言語:
2017年

ほか「言語」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2017年12月 京都新聞 複雑に泣く子は言葉の発達早く 京大、赤ちゃん調査
2017年12月 周産期の泣き声で言語発達を予測  京都大学
2017年12月 Nature Human Behaviour 
仕事依存により明らかにされたピッチ知覚の多様性
  一連の11の実験において、作者は、何が『ピッチ知覚』と伝統的に考えられたかがいくつかの種々のメカニズムにより調停されることを示す。
2017年11月 朝日新聞 「方言」聞き取れるAIを開発、高齢者に優しく NTT
2017年11月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Artificial intelligence goes bilingual—without a dictionary
2017年11月 Nature Human Behaviour 
 言葉の知識を増大させることは多次元の感情表現の開発を調停する
  感情概念表現は、幼年期にポジティブな対ネガティブな原子価の単次元のフォーカスから成人期の多次元の組織に発展する。この拡張は、言葉の知識を増大させることによって容易にされる。
 感情表現が原子価の単次元のフォーカスから時代6から時代25まで原子価と目覚めのbidimensionalに発展することをフォーカス示す。 私達は、この効果の下にある潜在的なメカニズムを調査し、増大言葉の知識が上の、および3人を超える他の潜在的な調停者の感情表現の開発を調停すると気付いた:不感情の刺激をbidimensionallyに表していることおよび仕事関連の行動の流動的な理性があり一般能力(例えば、評価スケールの最も終わりを使う)。 これらの結果は、幼年期に『ポジティブまたはネガティブ』二分から成人期の多次元の組織に感情概念表現(そして、潜在的な感情の経験)のその言葉の開発援助拡張を示す。




2017年11月 Nature 数百年にわたる言語の進化過程
2017年11月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS How the English language has evolved like a living creature
2017年11月 NatureJP 言語の進化を調べる
2017年11月 Nature 進化学: 言語変化における進化の駆動力を検出する Detecting evolutionary forces in language change
 よく知られている英語の3つの文法変化を解析
  過去形動詞の規則化、迂言的な「do」の導入、そして動詞否定の変化
2017年10月 AFP  ローマ字化へ大統領令=カザフ「現代化のカギ」
2017年10月 LiveScience Say What? Computer Game Improves Hearing in Noisy Situations

2017年10月 中央日報@韓国 韓国語を学ぶ海外の小中高生が最も多い国はタイ、2位は日本 

2017年9月 毎日新聞 <読解力>「子供は読めているのか」診断テストを開発
 文部科学省が2019年度から実施を予定する「高校生のための学びの基礎診断」の測定ツールとして認定を目指す
2017年9月 スラド 中高生の「基礎的な読解力不足」、全国調査で明らかに
2017年9月 Nature Human Behaviour Language, mind and brain
 言語、精神、および脳
  階層的に構造化された表現の無限の数を産出する生物学的に決定されたコンピュータ処理のメカニズムとして言語の説明と互換の言語の神経の組織の眺めを概説する。


2017年9月 AFP  最古の「ゼロ」文字、3~4世紀のインド書物に 英大学が特定
2017年9月 National Geographic Ancient Text Reveals New Clues to the Origin of Zero
2017年9月 National Geographic We Are Beginning to Decode Ring-Tailed Lemur Language
2017年9月 National Geographic JP  弱いオスほどよくしゃべる、ワオキツネザルで判明

2017年9月 読売新聞 シジュウカラ、複数の鳴き声組み合わせ「文章」

2017年9月 Nature Human Behaviour 
 文法はクレオール言語の出現の間にさえ丈夫に送られる
 クリオールの言語の間に著しい類似点がある。 これらの類似点は、実のところ、非クリオールの言語、それらの家系においてcreolesが複数の言語を理解することである違いについて同じプロセスによって説明できる。

2017年8月 AFP 世界初のチベット文字検索エンジン「雲藏」開設1年 訪問数1億2000人突破
 青海省海南チベット族自治州共和県に設立

2017年8月 EurekAlert Science  人はいかにしてピッチの変化を聞き分けて言語から意味を引き出しているのか
2017年8月 Science 会話のイントネーションと韻律は聴覚野でコード化される
2017年9月 ワイアード ヒトの脳には「イントネーション」を理解するニューロンがあった:研究結果
文字のディープラーニング処理のモデルを開発
2017年8月 Nature Human Behaviour Letter perception emerges from unsupervised deep learning and recycling of natural image features
 自然な場面から取り出されたドメインの一般ビジュアルな知識
 プリントされた手紙などのドメイン具体的な文化的な人工物を学ぶためにリサイクルされる。

2017年7月 Nature Human Behaviour 
 長い間、文法が抽象的な規則のシステムであり、世界の言語が一般的なパターンに続き、私達が『言語本能』によって誕生することが仮定された。しかし、どのように私達が言語を学び、使うかを中心に行う代わりの方法論が明らかになり、これらの仮定および多くのより多くを転覆させる。





2017年7月 京都新聞 シジュウカラの鳴き声に文法? 京大、言語研究に一石
2017年7月 京都大学 文法を操るシジュウカラは初めて聞いた文章も正しく理解できる
2017年7月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS These highly social birds can make ‘sentences,’ just like humans
 But Japanese tits ignore ungrammatical calls
2017年8月 大学ジャーナル 文法を操るシジュウカラ、初めて聞いた文章も理解 京都大学
2017年7月 チンパンジーとヒトの脳梁の発達を比較 ヒト特有の言語、数概念に関わる神経の成熟は乳児期が鍵 京都大学 日本医療研究開発機構
2017年7月 大学ジャーナル 京都大学ら、世界で初めてヒトとチンパンジーの脳梁の発達過程を比較
2017年7月 日本・中国・韓国の仏典で用いられてきた外字 2800 字種超が Unicode に収録されました 東京大学 【PDF】
2017年7月 EurekAlert Science  インドの未就学児童において算数のゲームによって算数の理解が深まる
2017年6月 LiveScience Babies Retain Their Early Exposure to Foreign Languages
 乳幼児期に取得した言語の音

2017年6月 国立研究開発法人情報通信研究機構 脳波を利用することで無意識に英語のリスニング能力が向上
 RとLの音の違いに反応する脳活動をニューロフィードバックで強化する技術を開発
 日本語にない音の違いを学習できるニューロフィードバック技術の開発に成功

2017年6月 スラド 小学校時に英語を学んでいた中学生の半数近くが、中学では役に立たないと回答
 小学校で学ぶ英語はコミュニケーション活動が主体だったのに対し、中学校では単語や文法、発音を中心に学ぶという違い


2017年5月 AFP 成人期の読字学習で脳が変容、研究
 30代になってから文字を読むことを学んだインド人女性ら 脳幹と視床

2017年5月 Nature 言語分析の社会への影響
  A social spin on language analysis
 オンラインの議論において個人的な攻撃の普及とインパクトを理解していることは挑発的である。crowdsourcingとマシン学習を結合する方法は、前に方法を提供するけれども、警告は考慮されなければならない。
2017年4月 豊橋技術科学大学 発話時の脳活動計測から数字を90%、 単音節を60%の精度で認識することに成功
2017年3月 Nature News Language: Points, grunts and speaks
  Mark Pagel weighs up a study claiming that the origins of human language are rooted in gesture.
2017年3月 EurekAlert Science 言語は負の体験への対処にどのように役立つか
 負の経験を総称的な「you」か「I」のどちらかを使って書いてもらったところ、前者のグループのほうが「I」の条件の参加者よりも、その出来事から心理的に距離があると報告した人が有意に多かった。

2017年3月 LiveScience Why People Say 'You' When They Mean 'Me'
2017年3月 Nature 言葉や言い回しは、変化したり、消えたり、方言として残ったり、遺伝子や生物と同様に「進化する」ものだ。
  Not just dwingey chimbles: dialects are alive and kicking

2017年3月 BioToday 脳卒中後の慢性の失語症へのより徹底した言語治療の効果が示された


2017年2月 BBC News オランウータンの鳴き声、言語進化の様子表す=研究
2017年2月 Nature Human Behaviour Proto-consonants were information-dense via identical bioacoustic tags to proto-vowels
2017年2月 BBC News Orangutan squeaks reveal language evolution, says study
2017年3月 Nature Human Behaviour  原始子音は原始母音と同じ生体音響学的特徴を持ち、情報量が多かった
 Proto-consonants were information-dense via identical bioacoustic tags to proto-vowels
  オランウータンのキス・スキーク音(無声の子音様の鳴き声)は音の変化に富み、明瞭な音響的特徴を示し、集団、サイズクラス、状況、個体の識別に関する情報を伝える

2017年2月 LiveScience Infants Exposed to Languages Can Retain Them Later in Life
 幼児期に経験した言語は、成長後も保たれる
 言葉が出る前に、言語の音をうまく学ぶ。

2017年1月 財経新聞 無意識に行う唇からの読話、タイミングずれの処理機構が観測可能に
2017年1月 BBC News Babies remember their birth language - scientists
 Babies learn language in the early months of life, and retain this knowledge
2017年1月 Science/AAAS Baboons use vowel sounds strikingly similar to humans
  Japanese macaques are also anatomically capable of speech.
2017年1月 AFP ヒヒ、人間そっくりの母音を発声 研究
2017年1月 LiveScience Baboons Vocalizations Hint at Origins of Human Speech
2017年1月 LiveScience Learning a Second Language Linked to Synesthesia
 People who speak two languages from a very young age are much less likely to develop synesthesia than those who learn a second language in early grade school
ペンパイナップルが色付きで聞こえる?
外国語を習得すると共感覚人間になる率が高めに
幼少時に第二言語を習得した人より、学校に上がってから異国語を学んだ人のほうが、五感の混線率が高めになる
 共感覚は学習効率を上げるのか



 以上、 →2017年の記事でした


→ 「言語」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー