社会心理学 集団心理:
2014〜2015年

ほか「社会心理学 集団心理」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2015-10 Science/AAAS No, football doesn’t predict elections
フットボールは選挙を予測しません。
Study contradicts previous findings
研究は前の調査結果に矛盾します。
2015-10 Evolution and Human Behavior
Social influence and the adaptation of parochial altruism: a dictator-game experiment on children and adolescents under peer influence
社会的影響と適合 教区の利他主義
  仲間の影響での子供と若者の独裁者ゲーム実験
2015-10 NatureJP 他者の富が見えると協力行動が損なわれる
 オンラインゲーム
 プレーヤーが他者の富について知らないかぎり、富の不平等だけでは協力行動も全体の富も損なわれなかった。しかし、プレーヤーの富が他者に見える場合には、不平等が悪い影響を及ぼした。
2015-10 Nature 目に見える不平等はさらなる不平等を生み出す
Visible inequality breeds more inequality
2015-10 Nature 実験的な社会的ネットワークにおける富の不平等と可視性
Inequality and visibility of wealth in experimental social networks
2015/04 Evolution and Human Behavior  Eye spots do not increase altruism in children 目のスポットは子供で利他主義を増加させません。
2015/04 Evolution and Human Behavior  The joint emergence of group competition and within-group cooperation グループ競争とグループの中の協力の共同出現
2015/04 Science/AAAS  Social psychologist relinquishes chair after data manipulation charges
 データ操作発覚、社会心理学者は、いすを放棄します。
2015/03 EurekAlert Teenagers shape each other's views on how risky a situation is ティーンエイジャーは状況がどれくらい危険であるかに関するお互いの意見を形成します。
2015/03 EurekAlert Cooperative communities emerge in transparent social networks
協力的な共同体は可視ソーシャルネットワークで現れます。
 オンライン実験
  すべてのメンバーの前の動作が透明にされるとき、総合的なレベルのグループへの協力がほぼ倍増する
  また、グループの中のすべての社会的な関係を透明にするときには最も協力して団結して、それら自身の共同体を形成する。 非協力者を村八分にして、
2015/03 スラッシュドット ジャパン 社会心理学系雑誌BASPがPバリューによる仮説検定を全面的に禁止
2015/03 EurekAlert お金ではなく、保護が内部の法人の内部告発を上げることができます。 Protections, not money, can boost internal corporate whistleblowing
2015/02 EurekAlert 隣人と共に社交的にするのは友人か家族と時間を過ごすより地球に優しい振舞いに通じます。 研究者は、それが隣人の多様性と親類の類似性のためであると言います。 Want to save the planet? Neighbors better allies than family
2015/02 EurekAlert Focusing on the success of others can make us selfish
 誰かの成功に焦点を合わせると、利己的になりがち。
2015/01 news@nature.com Psychologistsはテロのルーツを探します。 Studies raise prospect of intervention in the radicalization process. 研究は急進化の過程による介入の見通しを提起します。 Psychologists seek roots of terror
テロリストの過激化の過程を防げないか、心理学研究が。
2015/01 Nature 人間の行動の不確定性とデータ不足が、テロのリスクのモデル化を難しくする要因に。 Attempts to predict terrorist attacks hit limits





2014/12 Evolution and Human Behavior Does implied community size predict likeability of a similar stranger?
暗示している共同体サイズは同様の見知らぬ人について好ましさを予測しますか?
2014/12 Evolution and Human Behavior Reputation based on punishment rather than generosity allows for evolution of cooperation in sizable groups
寛大さよりむしろ罰に基づく評判はかなり大きいグループで協同作用の進化を考慮します。
2014/11 スラッシュドット ジャパン 流行に敏感な人が同じ格好に見える理由を数学者が解明
2014/11 スラッシュドット ジャパン 人間は他人が傷つくよりも自分が損することを選ぶ?
 オックスフォード大学の心理学者Molly Crockett
2014/11 NHKニュース 台風の運転休止で8割行動変更
 JR西日本が台風の接近を見込んで近畿地方の在来線の運転をすべて取りやめることを前日に発表
 JRの対応が台風に備える行動を促した可能性
2014/11 NHKニュース 日本人の「国民性」 震災後に変化?
 「他人の役に立とうとしている」45%と前回の調査より9ポイント増え、これまでで最も高く
 「礼儀正しい」が77%、「親切」が71%で、5年前に比べていずれもおよそ20ポイント増加
2014/10 Evolution and Human Behavior  Keeping the benefits of group cooperation: domain-specific responses to distinct causes of social exclusion グループ協力の恩恵を保ちます: 社会的疎外の異なった原因へのドメイン特異反応
2014/10 Evolution and Human Behavior Physical attractiveness and cooperation in a prisoner's dilemma game  山岸俊男・品田瑞穂
2014/08 news@nature.com  The cost of misconduct
2014/08 Evolution and Human Behavior  Direct reciprocity under uncertainty does not explain one-shot cooperation, but demonstrates the benefits of a norm psychology
 不確実性の下のダイレクト相互関係は、1回限りの協力について説明しませんが、標準心理学の利益を示します。
2014/05 Science 新たな不正行為容疑、オランダの社会心理学を襲う
フェアプレーの暗黒面
2014/03 EurekAlert  The dark side of fair play
自発的の報酬を与えるのがどう合同企業への協力を促進するか
2014/01 EurekAlert  Rewards facilitate human cooperation under natural selection
  報酬は自然淘汰の下で人間の協力を容易にします。
グループで信用と士気をひそかに害して、一般通念は、ゴシップと社会的疎外はいつも悪意があると主張します。
  しかし、この種類の「reputational情報」を共有するのにおいて、社会のための利益があるかもしれません
2014/01 EurekAlert  Gossip and ostracism may have hidden group benefits

 以上、 →2014〜2015年の記事でした


→ 「社会心理学 集団心理」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー