心理学:
2017年

ほか「心理学」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


薬の危なさがそんなに危なくなく感じられる場合
2017年10月 Nature Human Behaviour More risks can feel less risky
 重大な副作用と些細な副作用を併記列挙すると
 重大な副作用だけ記載した場合に比して副作用のリスクが軽く受け取られがちに
2017年10月 Nature Human Behaviour The unintended consequences of argument dilution in direct-to-consumer drug advertisements
2017年10月 Nature Human Behaviour The risk elicitation puzzle
 リスク好みは行動の引き出し方法を横切って変わり、リスク好みが単一の方法によって一貫して捕らえられうるという見方と競合する。
2017年9月 朝日新聞 被災した若者は、人の役に立つ仕事志す 米チームが論文
2017年9月 スラド 貧しいほど独裁を求める?
2017年8月 BBC News New research reveals why is yawning so contagious
2017年9月 BBC News What happens in the brain to make us 'catch' yawns
2017年8月 LiveScience Here's Why Yawns Are So Contagious
人の増強学習における後継者表現
2017年8月 Nature Human Behaviour 
 後継者表現のMomennejadなど公式化、および禁止する証拠 2つの支配的なモデルの間のコンピュータ処理の学習メカニズム中間物 (速いけれども曲がらない『モデルなしである』システム、および柔軟であるけれども遅い『モデルベースである』 それ )
2017年8月 Nature Human Behaviour 
 個人的な価値についての20年の研究をレビュー
  セルフ報告された価値は、 本質的な主語 態度と好みの大きい配列を予測するけれども、。そのようなものとして、それらは人の行動に測り知れないほど貴重な洞察を提供する。
2017年7月 Nature Human Behaviour 知覚に対する自信は脳内における決定と調和しない証拠を無視する
 
 ヒトが知覚に対する自信を計算する際には、その脳内で決定と調和しない証拠を十分に用いていないことが、頭蓋内記録および機械学習法によって明らかとなった。
2017年7月 Nature Human Behaviour 
 知覚の自信は脳の決定不適合な証拠を無視する
  人は、知覚の自信を計算する時に、脳の使用下決定不適合な証拠を服従させている。
2017年7月  京都大学 リスクをよく知る市民ほど安心できないのはなぜか 福島原発事故による放射線リスクの認知と周囲との会話を調査 
2017年6月 朝日新聞 孤食でも鏡を見ればおいしさアップ 名古屋大が研究結果
2017年6月 大学ジャーナル 鏡の前で食べると、1人の食事でもおいしく感じる 名古屋大学
2017年5月 ワイアード 権威者の指示なら、「9割」の人々が電気ショックのボタンを押し続ける:現代版「ミルグラムの実験」で明らかに
2017年5月 読売新聞 精神疾患治療法、スポーツの成績向上に応用…桐生第一高校
 認知行動療法
2017年5月 Nature Human Behaviour 
 チームがうまくやっていかない時には、決定はよりよいかもしれない
  ブレインストーミングは、そのキー概念 that 『どのアイデアも悪いアイデアではない』 とともに60年より多く前発展させられた。しかし、反対物は、ブレインストーミング抑制であるので、解放すること、私達の創造性というよりも真実であるかもしれないか?アイデアが挑戦されなく行く環境には、批判を促進して創造性を改善できるテクニックがある。





2017年5月 Nature Human Behaviour 
 知覚のバイアスの目覚め関連の調整により動的な環境において知覚は最適化される
事前の予想はどのように知覚に影響するか?作者は、目覚めがキー役割を持っていることを示す:それは、予測できる環境の事前の予想からバイアスを容易にするけれども、予測不可能な環境のこれらのバイアスを減らす。
2017年4月 大学ジャーナル 選挙カーの連呼が得票に影響、関西学院大学が有権者の心理調査
好感度:有権者の自宅近くを選挙カーが走っても上げなかった  街頭演説など候補者と接する機会が多いほど好感度が上昇
投票行動:選挙カーが近くを走ることや候補者と接する機会が増えることの双方が影響を与え、近所の住民同心の情報交換も一定の影響力を持つ
2017年4月 朝日新聞 候補者名の連呼「得票に効果」 心理学研究 関学大
2017年3月 Nature Human Behaviour 運動学習を2人で行うと上達が早いのは、なぜ? 高木 敦士
2017年3月 Nature Human Behaviour Behavioural and neural characterization of optimistic reinforcement learning
 楽観的な増強学習の行動および神経の説明
  『楽天主義バイアス』がネガティブに比べてポジティブから優先的な学習のための一般認識傾向の明示であること 結果 を示しているルフェーブルなどプレゼント行動および神経証拠。
2017年3月 BBC News Extreme exercise an 'escape from life', Cardiff Uni says
 極端な運動『日常からの逃避』
2017年3月 Nature Human Behaviour Torture does not work
  Donald Trump's recently declared belief that torture is an effective method of interrogation is misguided and has no basis in evidence.
 拷問は効かないどころかデタラメ
 「拷問は知りたいことを答えさせる効果的な方法だ」というドナルド・トランプの暴言
 これまた全然エビデンスに基づいてない信念だろが。
 実際には被疑者は苦境から逃れるために「ウソでもなんでも」答えてしまう冤罪量産手法
2017年3月 Nature Human Behaviour 
 物理的な対話個人は、それらのムーブメントを強化することへのパートナーのゴールを評価する
2017年2月 LiveScience Why Some People Look Like Their Names
2017年2月 名古屋大学 報酬の効果に関する世間の誤解は根深い 動機づけとしての報酬は意欲を低下させてしまう  【PDF】
2017年1月 中央日報@韓国  整形手術の経験者91.3%「整形が性格も変える」=韓国
心理セラピーで変わる性格
2017年1月 LiveScience New You: Personality May Change After Therapy
 people's personality can change after they receive treatment for a mental health condition.
空港の税関チェックはリモートチェックを導入すればSOSをより良く防げる
2017年1月 LiveScience Mental Bias Puts Airport Security at Risk, and This Tech Could Help
 satisfaction of search (SOS )
 現場に怪しむべき対象が複数存在していても、一個見つけるとそれで満足して探索を終了させてしまう現象
  おとりに気を取られてターゲットを見逃してしまう

 以上、 →2017年の記事でした


→ 「心理学」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー