性淘汰 性差・性行動の生物学:
2016年7〜12月

ほか「性淘汰 性差・性行動の生物学」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』



2016年12月 Nature News Why humans develop sex cells as embryos — but corals don't
2016年12月 岡山大学 “逃げるは恥”ではない!? 戦闘で負けた後に4日間逃げ続ける昆虫について動物の行動様式の進化を数理モデルで解析
 オオツノコクヌストモドキ
 集団内で一日にオス同士が出会う回数が 60〜100 回という条件下では 4 日間逃げつづけるという行動が、他と比べて有利
2016年12月 AFP 「無駄多い」有性生殖の存続理由は病気予防 ミジンコで証明 研究
 スチュアート・オールド(Stuart Auld)
2016年12月 National Geographic JP  花に擬態したカマキリの雌雄が似てない理由を解明
  大きなメスほど、大小問わずさまざまな獲物を捕らえることができる
 オスのハナカマキリはすばやく動き回れる必要 小さく目立たない体のまま
2016年12月 Science/AAAS The genes that make seahorses so weird
 Tiger tail seahorse has six copies of a gene linked to male pregnancy
タツノオトシゴのゲノム解読によって、この生物の独特な形質の謎を解明する手掛かりが得られた。
2016年12月 Nature News Sequence reveals genes behind bizarre sea-horse traits
2016年12月 Nature 疾走する進化:タツノオトシゴの迅速に進化するゲノム
 これまでに調べられた魚類ゲノムの中で最も速い速度で進化したもの
2016年12月 Nature タツノオトシゴのゲノムおよびその特異な形態の進化
  The seahorse genome and the evolution of its specialized morphology
2016年12月 Science Why humans lost their penis bone
 Study traces evolutionary history of the baculum
2016年12月 ワイアード ヒトのペニスに「骨」がないのは、一夫一妻制のせい? 研究結果
 性行為が長いほど陰茎骨も長い 長い陰茎骨は、メスをめぐる競争の激しさとも相関
2016年12月 Nature News Evolution: Penis bone lost through evolution
大きな脳は長寿で子沢山
2016年12月 Science Female red deer with big brains have it all
2016年12月 NatureJP 子育ての負担を分かち合う
 両親が互いのスケジュールを同調させて連続的な抱卵を成し遂げる渉禽類(シギ・チドリ類)32種について、91個体群の729の巣から得たデータ
 飢餓ではなく捕食のリスクが、生物リズムの多様性の重要な決定要因である可能性
2016年12月 Nature 野生の子育て事情
  Wild times
2016年12月 Nature 渉禽類の社会的に同調されたリズムの意外な多様性
  Unexpected diversity in socially synchronized rhythms of shorebirds
2016年11月 LiveScience The Clever Way Females Fend Off Male Fish with Big Genitals
2016年11月 Nature 4つの性を持つ鳥
  The sparrow with four sexes
4つの性別を持つ鳥「ノドジロシトド」
2016年11月 AFP サバンナモンキー、オスを巧みに操るメスの「策略」
2016年11月 National Geographic JP  戦士か恋人か、戦略「選ぶ」ゴキブリを発見
  独特の音を発するマダガスカルのゴキブリのオスが、恋人になるか戦士になるかという戦略を「選択」していることが明らかになった。
2016年11月 National Geographic Giant Roaches Can Grow Big Testicles When They Need Them
2016年11月 スラド 戦闘タイプと性交タイプの2タイプに成長できるゴキブリ
2016年11月 LiveScience 'Lover' Cockroaches Grow Bigger Testicles to Woo Mates
2016年11月 National Geographic JP 奇虫!サンヨウベニボタルの驚くべき生態
2016年10月 Science/AAAS Promiscuous mice have a gene for faster sperm
2016年10月 LiveScience Mice Sing Love Songs Like a Jet Engine
 ジェットエンジン的に歌うネズミ
2016年10月 大学ジャーナル アイナメ属の半クローン、配偶種変えてゲノム永続
 遺伝的多様性に乏しく、悪性の突然変異を排除できないことから、系統として長く続かないと考えられている半クローン動物の中で、その欠点を克服するゲノム維持戦略を持つ種がある
2016年9月 National Geographic Some Monkeys Have Blue Testicles—Here's Why
2016年9月 National Geographic JP  サルの睾丸、なぜ青い?
2016年9月 BBC News Scientists solve singing fish mystery
 夜歌う魚





2016年9月 AFP ゴケグモの雄、交尾後の共食い避ける「恐ろしい」保身術明らかに
 雌の成虫の餌食になることを避けるために、外生殖器がまだ発達していない幼い雌の外骨格を突き破って精子を注入
2016年9月 Science/AAAS Mating with younger females helps male spiders dodge cannibalism
2016年9月 National Geographic How Male Widow Spiders Avoid Being Cannibalized During Sex
2016年10月 スラド ゴケグモのオスは成熟していないメスを狙って交尾する


2016年9月 Nature 声で大きいふりをする
 コアラ、ライオン、チンパンジー、およびヒトなど72種の陸上哺乳類に関して、雄の音声の特徴と体のサイズとの関係を分析
 配偶者を得るための誇張された発声の実現と、交尾後に卵を受精させるための強い精子の生産とのトレードオフ
2016年8月 豪州ABC Frogs use ultrasonic calls to find mates near noisy streams
2016年8月 National Geographic Lions Sync When They Ovulate—But People Don't
2016年8月 National Geographic JP  ライオンのメスは排卵を同調、ヒトの生理と異なる
2016年8月 スラド 同じ群れに属するライオンの雌は一斉に発情期を迎える
2016年8月 京大 シロアリのオスによる同性ペアの意義を解明 未来のライバルと手を組む条件とは
  【PDF】
 オスメスペアの オスを殺すことで、巣を乗っ取る。
  乗っ取りが生じた場合、メスと繁殖できるの は、元オスオスペアの片方のオスのみ
2016年8月 LiveScience Male Termites Pair Up When Females Are Scarce
2016年8月 大学ジャーナル シロアリのオスは生きるために同性でペアを組む 京都大学
2016年8月 NatureJP  求愛歌の違いにイオンチャネルが関係
 ショウジョウバエ(Drosophila)の求愛行動の重要な要素の1つは、雄が翅を震わせて発する求愛歌
2016年8月 Nature 【動物学】ずるい雄をさりげなく排除する
 卵を水中に放出した後でもその卵を受精させる精子の決定に影響を与える
 ベラ科の魚類の一種オセレイテッドラス(Symphodus ocellatus)
 卵を取り囲む卵巣液を分泌することで、どの雄の精子によって卵の受精を行うのかを制御
2016年8月 【日本語ブログ】父親の養育行動と母親の多産性との関係
2016年8月 National Geographic How Peacock Spiders Get Their Bright Blue 'Butts'

シャチの閉経
2016年8月 BBC News Can killer whales help solve the mystery of menopause?
2016年7月 National Geographic JP  オスがメスに、メスがオスに1日20回も変わる魚
2016年7月 Science/AAAS How ‘colorblind’ cuttlefish may see in living color
 A unique kind of vision could explain their camouflage, mating behaviors
色盲魚
2016年7月 National Geographic Fish Found to Change Sex Up to 20 Times a Day
 性転換
2016年7月 National Geographic JP  オスがメスに、メスがオスに1日20回も変わる魚
2016年7月 Science 気候変動に対する性に特化した植物の応答は、性比や性行動に変化を与える
2016年7月 Science マラリアを媒介する蚊であるAnopheles gambiaeの、オスの性決定遺伝子が判明
2016年7月 Science/AAAS Bonobos lie about sex to keep the peace

 以上、 →2016年7〜12月の記事でした


→ 「性淘汰 性差・性行動の生物学」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー