文化人類学:
2016年〜

ほか「文化人類学」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2017年11月 AFP  「最後の1人まで戦う」 採掘業者迫るアマゾンで矢を研ぐ先住民
2017年11月 AFP  白人がもたらした死の伝染病はしか、生き延びたアマゾン先住民の新たな戦い
2017年10月 AFP  「通い婚」 廃れる中国少数民族の婚姻習俗
2017年10月 Nature ナバホ・ネイション(米国先住民ナバホ族準自治領)が、遺伝子研究の禁止を見直しへ。 Navajo Nation reconsiders ban on genetic research
2017年9月 AFP アフリカ先住民、「環境保全」名目で虐待対象に 英NGO報告
2017年9月 AFP ブラジル先住民10人以上を違法採金業者が殺害か 検察が捜査
2017年9月 LiveScience Alleged Massacre of Uncontacted Tribe Members Spurs Probe in Brazil
2017年8月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Maps reveal how Amazon development is closing in on isolated tribes
2017年8月 AFP ネパール、生理中の女性を隔離する慣習「チャウパディ」を犯罪化
 ヒンズー教の慣習
 生理が終わるまで「チャウ・ゴット」と呼ばれる粗末な小屋で寝起きしなければならない
 出産した直後の女性も対象
2017年6月 ワイアード 複雑な世界を伝えるために、ゼロから取材していく「人類学的ジャーナリズム」ができること
2017年6月 AFP 米政府、グアムで補償プログラム開始 旧日本軍から被害受けた先住民に
2017年6月 Nature Human Behaviour  どのような手段で生計を立てているかがヒトの社会的学習の戦略を決める
 Subsistence styles shape human social learning strategies doi: 10.1038/s41562-017-0098
  エチオピアの同じ民族集団から最近分岐した3集団が参加した一連の意思決定実験から、相互に依存している「牧畜民」と独立心の強い「園芸民」では、社会的学習への依存に差があることが判明した。
2017年5月 AFP ブラジル土地抗争で先住民が襲撃受ける、両手切断の被害も
2017年4月 本川・社会実情データ図録 世界の主な採集狩猟民と推定人口
  世界には約71万人と人口比で0.01%と少数だが人類が農耕時代に入る以前の狩猟採集時代の生活をなお維持している人々がいる
2017年4月 Science 他者の情報はどこに保管すべきか
2017年4月 Nature Human Behaviour  インド南部農村地域における社会的支援ネットワークと信仰心
 向社会的宗教行為をする人は、社会的ネットワークの構成員から向社会的な人と認識される結果、より大きな社会的支援を受けられる
2017年3月 National Geographic Why Pygmies Are Dealing Weed to Survive
2017年3月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS San people of Africa draft code of ethics for researchers
2017年3月 Nature South Africa’s San people issue ethics code to scientists
  さまざまな研究の対象になっているアフリカの狩猟採集民サン人が、独自の研究倫理規定を制定。
2017年3月 BioToday 自給自足の原始的生活を送るボリビア住民Tsimaneの冠動脈硬化有病率は僅か3%
2017年3月 BBC News 'Healthiest hearts in the world' found
2017年3月 LiveScience The World's Best Heart Health Found in Indigenous Amazon Group
2017年3月 AFP 先住民マオリ崇拝の川に「法的人格」認める、ニュージーランド
2017年3月 Nature Human Behaviour 
  地方の南インドの社会的なサポートネットワークと信仰心
2017年3月 Nature Human Behaviour 
 儀式の行動が協力を確かに予測するかどうかは熱く討論される。2つの南インド人村のすべてのおとなの居住者の間の研究評価宗派および社会的なリンクは、宗教の実行が相互の協力的なつながりをはっきりと予測すると気付く。これのような過酷な量的な現地調査は、長年の討論を解決するための強力な方法である。
2017年3月 Nature Human Behaviour  狩猟採取民のネットワークの評価と累積文化への影響
 Characterization of hunter-gatherer networks and implications for cumulative culture
 狩猟採集民の社会的相互作用を追跡する無線センサー
 コンゴ共和国とフィリピンの狩猟採集民では、血縁関係のない家族間を結びつける少数の強固な友人関係が、より効率的な社会的ネットワークを形作る
2017年2月 National Geographic Cannibalism—the Ultimate Taboo—Is Surprisingly Common
 Bill Schutt shows in his new book, Cannibalism: A Perfectly Natural History
2017年2月 LiveScience Live Science Book Giveaway: 'Cannibalism' by Bill Schutt
2017年2月 自治医科大 多文化主義という暴力 ―カナダ先住民サーニッチにとっての言語復興、アート復興、そして格差
2017年2月 【日本語ブログ】女性性器切除の文化的進化
2017年1月 AFP ボリビアの先住民パカワラ、絶滅の危機
 生存者として知られていた5人のうちの1人が、12月31日に死亡





2016年12月 National Geographic JP  アマゾンの「孤立部族」を偶然撮影、部族名も不明
2016年12月 National Geographic These People Are Using the Word of God to Save Animals


2016年11月 AFP アマゾン孤立先住民、違法採金者6人を弓矢で射殺
2016年11月 AFP アマゾンの孤立先住民、部族同士の衝突で死傷者 ペルー
 マシコ・ピロ(Mashco-Piro)は、自分たちが暮らす先住民保護区に入り込んだ別の先住民ナフア(Nahua)の20人ほどのグループを襲った
2016年9月 AFP アマゾン森林火災、先住民と野生動物が危機に ペルー
 保護区では、10集落の先住民約5000人が暮らしている。
2016年8月 AFP インドネシアの先住民が大切に保存する祖先のミイラ
 ダニ族のミイラを一目見ようと、世界中から多くの観光客がワメナを訪れる
2016年8月 北海道新聞 地下鉄さっぽろ駅にアイヌ文化拠点 工芸品や音楽など市民に発信
 2018年度、道都の玄関口である市営地下鉄南北線さっぽろ駅コンコースに、アイヌ文化を発信する拠点を新設
2016年7月 NatureJP 快い音:西洋文化から隔離されてきたボリビアのチマネ族社会を対象とする研究は、音楽的協和音に対する選好が文化に起源を持つことを示唆している
2016年7月 Nature アマゾンの音楽  Amazon music
2016年7月 Nature アマゾン先住民の不協和音に対する中立な反応から明らかになる音楽知覚の文化的差異
  Indifference to dissonance in native Amazonians reveals cultural variation in music perception
2016年7月 Science/AAAS Your culture—not your biology—shapes your musical taste
 音楽の好みは文化しだい
2016年7月 Nature News Poor musical taste? Blame your upbringing
2016年7月 スラド 南米アマゾンの先住民族は不協和音を聞いても不快に思わない
 南米アマゾン原住民のTsimane族と南米のボリビアの一般住民、そして米国人を対象に、音の「心地よさ」を評価
2016年7月 財経新聞 南米アマゾンの先住民族は不協和音を聞いても不快に思わない
2016年6月 AFP マラウイのアルビノ襲撃、「前代未聞」の勢いで増加
2016年5月 National Geographic Brazil Seeks to Save Isolated Amazon Tribe Threatened by Loggers
 Amazon Kawahiva Reserve イゾラド
2016年5月 National Geographic JP  【動画】アマゾンの孤立部族を保護へ、ブラジル政府
2016年3月 AFP アルビノ襲撃急増の背景を追う、国連専門家
 アルビノに対する暴力の大半は、アフリカ東部のタンザニアで発生している。
 さらに近年は、タンザニアから数千キロ離れたアフリカ南部や西部の国々でも、アルビノ襲撃事件が急増。そのうちの一つシエラレオネでは、07年以降少なくとも60人のアルビノが殺害されている。
 アルビノの遺体の部位が富をもたらすという自称「呪術医」の言葉
2016-01 AFP 先住民最後のワニ・レスラーが引退、米フロリダ州  先住民ミコスキー(Miccosukee)
2016-01 AFP 南アフリカの精神世界で活躍、数少ない白人少年のサンゴマ

 以上、 →2016年〜の記事でした


→ 「文化人類学」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー