性格/性向/感情/幸福感:
2017年

ほか「性格/性向/感情/幸福感」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2017年12月 朝日新聞  家族の申告でギャンブルの利用制限が可能に 政府が指針
2017年12月 Nature Human Behaviour 
解剖学的ネットワークとの機能的なアラインメントは、認識の柔軟性と関連する
  作者は、fMRIシグナルが、解剖のネットワークの下にあることと一致しているかどうかを調査するために、グラフシグナル処理を用いた。 彼らは、機能的なシグナルと解剖の構造の間のアラインメントが、より大きい認識柔軟性と関連すると気付いた。
2017年12月 ワイアード 悲鳴にゾッとするのは「甲高いから」ではなかった──米研究結果で判明した「絶叫のメカニズム」
 叫び声が変則的で秩序のないものになるほど、無視するのが難しくなる
 音が粗いほど人々の不快感が高くなった
2017年12月 高度の完全主義が不眠の原因に
 Perfectionism and Polysomnography-Determined Markers of Poor Sleep.
保守的か革新的かは脳内の扁桃体サイズしだい
「今までのやり方でいいんだ、変革は良くない」な人は扁桃体がでかめ
2017年12月 Nature Human Behaviour 

 合法であることと望ましい物の社会的なシステムを見るという扁桃体構造と性向
 2つの神経画像処理研究において、扁桃体ボリュームは、社会の現状維持(変化抵抗)する個々の好みと関連する。
2017年11月 BBC News Teenage brains 'not wired for high stakes'
 脳接続性は青年期にわたって発展し続けて、賭け金が高い時に機能するティーンエイジャーの能力に影響する。
2017年11月 Nature 青年期の男女は大きな見返りを示されても自分のパフォーマンスを調節しない
 認知作業に介在する脳領域と誘因の価値を測定することに関係する脳領域との接続(相互情報伝達)が発達の途中にあることを原因としている可能性が非常に高い
2017年11月 Nature Human Behaviour Climatic imprints on personality 個性の気候の押印
どの植物、動物、または人も、苦い冬と焦土化夏までに提出された問題に鈍感ではない。2つの大きい研究が、それらが成長した場所で多くの中国人と米国住民がそれらの個性を温度に適応させたことを示唆する。
2017年11月 Nature Human Behaviour 
 地域の周囲温度は人の個性と関連する
  性格特性は地理の領域を横切って異なり、環境のファクターのための役割を提案する。中国と米国で実施された2つの大きい研究
59の中国の都市(N = 5,587)からデータを使うことによって、多層の分析とマシン学習分析が明らかにした
領域でそれほど温暖ではない温度によって成長した個人に比べて、
領域でより寛大な温度(すなわち、22℃へのより近く)によって成長した個人は、社会化および安定性(快さ、まじめさ、感情の安定性)および個人的な成長と可塑性と関連した個性ファクターにおいてより高く得点した(経験する外向性と開放性)。
温度温情と個性ファクターの間のこれらの関係は、米国の12,499のZIP-コードレベル位置(実現可能な最も低い地理レベル)のより大きいデータセットにおいて折り返された(N = 1,660,638)。
一緒に取られて、私達の発見は、パースペクティブ 時 過去の理論を越える地理の領域を横切って個性が変わるどのようにと理由 を提供する(生存スタイル理論、選択的な移住理論、および病原菌普及理論)。
気候変化が世界中に続くので、私達は人の個性の付随的な変化も観察できる。
 ヒト行動傾向は育った地域の気候(温度)に相関しうる
 寒冷地域出身者に比べて、温暖な領域で育った人間は、人付き合い度、安定度(快さ、まじめさ、感情の安定性)、態度の可塑性柔軟性が高め
2017年11月 LiveScience Could Climate Change Affect People’s Personalities?
2018年01月 ワイアード  性格は暮らしている「地域の気候」に影響される? 北京大学の研究チームが調査結果を発表
2017年11月 Nature Human Behaviour 
 言葉の知識を増大させることは多次元の感情表現の開発を調停する
  感情概念表現は、幼年期にポジティブな対ネガティブな原子価の単次元のフォーカスから成人期の多次元の組織に発展する。この拡張は、言葉の知識を増大させることによって容易にされる。
 感情表現が原子価の単次元のフォーカスから時代6から時代25まで原子価と目覚めのbidimensionalに発展することをフォーカス示す。 私達は、この効果の下にある潜在的なメカニズムを調査し、増大言葉の知識が上の、および3人を超える他の潜在的な調停者の感情表現の開発を調停すると気付いた:不感情の刺激をbidimensionallyに表していることおよび仕事関連の行動の流動的な理性があり一般能力(例えば、評価スケールの最も終わりを使う)。 これらの結果は、幼年期に『ポジティブまたはネガティブ』二分から成人期の多次元の組織に感情概念表現(そして、潜在的な感情の経験)のその言葉の開発援助拡張を示す。

2017年11月 理研 過剰な恐怖を和らげるしくみ  オレキシンによる新たな恐怖調節経路を発見、PTSD治療に光明  筑波大学 理化学研究所 新潟大学 金沢大学
2017年11月 大学ジャーナル 睡眠や食欲を制御する脳内物質オレキシンに、恐怖調節機能を発見 筑波大学
2017年11月 Nature Human Behaviour 

 音楽の私達の愛情の根底にある脳回路は、好きな歌に感情の反応を変更するために脳刺激を用いる新しい研究により照明される。
2017年11月 Nature Human Behaviour 
2017年11月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS What makes a happy song? Chances are it has more seventh chords
2017年11月 財経新聞 東京農工大、ロボットが人間に感情を伝えるための制御方法を開発
2017年11月 毎日新聞 脳内の仕組み珠玉のジョーク発言時 「ウケると喜び」解明 3部位連携 生理学研究所発表
2017年11月 自分の行動が相手から評価されるときの脳の働きの一端を解明 社会的やりとりに伴う線条体の活動は感覚野と内側前頭前野の信号から惹起される 生理学研究所
2017年11月 LiveScience Americans' Well-Being Declines for 1st Time Since 2014
2017年11月 Science 犬は人間の不安を嗅ぎ分ける
2017年11月 AFP  英国人の幸福度、EU離脱投票後にやや上がる 経済の改善が寄与か
2017年10月 朝日新聞 ギャンブル依存症、全国に70万人 手薄な支援
2017年10月 米・若年女性に日焼けサロン依存症
 室内日焼け装置による日焼けを行ったことのある非ヒスパニック系白人の若年女性では、20%以上がインドア・タンニングに依存
 Indoor Tanning Dependence in Young Adult Women
2017年10月 理研 免疫活性化を起因とする不安・恐怖亢進メカニズムの解明
 病気で不安になる仕組みの一端を発見 理化学研究所 日本医療研究開発機構
2017年10月 大学ジャーナル 「やる気がでると目がさえる」脳の仕組みを筑波大学が発見
 モチベーション(やる気)に関与する脳部位である側坐核が睡眠覚醒を制御
乳幼児のクモヘビ恐怖症
2017年10月 LiveScience Baby Arachnophobia: Tots’ Fear of Spiders and Snakes May Be Innate
2017年10月 LiveScience Your Hair Color and Sleep Habits May Come from Neanderthals
 ネアンデルタール人のDNAは、あなたの皮膚トーン、ヘアカラー、睡眠パターン、気分、および喫煙行動にさえ影響するかもしれない

2017年10月 本川・社会実情データ図録 パチンコ人口比率の推移 年齢の若い層ほど多かったパチンコ人口が年齢の若い層ほど減少傾向。高齢者はむしろ増加
2017年10月 LiveScience Listen, Don't Look: Why Your Ears Can Tell More Than Your Eyes
 声だけに集中するほうが感情の察知率は向上する
2017年10月 Nature Human Behaviour Differential hemispheric and visual stream contributions to ensemble coding of crowd emotion
群衆感情のアンサンブルコード化への差別的な半球、およびビジュアルなストリーム寄与
  人々はどのように個々のものに対抗したように群衆表情を処理するか 重要な行動、および神経の違いを見つける
2017年10月 BBC News Online betting: More addicts struggling with mobile sites
 ギャンブルサイトの高い中毒性
2017年10月 Science 腹側被蓋野におけるオキシトシンによる社会的報酬の調節

2017年10月 本川・社会実情データ図録 ギャンブルは許されるか(国際比較)
 ギャンブルが「道徳的に許されない」とする日本人は31%と世界40カ国の中で仏英米などに次いで6番目に少ない。逆に「道徳的に許される」は世界1多い38%。ギャンブルに寛容な日本人


2017年9月 本川・社会実情データ図録 ギャンブル依存症が疑われる人の割合
  生涯で3.6%、過去1年で0.8%がギャンブル依存症の疑い。海外と比較しても多い

※春の「ギャンブル依存症対策の強化に向けた関係閣僚会議」では「生涯で2.7%、最近1年以内は0.6%」


2017年9月 AFP  魚にも性格がある 問題を回避するか探るか個体によって差 英研究
2017年9月 スラド 肯定的な音楽は脳の拡散的思考を手助けする
2017年9月 LiveScience Lack of Sleep May Be a Cause, Not a Symptom, of Mental Health Conditions
 寝不足が続くと、不安やうつ状態が悪化しやすい 不眠症対策
 An online therapy program designed to treat insomnia also appears to reduce levels of anxiety and depression
2017年8月 オキシトシンを小腸で吸収する仕組みを発見! 金沢大学
 オキシトシンを薬や栄養物として口腔投与(飲み薬)できる
2017年9月 大学ジャーナル オキシトシン吸収の仕組みを金沢大学が発見、未熟児の自閉症低減の可能性
2017年8月 【日本語ブログ】他人に与えると気分が良くなる脳内機構
2017年8月 BBC News Anger and hatred can make us feel happy, says study
 People have higher life satisfaction if they feel emotions they desire - even if they are unpleasant.
 8カ国調査
 怒りや憎悪のようなネガティブな感情でも、満足したくて感じているなら幸福感が増大しうる(自己矛盾の解消など)
2017年8月 【日本語ブログ】音楽にたいする2種類の強烈な情動反応
2017年7月 BBC News Time, not material goods, 'raises happiness'
2017年7月 LiveScience Rare Human Syndrome May Explain Why Dogs are So Friendly
ウィリアムズ症候群
2017年7月 National Geographic  ブツブツ恐怖症の原因に新説、トライポフォビア
 寄生虫や人から人へと簡単に伝わる病気に不安を感じている可能性
 病原体への嫌悪がトライポフォビアを引き起こしている可能性が高い
2017年7月 LiveScience Unusual Phobia: Researchers Suggest New Reason for Fear of Bubbles
2017年7月 National Geographic This Rare Medical Condition Makes You Love Everyone
2017年7月 BioToday 視床から前頭前野背内側への神経入力の強化で勝負強くなる
2017年7月 EurekAlert Science 最優位雄になるための神経のスイッチ
 このニューロンを刺激すると、他のマウスとの激しい対決で優位な「勝者」になる確率が著しく上がる。
2017年7月 AFP 「与えると幸せ」 脳スキャンで仕組み明らかに 研究
2017年7月 LiveScience Psychopaths' Brains Reveal Secrets of Their Immoral Behavior
2017年7月 スラド 歯を見せすぎる笑顔は好まれない
2017年6月 LiveScience This Country, Once Again, Is the Happiest Nation in the World
2017年6月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS This avatar could help you perfect your smile
2017年6月 朝日新聞 睡眠不足の裁判官は厳しい?
 「サマータイム」制度。切り替えがある日曜夜の睡眠時間はふだんより平均約40分短くなる、という先行研究がある。
 サマータイムになった直後の日に出た判決をみると、懲役刑の期間が平均で約5%長かった。
2017年6月 Medical Tribune 笑い声を聴くだけで健康になる? 受動的でも健康改善の可能性
2017年6月 ワイアード 酔っ払っても「人の性格」はあまり変わらない:米研究結果

寂しい人は自己中になる?
2017年6月 LiveScience Lonely? Take the Focus Off Yourself, Study Suggests
毎年の心理調査で「孤独」と回答した翌年に「自己中度」が高め。下手すると悪循環。
進化心理学者曰く「原始時代なら寂しさで自己中化するのは適応的だったんだろう」
 50〜68歳230人に毎年「孤独感」と「自己中度」を回答させた


2017年6月 Nature Human Behaviour ヒトにおけるアロスタシスおよび内受容感覚を支える大規模脳システムの存在を示す証拠
 Evidence for a large-scale brain system supporting allostasis and interoception in humans
 doi: 10.1038/s41562-017-0069
 サルおよびヒトで得られたデータの解析から、内受容感覚(体内から湧き起こる感覚)およびアロスタシス(脳が身体内のエネルギー調節を維持するプロセス)を支える脳内システムが見つかった。
2017年6月 Nature Human Behaviour 幸せな記憶の想起は急性ストレス反応を緩和する
 Reminiscing about positive memories buffers acute stress responses
 doi: 10.1038/s41562-017-0093
 肯定的な内容の記憶の想起は、ストレス反応を和らげるだけでなく、報酬を処理する皮質線条体回路の活性化と相関していることが明らかとなった。幸せな記憶の回想はストレス耐性を高める可能性がある。
2017年6月 Nature Human Behaviour 社会ネットワーク上の位置付けの自発的な神経符号化
 Spontaneous neural encoding of social network position
 doi: 10.1038/s41562-017-0072
 社会ネットワーク解析とfMRIデータのマルチボクセル・パターン解析を組み合わせることにより、ヒトの脳は、ネットワーク内の相手との社会的距離、相手の固有ベクトル中心性、相手がネットワーク構成員間の結びつきをどの程度仲介するかを、自発的に符号化していることが判明した。
ネガティブ感情の効能
2017年5月 LiveScience Why Bad Moods Are Good For You
2017年5月 朝日新聞 ギャンブル依存症対策の法案まとまる 今国会に提出へ
2017年5月 大学ジャーナル 音楽聴取時の「気分」から自律神経の変化パターンを予測 大阪市立大学
2017年5月 中央日報@韓国 韓国の子どもの幸福度、世界で最下位圏 
2017年4月 時事通信 笑いの効能、がん医療で研究=免疫機能やQOL影響検証 大阪国際がんセンター
2017年4月 Nature Human Behaviour 

 ポジティブな記憶について楽しく思い出すことは鋭いストレス反応を緩衝する
 科学者は、想起ポジティブなメモリーがストレス反応を弱めて、報酬処理皮質線条体系回路の活性化と相関しているのを証明する。ポジティブな追憶は弾性をストレスに昇進できる。
2017年4月 阪大 コヒーシンの機能低下により不安行動が高まるメカニズムを解明 不安障害の機序解明につながる成果
 染色体接着因子の機能低下により、脳のシナプスが未熟な状態となり、不安の高まりをきたす
 神経細胞特異的にコヒーシンの機能を抑制したマウスを作製
2017年4月 世界の中でも「幸福な国」として知られるデンマークに伝わる「ヤンテの掟」
 期待以上のことがあれば幸福だと感じるので、期待するラインが低ければ幸福を感じやすくなる
2017年4月 時事通信 ギャンブル依存症、リスク切り替えに障害=「新たな治療法必要」 京大
2017年4月 京都新聞 ギャンブル依存、リスク判断うまくできず 京大、脳働きに違いも
2017年4月 京都大学 ギャンブル依存症の神経メカニズム 前頭葉の一部の活動や結合の低下でリスクの取り方の柔軟性に障害
2017年4月 読売新聞 ギャンブル依存は不要なリスク取りがち 前頭葉活動低下

2017年4月 読売新聞 ギャンブル依存症、申告あれば競馬やパチンコなど利用制限…政府論点整理
2017年4月 朝日新聞 ギャンブル依存症疑い2・7%
 国内の成人のうち2・7%はギャンブル依存症が疑われるという調査結果を厚生労働省が31日、発表
2017年4月 Nature 小脳顆粒細胞は報酬の期待を符号化する
  Cerebellar granule cells encode the expectation of reward
2017年3月 Nature Human Behaviour 
 健康な表現型の両極端のExome配列は、TROVE2を感情のメモリーとPTSDと結び付ける
 TROVE2〈扇動的な反応と自己免疫に巻き込まれた遺伝子〉は、また、心的外傷後ストレス障害において、感情的にチャージされたイベントのための強化されたメモリーと関連する。
2017年3月 LiveScience Marijuana Chemical Could Help Fight Anxiety  カンナビノイド
2017年3月 Nature Human Behaviour Behavioural and neural characterization of optimistic reinforcement learning
 楽観的な増強学習の行動および神経の説明
  それらは、証拠を行動、神経で示すことを示す 『楽天主義バイアス』は、ネガティブに比べてポジティブから優先的な学習のための一般認識傾向の明示である 結果 。
2017年3月 Science 愛情ホルモンとメンタルヘルス
  一般に記憶構成と不安抑制に関与する刺激性の海馬ニューロンの起爆剤のために出産のすぐ前の母のオキシトシンの急増が必要である

2017年3月 AFP 幸福ランキング、日本51位=最も幸せなのはノルウェー-国連報告書
 日本は51位で16年の53位から順位を上げた。
 調査対象155カ国
 上位4カ国は、社会福祉や自由の度合いなど幸福に資する主な要因の全てで高評価
 上位5カ国のうち4カ国を北欧諸国
  下位5カ国は中東アフリカ諸国 
2017年3月 AFP 「世界で最も幸福な国」はノルウェー、国連報告書
2017年3月 BBC News Happiness report: Norway is the happiest place on Earth

2017年3月 ワイアード 「14歳の脳」を見れば、将来タバコや薬物に溺れてしまうかがわかる:研究結果
2017年3月 BioToday 不安症あり過敏性腸症候群患者の微生物は腸に加えて脳の機能不全も誘導しうる
2017年3月 AFP モナリザの微笑は「喜び」 長年の謎、科学の力で解決
2017年3月 BBC News Prize for cracking brain's 'feel good' system
2017年3月 Nature Human Behaviour  公正さの発達的基盤
 The developmental foundations of human fairness
 小児における公正な行動の発達に関する最近の行動学・神経科学的証拠の総合的な検討
  ヒトの公正さを示す特徴は乳児期に現れる。
2017年2月 【日本語ブログ】加齢によるリスク選好の変化は脳構造の変化に起因する
 右後部頭頂皮質の灰白質の量が若年成人のリスク選好と相関
 昔から知っていて見慣れたものを選ぶ傾向
2017年2月 朝日新聞 ギャンブル依存症、536万人に疑い
2017年2月 大学ジャーナル 脳内にある「やる気スイッチ」慶應義塾大学などが発見
クモ恐怖症
2017年2月 BBC News Spider phobia brain 'processes unconscious fear'
2017年2月 BBC News Almost two-thirds of children worry 'all the time'
 Children need to know where they can turn for help, says a mental health charity.
アメリカ【州別幸福度ランキング 2016年版】
2017年2月 LiveScience The Happiest States in 2016: Full List
トップはハワイ州 アラスカ、サウスダコタ、メイン、コロラドが続く
フロリダ11位 マサチューセッツ14位 ニューヨーク33位
ビリ三傑はウェストバージニア、ケンタッキー、オクラホマ
2017年2月 Nature 能動的恐怖反応と受動的恐怖反応の選択に関わる競合的抑制性回路
  A competitive inhibitory circuit for selection of active and passive fear responses
2017年1月 AFP 意地悪、それとも親切? 性格と脳の形に関連性 研究
 神経症傾向が…厚い大脳皮質と脳の狭い部分およびしわに関連
 開放性は薄い大脳皮質、広い部分としわに関連
2017年1月 BBC News Personality linked to 'differences in brain structure'
2017年1月 LiveScience Which Personality Types Are Most Likely to Be Happy?  幸福感
 1. Enthusiasm
 2. Low Withdrawal
 3. Industriousness
 4. Compassion
 5. Intellectual Curiosity
 1.熱意
 2.積極的
 3.勤勉
 4.共感的
 5.知的好奇心旺盛
2017年1月 AFP 心臓の鼓動が脳に影響、人種的偏見に基づく判断の恐れ 英研究
 心臓の鼓動一回一回が強力な信号を脳に発信している
 心臓が1回拍動している間に人物の画像がフラッシュ表示されると、黒人男性が手に持っている物体をピストルと認識する確率が約10%高くなる
2017年1月 Nature 人間行動:心臓の拍動に応じて人種的偏見の表現が変化する
2017年1月 中央日報@韓国  整形手術の経験者91.3%「整形が性格も変える」=韓国
心理セラピーで変わる性格
2017年1月 LiveScience New You: Personality May Change After Therapy
 people's personality can change after they receive treatment for a mental health condition.
2017年1月 Science/AAAS Lasers turn mice into lethal hunters
 Neuroscientists isolate part of the brain that triggers hunting behavior
2017年1月 Nature Lasers activate killer instinct in mice
2017年1月 AFP 捕食行動の「殺しのスイッチ」、マウス実験で活性化 米研究
2017年1月 毎日新聞 脳神経刺激「狩り」モード 米エール大、マウスで実験
 マウス“狩り”スイッチ特定 脳神経刺激で棒切れを攻撃
2017年1月 Nature News Neuroscience: How to turn on killer instinct







2017年6月 ハンギョレ 韓国の社会発展指数は26位だが「人生を選択できる自由」は114位



中年男女の幸福度






 以上、 →2017年の記事でした


→ 「性格/性向/感情/幸福感」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー