遺伝子、DNA、ゲノム:
2017年7月〜12月

ほか「遺伝子、DNA、ゲノム」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2017年11月 遺伝暗号誕生の足跡を残す化石分子の動作機構をはじめて解明  タンパク質の複合体である Transulfursome がカギ 北海道大学
 メタン生成古細菌 transsulfursome  (先端生命科学研究院 教授 姚 閔)(PDF)
2017年11月 世界に先駆け、1つの遺伝子から機能の異なるタンパク質を生じる普遍的な仕組みを解明 様々な応用研究の基盤となる生物学上の重要原理の発見 科学技術振興機構 九州大学 九州工業大学
2017年11月 Science 利己的なDNAは紡錘体の非対称性を利用して次世代へ優先的に伝達される
2017年11月 Science 野生オリーブのゲノム配列決定
2017年11月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Watch a rigged game of tug-of-war inside the egg cells of mammals
 動原体は、それらの家系を維持するために、卵入力のために競争する Centromeres compete for egg entry to maintain their lineage
2017年11月 アスパラガスの全ゲノム構造を解明 アスパラガスの性決定遺伝子が明らかに  東北大学
2017年11月 Nature 染色体生物学: 凝集しやすいゲノムの3Dでの組み立て方 Chromosome biology: How to build a cohesive genome in 3D
 コヒーシンを除去すると、ゲノムの3D構造の1層が破壊されるが、残りの層は無傷
2017年11月 NatureJP 染色体構造におけるコヒーシンの役割
2017年11月 Nature 分子生物学: コヒーシンの除去によって明らかになったクロマチンの組織化の2つの独立した様式 Two independent modes of chromatin organization revealed by cohesin removal
2017年11月 京都新聞 チンパンジー、ゲノム変異割合高く 京大解読、ヒトの1.5倍
2017年11月 チンパンジー親子トリオ(父親−母親−息子)の全ゲノム配列を高精度で解明  京都大学 情報・システム研究機構 国立遺伝学研究所
 父:アキラ、母:アイ、息子:アユム
2017年11月 貝やゴカイに特有の発生を制御する遺伝子を発見 新規遺伝子の獲得が独特な発生システムを進化させた可能性 筑波大学

2017年10月 日本酒酵母の数百年にわたる選抜の秘密が明らかに!日本酒品質の向上技術への応用も可能に! 佐賀大学
2017年10月 Science 新たな環境へのアクセスを可能にする形質の起源となる分類群内に限られた遺伝子
 カタビロアメンボのゲイシャ遺伝子
2017年10月 EurekAlert Science アメンボはファンのような中足で推進するように進化し、新しい環境に適応
2017年10月 Nature 進化学: 足に「扇」が付いた昆虫 Evolution: Fan-assisted insects
 足に推進用の扇があるカタビロアメンボ科Rhagovelia属のアメンボ 扇の発生を制御する遺伝子
2017年10月 Science 新たな環境へのアクセスを可能にする形質の起源となる分類群内に限られた遺伝子
 カタビロアメンボのゲイシャ遺伝子
2017年10月 理研 DNA分子バーコード法の新機能
 核酸分子1万個以上のデジタル計数を実現し、試料混在も解決
2017年10月 Nature 遺伝学: DNA塩基配列解読の40年:過去、現在、そして未来 DNA sequencing at 40: past, present and future
2017年10月 National Geographic Why Race Is Not a Thing, According to Genetics
2017年10月 超巨大遺伝子群を制御するゲノム領域を発見 匂い受容体の遺伝子進化の謎の解明へ 東京工業大学
 嗅覚受容体遺伝子の新たな転写調節領域を発見 この領域は他に例をみない超長距離作用性の遺伝子調節領域だった
2017年10月 EurekAlert Science  表面上だけではない色素沈着の理解
  エチオピア、タンザニア、ボツワナに住む民族的・遺伝的に多様なアフリカ人2,092名のゲノムを配列決定
2017年10月 Human pigmentation mega-study
2017年10月 Nature 分子生物学: 転写忠実度因子GreAはDNA切断修復を遅らせる The transcription fidelity factor GreA impedes DNA break repair
2017年10月 Nature ゲノミクス: 多数のヒト組織におけるX染色体不活性化の全体像 Landscape of X chromosome inactivation across human tissues
2017年10月 NatureJP ヒトであるということ:健常組織における遺伝子発現に対する遺伝子変異の影響のカタログを作る
2017年10月 Nature ヒトの全ての主要な組織における遺伝子発現と調節を調べるGTEx(Genotype-Tissue Expression)プロジェクトの長年の努力が、実を結んだ。 A more personal view
2017年10月 Nature ヒトゲノミクス: 調節コードの解読 Human genomics: Cracking the regulatory code
2017年10月 Nature ゲノミクス: ヒトの多数の組織にわたる遺伝子発現への遺伝的影響 Genetic effects on gene expression across human tissues
2017年10月 Nature ゲノミクス: まれな変異が多数の組織にわたって遺伝子発現に及ぼす影響 The impact of rare variation on gene expression across tissues
2017年10月 ワイアード 後天的に獲得された形質は、次の世代へと遺伝する──「エピジェネティクス」の謎を独科学者らが解明
2017年10月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Watch the human genome fold itself in four dimensions
2017年10月 歯の本数は、複数のエンハンサーによるShh遺伝子の発現調節によって決まる 国立遺伝学研究所
2017年10月 科学技術振興機構  光により遺伝子発現量を素早く300倍に増加できる技術を開発
 哺乳動物培養細胞で最大300倍程度まで遺伝子発現を上昇させる

2017年10月 毎日新聞 米の食感遺伝子で調整 農研機構が新技術
 ご飯の硬さや粘りを遺伝子の組み合わせで細かく調整できる米の育種技術
 デンプン合成に関わる特定の酵素の遺伝子 人工交配で組み合わせる
2017年10月 Science 有糸分裂終了時に起こる遺伝子再活性化の波と転写
2017年10月 Science 単一細胞エピゲノミクス:過去の記録と未来の予測
2017年10月 AFP  ドリアンのゲノムほぼ解読、絶滅危惧種保護にも期待 研究





2017年10月 京都新聞 ゼニゴケの全遺伝情報解読 京大教授ら、新たなモデル生物に
2017年10月 Nature 遺伝子工学: 遺伝暗号の拡張と再プログラム化 Expanding and reprogramming the genetic code
2017年10月 沖縄科学技術大学院大学  ハブの毒を初めてゲノム解読:ヘビ毒の進化を解明
2017年9月 ゲノムが増える仕組みを試験管内に再現し、巨大DNA増幅技術を開発 立教大学 科学技術振興機構
2017年9月 植物はDNAに傷を負うと成長を一時停止させる仕組みをもっている ストレスに自在に対応する新たなメカニズムを解明 食糧や植物バイオマスの増産に期待 奈良先端科学技術大学院大学

2017年9月 NatureJP ランの起源
 中国南東部に見られる自家受粉性のランApostasia shenzhenicaのゲノム塩基配列
2017年9月 Nature ゲノミクス: ヤクシマランのゲノムとランの進化 The Apostasia genome and the evolution of orchids
2017年9月 NatureJP メモリースティック:細胞系譜において後の世代がさらに分裂するかどうかは、受け継がれた因子が決めている
 母細胞から受け継いだ競合する記憶によって、次の細胞周期を停止するか開始するかを娘細胞が決定する仕組み
 活性化したp53を大量に持つ娘細胞は活動を停止
2017年9月 Nature 細胞生物学: 記憶の持続性 Cell biology: The persistence of memory
2017年10月 NatureJP 胚発生における遺伝子機能を調べる
2017年10月 Nature 幹細胞: ゲノム編集で明らかになるヒト胚発生におけるOCT4の役割 Genome editing reveals a role for OCT4 in human embryogenesis
 CRISPR–Cas9
 二倍体ヒト接合子で、OCT4(POU5F1)をコードする遺伝子を効率的かつ特異的に標的とすると、胚盤胞の発生が損なわれる
2017年9月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Scientists use gene-editing technology to knock out genes in human embryos for first time
2017年9月 AFP  ヒトの胚の成長に必要な遺伝子、ゲノム編集で特定
2017年9月 時事通信 体外受精卵の遺伝子機能解析=不妊治療改善に期待 英研究所
 遺伝子「OCT4」を働かないようにしたところ、胚の細胞が増殖して球形の胚盤胞ができる際に内部の細胞群が成長不良となり、つぶれてしまう
2017年9月 毎日新聞 <ヒト受精卵>「命の始まり」決める遺伝子解明 英チーム
2017年9月 哺乳類の受精における精子ゲノム再構築機構を解明 受精に必須のヒストンメチル化を発見 理化学研究所
 マウス受精卵を用いて、精子ゲノムの再構築に関わる母性(卵子由来)因子「Mettl23」を新たに同定
2017年9月 Science 進化を促す「超遺伝子」
2017年9月 ヤムイモのゲノム配列の解読に世界で初めて成功 国際的な研究連携で西アフリカの農業問題に取り組む  岩手生物工学研究センター 国際農林水産業研究センター
2017年9月 小さなメダカのゲノムから、巨大なトランスポゾンを発見 メダカに様々な突然変異を引き起こしたのは、ウイルスと一体化した巨大な トランスポゾンだった 東京大学
 約180kbにものぼる非常に巨大なトランスポゾンTeratorn トランスポゾンとしては史上最大。
2017年9月 読売新聞 チョウの羽の模様変えた…米チームがゲノム編集
2017年9月 AFP  雑穀トウジンビエのゲノム初解読 乾燥地帯救う助けに 研究
2017年9月 Nature 容貌の特徴をゲノムDNAから予測できると主張する論文に、遺伝学者たちから大きな批判が。 Geneticists pan paper that claims to predict a person's face from their DNA
2017年9月 眼の光センサー細胞におけるエピジェネティックな遺伝子発現機構を解明 科学技術振興機構 大阪大学
2017年9月 藻類の酸性環境への適応戦略 強酸性環境に生息する藻類のゲノム情報を解読 科学技術振興機構 国立遺伝学研究所
2017年9月 Nature 遺伝子調節: CRISPR活性化による刺激応答性免疫エンハンサーの発見 Discovery of stimulation-responsive immune enhancers with CRISPR activation
2017年9月 大学ジャーナル 全国の研究者へ約2万3000人分の生体試料とゲノム解析・健康調査情報を提供-東北大学
2017年9月 理研  血液細胞の分化に必要な遺伝子をオンにするスイッチ
2017年9月 朝日新聞 遺伝の「優性」「劣性」使うのやめます 学会が用語改訂
2017年9月 毎日新聞 <遺伝学会>優性・劣性の用語見直し 文科省にも改訂要請へ
2017年8月 毎日新聞 脊椎動物 遺伝子タイミングでヘビ胴長〜く 名古屋大が解明
 GDF11
2017年8月 朝日新聞 「胴の長さ」の違い、たんぱく質で決まる 名大など解明
2017年8月 読売新聞 ヘビの胴なぜ長い?…鍵は遺伝子働くタイミング
2017年8月 極限環境生物アーキアのDNA複製過程に関わる重要因子の機能解明 遺伝子の複製装置の原理解明に期待 九州大学
2017年8月 歯周病原細菌のCRISPRが新機能を有する可能性を発見 東京大学
 Porphyromonas gingivalisの4つのCRISPR型に加えて、14の新たなCRISPR型を発見
  15のCRISPR型では、CRISPRが機能を発揮するのに必要とされるCRISPR関連(cas)遺伝子群がごく近くに位置している
 同グループ内での遺伝情報の移動を制御するためにCRISPRが用いられている可能性
2017年8月 Nature 細胞生物学: DNA損傷後の有糸分裂進行は微小核内でのパターン認識を可能にする Mitotic progression following DNA damage enables pattern recognition within micronuclei
2017年8月 脳の発生におけるゲノム安定維持の仕組みを解明 大阪大学
2017年8月 ネギ萎凋病の抵抗性に関与する遺伝子群の特定に成功 近縁種シャロットがもつ抵抗性をネギに導入することで国内初の抗性品種育成を目指す 東北大学 山口大学
2017年8月 時事通信 枝や根の広がりを調節=遺伝子群発見、農作物応用も 名大など
2017年8月 細胞記憶の理解に新たな糸口 DNAメチル化パターンの継承メカニズムに迫る 理化学研究所

2017年8月 Science ゲノム探索によって明らかにされる、古細菌の生命ドメインの多様性、生態及び進化
2017年8月 Science 古細菌のヒストンに基づいた染色体の構造
2017年8月 NatureJP デンマークのゲノム塩基配列解読プロジェクト
 両親と子の3人で構成される50組150人
2017年8月 カルシウムイオンの欠乏が染色体異常を引き起こす原因を解明 生物がゲノムを安定に維持する仕組みの解明に貢献 産業技術総合研究所
 カルシウムイオンの欠乏により動原体微小管が不安定化し、染色体の整列異常が生じる
2017年8月 「地上最強生物」クマムシ2種の比較ゲノム解析 仮死状態から吸水で復活できる乾眠と呼ばれる機構の進化の解明に貢献 慶應義塾大学
2017年7月 大学ジャーナル 8万以上の細菌種・系統を2時間で同定できるゲノム解析システムを開発 東海大学
2017年7月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Plant scientists plan massive effort to sequence 10,000 genomes
2017年7月 Nature  エピジェネティクス: 非カノニカルなゲノムインプリンティング
2017年7月 Nature エピジェネティクス: 母系のH3K27me3がDNAメチル化に依存しないインプリンティングを制御する Maternal H3K27me3 controls DNA methylation-independent imprinting
2017年7月 Science 真核生物における双方向性DNA複製は,準対称的ヘリカーゼのローディングにより確立される
2017年7月 理研 DNAは、生きた細胞の中で不規則な塊を作っていた! 遺伝子情報や細胞関連疾患の理解につながる成果
2017年8月 財経新聞 理研ら、DNAが規則正しく織り畳まれていないことを証明
2017年7月 時事通信 3500人のゲノム解析=日本人の変異、医療に貢献 東北大など
2017年7月 朝日新聞 ヒトゲノム、世界最大級のDBに 日本人特有の特徴発見
2017年7月 日本医療研究開発機構 日本人3,554人分の全ゲノムリファレンスパネルを作成 日本人を対象とするゲノム医療に大きく貢献
2017年7月 横浜市立大学 ヒト細胞の染色体に外来遺伝子が組み込まれるメカニズムを解明  
2017年7月 Nature 細胞周期: 単一細胞レベルの分解能で見る、染色体構造の細胞周期に応じた動的変化 Cell-cycle dynamics of chromosomal organization at single-cell resolution
2017年7月 DNAの違いから、芽生え段階でカンキツの様々な果実特性を高精度に予測 カンキツ品種改良へのゲノミックセレクションの有効性を確認 東京大学 農業・食品産業技術総合研究機構 国立遺伝学研究所
2017年7月 Science クリックケミストリーがエピゲノム標的療法の前臨床評価を可能にする
2017年7月 Science ゲノミクスで植物の遺伝子進化を追跡する
2017年7月 広島大学 カエルのアルビノ(白子)に特有の遺伝子変化を同定 トノサマガエルなど国内3種を解析 
2017年7月 北海道大学 植物ゲノムの化石ウイルスが示す「助け合い」による生存戦略  【PDF】
2017年7月 かずさDNA研究所 日本の野生バラ「ノイバラ」のゲノム解読に成功 品種改良の加速に期待

 以上、 →2017年7月〜12月の記事でした


→ 「遺伝子、DNA、ゲノム」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー