教育、子ども、乳幼児~思春期:
2018年1〜6月

ほか「教育、子ども、乳幼児~思春期」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2018年06月 LiveScience A Man's Testosterone Levels May Depend on Where He Spent His Childhood
 A study of men from Bangladesh and the U.K. shows that childhood environment, not race or genetics, appears to be the most important factor in testosterone levels.
 テストステロン(男性ホルモン)の量は「どこで育ったか」によって決まる
 厳しい環境下で育った男性は、より健康的な環境で子供時代を過ごした男性よりも、その後の人生でテストステロンの放出量が減少する傾向
  環境の悪いバングラディッシュで育つと、テストステロンによる成長が阻害され背が伸びなかった
2018年06月 財経新聞 子供時代の環境が男性のテストステロンレベルに影響か

2018年06月 ことばを獲得する前の赤ちゃんもモノの素材の音と視覚の結びつきがわかる 言語獲得以前の脳内メカニズムを探る 中央大学
 木や金属を叩く音とその表面材質(視覚刺激)が一致した刺激と不一致の刺激を観察したときの、左右側頭領域の脳血流反応を近赤外分光法(NIRS)によって計測
2018年06月 BBC News The health impact of separating migrant children from parents
2018年06月 LiveScience Separated Migrant Children Face Lasting Psychological Trauma

2018年06月 本川・社会実情データ図録 いじめの国際比較(PISA調査) 主要先進国の中で英国に次いでいじめの多い日本。世界54カ国の中では19位と特に多いわけではないが「こづきまわす」といういじめについては世界第3位と目立って多くなっている。

いじめ行動の国際比較
 主要先進国の中で英国に次いでいじめの多い日本(つかイギリス…!)
日本的には「からかい」「こづきまわし」的ないじめ行動が他国比で多いんだそうな


2018年06月 大学ジャーナル 大学進学断念に親の学歴が影響、沖縄県が大規模調査
2018年06月 大学ジャーナル 大学無償化、対象は年収380万円未満、政府が方針
2018年06月【日本語ブログ】子供は外国語を話す相手でも声の調子から感情を認識できる
2018年06月 読売新聞 脳を刺激…子どもにカフェイン、大丈夫?
 子どもへの影響はデータが少なく、日本には摂取量の基準がありません
 代謝速度が大人より遅いため、体内に入ると影響が長く続きます
 1日当たりの最大摂取量、カナダでは4〜12歳で45〜85ミリ・グラム
 100ml当たりコーヒー60mg、煎茶、ウーロン茶、紅茶などにも20〜30mg
2018年06月 BBC News The children who hear 'terrifying' voices
お子さんたちの一割近くが、けっこう幻聴を聞いている
「怖い声」「やさしい声」
脳内に響くそれらの幻の声が伝える内容は、周囲の人間環境にかなり影響されているようだ
2018年06月 BioToday 就学期間が長いほど近視を生じやすい〜視力を害さない教育方法が必要
2018年06月 大学ジャーナル 子どもの自己肯定感に勉強や目標が影響、東京大学とベネッセが分析
2018年06月 Nature Human Behaviour 
21番目世紀の労働力のための協力的な問題解決教育
21世紀の複雑な研究、方針、および産業の挑戦は、協力的な問題解決を必要とする。
アセスメントは、グローバルに多くの卒業生が必要な能力を欠くことを示唆する。
従って、私達の教育システムの協力的な問題解決を教えることを改善し、拡張するために、切迫したニーズがある。
2018年05月 AFP 世界の子どもの半数以上に戦争、貧困、性差別の脅威
2018年05月 朝日新聞 中学校教諭の半数「過労死ライン」超 山梨県教委の調査
2018年05月 スラド 教室の望ましい室温「10度以上30度以下」から「17度以上28度以下」に変更される
2018年05月 ワイアード 子どもの成長にAlexaは悪影響? ヴァーチャルアシスタントの利便性と、知られざる「課題」
2018年05月 ワイアード 「赤ちゃんの泣き声」を“翻訳”するアプリが、自閉症の早期発見を加速する
2018年05月 大学ジャーナル 首都圏と地方の教育格差、受験生の8割が「感じる」と回答
2018年05月 MBS 眼科「要受診」なのに未受診6割 大阪府内の小・中・高校生 
2018年05月 本川・社会実情データ図録 公立小中学校のトイレの洋式率(都道府県別) 全国では43.3%。トップ3は、神奈川、沖縄、山梨。最下位は山口
2018年05月 生後2歳までに抗菌薬使用歴があると 5歳時にアレルギー疾患があるリスクが高いことを示唆 国立成育医療研究センター
2018年05月 大学ジャーナル 「思春期の早起きは心身に悪影響」 早すぎる始業時刻の適正化目指すプロジェクト始動
2018年05月 財経新聞 子供たちの疲労回復力はアストリートに勝る フランスの研究
2018年04月 BioToday 米国10-14歳女児の出産率は低下している〜しかし依然として先進国の中では高い
2018年04月 BBC News 'Six-fold benefit' from primary school mental health counselling
 one-to-one counselling for mental health problems in primary school will benefit society in the future.
2018年04月 BBC News Should primary pupils get mental health counselling?
2018年04月 朝日新聞 施設の子ども間の性暴力 厚労省、自治体に対策要請
2018年04月 Nature Human Behaviour 

両親の誤信念をターゲットとすることによる小学生不在スケールの縮
パーソナライズされた手紙介入 that それらの子供の不在についての叱られる両親の誤信念 10%の縮小慢性の常習的欠勤 および代わりの現在の最もよい習慣よりかなり費用効果が高い 。
2018年04月 Nature Human Behaviour 
共有地の悲劇に打ち勝つための子供の戦略の調査
共通プール資源実験において、Koomenとヘルマンは、6歳子供が、集合的に、おとなに共用資源と使用類似戦略を崩壊させることを避けることができることを示す。
2018年04月 読売新聞 大人の喫煙率、中学生が実際より高く誤解…「男性6割、女性4割」と
 8割以上の大人はたばこを吸わない
2018年04月 大学ジャーナル 大学生の年間学費と生活費、188万4,200円に増加
2018年04月 EurekAlert-Science  どの教育制度がベストか。表面的な数値に惑わされないように
2018年04月 BioToday 太り過ぎ男児の2型糖尿病リスクは小学校卒業頃までに痩せれば下がる
2018年04月 読売新聞 「私は太っている」と考える女子高生、日本で過半数…米国では2割だけ





2018年03月 AFP 乳幼児突然死、遺伝子変異との関連示唆する初の論文発表
  乳幼児が突然死するリスクは、呼吸筋に関連した遺伝子のまれな突然変異で高まる可能性
2018年03月 毎日新聞 文科省 公立の女子高校生の妊娠 3割が「自主退学」
2018年03月 大学ジャーナル 社会人の学び直し普及、首相が助成制度拡充を指示
2018年03月 財経新聞 幼児が社会の中で自身を意識するのは何才か 米ペンシルバニア大の研究
 5才にして社会における自身の評判の有用性を自覚している
2018年03月 Science 幼少期ストレス体験はマウスにおいて神経系のゲノムDNAの構造多型を引き起こす
2018年03月 EurekAlert-Science  母親の世話は子の遺伝暗号に影響を与える
2018年03月 大学ジャーナル 進学時に将来のキャリアを意識すると大学生活、就職も充実する ディスコが調査

2018年03月 読売新聞 持久力や筋力低い子「生活習慣病のリスク高い」
 心肺の持久力と筋力がともに低い中学生は肥満度や血圧、血糖値など生活習慣病に関わる指標が高くなる
2018年03月 Science 言語能力習得前の幼児においても論理的推論を行っている
2018年03月 EurekAlert-Science  乳児は話せないが、推理する方法は知っている
2018年03月 本川・社会実情データ図録 日本ほど女子高生の生活満足度が男子に比べて高い国はない(PISA調査)
 女子高生は男子より生活満足度が低いのが世界の大勢であるのに、日本だけは女子高生の方が満足度が高い
2018年03月 本川・社会実情データ図録 高校生の生活満足度の国際比較(PISA調査)
 日本の高校生の生活満足度は他の東アジア諸国と同じように世界の中で低いレベル。
  ただし東アジアでは満足度の男子優位度は欧米などと比較して低く、中でも日本は満足度が唯一女子優位
2018年03月 朝日新聞 児童虐待疑い、6万人超す 前年比2割増
2018年03月 読売新聞  子どもの貧困...経済的な理由で「塾・習い事を諦めた」7割
2018年03月 Nature Human Behaviour 
早死リスクに対するバッファとしての中年の自己報告された社会的なサポートは、幼年期の虐待と相関した
  幼年期の乱用は早い死亡のリスクを増大させる。
2018年03月 Nature Human Behaviour 
幼児虐待の後のおとなの弾性
  成長証拠によって、数十年後で反対の幼年期の経験は健康上の問題と結び付く。 中に中年でついて来られたおとなの研究は、気づかれている社会的なサポートにより、早い虐待の文脈において協力的な関係が長期の健康を緩衝することを示唆しているその後の死亡〈特に幼児虐待を報告しているおとなのための〉がより低く予測されると気付く。
2018年03月 中央日報@韓国  15歳以上の多文化家庭の子女18%、学校・会社に通わず=韓国
2018年03月 大学ジャーナル 心肺持久力と筋力の弱い中学生は、生活習慣病のリスクが約4倍 新潟大学
2018年03月 大学ジャーナル 収入増加で暮らしは楽観的、半数以上が「読書ゼロ」 大学生の日常を大学生協が調査
2018年02月 Nature Human Behaviour 
青年期と向こうの時の男性反社会的行動
  ライフのより後の青年期の男性反社会的行動ピークと低下。 仮説を支持する最近の証拠 年--犯罪曲線は、種々の原因を持つ個人の2グループを隠す
2018年02月 Nature Human Behaviour 
早い青年期に有害なおよび不均衡なジェンダーノルマ
  早い青年期(時代10--14)は、健康および社会的な公正のための基礎としてジェンダー社会化にアドレスする機会の重要なウィンドウである。 このコメントは、なぜこれがケースであり、若い思春期の子供のジェンダー公平態度を促進するために、戦略の既存の証拠の説明に役立っている例を提供するかを説明する。
2018年02月 Nature 成年に達すること:「青年期の科学」特集
2018年02月 NatureJP 特集:大人への道:青年期の科学
2018年02月 Nature 青年期に関連するさまざまな問題はもはや避けて通れない状況にあり、この誤解されやすい年齢層に焦点を合わせた研究や取り組みを世界的に急いで進める必要がある。 Adolescence research must grow up
2018年02月 Nature セックスと薬物とセルフコントロール Sex and drugs and self-control: how the teen brain navigates risk
2018年02月 Nature 青年期の境界線の変化 Who exactly counts as an adolescent?
2018年02月 Nature 青年期: 発達科学の観点から見た青年期投資の重要性 Importance of investing in adolescence from a developmental science perspective
2018年02月 Nature 青年期: 青年期における身体時間、社会的時間、生活史の動態 Dynamics of body time, social time and life history at adolescence
2018年02月 Nature 青年期: 青年期と次世代 Adolescence and the next generation
2018年02月 大学ジャーナル 私たちは幼い頃から「同じだけもらう」より「持っている量が同じになる」分け方が好き! 神戸大学
2018年02月 大学ジャーナル 世帯年収に占める在学費用の割合、2年連続で減少
2018年02月 BBC News How baby stroke survivors' brains adapt
2018年02月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Babies get strokes, too. Here’s how their brains recover

2018年02月 Science Babies can spot language, even when it’s not spoken
 6ヶ月は身振りの合図を好み、危険な発達的なウィンドウをマークする
2018年02月 朝日新聞 奨学金破産、過去5年で1万5千人 親子連鎖広がる
2018年02月 BBC News What's going on in a toddler's brain?
 Scientists want to find out more about how very young children develop a sense of self.
2018年02月 朝日新聞 警察へのいじめ相談が増加 ネットいじめで送検も
2018年02月 発達期のシナプス刈り込みを調節する分子を発見 前頭側頭型認知症の関連遺伝子グラニュリンの新たな機能の解明 東京大学 日本医療研究開発機構
2018年02月 日本経済新聞 東大など、発達期のシナプス刈り込みを調節する分子を発見
2018年02月 幼少期特異的に活発な活動をする脳内ペプチドニューロンの発見 東京大学
 脊椎動物の成体で性行動の調節に関わるとされてきた脳内ペプチドニューロンが、むしろ幼少期に活発な神経活動を示す
やっぱり教育は健康によろしいようで
在学期間が長いほど糖尿病に罹るリスクや死亡率が低下する
2018年01月 Nature Human Behaviour 
UKバイオバンクにおける教育が健康におよぼす結果への、原因となる効果
作者は、健康の学校に滞在している原因となる効果を調査するために年を残す最小の学校を増大させた1972方針を利用する。
大きいデータセットを使い、彼らは、学校にとどまるので、糖尿病と死亡のリスクが減少すると気付く。
2018年01月 大学ジャーナル 大学3年生の37%が転職でキャリアップ希望、キャリタス進学が調査
 1つの会社で定年まで勤める終身雇用に対する期待が徐々に失われつつある

2018年01月 BBC News 'Adolescence now lasts from 10 to 24'
 Delayed marriage and parenthood has pushed back perceptions of when adulthood starts.  
2018年01月 読売新聞 子どもの体重、減少傾向…「痩せすぎ」多い埼玉
2018年01月 成長期の神経の「試運転」を可視化 赤ちゃんマウスの脳で発見された新しいタイプの自発神経活動 情報・システム研究機構 国立遺伝学研究所
2018年01月 子どもの自制心、遺伝的影響が見え始めるのは5歳頃から 子どもの資質を考慮した発達支援を目指して 上越教育大学 京都大学 科学技術振興機構
2018年01月 Effect of the COMT Val158Met genotype on lateral prefrontal activations in young children
2018年01月 タッチで変わる、乳児の脳 他者から触れられる経験が脳の学習力に与える影響  京都大学 科学技術振興機構
2018年01月 大学ジャーナル 「結婚したい」が過去16年で最高に、新成人意識調査
 結婚相手紹介サービス・楽天オーネット
2018年01月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Huge study of teen brains could reveal roots of mental illness, impacts of drug abuse
2018年01月 Science 10代の脳の成長を観察する
2018年01月 Nature Human Behaviour 
青年期に健全なアイデンティティ発育を養育する
アイデンティティ構成は、青年期の間に、いくつかの適用されるおよび公的な健康意味によって重要な発達的なプロセスである。 アイデンティティ発育が道に迷って行くことを防止するために、教育的な努力、防止プログラム、および方針イニシアチブが必要で そのヘルプ若人々 、健全なアイデンティティの意識を発展させる。

 以上、 →2018年1〜6月の記事でした


→ 「教育、子ども、乳幼児~思春期」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー