養子縁組制度、対象年齢の引き上げを検討
2018年05月 本川・社会実情データ図録 望ましい子どもの男女構成
  バブル期をはさんで男児より女児の方が望まれるパターンに大きく変化。最近はバランス志向がやや増
2018年05月 AFP 世帯所得が低い世帯は乳児の体重増加不良が1.3倍 約55,000人の調査から 北里大学
 子育て世帯への社会保障が手厚いイギリスやデンマークの研究では、親の社会経済状況とその児の体重増加不良との間に関連は示されていないが、子育て世帯への社会保障が薄いわが国では、関連がある可能性
2018年05月 朝日新聞 低所得世帯の子、体重少ないまま成長「リスク1.3倍」
2018年04月 東京新聞 母親のながらスマホ、3人に2人 子どもと遊ぶ最中に
2018年04月 読売新聞 ギャンブル依存症の家族、「借金1000万円以上を肩代わり」が15%
2018年04月 Nature マウスの神経回路に子育てがどのように組み込まれているのか
2018年04月 Nature 神経科学:保育行動の基盤にある機能的回路構造 Functional circuit architecture underlying parental behaviour





2018年03月 長期間の授乳が糖尿病に保護的作用
 Lactation Duration and Progression to Diabetes in Women Across the Childbearing Years
2018年03月 読売新聞 ひきこもり平均年齢34歳、ひきこもり平均期間11年8か月…いずれも過去最高
 本人が支援機関や病院を「利用していない」が41・1%。「継続的に利用している」(29・6%)、「継続的に利用していない」(28・4%)
 自治体の困窮者相談の窓口に行った調査では、対応したことがあるひきこもりの人の年齢は、40歳代が最も多かった
2018年03月 本川・社会実情データ図録 理想の子ども数の推移
  夫婦が考える理想の子ども数は、少し減ったとはいえ、2人が51.3%、3人以上が36.6%。平均すると実際の出生数を大きく上回る2.32人
2018年03月 読売新聞 乳児用液体ミルク、今夏にも解禁...災害備蓄に利用も
2018年03月 父親似の赤ん坊はより健康に育つ 未婚の母親と暮らす715家庭対象の分析
 If looks could heal: Child health and paternal investment
2018年03月 Nature Human Behaviour 
早死リスクに対するバッファとしての中年の自己報告された社会的なサポートは、幼年期の虐待と相関した
  幼年期の乱用は早い死亡のリスクを増大させる。
2018年03月 Nature Human Behaviour 
幼児虐待の後のおとなの弾性
  成長証拠によって、数十年後で反対の幼年期の経験は健康上の問題と結び付く。 中に中年でついて来られたおとなの研究は、気づかれている社会的なサポートにより、早い虐待の文脈において協力的な関係が長期の健康を緩衝することを示唆しているその後の死亡〈特に幼児虐待を報告しているおとなのための〉がより低く予測されると気付く。
2018年02月 読売新聞 障害者虐待、「家族が加害」6割…被害者の52%が知的障害
2018年02月 Science 英国の母親たちが育児を実験に変えている
2018年02月 BioToday 連れがない子持ちの父親は死にやすい
2018年02月 AFP シングルファーザーは短命? 不健康な生活習慣に警鐘 研究
2018年02月 子育て中の母親ら養育者の抑うつ気分を見える化して子育て困難の予防を図る 社会脳の活動を計測し養育ストレスが深刻化する前兆を早期発見する評価法の開発 科学技術振興機構 福井大学
2018年02月 朝日新聞 子育てで孤立感、母親の脳の活動弱める 福井大が発表
 周りの大人の気持ちを読み取る脳の部位の活動が弱まる
2018年02月 本川・社会実情データ図録 同居していないのに家族だと思うようになったのはそれほど前からではない
  少し前まで家族の範囲は親でさえ同居が条件だったが、近年は親族は誰でも同居していなくとも家族と考えられるようになり、その意味では、家制度から脱却しつつある
2018年02月 BioToday 産後うつ病は子の振る舞い/情緒や学業に長く悪影響を及ぼしうる
2018年02月 朝日新聞 里親増やせるか? 候補世帯数を日本財団が推計
2018年01月 AFP 親から10代の子への酒類提供、いかなる目的でも悪影響 研究
2018年01月 BioToday 親から酒が与えられた10代若者は大量飲酒などのアルコール摂取病を生じやすい
2018年01月 本川・社会実情データ図録 世界の夫婦の別居比率 日本の夫婦の別居比率は世界の中でも最も低い
2018年01月 Science 養育の性質:親の遺伝子型の影響
 Genetic variants in parents may affect the fitness of their offspring, even if the child does not carry the allele. This indirect effect is referred to as “genetic nurture.”
2018年01月 AFP 英国人の平均夕食時間は21分、55%の家庭で食事中にスマホやテレビ
2018年01月 BioToday 母乳保育した女性は糖尿病を生じ難い
2018年01月 中央日報@韓国 児童虐待1日平均81件…13〜15歳が23%で最多 韓国 
2018年01月 育児行動の発現メカニズムと子世代にネグレクトが生じる機構を解明 高崎健康福祉大学 群馬大学
 マウス実験 世代を越えて育児放棄(ネグレクト)が生じる機構
2018年01月 時事通信 中高年の引きこもり初調査へ=政府、40〜59歳の実態把握

 以上、 →2018年1〜6月の記事でした


→ 「親子、夫婦、家庭、虐待」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー