食欲 拒食症・摂食障害 肥満、ダイエット:
2017年7月〜12月

ほか「食欲 拒食症・摂食障害 肥満、ダイエット」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2017年10月 BioToday 米国成人の40%が肥満〜小児は20%

2017年10月 NatureJP 脳幹に局在して体重減少を調節する受容体
2017年10月 Nature 肥満: 体重を調節する受容体が特定された Obesity: Receptors identified for a weight regulator
2017年10月 Nature 代謝: 脳幹だけに存在するGDF15受容体を介して起こる非恒常的体重調節 Non-homeostatic body weight regulation through a brainstem-restricted receptor for GDF15
2017年10月 AFP  肥満の子どもと若者、1975年の10倍に 調査
 200か国の5歳以上の1億2900万人を対象に、身長と体重のデータを使用して肥満度の傾向を推定
 肥満の子どもや若者は世界の全地域で急増したが、低体重の子どもの数は、南アジアと東南アジア、中央と東西アフリカを除き、各地で緩やかに減少している。
 太平洋の一部の島国では約3人に1人、また中東、北アフリカ、カリブ海諸国、米国では、5人に1人以上の子どもや若者が肥満とされた。
2017年10月 朝日新聞 子どもの肥満、40年で10倍に WHO発表
2017年10月 BBC News Child and teen obesity spreading across the globe
2017年10月 BioToday 世界の小児の肥満や低体重の推移〜2022年までに肥満が低体重より多くなりそう
2017年10月 AFP  結婚生活が安定した男性は体重やコレステロール値が改善 研究
2017年10月 読売新聞 40歳代独身男性のメタボ23%、既婚者の2倍
 メタボの予備軍はそれぞれ17%と18%でほぼ変わらなかった
 単身赴任では、メタボは10%にとどまる一方、予備軍は22%と最も多かった
2017年10月 スラド 40代の独身男性は既婚男性よりもメタボが多い傾向にある
2017年10月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Is your Neandertal DNA making your belly fat? Ancient genome offers clues
2017年10月 National Geographic New Clues to How Neanderthal Genes Affect Your Health
2017年10月 AFP  米国のがん、4割が過体重と肥満に関連 CDC報告書
2017年10月 LiveScience 40 Percent of Cancer Cases in US Linked to Weight
2017年9月 BioToday 重度肥満の胃バイパス手術の12年の追跡で効果の持続が確認された
2017年9月 AFP  脂肪を溶かす貼り薬、米研究者らがマウス実験で開発 人間に応用可の期待
2017年9月 肥満をつかさどる脳内メカニズムを発見 基礎生物学研究所
2017年9月 毎日新聞 肥満促進の酵素特定 レプチン抑制、食欲減らず 愛知・基礎生物学研
2017年9月 朝日新聞 抑えられぬ食欲、メカニズム解明 肥満治療への応用期待
2017年9月 時事通信 脳や脂肪、免疫細胞に集中=肥満・痩身原因の遺伝子領域 理研、東北大など解析
2017年9月 理研 肥満に影響する遺伝マーカーを解明
2017年9月 朝日新聞 肥満に影響、112の新たな遺伝的特徴を発見
2017年9月 肥満と認知機能障害の関連が大うつ病性障害で明らかに 肥満は、脳の皮質体積の減少や神経ネットワークの低下と関連する 国立精神・神経医療研究センター 日本医療研究開発機構
2017年9月 読売新聞 「やせの大食い」が太らない理由…筋肉量・腸内環境など関係
2017年9月 大学ジャーナル 食べ過ぎを抑える新しい飽食ホルモンを発見 東京大学と宮崎大学など
 GC5811を発現させた培養細胞に線虫の抽出物を作用させ 新しい生理活性ペプチド(dRYamide)
2017年9月 食べても太りにくい!肥満・糖尿病治療に新たな光 脂肪細胞の褐色化を抑えるブレーキを発見 亜鉛運搬の調節により食べても太りにくい体質の開発へ 順天堂大学 群馬大学 日本医療研究開発機構
2017年9月 朝日新聞 20歳から10キロ増は要注意 メタボ健診のデータ分析
 健保連 血圧や血糖、脂質、肝機能のすべての検査値が基準範囲内で「リスクなし」だったのはわずか8・4%
2017年9月 朝日新聞 中性脂肪学会が発足 「心臓の肥満症」知って
2017年8月 本川・社会実情データ図録 外食や弁当の利用と肥満との関係
  外食や弁当をよく利用する人は肥満傾向。週1回程度までは余り影響なし
2017年8月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Cancer-induced anorexia inspires potentially powerful antiobesity drug
 GDF15 protein suppresses appetites and reduces weight in rodents and monkeys

2017年8月 特定の神経細胞に働いて摂食を抑える新しい飽食ホルモンの発見 国立循環器病研究センター 東京大学 宮崎大学
2017年8月 大学ジャーナル 肥満症の治療に期待、東京大学が「褐色脂肪組織」の新規制御因子を同定
 NFIA(Nuclear factorI-A)
2017年8月 骨格筋の減少と内臓脂肪の増加は「脂肪肝」を悪化させる 筑波大学
2017年8月 BioToday 思春期若者の肥満への対処法を米学会が示した






2017年8月 読売新聞 野菜摂取増えていても…香川の男性、肥満33%
2017年8月 新規脳内因子が過食と脂肪合成を促し肥満を引き起こすことを発見 エネルギー代謝調節に関わる脳内基盤の解明に貢献 広島大学 【PDF】
2017年8月 大学ジャーナル 脳内因子NPGLが炭水化物摂取と脂肪蓄積を促進 広島大学
2017年8月 Science 鼻をつまんで肥満を予防
2017年7月 Nature Human Behaviour 遺伝学:拒食症の遺伝子座
 

2017年7月 BioToday 肥満手術はBMIが40に至る前にした方が良さそう
2017年7月 BioToday 嗅覚低下マウスは脂肪をより分解して痩せる
2017年7月 大学ジャーナル 寒冷地域には、痩せ型遺伝子を持つ人々が多い 九州大学と北里大学
 UCP1遺伝子(肥満症に関連する遺伝子)
 寒冷刺激に対する非震え産熱反応に違いがあることを初めて実証
2017年7月 母親の妊娠初期の過体重が児の大奇形と関係 Risk of major congenital malformations in relation to maternal overweight and obesity severity: cohort study of 1.2 million singletons.
2017年7月 LiveScience How Sugary Drinks May Change the Way Your Body Burns Fat
 Washing down your bacon cheeseburger with a big, cold soda may trigger the body to store more fat than it would if you drank something without sugar
2017年7月 Nature 食べ物に対する脳の応答をインスリンが変える
2017年7月 NatureJP 肥満症と活動的不平等との関係
 歩きやすい都市ほど不平等性は小さく、活動の最大の増加が認められたのは女性であった
2017年7月 Nature 疫学: 大規模な身体活動データから明らかになった世界的な活動的不平等 Large-scale physical activity data reveal worldwide activity inequality
2017年7月 AFP 1日あたり平均歩数が最も多いのは?
 香港人6880歩で世界トップ
  2位は中国人で6189歩
  日本人の平均歩数は6010歩で4位
  台湾人は5000歩で26位
  アメリカ人は4774歩で30位
  最下位はインドネシアで、平均歩数は3513歩
2017年7月 AFP 中年期までの体重増、わずかでも重病リスクに 研究
2017年7月 BioToday 成人してから中年期の体重増加で慢性疾患を生じやすくなる
2017年7月 ワイアード 「体重を減らす微生物群」のつくり方、米研究チームが発見──手術しない肥満治療につながるか
マネキンも太らせよ
2017年7月 BBC News 'Mannequins made it hard to recover from anorexia'
2017年7月 読売新聞 小腸に人工膜、肥満症「夢の治療」共同研究へ
 小腸の内壁を穴の開いた筒状の人工膜(インナーシャントソック)で覆い、栄養素の消化吸収を妨げる。
2017年7月 BBC News Bulimia brains 'use food to avoid negative thoughts'
 過食症脳『ネガティブ思考の回避に食物を用いる』
2017年7月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Mice shed weight when they can’t smell—but not because they stop eating
2017年7月 食欲を抑え、熱産生を高めて末梢組織の糖利用を促進する神経細胞を発見 インスリンの働きを高める脳の働きを解明し、肥満・糖尿病の予防と治療に期待
  プレスリリース 掲載日:2017.07.04 星薬科大学 東京医科歯科大学 九州大学 生理学研究所 日本医療研究開発機構

 以上、 →2017年7月〜12月の記事でした


→ 「食欲 拒食症・摂食障害 肥満、ダイエット」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー