意識・記憶・学習・ウソ:
2017年

ほか「意識・記憶・学習・ウソ」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2017年10月 認知症予備群はヒトの顔を覚えるのが苦手 視線計測を用いた研究で明らかに 熊本大学
2017年10月 BBC News Daydreaming brain network used in autopilot
 空想と提携した脳ネットワークは、私達が自動操縦の仕事を実行することを可能にするキー役割を果たす
2017年10月 Science 意識とは何か?機械は意識を持てるだろうか?
2017年10月 Science 新皮質、海馬における記憶固定を反映するリップル波律動は学習によって同期性が増強する
2017年10月 EurekAlert Science  記憶は長期保存のさざ波に乗る
2017年10月 Science 断続的な脳刺激による記憶力向上
2017年9月 AFP  植物状態の男性、神経刺激で「意識レベル向上」か 研究
2017年9月 National Geographic JP  15年間植物状態の男性の意識を回復、定説覆す
2017年9月 National Geographic Man Partly Wakes From 15-Year Vegetative State—What It Means
2017年9月 Nature 神経科学: 海馬長期増強と文脈学習にはAMPA受容体の表面拡散が必要である Hippocampal LTP and contextual learning require surface diffusion of AMPA receptors
2017年9月 理研 記憶と運動の情報を区別して伝える神経回路を発見
  バーチャルリアリティ空間を飛行するハエの脳信号を解読
2017年8月 Science 霊長類の海馬傍回において、形態的特徴処理に基いて既知・未知判断を処理する部位が発見された

2017年8月 理研 記憶を思い出すための神経回路を発見 海馬の二つの局所回路が記憶の書き込みと想起を分担している
2017年8月 BioToday 重度脳損傷患者の良好な転帰と関連する早期意識回復をfMRIや脳波で検出しうる
2017年8月 ワイアード 飲酒すると記憶力が向上する? 英研究チームの実験から明らかに
2017年8月 EurekAlert Science はい、あなたには見覚えがあります
 サルの脳について、見覚えのある顔の認識を促す2つの領域 嗅周皮質(PR)と側頭極(TP)
2017年8月 Science 霊長類において嗅周野と側頭極は顔の既知性に関与する

2017年8月 AFP 「睡眠学習」は浅い眠りで、深い睡眠では逆効果 仏研究
2017年8月 Nature 睡眠中の学習が可能な睡眠相とは
2017年8月 Nature Human Behaviour 
 基礎の中枢は、脳の外皮のほとんどのエリアとの強いおよび相互の接続を持つ人の脳の中心的な構造である。人機能的MRIデータ、これらの接続性パターンが下にある観念をサポートすることの分析 意志決定行動の違い 。
それは休息の間に収集されて、斬新なアプローチを使って分析された
2017年8月 脳の配線を望ましい方向に変更し、認知機能を変化させる ニューロフィードバック学習法の開発に成功 脳回路のメンテナンス法の開発 国際電気通信基礎技術研究所 日本医療研究開発機構
2017年7月 Nature Human Behaviour Functional corticostriatal connection topographies predict goal-directed behaviour in humans
 機能的な皮質線条体系接続地形図は人の目的志向の行動を予測する
 休息状態fMRIを使うことによって、彼らは人の線条体の接続地形図を評価し、それらによって、一致が、霊長類を追跡している研究から予測されているのを発見する。接続性の個々のバリエーションはいくつかの目的志向の行動について予言的である。
2017年7月 大学ジャーナル アクティブで持久力がある人は記憶力も優れている 筑波大学
2017年6月 読売新聞 「頭が良くなる」未承認薬、個人輸入を禁止へ
 一定の数量内なら税関の確認だけで個人輸入が可能 →原則禁止する
2017年6月 朝日新聞 睡眠不足の裁判官は厳しい?
 「サマータイム」制度。切り替えがある日曜夜の睡眠時間はふだんより平均約40分短くなる、という先行研究がある。
 サマータイムになった直後の日に出た判決をみると、懲役刑の期間が平均で約5%長かった。
2017年6月 科学技術振興機構 マウスモデルで咀嚼刺激の低下が記憶・学習機能を障害するメカニズムを解明 よく噛むことが成長期の高次脳機能の発達に重要である可能性
 咀嚼刺激の低下が神経活動やシナプス形成、神経栄養因子の発現に影響し、神経細胞の減少に関わる
2017年6月 Nature 分子生物学: 記憶に関連する局所的な代謝産物 Molecular biology: Local metabolites linked to memory
2017年6月 Nature 分子生物学: アセチルCoAシンテターゼがヒストンアセチル化と海馬の記憶を調節する Acetyl-CoA synthetase regulates histone acetylation and hippocampal memory
ウソ発見人工知能
2017年6月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Are you lying about your identity? Artificial intelligence can tell by how you use your mouse
2017年6月 理研 出来事の順序を記憶する仕組みの発見
 ラットに「組み合わせ弁別課題」を学習させ、そのときの海馬の個々の神経細胞の活動を超小型高密度電極を用いて記録
2017年6月 Nature Human Behaviour 幸せな記憶の想起は急性ストレス反応を緩和する
 Reminiscing about positive memories buffers acute stress responses
 doi: 10.1038/s41562-017-0093
 肯定的な内容の記憶の想起は、ストレス反応を和らげるだけでなく、報酬を処理する皮質線条体回路の活性化と相関していることが明らかとなった。幸せな記憶の回想はストレス耐性を高める可能性がある。
2017年5月 Nature これから起こることを「早送り」で見ておく
 予期した1つの出来事の順列の冒頭部分を見せられた人間の脳内で、その順列全体が自動的に「早送り」で演じられる
 動く物体の軌跡を素早く自動的に予測する
2017年5月 EurekAlert 「意思決定」のための遺伝子を線虫から発見 高等動物と共通した「情報の積分」による意思決定
2017年5月 阪大  「意思決定」のための遺伝子を線虫から発見 高等動物と共通した「情報の積分」による意思決定
 嫌いな匂いから遠ざかるために
 サルやネズミと類似した仕組みで意思決定を行っている可能性
2017年5月 National Geographic Find Out if You Lie More or Less Than the Average Person
2017年5月 National Geographic What Kind of Liar Are You? Take This Quiz to Find Out
2017年5月 Nature Human Behaviour 

睡眠により、新しく取得されたモータースキルが統合されて、睡眠の後に性能において改良をもたらす。 研究は、現在、睡眠に続いている同様な性能改良が、学習仕事のプロパティに依存している違う神経メカニズムに依存しているかもしれないと気付く。
2017年5月 Nature Human Behaviour Dual enhancement mechanisms for overnight motor memory consolidation
運動能力の改善には睡眠大事。
 運動技能の記憶は睡眠中に統合され、強化される。
2017年5月 LiveScience Marijuana's Mind-Altering Compound May Improve Memory
2017年5月 理研 脳の記憶回路の暴走を防ぐ
 海馬CA2の活動が回路全体の活性化/抑制バランスを制御する
2017年4月 豪州ABC Dreaming 'hot zone' found at the back of the brain
2017年4月 LiveScience Scientists Can Now Tell If Someone Is Dreaming from Their Brain Waves
2017年4月 Nature Human Behaviour  ヒトの意味的知識とその障害の統合モデル





2017年4月 理研 海馬から大脳皮質への記憶の転送の新しい仕組みの発見
 記憶痕跡(エングラム)がサイレントからアクティブな状態またはその逆に移行することが重要
2017年4月 読売新聞 脳内で記憶の固定化、過程を解明…利根川教授ら
2017年4月 Science 記憶の固定化に寄与する海馬と前頭前皮質の記憶痕跡細胞とその神経回路基盤
2017年4月 スラド 短期記憶や長期記憶の形成過程が明らかに
ヒトの意識も動物の延長
デネット、意識について語る
2017年4月 BBC News Is consciousness just an illusion?
脳は、脳がどのように働くかを理解している必要がありません
ヒトの行為としか思えない言動をするマシンはヒトなのか
2017年3月 Nature Human Behaviour 運動学習を2人で行うと上達が早いのは、なぜ? 高木 敦士
2017年3月 NatureJP  マウスと記憶を解読
2017年3月 Nature 長期連想記憶の基盤としての神経集団活動の変化
  Neural ensemble dynamics underlying a long-term associative memory
2017年3月 Nature News Neuroscience: Super memory skills gained
2017年3月 米国初、失神の評価・管理GLを策定
 2017 ACC/AHA/HRS Guideline for the Evaluation and Management of Patients With Syncope: Executive Summary: A Report of the American College of Cardiology/American Heart Association Task Force on Clinical Practice Guidelines, and the Heart Rhythm Society.
2017年3月 Nature News How Facebook, fake news and friends are warping your memory
2017年3月 BBC News How to super-size your memory, according to science
2017年3月 Nature Human Behaviour 

 人意味的知識およびその不法行為の統合されたモデル
  ドメイン具体的な(別個のシステムは種々の種類の物を表している)およびドメイン一般的(すべての種類のための知識は単一のネットワークでエンコードされる)のアカウントを統合する意味的な表現の神経のベースのチェンなど構成物モデル。

2017年3月 Nature Human Behaviour  知覚学習はヒトの意思決定における知覚後処理を変える
 Perceptual learning alters post-sensory processing in human decision-making
 知覚学習課題の訓練後にヒトの知覚感受性が改善するのは、初期の知覚情報処理が速くなるからではなく、知覚後の後期の意思決定処理が速くなるからである
2017年3月 Nature Human Behaviour  ヒト連合野における数量性に関する神経地図のネットワーク
 A network of topographic numerosity maps in human association cortex
 超高磁場機能的磁気共鳴画像法を用いてヒトの脳を調べたところ、連合野内の大きく離れた6か所に数量性(集合中のものの数の知覚)をコードする神経地図が見つかった。
2017年3月 朝日新聞 においと認知症の関係、研究進む
2017年2月 毎日新聞 <順天堂大チーム>サルも記憶の確かさを判断 人と同じく
  サル「自信ある記憶」認識 順天堂大チーム、脳が働く領域特定
脳腫瘍のせいで異常に信仰心が高まった女性のケース
2017年2月 LiveScience Brain Tumor Triggers Woman's Sudden 'Hyper-Religious' Behavior
こんな「やる気スイッチ」はいかが

2017年2月 EurekAlert Science シナプスの夜の生活をのぞくと、シナプスが弱まることとなぜそうなるのかが明らかになった
 マウスが寝た後にシナプスが縮む
 シナプスが次の覚醒期に再び成長する
 起きているニューロンに蓄積されるHomerlaと呼ばれる遺伝子が何らかの役割を果たしている
2017年2月 LiveScience Sleeping Shrinks the Brain … and That's a Good Thing
2017年2月 Science 睡眠覚醒サイクルにおけるシナプス活性安定化の超微構造的なエビデンス
2017年2月 自分と他人の行動を識別する新たな神経機構を解明 運動中の『感覚ゲーティング』がになう新たな機能
 国立精神・神経医療研究センター  【PDF】
デネット
2017年2月 Nature News Cognitive science: Dennett rides again
2017年2月 Science 記憶痕跡細胞集団の重複は記憶の関連づけには必要であるが個々の記憶の想起には必要でない
2017年2月 Science 記憶痕跡細胞集団の重複は記憶の関連づけには必要であるが個々の記憶の想起には必要でない
 Jun Yokose, Reiko Okubo-Suzuki, Masanori Nomoto, Noriaki Ohkawa, Hirofumi Nishizono and more
2017年1月 Nature Human Behaviour 

2017年1月 毎日新聞  富山大つらい記憶、忘れられる? 米科学誌に発表
 水を飲むと電気ショックの恐怖感を感じるように訓練したマウスの脳に光ファイバーの光を当てて制御
2017年1月 朝日新聞 記憶つながる脳の仕組み、マウスで解明 富山大など
2017年1月 Science 内嗅皮質の表面の神経細胞層は海馬と独立して記憶の再生を行う
2017年1月 時事通信 記憶の確かさ、サルも自己評価=関与の脳領域特定 順天堂大など
2017年1月 Science 霊長類の回想のメタ記憶を誘導する神経ネットワーク
2017年1月 EurekAlert Science ヒトと同様マカクザルは自らの記憶想起能力について知っている
2017年1月 東北大 先生は前頭部で自分の教え方と生徒の理解を比較する
 ゲーム中の脳活動計測で教育学習メカニズムを解明

 以上、 →2017年の記事でした


→ 「意識・記憶・学習・ウソ」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー