進化心理学:
2017年

ほか「進化心理学」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2017年11月 世界初!"利他的な罰行使者"と"攻撃的な罰行使者"の存在を明らかにし、両者で脳の形態的特徴に違いを発見 玉川大学
 20代から50代までの男女453名を対象にした実験 玉川大学脳科学研究所(所長:小松英彦)
 規範逸脱者を自分のコストをかけてまで罰する人には、規範を維持しようとする利他的な動機に基づく人と、規範逸脱者に苦悩を与えたいという攻撃的な動機による人の2タイプがいる
 攻撃的な動機によった人たちのほうが大脳基底核にある左尾状核が大きい
2017年9月 2種類の評判への関心と日常の利他行動の関連
 周りから好かれたい人、嫌われたくない人ほど人助けをよくするか 京都大学
 悪い評価・評判を避けたいという「拒否回避欲求」の高い人ほど他人への利他行動を取らない
2017年9月 朝日新聞 被災した若者は、人の役に立つ仕事志す 米チームが論文
2017年9月 Nature Human Behaviour 
 何が、誰かが最前線に進んで入ることに動機となるか イスラム状態に対して戦う ?
  新しい研究によって、3つの注目せずにはいられない理由が見つかる:
いくつかの神聖な価値への関与
それらの同じ価値のための彼ら自身の親族への関与を見捨てる、
そして、敵のそれに比べての人の自身のグループのスピリチュアルな力の信念。
2017年9月 Nature Human Behaviour 

 最前線の戦闘機と非戦闘員の研究により、集団間の衝突の戦いとダイスへの自発性が神聖な価値のための物質的な懸念の犠牲、および内集団と相手の気づかれているスピリチュアルな力と関連することが示される。
2017年9月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Why do people die fighting for a cause?
2017年9月 Nature Human Behaviour 
 多くの研究により、利他的な協力およびフリーライド・スキーヤーの利他的な処罰のため人の協力が養育されることが示された。
  研究により、設立された社会的な善のメンテナンスにおいて現在社会的な善の初期の供給での協力と協力の間の重要なasymmetriesが示される。
2017年8月 【日本語ブログ】他人に与えると気分が良くなる脳内機構
2017年8月 Nature Human Behaviour 
  モデリングと実験は、戦略的な情報が『利他的な』協力を徐々に蝕むことができることを示した。見つけ出すためのコストの配布を変えるモデルを使うことによって、現在、情報が利己主義『戦略的』協力も促進できることが示される。
2017年7月 Nature Human Behaviour 自分の努力で他者を助ける向社会的行動への無関心
 

 ヒトは、報酬が自らのものになる場合と他者に渡る場合に、自分が努力をするか否かをどのように選択するのだろうか?現実的な努力課題と計算モデルを用いた研究から、他者のために働こうとする動機付けは小さいことが判明した。





2017年7月 Nature Human Behaviour 心理学:他者のために体を動かすのは億劫
 

努力は高価である。人々は、物質的なまたは均一な心的努力のいくらかの手段を必要とする個人的な報酬の価値を減じる。研究所研究により、現在、他に役立つようにかみ合う時に身体的な努力が特に高価であることが示唆される。
人々がいとわない時でさえ、それが単に表面的な努力であっても、必要な作業であっても、意欲が絶たれる。
2017年7月 AFP 「与えると幸せ」 脳スキャンで仕組み明らかに 研究
2017年7月 Nature 他人に与えると気分が良くなる脳内機構
2017年7月 Nature Human Behaviour 
Prosocial apathy for helping others when effort is required
 努力が必要な時に他を助けるためのProsocialな無関心
報酬が自身対他に発生する時に、どのように、個人が、努力を費やすことを選ぶかを調査するロックウッドなど使用本当努力仕事およびコンピュータ処理のモデリング。彼らは、他のために人々が働くことに少なく動機となると気付く。
2017年6月 Nature Human Behaviour Psychology: People work less hard for others Effort is costly.
  心理学:人々は他のためにそれほど熱心ではなく働く
 努力は高価である。人々は、物質的なまたは均一な心的努力のいくらかの手段を必要とする個人的な報酬の価値を減じる。研究所研究により、現在、他に役立つようにかみ合う時に物質的な努力が特に高価であることが示唆される。しかし人々が、しばしばそれらの努力が表面であることをいとわない時でさえ 必要であるけれども、もうのことをしている人々
2017年6月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS True altruism seen in chimpanzees, giving clues to evolution of human cooperation
2017年6月 大学ジャーナル 利他主義者は素早く協力、利己主義者は時間をかけて協力 玉川大学
2017年6月 Nature Human Behaviour  極端な利他主義における社会的割引および社会的距離の認識
 Social discounting and distance perceptions in costly altruism
 doi: 10.1038/s41562-017-0100
 赤の他人を助けるために大きなコストを負担する「極端な利他主義者」は、他人との社会的距離を誤解しているのではなく、遠く隔たった人の幸福を主観的に高く評価していることが明らかになった。
2017年4月 Nature Human Behaviour 
 高くつく利他行動での社会的な割引きと距離認知
 福祉 of 遠い の増大した主体の評価を持つために、快く、よそ者『並みはずれた利他主義者』を助けるために重要なコストを招く人々が示されること 他 、誤解より 社会的な距離 よそ者 。
2017年4月 Nature Human Behaviour 
 社会心理学:汝自身としてのなんじのよそ者を愛しなさい  
 並みはずれた利他主義者は、匿名のよそ者を助けるために、彼ら自身の健康と生命をリスクに晒す。
  研究は、現在、並みはずれた利他主義者が善 に を遠くすることに動機となることを示す 彼らがそれらに社会的により近いと感じていることではなく、彼らがよそ者の福祉をもっと心底好むことによる他 。
2017年5月 【日本語ブログ】究極の利他的行為の動機
2017年3月 LiveScience Putting Names to Faces May Boost Cooperation
2017年3月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Computers learn to cooperate better than humans
2017年2月 Science/AAAS Why are we altruistic? Guilt may play a role
 罪悪感解消という心理的報酬
2017年1月 朝日新聞 赤ちゃんにも正義感? ヒーロー選ぶ実験結果 京大
2017年1月 Nature Human Behaviour 
 鹿子木(かなこぎ)康弘
2017年2月 京大 心に刻み込まれた正義 -乳児は弱者を助ける正義の味方を肯定する
2017年3月 Nature Human Behaviour  前言語期の乳児は攻撃者から被害者を守る第三者の介入を肯定する

 以上、 →2017年の記事でした


→ 「進化心理学」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー