植物:
2017年7月〜12月

ほか「植物」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2017年9月 根の再生メカニズムを解明 盆栽作りに科学のメスを入れる 北海道大学 【PDF】

2017年9月 EurekAlert Science 昼と夜の気温差が葉の大きさの世界的なパターンを左右する
2017年8月 BBC News Clues to why leaves come in many sizes
2017年8月 Science 寄生植物に守られて
 ネナシカズラの寄生は宿主にとって有益かもしれない。 昆虫による攻撃の時に、葉は体系の合図プロセスを開始する それは、植物の他の葉を保護するのに役立っている。
2017年8月 Science 暗がりで呼吸する植物
2017年8月 理研 種子の寿命をコントロールする 長寿命かつ発芽力の高い種子の開発に貢献
 プライミングと呼ばれる種子処理後の種子寿命の減少には、植物ホルモンの一種であるブラシノステロイドが関与する
2017年8月 時事通信 枝や根の広がりを調節=遺伝子群発見、農作物応用も 名大など
2017年8月 京都新聞 光合成遺伝子スイッチ先祖返りも 京都府大教授ら解明
 遺伝子の機能をオンオフするスイッチが、植物の進化の途中で急に先祖返りする場合もある
2017年8月 読売新聞 植物どうやって寒さを感じる?宇大グループ解明
2017年8月 植物の体内時計の柔軟さが炭素資源の恒常性をもたらす 植物の概日時計とデンプン代謝系の相互影響モデルとその実証 九州大学
2017年8月 BBC News Plants 'hijacked' to make polio vaccine
 開始素材は、ポリオウイルスの外の表面を作るための遺伝情報であった。

2017年8月 朝日新聞 9900万年前の琥珀から新種の花 ミャンマーで発見
2017年8月 植物が宇宙で成長するための機能を解明 微小重力下では、根が高水分側に伸びることを発見 東北大学
2017年8月 EurekAlert Science  農民は高地で農業に使用するためにトウモロコシを選んだ
 米国の温帯の高地全体でのトウモロコシの偶発的な農業利用が、開花時期の早い変種が普及したためであると考えられる
2017年8月 Science 複雑な形質のゲノム評価によって明らかにされた、古代トウモロコシの温帯北アメリカへの適応
2017年8月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Trees in the Amazon make their own rain
2017年8月 植物の枝や根の広がり具合を決める遺伝子を発見  科学技術振興機構 名古屋大学
2017年7月 AFP 最初の花、系統樹で解明 研究
 植物の進化の道筋の中で最初に登場した花は、恐竜時代に咲いていた、同心円状に並ぶ花弁に似た器官を持つ両性花だった
2017年8月 BBC News Did the first flower look like this?
2017年8月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS The world’s first flower may have looked like this
2017年8月 LiveScience Blossoming Bisexual: World's 1st Flower Had Male and Female Parts





2017年7月 モヤシは将来の光合成に備え、まず糖脂質を作る 長年闇に包まれていた脂質の役割が明るみに 東京大学 【PDF】
2017年7月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Plant scientists plan massive effort to sequence 10,000 genomes
2017年7月 世界初! ゴキブリに種子を散布してもらう植物を発見 熊本大学
2017年8月 熊本大学  ゴキブリは庭師:植物の種子を森に蒔いていることを発見

2017年7月 時事通信 光合成しない植物、新種発見=キノコ、カビに寄生 神戸大
2017年7月 新種の光合成をやめた植物を石垣島で発見 神戸大学
2017年7月 朝日新聞 光合成やめた新種植物発見 石垣島に自生「オモトソウ」
 ホンゴウソウ科
2017年7月 大学ジャーナル 秋田県立大学ら、セシウムの吸収を大幅に低減できるイネの開発に成功
 遺伝子組換えでない10,000 個体近くのイネ変異体を栽培し、セシウムを吸収しない個体の存在を発見
2017年7月 Nature 植物の葉の形、系統、採集地をまとめた大規模なアトラスが作製され、植物の地理的、分類学的関係を予測する手掛かりに。 Massive database of 182,000 leaves is helping predict plants' family trees
2017年7月 National Geographic Plants Can Turn Caterpillars Into Cannibals to Avoid Getting Eaten
 分泌物によって害虫のイモムシを共食いに向かわせる  ジャスモン酸メチル
 仲間が増えすぎて食事がまずくなり天敵が増えるなら、仲間を共食いするのが合理的な打開策
2017年7月 National Geographic JP  植物はイモムシを共食いさせて身を守る、初の発見
2017年7月 EurekAlert Science  小麦はどのようにして破壊的な強敵真菌との進化の戦いに敗れたのか
 破壊的な真菌から身を守れる小麦の遺伝子が発見されたが、この遺伝子が多くの小麦では1980年代に失われていた
 ウィート・ブラスト(Wheat blast) 反撃遺伝子PWT3-Rwt3を持たない
2017年7月 EurekAlert Science  人間は10,000年前に初めて小麦の遺伝子をどのように変えたか
2017年7月 Science  野生エンマーコムギのゲノム構造と多様性がコムギの進化と栽培化を解明
2017年7月 毎日新聞 アブラナ交配妨げる遺伝子の仕組み解明
2017年7月 植物の根毛形成にタンパク質の分解が関わることを発見 環境に応じて水や養分を効率よく吸収できる作物の作出が期待 広島大学
2017年7月 DNAの違いから、芽生え段階でカンキツの様々な果実特性を高精度に予測 カンキツ品種改良へのゲノミックセレクションの有効性を確認 東京大学 農業・食品産業技術総合研究機構 国立遺伝学研究所
2017年7月 Science ペチュニアはABCトランスポーターによって揮発性有機化合物の放出を促進する
2017年7月 Science 植物多様性は地球規模で負の密度依存性の強さにより増加
2017年7月 Science 種子発芽における温度シグナル
2017年7月 北海道大学 植物ゲノムの化石ウイルスが示す「助け合い」による生存戦略  【PDF】
2017年7月 理研 エタノールが植物の耐塩性を高めることを発見   かんがい農地で農作物の収量増産に期待

 以上、 →2017年7月〜12月の記事でした


→ 「植物」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー