脳、神経科学:
2007年9~12月

ほか「脳、神経科学」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


past心脳問題/脳研究と倫理/脳科学の未来

 関連項目→ 生命倫理・ヒトの未来
2007/12 【日本語記事】レスポンス 脳の研究センター開設…理研とトヨタ自動車など
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071214-00000017-rps-ind
2007/12 【日本語記事】MarkeZine トヨタと理研、交通事故ゼロを目指して「ニューロドライビング」研究をスタート
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071214-00000008-sh_mar-sci
2007/12 【日本語記事】毎日新聞 <トヨタ>理化学研究所と脳を共同研究 事故防止に活用
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071214-00000080-mai-bus_all
 【podcast 音声】科学なポッドキャスト
【英語】Neuroscience and the Law 【MP3ファイル】
2007-11-28 Scientific American:Science Talk
 「神経科学と法律、倫理」
2007/11 Wired I Was a Neuroscience Guinea Pig: How Scientists Scrambled My Brain
私は、神経科学モルモットであった:科学者は、どのように私の脳をごちゃまぜにしたか
The EuroBioForum conference
2007/11 EurekAlert Europe to tackle brain disorder research by linking industry, academia
脳障害研究に取り組むために ― ヨーロッパ は産業と学界を結ぶ
胎児脳銀行
2007/11 The Scientist Baby brain bank
ザグレブNeuroembryologicalコレクション、脳生体組織銀行
 受胎後第5週から、91才まで ―1,160のヒト脳と130,000の脳組織サンプルを保存中
 無傷の未熟児脳は、1990年代以前は保存技術が未熟で入手が困難だった
脳科学は、裁判のありようを一新するかもしれない
2007/10 MSNBC Brain scans may soon impact court decisions
 脳スキャンが、今後の判決に影響を与えていく可能性
 暴力行動を誘発しうる脳異常を見つけだしてくれる神経科学 +ガザニガ
 我々の行動に脳が影響を及ぼす事例が明らかになるにつれ、罪と無実の境目はどんどん泥沼化していくのだ

脳と知能


知能に影響するのは育ちより遺伝?
2007/10 ScienceDaily Intelligence: More Nature Than Nurture?
成人ヒト脳の灰白質・白質ボリュームにおけるバリエーションは、70-90%遺伝的に確定される

past脳はこんなこともやっている


2007/11 【日本語記事】Science日本版 自分のことがわからなくても他人のことはわかる 脳
2007/09 【日本語記事】Dr赤ひげ.COM 脳細胞の障害が2型糖尿病に関連
 ブドウ糖(血糖)に反応する能力に障害を来すと、2型糖尿病発症の一因に

past脳のメンテナンス


魚が脳に良い理由
2007/12 EurekAlert Why fish oil is good for you
 魚油の成分omega-3脂肪酸のドコサヘキサエン酸はLR11を増やしてくれる
 LR11はアルツハイマー病の治療に使えそうなタンパク質

past脳の成長過程 神経の盛衰


2007/11 ScienceDaily Antidepressants, Exercise, Age, Even Food Intake, Affect Generation Of New Brain Cells
抗うつ薬、運動、年齢、食品摂取量さえ、新しい脳細胞の発生に影響を及ぼす
2007/11 EurekAlert Adult brain cells are movers and shakers
成体脳細胞は、実力者である
 成熟したニューロンの部分集合は{可塑性の若い形態を保持することができる}
2007/10 PhysOrg Brain cell growth diminishes long before old age strikes, animal study shows
脳は、高齢期になる前に、細胞の成長が絶えてしまう
2007/10 EurekAlert New brain cells listen before they talk
新しい脳細胞は話す前に従う
 Newly created neurons in adults rely on signals from distant brain regions to regulate their maturation and survival before they can communicate with existing neighboring cells
 成人において新しく作成されたニューロンは、既存の近隣の細胞とコミュニケートすることができる前に、遠い脳領域からの信号によって成熟、サバイバルを制御される
 外傷や神経変性疾患によって失った脳細胞を成人の神経幹細胞で置換するための重要な含意を持つ 発見
2007/10 EurekAlert Brain needs perfection in synapse number
脳は、シナプス数で完成を必要とする
キンポウゲのように、脳は{まさに正しい} 割合を捜す。
情報を学び、保持することができる健康な脳になるには、幼い頃に確定されるシナプスの厳密な数または神経細胞の間のコミュニケーションが決定的である
2007/10 EurekAlert Engineers study brain folding in higher mammals
高位の哺乳類における脳のしわ研究
 エンジニアは、胎児の成長の間、脳と心臓を形づくることの共通基盤を発見している。
2007/09 EurekAlert EURYI project to understand how the brain wires during embryogenesis
胚形成の間、脳が配線する方法を調べよう
2007/09 PhysOrg From frogs to humans, brains form the same way
カエルから人間まで、脳は同じ段取りで作られる
哺乳類と両生類が ― 類似している神経の成長プロセス
2007/09 EurekAlert A molecule that protects from neuronal disorders
{神経障害から保護する} 分子
大脳皮質の成長において必要かつ障害を防ぐタンパク質
2007/09 New York Times Change in Older Brains Tied to Use of Statins
スタチン系薬剤の使用と結びつけられる高齢の脳における変化

past子供から大人へ


2007/09 Scientific American Fetal Neurons Still Operate in Adult Brain

past脳は機能の柔軟性が高いデリケートな器官


2007/11 【日本語記事】Science日本版 治癒に関わる脳領域は変化していく
治癒に関わる脳領域は変化していく ~伊佐正
2007/11 【日本語記事】朝日新聞 脊髄損傷の回復へ脳がんばる 生理学研、画像で初確認
http://www.asahi.com/health/news/TKY200711150390.html
リハビリで、脳の本来は使われない領域の活動が高まる ~サル
2007/11 【日本語記事】Science日本版 脊髄損傷後の手指の巧緻運動に対する経時的な脳の機能代償的機構
Time-Dependent Central Compensatory Mechanisms of Finger Dexterity After Spinal Cord Injury
Yukio Nishimura, Hirotaka Onoe, Yosuke Morichika, Sergei Perfiliev, Hideo Tsukada, and
Tadashi Isa
2007/11 EurekAlert Effects of social isolation traced to brain hormone
脳ホルモンで確認される社会的隔離の影響
 社会的な隔離から生じる不安・攻撃性は、脳ホルモンの生産を制御する酵素量の変化にまでさかのぼった。
 酵素(5-alpha-reductaseタイプIと呼ばれている)のうちの1つのレベルは、ほぼ50%、寂しいネズミで減少した。
2007/10 EurekAlert What's the brain got to do with education?
脳は、教育にどんな含意を持つ?
2007/09 PhysOrg Adult brain can change, study confirms
大人の脳、変わることができる
可塑性が、成人ヒト主要感覚の皮質で存在する。
成人視覚皮質は、実際に{変化が視覚の認識に影響を及ぼす} reorganizeをする。
2007/09 Times Rewiring the Brain

past脳は故障がおきやすいデリケートな器官


2007/12 EurekAlert Overexcited neurons not good for cell health
細胞の健康に良くない 過度に興奮するニューロン
 線虫で神経伝達物質を制御する転写要素の突然変異は、神経のシグナリングでアンバランスの原因となり細胞中でタンパク質ダメージを発生させる
2007/12 EurekAlert Study finds brain differences in adolescents with mental illness
精神障害のティーンエージャーに脳の違い
 性的成熟は、{若者で躁鬱病あるいは統合失調症の一因となる} 脳の領域に対するインパクトを持つかもしれない
ブタの屠殺場で発生した奇病、ブタ脳の飛沫が原因か!?
2007/12 MSNBC Pig-brain mist suspected in workers' disease
2007/10 BBC News Find 'offers motor neurone hope'
 angiogenin分子の変異バージョンは、モーター・ニューロンに有毒である
 軸索を 延長する能力に影響を及ぼす
2007/09 【日本語記事】朝日新聞 タミフルの脳への興奮作用、ラットで実証 米の邦人教授
http://www.asahi.com/science/update/0929/TKY200709290068.html
2007/09 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン タミフルが若いラットの脳細胞を興奮させることが判明
http://slashdot.jp/science/article.pl?sid=07/09/30/0933230
2007/09 BBC News Stomach virus 'may trigger M.E'.
胃ウイルスは、筋痛性脳炎の引き金を引くかも
 エンテロウイルス
2007/09 EurekAlert Chronic fatigue syndrome linked to stomach virus
胃ウイルスに結ばれる慢性疲労症候群

脳腫瘍


多型性神経膠芽腫
2007/10 EurekAlert Mayo Clinic tests novel vaccine for aggressive brain tumors
悪性脳腫瘍に新しいワクチンをテストする

脳卒中 脳溢血  脳外傷


2007/12 EurekAlert Some types of temporary neurological problems associated with increased risk for stroke, dementia
 あるタイプの一時的な神経学上の問題は、卒中や認知症の高めのリスクを伴う
 TNAs(Transient neurological attacks)
 一過性の一時的な神経症状を伴う短時間の発作(例えば一時的な記憶喪失あるいは混乱)
一部の脳外傷は、PTSDを減らすっぽい
2007/12 EurekAlert Study suggests some brain injuries reduce the likelihood of post-traumatic stress disorder
ベトナム帰りの新しい軍人研究は、示す ― 脳の特定の部分の怪我で、心的外傷後ストレス障害の発病率が下がる気配
2007/12 BBC News Call for stroke care improvements
卒中治療の改良へ10年計画:イギリス
微小脳卒中に見舞われた人は、一週間以内に大きな卒中をおこす率が高い
2007/11 BBC News 'Risk raised' after mini-stroke
ミニ卒中の後の『リスク上昇』
Diffusion Tensor Imaging (DTI:拡散異方性画像)
2007/10 EurekAlert Imaging shows structural changes in mild traumatic brain injury
DTIは、マイルドな脳外傷の白質構造変化を示す
 それは、認知障害患者でさえ軽度外傷の脳障害と相関する。
2007/10 BBC News Clue to chemistry of mini-strokes
ミニ卒中の化学的手がかり
 尿酸値の高い高齢者は、{老化で潜在的に心の衰えを引き起こす} 微細脳卒中に見舞われやすい
脳ダメージにさいなまれる何千ものアメリカ兵
2007/09 Washington Post Thousands of GIs Cope With Brain Damage
イラク戦争が落とす影:脳に損傷を受けた兵士が続々と!
Thousands of troops have been diagnosed with traumatic brain injury, or TBI.
脳外傷またはTBI

脳脊髄液減少症


2007/10 【日本語記事】時事通信 脳脊髄液減少症に理解を=診療まで2年半超-保険適用求め署名開始・患者団体
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071009-00000013-jij-soci
2007/10 【日本語記事】読売新聞 「脳脊髄液減少症」患者の3分の1、有効な治療受けられず
 http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/life/20071005i401-yol.html

神経難病


2007/12 EurekAlert SLU researchers show how to stop muscle weakness caused by myasthenia gravis
重症筋無力症による筋肉衰弱を止める方法を示す
 免疫反応のカギ段階を妨げることによって防げる可能性
2007/12 EurekAlert UVA reports surprising findings related to myotonic muscular dystrophy
筋緊張性ジストロフィー
 過度のNKX2-5は、{ 70パーセントのDM1によって個人への60ぐらいが心臓疾患を開発する} 理由を説明するかもしれない
Batten disease(ニューロンセロイド脂褐素症、NCL)
 20代で死を迎える神経難病の、マウスモデルにおける研究
2007/12 EurekAlert Research unveils new hope for deadly childhood disease
研究は、致命的な子供時代病気において新しい希望を明らかにする
2007/10 EurekAlert U-M scientists find new causes for neurodegeneration
U-M科学者は、神経変性疾患において新しい原因を発見する
 PI(3,5)P2 plays a key role in the survival of nervous system cells.
2007/10 BBC News Muscular dystrophy trial to start
遺伝子治療試験始める 筋ジストロフィー
2007/10 EurekAlert The accumulation of sugar in neurons may explain the origin of several neurodegenerative diseases
ニューロンにおける糖の蓄積は、神経変性のいくつかの病気の起源を説明するかもしれない
2007/09 news@nature.com Gene knockout extends life of mice with ALS
Deleting a single gene almost doubles lifespan.
2007/09 【日本語記事】読売新聞 筋ジスの進行抑える可能性、性機能不全治療薬に
「シアリス」(一般名=タダラフィル)
筋ジスを発症するマウスの筋肉を、顕微鏡を使った特殊な方法で観察
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20070901i412.htm

多発性硬化症


2007/12 BBC News Antibiotics 'could help slow MS'
抗生物質は、『多発性硬化症を遅くする』可能性
2007/11 EurekAlert Jefferson neuroscientists show anti-inflammation molecule helps fight MS-like disease
抗炎症分子は多発性硬化症に似た病気との闘いを助ける
2007/11 BBC News Blood pressure drug hope for MS
多発性硬化症に血圧薬で希望
2007/10 EurekAlert Simple eye scan opens window to multiple sclerosis
シンプルな眼スキャンは、窓を多発性硬化症に開ける
 5分の眼試験は、安く効果的な手段である:疾患の進行の特徴である脳萎縮を検出するための
2007/10 New York Times New Scanner May Improve Exams for Multiple Sclerosis
2007/10 EurekAlert Antibody leads to repair of myelin sheath in lab study of multiple sclerosis and related disorders
抗体と、多発性硬化症におけるミエリン鞘障害の修復作業
 は、単一の小さいヒト抗体投与は、モデルネズミでミエリン修復を執行した
2007/10 BBC News MS nerve damaged repaired in lab
多発性硬化症神経のダメージを研究室で修理
2007/09 EurekAlert Cell-surface sugar defects may trigger nerve damage in multiple sclerosis patients
細胞-表面糖障害は、多発性硬化症患者で神経ダメージの引き金を引くかもしれない

パーキンソン病


2007/12 EurekAlert Green tea may protect brain cells against Parkinson's disease
緑茶は、脳細胞をパーキンソン病から保護するかもしれない
2007/11 【日本語記事】Science日本版 
ちょっと待て:パーキンソン病における衝動性と脳深部刺激法および薬物治療法との関係
Hold Your Horses: Impulsivity, Deep Brain Stimulation, and Medication in Parkinsonism
落ち着いて判断する正常な能力を脳深部刺激法DBSが選択的に妨げるのは、意思決定の際に葛藤が生じる場合である
DBSの治療を受けたパーキンソン病患者では、独立した2つのメカニズムによって衝動性が生じる
2007/10 EurekAlert  St. Louis University scientists identify chemical that triggers Parkinson's disease
{パーキンソン病を誘発する} 化学物質を特定する
 ドーパミンは、{それを産み出す} 細胞を破壊することで実際に役割を演ずる
2007/10 ScienceDaily Chemical That Triggers Parkinson's Disease Discovered
脳深部刺激療法によるパーキンソン病治療
2007/10 EurekAlert Hold your horses

ハンチントン病



高次脳機能障害



てんかん


2007/12 EurekAlert Early treatment stops epilepsy in its tracks
早期治療は、癲癇の進行を止める
 遺伝的に素因を作られた動物モデルで、癲癇の進行を抑制することは可能である
2007/11 【日本語記事】時事通信 発作で脳神経のつなぎ目減少=難治性てんかんで記憶障害メカニズム解明-都研究所
 http://news.goo.ne.jp/article/jiji/life/jiji-08X772.html
2007/11 【日本語記事】毎日新聞  てんかん:手術も有効 早期実施で知的発達にも好影響
http://mainichi.jp/select/science/archive/news/
2007/11/07/20071107ddm013100105000c.html
2007/10 EurekAlert Quality of life study examines burden of epilepsy
生活の質(QOL)研究は、癲癇の重荷を調べる
2007/10 EurekAlert Epilepsy drugs may cause sexual disorders
癲癇薬は、性的な障害を引き起こすかもしれない
 生殖力・生殖障害は、薬物投与の使用中止で元に戻せる
日本の名品: 脳ラジエータ
2007/10 New Scientist Invention: Brain radiator
 ひどい癲癇性の発作では、過度に興奮する脳細胞が脳の温度を上げて障害を起こしかねない。
 山口大学の斉藤俊(Takashi Saito)たちは、外科的に脳に植え込む冷却パイプを開発した。

※ 2007/05 読売新聞 「脳冷却→てんかん抑制を実証…米専門誌に発表=山口大学」
※ 2007/06 山口大学医学会 重症脳障害患者に対する血管内冷却カテーテルの使用
※ 山口大学研究推進体 低侵襲機能温存外科手術法に関する研究

トゥーレット


Deep Brain Stimulation (DBS) 脳深部刺激療法
2007/11 EurekAlert University Hospitals Case Medical Center finds new treatment holds promise for Tourette syndrome
新しい治療法がトゥーレット症において保持する望み
コマネチ!
 トゥーレットの子は一部の言語技能が特に優れている
2007/09 ScienCentral Tourette's Brain Speed

頭痛


2007/12 BBC News Clue to migraine headache cause
偏頭痛原因の手がかり  患者が偏頭痛発作に見舞われると視床下部領域に活性化







past昏睡



past脳の修復、神経の再生や増殖


2007/12 EurekAlert Stimulating muscles may improve musician's dystonia
筋肉を活気づけることは、音楽家のジストニアを改善するかもしれない
 {手筋肉を活気づける} 治療は、音楽家のジストニア(音楽家で筋肉痙攣の原因となる運動障害)と呼ばれている状態を改善するのを助けるかもしれない。
2007/12 EurekAlert Intensive training post-spinal cord injury can stimulate repair in brain and spinal cord
特訓ポスト-脊髄怪我は、脳、そして、脊髄で修復作業を活気づけることができる
2007/12 EurekAlert Neurotransmitters in biopolymers stimulate nerve regeneration
生物高分子の神経伝達物質は、神経再生を活気づける

past脳が情報を処理する機序、学習・記憶する機序

 関連項目→ 記憶・学習
2007/12 BBC News Brain 'irrelevance filter' found
脳『不適切フィルタ』見いだされる
 良い記憶力に必要な脳領域「不適切フィルタ」は基底核に
2007/11 EurekAlert Mapping the selective brain
選択的な脳をマップすること
 {脳が選択的に視覚、音、他の感覚の入力の連続するカスケードから、重要である情報の区別を増幅する} 方法
2007/11 【日本語記事】Science日本版 迷いによる行動の調節への前頭連合野背外側部の記憶機能による関与
2007/11 New Scientist Brain can juggle eight balls at once
脳は、同時に8つのボールをお手玉することができる
 でも 1秒につき0.15メートル以上の動く速度ともなると、いかなる対象も― {参加者が追従できる可能性はなかった} 。
2007/10 【日本語記事】毎日新聞 脳:違いに応じ速度認識、領域が存在
 理研脳科学研究センター、世界初の確認
http://mainichi.jp/select/science/archive/news/
2007/10/21/20071021ddm016040011000c.html
麻酔のかかった患者さんは話を聞いている
2007/10 BBC News Sedated patients can hear speech
2007/10 New Scientist Spontaneous brain activity causes 'unforced errors'
自然発生的な脳活動は、『思わぬ過失』を引き起こす
2007/09 EurekAlert How the brain handles surprise, good and bad
脳は、どのように思いがけない「良い・悪い」を取り扱うか
 脳の感情センターで、刺激の嫌悪-報酬「感情価」を処理する回路から、驚きの処理回路を弁別しはじめる
2007/09 EurekAlert New understanding of basic units of memory
記憶の基礎単位の新しい理解力
 分子の「リサイクル工場」は、脳で神経細胞を可能にする ― 2つの表面上矛盾した機能を実行するために
 新しい経験を記録する ― 時間にわたってこれらの記憶を維持する
2007/09 MSNBC Brain's memory capacity less than thought
脳のメモリ容量は想定外に少ないぞ
ニューロン10億の機能が制限される原因は連結性の問題
2007/09 【日本語記事】Science日本版 連合記憶と安定して相関する神経活動の局在
Localization of a Stable Neural Correlate of Associative Memory

ミラーニューロン


ミラーニューロンから共感の源へ
2007/11 New Scientist Source of human empathy found in brain
脳で発見されるヒト感情移入の出処

past脳のいろいろな部位の機能/脳内物質・神経伝達物質 神経研究


2007/12 EurekAlert Sleep chemical central to effectiveness of deep brain stimulation
脳深部刺激療法の効果に大事な睡眠化学物質
2007/12 【日本語記事】Nature@日本 神経:外部刺激に敏感なシナプス
単一の神経結合が外部環境からの刺激に対して予想を上回る感受性をもつ
2007/12 news@nature.com The power of a single neuron
単一のニューロンの権力
Stimulating one brain cell can be enough to change behaviour.
2007/12 BBC News Single brain cell's power shown Nerve cell
個々の細胞は想像以上にスゴイ? 単一の脳細胞が神経細胞のパワーを示す
2007/12 MSNBC Scientists discover how brain triggers shivering
脳内の「震え」引き金
2007/12 【日本語記事】時事通信 シナプス形成の様子を観察=「接着分子」の役割解明-東大
 http://news.goo.ne.jp/article/jiji/life/jiji-17X250.html
幼少期に繁茂したシナプスを大人に向けて刈り込んでいくのは免疫がなさっているのか
2007/12 EurekAlert Immune system may target some brain synapses, Stanford researchers find
免疫システムは、一部の脳シナプスに目標を定めるかもしれない
2007/12 EurekAlert Biocapture surfaces produced for study of brain chemistry
脳化学の研究にBiocapture表面はいかが
transitivity
2007/12 EurekAlert Neurons in the frontal lobe may be responsible for rational decision-making
前頭葉のニューロンは、合理的な意思決定をになうらしい
2007/12 EurekAlert Protein protects brain against compound in lead poisoning, liver disease
脳を鉛中毒や肝臓病から保護するタンパク質
 潜在的に有毒な天然化合物からネズミの脳を保護するタンパク質PEPT2
2007/12 【日本語記事】Nature@日本 神経:シナプス活動の分担
神経終末での神経伝達物質の放出は、Ca2+流入を引き金として起こる
同期性放出と非同期性放出に対し、それぞれ独立したCa2+センサーが存在する
2007/11 【日本語記事】Science日本版 粘着性の分子が神経の絶縁性を高め保護している
Sticky Molecule Seals Off Nerve Insulation
2007/11 EurekAlert Molecular 'foreman' discovered for brain wiring
脳配線において発見される分子の『主任』
  神経の関係再構築の引き金を引くことにおいて責任があるマスター調整分子
2007/11 EurekAlert Salk scientists identify key nerve navigation pathway
Salk科学者は、カギ神経ナビゲーション経路を特定する
 マゼランと命名される突然変異は、神経細胞の航路をはずれさせてしまう
2007/11 【日本語記事】Nature@日本 神経:眠れる者よ、目覚めよ
脳細胞で遺伝子操作を行うことで、それぞれ異なる色の光パルスに応答する脳細胞活性を変化させられる
ヒポクレチン(Hcrt)を産生する視床下部のニューロンは、睡眠から覚醒状態への移行時に活性を示す。
光に反応するよう遺伝子操作したマウスの Hcrtニューロンに光刺激を与えると、睡眠から覚醒への移行の可能性が高まり、 刺激する光の波長を短くすると、より急激な覚醒が起こる。
2007/11 EurekAlert Scientists zero in on the cellular machinery that enables neurons to fire .
科学者は、ニューロンを発火可能にする細胞仕掛けの上で、ねらいを定める。
 研究者の1つのグループは、 パドルと呼ばれているイオンチャンネルの部分が異なるチャネルの間でユニークに移植できることを示す。
 もう一つのグループは、 原子スケールの上でイオンチャンネルの三次元構造を徹底調査するためにこの特性を利用した。
2007/11 ScienceDaily 'Runner's High' May Also Strengthen Hearts
『ランナーズ・ハイ』は、心臓も強化するかもしれない
エンドルフィンなどのオピオイドは、心臓発作から保護してくれるかも
2007/10 【日本語記事】Nature@日本 神経:神経伝達物質の輸送
塩素イオンの結合位置はナトリウムイオンの1こ隣。
http://www.natureasia.com/japan/nature/updates/index.php?i=60776
2007/09 EurekAlert Area deep within the brain found to play role in sensory perception
感覚の知覚で役割を演ずる脳の深い領域
The ventrolateral nucleus (VL) of the thalamus  視床の腹外側核
2007/09 EurekAlert Neuronal conduction of excitation without action potentials based on ceramide production
セラミド生産に基づく活動電位のない刺激の神経の伝導
2007/09 EurekAlert Specific brain protein required for nerve cell connections to form and function
神経細胞のコネクションにおいて形態と機能に必要とされる特定の脳タンパク質
 細胞接着タンパク質ニューレキシン
2007/09 Social Cognitive and Affective Neuroscience
 Distinct regions of medial rostral prefrontal cortex supporting social and nonsocial functions
社会的な及び社会性がない機能をサポートしている内即吻側前頭葉前部皮質の明白な領域
2007/09 【日本語記事】読売新聞 神経細胞を正しく配線、“目印”のたんぱく質を発見
幼虫になる前のショウジョウバエを解剖。たんぱく質「Wnt4」が、伸びる神経細胞を拒絶
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20070901it11.htm

脳-血液関門


2007/12 EurekAlert The blood-brain barrier: A misunderstood key to finding life-saving cures to brain disease
脳血液関門:誤解されたカギ ― 脳病気に救命治療を発見することへの
2007/11 EurekAlert New study finds blood-spinal cord barrier compromised in mice with ALS
新しい研究は、ネズミでALSによって累を及ぼされる血液-脊髄バリアを発見する

性差


2007/09 Social Cognitive and Affective Neuroscience
 Gender difference in neural response to psychological stress
心理的なストレスへの神経の反応におけるジェンダー差異

遺伝子がらみ


2007/10 EurekAlert Genetic contributions to human brain morphology and intelligence
ヒト脳形態学と知性に対する遺伝子の貢献
 双子研究は示した ― 遺伝子の効果が地域的に脳の範囲内で異なることを
 高位の遺伝率に前頭葉ボリューム(90-95%)、 中程度に海馬(40-69%)
 環境要因はいくつかの内即脳領域で卓越している
麻酔薬の作用機序
2007/10 EurekAlert How does the opioid system control pain, reward and addictive behavior?
どのように、オピオイド・システムは、苦痛、報酬と習慣性の行動を制御するか?
 ミュー、デルタ、カッパの3つのオピオイド・レセプター遺伝子
2007/09 EurekAlert Loss of gene leads to protein splicing and buildup of toxic proteins in neurons
遺伝子の喪失はタンパク質のスプライシングを率い、ニューロンで有毒なタンパク質を形成する
 Clumps of this protein, TDP-43, have been found in a number of older age dementias, including Alzheimerユs Disease (AD), Frontal Temporal
Dementia (FTD), and in amyotrophic lateral sclerosis (ALS).

past 脳検査技術 脳波


2007/12 【日本語記事】ワイアードビジョン 「脳スキャンの実験台に」体験レポート(2)
2007/12 【日本語記事】ワイアードビジョン 「脳スキャンの実験台に」体験レポート(1)
2007/12 EurekAlert World's most powerful MRI ready to scan human brain
世界最強なヒト脳スキャンMRI
2007/11 BBC News 'Super' scanner shows key detail
『スーパー』スキャナは、カギ詳細を示す
 前例がない明快さの3Dボディイメージを産み出す ―しかも 80%も放射能を減らす新しいスキャナ
2007/11 【日本語記事】Science日本版 核磁気共鳴分光法を用いて、生きたヒトの脳内の神経前駆細胞を同定する
Magnetic Resonance Spectroscopy Identifies Neural Progenitor Cells in the Live Human Brain
2007/11 EurekAlert Team of scientists develops non-invasive method to track nerve-cell development in live human brain
生きているヒト脳の中で成長する神経細胞を追跡できる非侵入性の方法を開発
2007/11 【日本語記事】Science日本版 核磁気共鳴分光法を用いて、生きたヒトの脳内の神経前駆細胞を同定する

2007/11 【日本語記事】Nature@日本 Brainbowによる多色標識法:脳の神経接続状態を示す虹色の地図
 脳回路内にある多数の細胞を一度に可視化する「Brainbow」法
 数百ものニューロンをそれぞれ色分けして標識できる
2007/11 news@nature.com Colours light up brain structure
 多色刷りの『brainbow』で見る神経回路。
2007/11 BBC News Cell stains create a 'brainbow'

 【podcast 音声】科学なポッドキャスト
【英語】Diagrams of the Brain Paint a Colorful 'Brainbow' 【MP3ファイル】
虹色にカラフルな脳の図『ブレインボー』登場
Researchers have developed a new technique to label individual neurons in the brain in different colors. This method, which the scientists have dubbed 'brainbow,' could help shed light on brain function in a way that traditional staining methods don't allow.
2007-11-05 サイエンス・フライデイ Science Friday

脳スキャンで心を読む


2007/11 New Scientist Mapping brain could translate thoughts into speech
脳マップで、思考を言語に翻訳できる可能性
2007/11 EurekAlert Brain implant turn thoughts to words .
脳内インプラントで思考を言語に変換する
 2004年に脳の表面下6ミリにワイヤレス電極を植え込んだラムジーさん
2007/11 BBC News Paralysed man's mind is 'read' .
麻痺する男性の心は、『読まれる』。
偽りの記憶は、脳を見ろ
2007/11 news@nature.com  False memories show up in the brain
 あなたの脳は無意識に記憶の真偽を区別することができている
2007/11 New Scientist  Brain can tell real memories from false ones
脳は、記憶の偽造とリアルを見分けてる

バーチャル脳


ネズミの脳をバーチャルで構築する
2007/12 Guardian Lab comes one step closer to building artificial human brain
2007/09 EurekAlert 3-D fruit fly images to benefit brain research
脳研究に貢献する3-D ショウジョウバエ・イメージ
MRCヒト遺伝研究で開発されたイメージング技術によって
optical projection tomography (OPT)
初めてショウジョウバエの内部の驚くべき3Dイメージを生成

past 脳を操作するツール

 別項参照 サイボーグ
患者が脳信号で装置を動かす新しいアルゴリズム
2007/10 EurekAlert MIT aids creation of neural prosthetic devices
MITは、神経の補綴の装置の創造を促進する

past 動物


dynamic connectivity ダイナミックな連結性
2007/12 EurekAlert Neuronal circuits able to rewire on the fly to sharpen senses
ハエの感覚を鋭敏にするために配線替えすることができる神経回路
精神障害の動物モデルを開発せよ
2007/11 news@nature.com SPECIAL REPORT: Model behaviour
 今や人間の脳は、かつてのようなブラックボックスではなくなった

past 脳の進化



past ほか


 【podcast 音声】科学なポッドキャスト
【英語】Brain Surgery その1【MP3ファイル】 その2【MP3ファイル】
2007-11 ABC@オーストラリア All in the Mind
 「脳手術に挑む」

 この音声ファイルは内容をテキストで読むことができます。
 ネット その1: Transcript
 ネット その2: Transcript
 「読みながら聞く」ことができて、英語のヒアリング練習に持ってこいです。
脳の新大陸図をこしらえてみました ~ニュージーランド
2007/11 New Brainland Map
 拡大すると、ニューロン島やアクソン海峡があったりしたと思う


 以上、 →2007年9~12月の記事でした


→ 「脳、神経科学」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー