社会心理学:
2016年〜

ほか「社会心理学」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2017年10月 Science インターネットと政治的分極化
 多くの解説者は米国の政治的な偏光の増加を議論し、インターネットおよび社会的なメディアにそれの責任を負わせた。
Boxellなどは、1996から2016までの偏光の人口統計の変化を見るために、アメリカ国政選挙研究からのデータとピュー・リサーチセンターを用いた。
意外でもないが、より若い人々は年配者よりずっと速くインターネットおよび社会的なメディアを採用した。しかしいくつかの手段によって 65が、1996から2016までの偏光について、18から39までそれらが年老いたより多く増大したより古いそれら 。
従って、まだ完全に理解されているわけではない理由のために、インターネットおよび社会的なメディアを極少に使う傾向がある人々が、偏光の最も高い増加を受けた。
 どのような機序なのかはまだ解明されてはいないが、高齢者などネットアクセス頻度の低い(駆使力が拙い)人ほど、意見の極端化(集団成極化現象)に陥りやすいらしい
2017年10月 Nature Human Behaviour Brain response patterns to economic inequity predict present and future depression indices
 Toshiko Tanaka, Takao Yamamoto & Masahiko Haruno  春野雅彦
 経済の不公平への脳反応パターンは現および未来の不況インデックスを予測する
  不公平により引き起こされた扁桃体と海馬の脳活動により現および未来の不況インデックスが予測できることを示すために、機能的な磁気共鳴診断装置と経済のゲームと不況自己報告を結合する。
2017年10月 Nature Human Behaviour The unfairness of being prosocial
 prosocialであることの不公平
 新しい研究により、経済の意志決定の間の不公平への脳反応が現在のおよび未来の不況インデックスを予測できることが示される。神経の反応は、不況 特に のために prosocialである ほとんどの献身である傾向がある個人 の不公平追跡インデックスと関連した扁桃体において合わせて形づくる。
2017年10月 Nature Human Behaviour Statistically inaccurate and morally unfair judgements via base rate intrusion
 基準レート侵入を経た統計的に不正確なおよび道徳的に不公平な判断
 これらの基準レートが統計的に無関係な時にさえ、それらは、個人についての判断をする時に人々が社会的な基準レートに体系的に頼っているのを証明する。
 複数の救済策は、基準レート侵入のこのバイアスを取り除くために必要である。
2017年9月 Nature Human Behaviour The idiosyncratic nature of confidence
自信の特異な性質 行動の実験およびコンピュータ処理のモデリングを使うことによって、研究者は人の自信において個々の違いの体系的な説明を提供する。
2017年9月 スラド 貧しいほど独裁を求める?
2017年8月 Nature Human Behaviour 
 相互作用および民衆を維持することと提供することの悲劇
 同一の誘因の下でさえ新しいものを提供するより、公益を維持する時に協力(『民衆の悲劇』)の低いレベルが体系的にありそうであることを示すために、実験とシミュレーションを用いる。
2017年8月 Science 協調的環境ガバナンス:社会生態学的システムにおける集団行動
 断片は、より多くの研究が必要なそのそこで残留大きい知識ギャップとキーエリアの外で環境管理と管理とポイントへの協力的なアプローチの利点と制約についての一般結論を提供する。
2017年8月 Nature Human Behaviour 
 熟考のコストを変えるモデルにおいて、戦略的な無知とベイズの学習に関係する協力的な戦略の範囲が発展するかもしれない。 それは、直観的に離脱するけれども、選ぶことができるデュアルプロセス離脱者 協力する を含む。
2017年8月 Nature Human Behaviour 
  モデリングと実験は、戦略的な情報が『利他的な』協力を徐々に蝕むことができることを示した。見つけ出すためのコストの配布を変えるモデルを使うことによって、現在、情報が利己主義『戦略的』協力も促進できることが示される。
2017年8月 Science 最も有能で社会を幅広く代表する指導者を選ぶ
Electing the best and the broadest
 民主主義国は、非常に有能で、社会を広く代表したリーダーを選ぶことができるか?それらはスウェーデンですることができる。ダールボーなどは、1982から2010までの選ばれた50,000を含む全国または市役所への200,000人を超える候補のデータを使った。これらがonの個々のデータと認識で結合されたこと候補者およびそれらの両親についての性格特性、および社会経済学の情報。ファミリー背景のためにコントロールするいつでさえ、政治家は、より広い人口より、認識であるよりよい平均とリーダーシップスキルを示した。しかし、高い品質は排他的ではなかった:政治家は社会経済学のクラスの向こう側から非常に均等に引かれた。
2017年7月 Nature Human Behaviour 自分の努力で他者を助ける向社会的行動への無関心
 

 ヒトは、報酬が自らのものになる場合と他者に渡る場合に、自分が努力をするか否かをどのように選択するのだろうか?現実的な努力課題と計算モデルを用いた研究から、他者のために働こうとする動機付けは小さいことが判明した。
2017年7月 Nature Human Behaviour 行動学的政策介入を政治と関連づけるのは不適切
 


2017年7月 Nature Human Behaviour 心理学:他者のために体を動かすのは億劫
 

努力は高価である。人々は、物質的なまたは均一な心的努力のいくらかの手段を必要とする個人的な報酬の価値を減じる。研究所研究により、現在、他に役立つようにかみ合う時に身体的な努力が特に高価であることが示唆される。
人々がいとわない時でさえ、それが単に表面的な努力であっても、必要な作業であっても、意欲が絶たれる。
腐敗は行政機能を低下させ、経済発展を遅らせ、民主主義制度を歪める。腐敗のコスト、要因、解決法をモデル化した実験により、反腐敗戦略がときに逆効果となる場合があることが示された。
2017年7月 Nature Human Behaviour Corrupting cooperation and how anti-corruption strategies may backfire
2017年7月 Nature Human Behaviour 経済学:腐敗・汚職を可視化する
 

2017年7月 Nature Human Behaviour 協力関係の腐敗と反腐敗戦略が裏目に出るとき
 

2017年7月 EurekAlert Science トレンドセッターがいないとヒツジはついていかない
 自発的な早期採用者(natural early adopter:NEA)
 NEAたちは、自分たちが最初にアクセスを与えられなければ、その技術を使うのをやめる割合が非常に高くなる
 少人数の学生寮ほどこの効果が大きく、アクセスが遅くなる学生が多かった
  アクセスの遅いNEAの割合が高い学生寮ではそうしたNEAの割合が低い学生寮よりも、ビットコイン使用の経時的な低下が速かった。
2017年7月 Nature Human Behaviour 

行動の方針介入の置き違えられた政治について
  行動の方針介入の倫理の使用についての別動兵の形成影響信念けれども両方の米国おとなと行い政策立案者は、別動兵のキューを取り除く時に、軽いつつきで受け入れている。
2017年7月 Nature Human Behaviour 
 社会的なノルマとしての守りランク
 実験は、人々が不均衡を嫌うけれども、それら 快く、所得の均等を達成するために、設立された支配層を転覆させる であることを示すか?異文化間の実験は、ヒエラルキー保存が社会的なノルマであることを提案して、豊かと貧乏の間の資源を再配布する時に、若い年人から、繁茂した反転反感を表していることを示す。
2017年7月 Nature Human Behaviour 
 経済学:腐敗の顕在化
  世界中の多くの国は公共福祉の費用で重大な腐敗問題を持っている。実験的な経済研究により、現在、是認ただ乗りする人の代わりに賄賂を受け入れるようにリーダーに勧める条件が識別される。可能な反腐敗戦略がポジティブな効果があるかもしれないこと、失敗すること、または均一なバックファイア。
2017年7月 Nature Human Behaviour 

 堕落協力および反腐敗戦略はどのように逆効果となるかもしれないか
 彼らは、時々反腐敗戦略が逆効果となるかもしれないことを示して腐敗のコスト、原因、および治療法を実験的に作成する。
2017年7月 AFP 貧しい人々も平等に、でも平等すぎはだめ? 研究
 人物の立場が逆転するケースでは、被験者らは硬貨の移動をしたがらない傾向
 ヒエラルキーが、それぞれ個々人の中にあるストラクチャーへの心理的ニーズを満たし、その一方で集団という観点では、それは協力関係を増強する
2017年7月 Nature Human Behaviour 

 優勢者反転反感は社会を横切る再配分を抑制する
 人々は不均衡を嫌う。 しかし、もしこれが既存のヒエラルキーをリバースするならば、人々は個人の間の資源を再配布ししぶる。 異文化間の実験での 若い時代から、
2017年6月 Nature Human Behaviour 集団の意思決定における確信度のマッチング
 Confidence matching in group decision-making   doi: 10.1038/s41562-017-0117
 文化的に異なる状況(英国とイラン)で得られた行動データおよびコンピューターモデルから、2人1組で意思決定を行う際には、互いの意見を結びつけるために確信度のマッチングの経験則が用いられていることがわかった。
2017年6月 Nature 政治: 数学で民主主義を守る The mathematicians who want to save democracy
2017年6月 大学ジャーナル 利他主義者は素早く協力、利己主義者は時間をかけて協力 玉川大学
2017年6月 Nature Human Behaviour 社会ネットワーク上の位置付けの自発的な神経符号化
 Spontaneous neural encoding of social network position
 doi: 10.1038/s41562-017-0072
 社会ネットワーク解析とfMRIデータのマルチボクセル・パターン解析を組み合わせることにより、ヒトの脳は、ネットワーク内の相手との社会的距離、相手の固有ベクトル中心性、相手がネットワーク構成員間の結びつきをどの程度仲介するかを、自発的に符号化していることが判明した。





2017年6月 Nature Human Behaviour  どのような手段で生計を立てているかがヒトの社会的学習の戦略を決める
 Subsistence styles shape human social learning strategies doi: 10.1038/s41562-017-0098
  エチオピアの同じ民族集団から最近分岐した3集団が参加した一連の意思決定実験から、相互に依存している「牧畜民」と独立心の強い「園芸民」では、社会的学習への依存に差があることが判明した。
2017年5月 Nature Human Behaviour Confidence matching in group decision-making
 グループ意志決定においてマッチしている自信
 それらは、ペアの決定をする時に、それらの意見を結合するために人々が自信マッチング発見的学習を採用することを示すために、文化的に別個の設定(イギリスとイラン)の行動のデータおよびコンピュータ処理のモデリングを用いた
2017年5月 Nature Human Behaviour 
テロリストでの結果指向の道徳的な評価
道徳的な判断のアセスメント、およびコロンビア準軍事的テロリストの社会的認識のプロフィール この研究が、結果によって異常に誘導された道徳的なコードを明らかにすること、意図と結果の統合より。
2017年5月 Nature Human Behaviour 
  私達が穏健化を深刻に取るべき理由
穏健化プログラムは多くの国のカウンターテロ戦略の基礎であるけれども、ほとんどはそれらの有効性のために評価されなかった。ステークホルダーは、基本的な要素が、プログラム開発、スタッフ訓練、忠告のサービス、透明度などの場所にあることを保証するために、標準を導入しなければならない。
2017年5月 Nature Human Behaviour 
 チームがうまくやっていかない時には、決定はよりよいかもしれない
  ブレインストーミングは、そのキー概念 that 『どのアイデアも悪いアイデアではない』 とともに60年より多く前発展させられた。しかし、反対物は、ブレインストーミング抑制であるので、解放すること、私達の創造性というよりも真実であるかもしれないか?アイデアが挑戦されなく行く環境には、批判を促進して創造性を改善できるテクニックがある。
2017年4月 Nature Human Behaviour 
 文化進化:生存および社会的な学習
 社会的な学習が人の文化の重要な建築用ブロックであるけれども、どのようにおよびなぜ do 変化に、他から学ぶそれらの傾向に植民する ?エチオピアの実験は、牧畜民が、horticulturalistsをするより多く他の知識に頼っていることを示唆する。
2017年4月 Nature Human Behaviour 
 生存スタイルは人社会的学習戦略を具体化する
 意志決定のシリーズは、3人の最近分岐した人口によってエチオピアの同じ民族から実験する
  それは、相互依存した牧畜民と独立なhorticulturalistsの間で社会的な学習への依存が異なるのを証明する。
2017年4月 Nature Human Behaviour 
 研究は、現在、不意に死ぬ人を取り囲んでいる人社会的ネットワークが死んだ個人の友人と知人の間の関係の強化によって損失から回復することを示す。研究により、どのように、悲嘆の時間の間にお互いにサポートするために、個人がそれらのインタラクションパターンを変更するかが実演される。
2017年4月 Nature Human Behaviour 
 15,000のFacebookネットワークの分析において、友人の間のインタラクションの増加が損失に続いているのを見せて、ホッブスとバークは、後に何年もの間安定し続けてオンラインで、個人の死のために社会的なネットワークが弾力があると気付く。
2017年4月 北海道大学 名前を知っていることが互いの協力を促すことを発見 【PDF】
2017年4月 大学ジャーナル 名前を知っていると互いに協力を促すことを発見 北海道大学など
2017年4月 Nature Human Behaviour  賢明な熟慮が協力関係を維持する
 経済ゲームで熟慮する時間が与えられると、参加者は非協力的になっていく。参加者を第三者的視点に立たせることで、利己的な目的に向かっていた意識を共通の目的に向かわせ、協力関係を維持させることができる。
2017年4月 Nature Human Behaviour  インド南部農村地域における社会的支援ネットワークと信仰心
 向社会的宗教行為をする人は、社会的ネットワークの構成員から向社会的な人と認識される結果、より大きな社会的支援を受けられる

2017年3月 ワイアード アップル、グーグルの成功は「優秀な社員」ではなく「戦略的な人員配置」にあった:調査結果
2017年3月 Nature Human Behaviour 

 賢明な熟考により協力は維持される
 経済のゲームにおいて熟慮する与えられた時間 時 個人は少ない協同組合になる。
2017年3月 Nature Human Behaviour  狩猟採取民のネットワークの評価と累積文化への影響
 Characterization of hunter-gatherer networks and implications for cumulative culture
 狩猟採集民の社会的相互作用を追跡する無線センサー
 コンゴ共和国とフィリピンの狩猟採集民では、血縁関係のない家族間を結びつける少数の強固な友人関係が、より効率的な社会的ネットワークを形作る
2017年2月 Nature 金融システムは複雑性が高まると安定性が損なわれるおそれがある
2017年2月 【日本語ブログ】不正を続けると不正への脳の感受性が低下する
2017年2月 Science/AAAS Why are we altruistic? Guilt may play a role
 罪悪感解消という心理的報酬
2017年2月 Science/AAAS French people are 20 times more likely than Japanese to cross the street on a red light
 Researchers record rogue red light crossers to find new angles on traffic safety  
2017年2月 AFP フランスでは歩行者の40%が信号無視、日本は2% ルール守る意識に差
2017年2月 Nature Human Behaviour 
 利他行動バズり  2014 ALS氷バケツ挑戦 『社会的な感染』効果
 SMART標準
  社会的(S)の影響プロセス作動する
  設立モラル(M)命令法
  (ポジティブな)感情反応(AR)を引き起こし、
  (T)を翻訳し、社会的な推進力を、維持される実世界の寄与に変換することができます
2017年2月 【日本語ブログ】社会規範の違反の程度と応答
 違反の大小はポイ捨てをした者が叱責される可能性や叱責の程度に影響を及ぼしませんでした
2017年2月 芝浦工業大 社会における協力行動を促進するための 新しい他者評価のしくみを発見しました
 あえて評価をしない「留保」という考え方
2017年2月 Nature Human Behaviour Make business ethics a cumulative science
 ビジネス倫理を、累積している科学にしなさい
 強い倫理が会社の有効性を高めることも示すならば、 それらの倫理は ヘルプ会社が改善する研究からの人間性への利点 巨大であるかもしれない。
2017年2月 高知工科大学 未来の人々との交渉 持続可能な意思決定を目指すための枠組み
 世代を超えたジレンマゲーム
仮想将来世代を含むグループの場合、参加者の60%が未来世代に有利に選択。
仮想将来世代を含まないグループでは28%にとどまる。
2017年2月 Nature Cognitive science: Wiser than the crowd
  ポピュラーな眺めが不正確な時には、専門家の知識が勝つことを可能にするための強力なツールが提供されます。
2017年1月 Nature Human Behaviour 都市現象の発生頻度、スケーリング、差異を説明する
  Explaining the prevalence, scaling and variance of urban phenomena
 学歴の分布や犯罪の発生率などの都市現象が人口規模に伴ってどのように変化するか
2017年1月 NatureJP 曇りのない視点:「群衆の知恵」を専門家の意見でより正確なものにできる意思決定アルゴリズム
2016年11月 Nature 【人間行動】社会規範の強制がうまく行かない理由
 重大な違反行為に対する処罰を軽微な違法行為より厳しくすべきだという考えは、違反者による報復に対する恐怖が増すことで相殺される
2016年10月 EurekAlert Science 複雑な社会環境における信念の変化をモデル化する
 フリードキン‐ジョンソン(Friedkin-Johnson)モデルを拡張
2016年5月 「民主主義のバグ」を使ったトランプの躍進 “感情”に働きかけるポピュリズムのリスク
松谷創一郎

権威主義者が支持するトランプ
2016年10月 Science いかに経済的、人道主義的、そして宗教的懸念が亡命者に対する欧州人の態度を形作るか
2016年8月 Nature 良い評判を得たいという気持ちが社会的協力を促進する
 人間は自分が権威者にどう思われているのかを気にしており、それが他人との協力を助長する可能性
  パプアニューギニアの狩猟採集社会の研究
2016年8月 【日本語ブログ】社会的評判と社会的協力の関係
2016年3月 NatureJP 正直は最善の策
 規則違反指標スコアの高い国では個人の正直さが低い
2016年3月 Science/AAAS  Corrupt societies encourage lying
 堕落している社会は、ウソを促進する
 不正直なリーダーおよび弱い組織を持つ国の個人は、より真実をごまかしそうである
2016年3月 EurekAlert Science 経済学における実験室実験にはどの程度再現性があるのか?
 有力経済誌に掲載された実験室実験の反復を目的とした研究において、元の結果の61%が再現された。
2016年3月 豪州ABC Groupthink: too much connectivity may stifle innovation
 集団思考:コネクションが多すぎると、かえって革新が妨げられる
2016-01 豪州ABC 150 is the limit of real friends on Facebook

 以上、 →2016年〜の記事でした


→ 「社会心理学」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー