進化経済学 神経経済学 行動経済学 消費者心理:
2017年〜

ほか「進化経済学 神経経済学 行動経済学 消費者心理」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2017年11月 朝日新聞 海外留学するとずるくなる? 「負の側面」と欧米の研究
 ずるさと関係が深かったのは海外にいた期間の長さではなく、住んだことのある国の数
 価値観が相対化される。偏見から自由になれると同時に道徳を見失うこともある
2017年9月 Science 西アフリカの中小企業活性化において個人主導権教育は伝統的訓練に勝る
2017年8月 WWD JAPAN ゾゾの「ツケ払い」利用者が100万人を突破 利用者の7割は女性
2017年7月 Nature Human Behaviour 心理学:他者のために体を動かすのは億劫
 

努力は高価である。人々は、物質的なまたは均一な心的努力のいくらかの手段を必要とする個人的な報酬の価値を減じる。研究所研究により、現在、他に役立つようにかみ合う時に身体的な努力が特に高価であることが示唆される。
人々がいとわない時でさえ、それが単に表面的な努力であっても、必要な作業であっても、意欲が絶たれる。
2017年7月 Nature Human Behaviour 

行動の方針介入の置き違えられた政治について
  行動の方針介入の倫理の使用についての別動兵の形成影響信念けれども両方の米国おとなと行い政策立案者は、別動兵のキューを取り除く時に、軽いつつきで受け入れている。
2017年7月 Nature Human Behaviour 
 社会的なノルマとしての守りランク
 実験は、人々が不均衡を嫌うけれども、それら 快く、所得の均等を達成するために、設立された支配層を転覆させる であることを示すか?異文化間の実験は、ヒエラルキー保存が社会的なノルマであることを提案して、豊かと貧乏の間の資源を再配布する時に、若い年人から、繁茂した反転反感を表していることを示す。
2017年7月 Nature Human Behaviour 
 経済学:腐敗の顕在化
  世界中の多くの国は公共福祉の費用で重大な腐敗問題を持っている。実験的な経済研究により、現在、是認ただ乗りする人の代わりに賄賂を受け入れるようにリーダーに勧める条件が識別される。可能な反腐敗戦略がポジティブな効果があるかもしれないこと、失敗すること、または均一なバックファイア。

2017年7月 Nature Human Behaviour 

 堕落協力および反腐敗戦略はどのように逆効果となるかもしれないか






 彼らは、時々反腐敗戦略が逆効果となるかもしれないことを示して腐敗のコスト、原因、および治療法を実験的に作成する。 2017年7月 Nature Human Behaviour 

 繁茂した反転反感は社会を横切る再配分を抑制する
 人々は不均衡を嫌う。 異文化間の実験でのしかし、 若い時代から、もしこれが既存のヒエラルキーをリバースするならば、人々は個人の間の資源を再配布ししぶっている。
2017年6月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Sunny days add thousands of dollars in daily tips for cab drivers
 天気が良いとタクシーのチップもはずむ



2017年5月 Nature 社会的ネットワークを利用して個人の経済状況を推定する
2017年4月 大学ジャーナル 選挙カーの連呼が得票に影響、関西学院大学が有権者の心理調査
好感度:有権者の自宅近くを選挙カーが走っても上げなかった  街頭演説など候補者と接する機会が多いほど好感度が上昇
投票行動:選挙カーが近くを走ることや候補者と接する機会が増えることの双方が影響を与え、近所の住民同心の情報交換も一定の影響力を持つ
2017年4月 朝日新聞 候補者名の連呼「得票に効果」 心理学研究 関学大

2017年2月 EurekAlert One's ability to make money develops before birth  
 金儲けの能力とテストステロンの関係は生まれる前の話
 2D:4D(指の長さ研究)と同様に、胎内で浴びたホルモンバランスに影響されている
2017年2月 【日本語ブログ】社会規範の違反の程度と応答
 違反の大小はポイ捨てをした者が叱責される可能性や叱責の程度に影響を及ぼしませんでした
2017年2月 Science 人間の行動を予測する,これが次のフロンティアだ
2017年1月 Nature 買物客はなじみのものを好む
  Shoppers like what they know
2017年1月 Nature Human Behaviour Coherency-maximizing exploration in the supermarket
スーパーマーケットの客は首尾一貫性を最大化する方向に探索を行う

 以上、 →2017年〜の記事でした


→ 「進化経済学 神経経済学 行動経済学 消費者心理」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー