脳、神経科学:
2007年5~8月

ほか「脳、神経科学」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


past心脳問題/脳研究と倫理/脳科学の未来

 関連項目→ 生命倫理・ヒトの未来
2007/08 BBC News Project to boost brain knowledge
脳知識急増計画
l.40m研究は、開始された ― {脳が機能する} 方法の科学者の理解を改善するために。
スコットランドの6大学による5年計画 世界中の一流研究者を集結せよ
2007/05 PhysOrg Pioneering study maps attention, memory and language links in the human brain
ヒト脳で注意力、記憶と言語つながりをマップする研究
 ホタルなどのコミュニケート研究するアリゾナ大学科学者の5年計画に100万ドル
2007/05 【日本語記事】毎日新聞 川島・東北大教授:産学連携収入投じ、脳の動き解明へ

脳と知能


2007/05 EurekAlert Bigger is smarter
頭の大きさと頭の良さ 相対的でない、全体的な脳サイズは知性予測する

past脳はこんなこともやっている


ロリコンの脳には灰白質が足りないのかな
2007/08 New Scientist Paedophiles may have less grey matter
 眼窩前頭皮質(orbitofrontal cortex)のあたりがね…
2007/07 【日本語記事】Science日本版
 脳におけるIRS2を介するシグナル伝達は、寿命と栄養のホメオスタシスを調節する
Brain IRS2 Signaling Coordinates Life Span and Nutrient Homeostasis
ヒザを痛めやすい選手は脳を診て
2007/07 EurekAlert Accident-prone? Scientists link brain function to knee injuries
怪我しやすい? 脳機能のせいで起こしてしまうひざ外傷
2007/06 New Scientist Having children alters the brain
子供を持つと、脳が変わる

past脳のメンテナンス


ヨガでギャバが増えるよ
2007/05 EurekAlert Yoga and elevated brain GABA levels
ヨガと高い脳GABAレベル うつ病のヨガ治療ありえる

past脳の成長過程 神経の盛衰


2007/06 【日本語記事】産業技術総合研究所 脳の発達には脳内コレステロール合成が欠かせないことを発見
 脳の発達に重要な新しいメカニズムの発見
2007/06 【日本語記事】毎日新聞 大脳皮質:脳形成の酵素発見 アルツハイマー治療に期待--理研など
2007/05 PhysOrg Growth factors and environment combine to increase brain maturation
発育因子と環境は連合して脳成熟を増大させる
2007/05 EurekAlert Adult brain cells rediscover their inner child
 Hopkins study shows adult-born nerves experience brief period of child-like learning
2007/05 EurekAlert New adult brain cells may be central to lifelong learning
生涯の学習に中心的な新しい成人脳細胞が、存在するかもしれない
2007/05 New Scientist Adult-formed brain cells important for memory
新参者の脳細胞は先輩のスネをかじる
2007/05 EurekAlert Newborn neurons like to hang with the 'in' crowd
新生ニューロンは、すでに十分に接続されている成熟した脳細胞に優先して接触する

past子供から大人へ


子供と大人とでは、タスク・コントロールのための2種類の脳内ネットワークがそれぞれ成長度合いが異なっている
2007/08 【日本語記事】ワイアードビジョン 脳をネットワーク構造的に分析
2007/05 EurekAlert A first glimpse at healthy brain and behavioral development
 First report from large-scale study establishes norms for 6- to 18-year-olds
2007/05 Discovery Brain Reaches Adult Levels by Age 12
脳は、年齢12までに成人レベルに達する

past脳は機能の柔軟性が高いデリケートな器官


2007/07 New Scientist Man with tiny brain shocks doctors

past脳は故障がおきやすいデリケートな器官


アルツハイマー病やパーキンソン病の初期徴候としての嗅覚障害
2007/08 International Herald Tribune Sniff test may detect disorders in early stages
2007/08 news@nature.com HIV triggers the 'opposite of cancer' in the brain
Study unpicks how AIDS causes dementia.
神経細胞の成長を妨げるHIV:一部のエイズ患者が認知症になる理由
2007/08 BBC News HIV's double hit on brain cells
2007/07 EurekAlert Rutgers scientists discover brain cell development process implicated in mental retardation
精神薄弱で関係する脳細胞成長プロセス
2007/07 PhysOrg Brain abnormalities found in people with writer's cramp
書痙 [しょけい]で発見される脳異常
 脳の3つの領域で灰白質が少なめ:小脳、視床、そして、感覚運動皮質。
2007/08 【日本語記事】Dr赤ひげ.COM 書痙(しょけい)患者に脳の構造異常
2007/06 EurekAlert Early environmental exposure may accelerate age-related neurodegeneration
初期の環境の暴露は、加齢に伴う神経変性疾患を速めるかもしれない
研究は、脳における鉄と一般的な除草剤の相乗効果を示す

脳腫瘍


2007/06 BBC News Brain tumour link to pesticides

脳卒中 脳溢血  脳外傷


2007/05 EurekAlert Pediatricians and pathologists see traumatic brain injury differently
小児科医と病理学者は、外傷の脳損傷を異なって見る
 児童虐待の可能性と調査の必要性判断において
 小児科医と病理学者は5割のケースで同意できず ~架空の脳外傷シナリオで
2007/05 New Scientist Alzheimer's drug offers hope for stroke sufferers
2007/05 【日本語記事】朝日新聞 水素で有害な活性酸素を撃退 日本医科大が発見
2007/05 【日本語記事】読売新聞 脳梗塞治療、水素が効果 日本医大チームが動物実験で確認
2007/05 EurekAlert How the brain's backup system compensates for stroke
脳の予備のシステムは、どのように卒中を補償するか

脳脊髄液減少症


2007/07 【日本語記事】読売新聞 脳脊髄液減少症、診断基準など策定へ…厚労省
事故、運動時のけがで発症

神経難病


2007/08 EurekAlert New research shows how chronic stress worsens neurodegenerative disease course
慢性のストレスが神経変性疾患を悪化させる理由
2007/07 EurekAlert Geisinger scientist seeks cure for Lou Gehrig's disease, creating device to find treatment
2007/06 EurekAlert UCLA, Italian chemists move closer to solving Lou Gehrig's disease mystery
筋萎縮性側索硬化症(ALS)の特定の形態で、キー役割を演ずるタンパク質
2007/05 EurekAlert Findings suggest current approach to drug discovery for Lou Gehrig's disease be re-examined
筋萎縮性側索硬化症に、生化学的に異なる2つの疾患形式があることを発見

多発性硬化症


2007/07 BBC News Sunshine 'protective' against MS
2007/07 【日本語記事】Nature@日本 医学:多発性硬化症の臨界要因?
2007/05 New Scientist Testosterone protects brain in men with MS
2007/05 EurekAlert Testosterone may help men with multiple sclerosis

パーキンソン病


2007/08 【日本語記事】Science日本版 パーキンソン病を引き起こす犯人が特定?
2007/08 【日本語記事】Science日本版 パーキンソン病を引き起こす犯人が特定?
A Parkinson’s Disease Player Identified?
マイクロRNA、miR-133bが中脳ドーパミンニューロンの成熟、機能、および生存に関与
パーキンソン病患者の中脳ではこの miR-133bの発現がみられない
2007/08 BBC News Ovary removal 'raises brain risk'
卵巣除去は、『脳リスクを高める』
{更年期の前に卵巣を摘出される女性は、パーキンソン病と記憶問題のリスクを増大する可能性があった。
2007/07 【日本語記事】Science日本版
 サーチュイン2インヒビターは、パーキンソン病モデルにおいてαシヌクレインによる神経毒性を軽減させる
2007/07 【日本語記事】Science日本版
 サーチュイン2インヒビターは、パーキンソン病モデルにおいてαシヌクレインによる神経毒性を軽減させる
Sirtuin 2 Inhibitors
Rescue α-Synuclein-Mediated Toxicity in Models of Parkinson's Disease
GDNF
2007/07 BBC News Hope for new Parkinson's therapy
 Scientists have discovered a protein which may help to slow, or even reverse symptoms of Parkinson's disease.
dopamine neurotrophic factor (CDNF)
2007/07 EurekAlert Depression often untreated in Parkinson's disease patients
しばしばパーキンソン病患者で治療されずじまいのうつ病
2007/07 EurekAlert Scientists identify 2 distinct Parkinson's networks
パーキンソン病が現れる脳内ネットワークは2つある
 運動障害以外のもう一つのネットワーク:認知思考・日常的課題遂行能力
2007/07 EurekAlert Is the treatment of Parkinson's disease possible with a new neurotrophic factor in the future?
  CDNF (Conserved Dopamine Neurotrophic Factor).
2007/06 【日本語記事】Nature@日本 医学:パーキンソン病との取り組み
 マウスモデル:カルシウム拮抗薬のイスラジピン投与で起きるイオンチャンネルの「若返り」がDAニューロンを保護する
2007/06 EurekAlert High blood levels of urate linked to lower risk of Parkinson's disease
血中の尿酸塩レベルが高いとパーキンソン病リスクが低め
2007/05 【日本語記事】 UK Today (JAPAN JOURNALS) 殺虫剤の利用で、パーキンソン病の発症リスクが41%増
2007/05 BBC News Pesticides 'up Parkinson's risk'
2007/05 EurekAlert Implanting dopamine generators in brain cells obtains improvement in Parkinson's in monkeys
脳細胞にドーパミン発生器dopaminergicsを挿入して、サルのパーキンソン病症状改善
2007/05 EurekAlert UCLA researchers discover link between Parkinson's and narcolepsy
UCLA研究者は、パーキンソン病とナルコレプシーのつながりを発見する

ハンチントン病


2007/08 EurekAlert New hope for Huntington's sufferers
ハンチントン病の患者において新しい希望
肉体の天然に起こっているタンパク質のうちの1つは、57の遺伝子を妨げている ― 通常ハンチントン病の苦しむ人の脳で働くことからのを。
このタンパク質の破壊的な性質は、ガン患者を助けるために用いられている薬の処方を停止する可能性があった
2007/08 EurekAlert A new molecular zip code, and a new drug target for Huntington's disease
ハンチントン舞踏病において新しい分子の郵便番号、そして、新しい薬目標
2007/07 EurekAlert Better sleep may put Huntington's disease sufferers back on track
Mice carrying the genetic mutation that causes Huntington's Disease (HD) showed marked improvements in alertness and their ability to learn after they were given drugs that put them to sleep.
2007/05 【日本語記事】Nature@日本 医学 : ハンチントン病発症の引き金
2007/05 EurekAlert Scientists encourage cells to make a meal of Huntington's disease
ハンチントン舞踏病の原因タンパク質を処分するように細胞にうながす

高次脳機能障害


2007/06 【日本語記事】朝日新聞 脳損傷で記憶・注意力低下  「見えぬ障害」支援へ調査
 厚生労働省研究班「高次脳機能障害」実態調査へ

てんかん


中高年女性は「マージャンてんかん」にご注意を
2007/08 BBC News Mahjong game 'can cause epilepsy'
2007/07 EurekAlert Brain implant being studied at Jefferson could predict and stop epilepsy seizures
脳インプラントで、癲癇発作を予測&予防できるかも

頭痛


2007/08 EurekAlert Why women get more migraines than men
女が男より多くの偏頭痛をゲットする理由
women may have a faster trigger than men for activating the waves of brain activity thought to underlie migraines.
偏頭痛の根底にある脳活動の波を活性化することにおいて、女性はよりすばやい引き金を持つかもしれない

past昏睡


2007/07 【日本語記事】Nature@日本  脳:脳損傷後の刺激で意識回復を狙う
2007/08 New Scientist Man roused after six years of minimal consciousness
2007/08 Discovery Brain-Damaged Man Speaks, 6 Years Later
脳に損傷を受けた男性、6年ぶりに会話する
損傷を負った脳を目覚めさせる「脳ペースメーカー」
2007/08 ABC@オーストラリア  Brain-injured man 'jump started' awake
2007/08 BBC News Electrical pulses 'rouse' patient
電気的なパルスは、患者を『目ざめさせる』
電気的なパルスによる脳深部刺激療法は、最小限に意識的な状態で窮地に陥る患者において、希望を与えるかもしれない。

past脳の修復、神経の再生や増殖


省スペース型培養
2007/08 EurekAlert Microfluidic chambers advance the science of growing neurons
マイクロフルイディック・チェンバーは、発達するニューロンの科学を進める
ニューロンよりより大きくない部屋で哺乳類のニューロンを培養する方法を開発
2007/08 Nature Reviews Neuroscience 8, 575 | doi:10.1038/nrn2202
 New neurons in a whiff
オス・フェロモンは、メス脳で神経細胞新生を誘発する
2007/08 【日本語記事】Nature@日本 ニューロンの移動:ギャップ結合がする仕事
ギャップ結合の機能は、細胞間の分子輸送以外にも、ニューロンの移動にかかわっている
2007/08 EurekAlert Separating the brain's 'bad' from 'good' iron
脳の『悪』を『良い』鉄から切り離すこと
ways to bind up iron in the brain to combat the neurological devastation of Parkinson's and Alzheimer's diseases.
2007/07 EurekAlert Children's scientists discover fundamental protein instrumental to brain development and repair
小児科、脳成長や修復作業に必要な基本的タンパク質を発見
 髄鞘形成やremyelination(白質の創造と修復作業にとって必須のプロセス)で助けになる。
 epidermal growth factor receptor (EGFR) protein
2007/06 【日本語記事】 NHKスタジオパーク 「進化する脳再生医療」
脳を守ってプラークを除去してくれる
2007/06 EurekAlert Brain inflammation may be friend, not foe, for Alzheimer's patients
脳炎症は、アルツハイマー患者において(敵でなく)味方であるかもしれない
2007/05 EurekAlert Nerves controlling muscles are best repaired with similar nerves
筋肉を制御している神経は、類似した神経で最も修復される







past脳が情報を処理する機序、学習・記憶する機序

 関連項目→ 記憶・学習
夜のほうが学習向き
2007/08 PhysOrg Brains learn better at night
時刻は、脳の学ぶ能力に影響する  リハビリテーション治療は日中のほうが効果大
2007/08 【日本語記事】朝日新聞 棋士の「直感」、解明へ一手
 脳の働き、共同で研究
http://www.asahi.com/science/update/0804/TKY200708030514.html
2007/08 【日本語記事】読売新聞 脳科学の成果を医療、教育に本格応用…文科省が着手へ
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20070810-OYT8T00076.htm
1997年度にスタート。年間300億円の予算
2007/08 【日本語記事】読売新聞 棋士の「次の一手」脳はどう働く?理研と連盟が共同研究へ
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20070803i515.htm
理化学研究所・富士通・日本将棋連盟
2007/08 【日本語記事】毎日新聞 脳科学:棋士の「ひらめき」解明します 理研と富士通、プロ・アマ20人の脳分析
http://www.mainichi-msn.co.jp/science/kagaku/archive/news/
2007/08/20070804ddm012040048000c.html
2007/07 EurekAlert Research study describes the role part of the brain plays in memory
脳の部分が記憶で演ずる役割
実験用ネズミに対する研究は、我々の叙述のメモリが機能する方法に接続している脳領域を記述する。
前頭葉前部皮質の部分は、食物先取権の社会的な伝送で、キー役割を演ずる。
2007/06 【日本語記事】 最新の脳科学にみる「日本人」
 日本人だけが左脳で虫の音を聞いていることを証明した画像実験はありません
 アジア人の約8割はストレスに弱くて鬱病になりやすく、不安を覚えやすい神経質タイプ
間違いから学べ
2007/07 EurekAlert Why we learn from our mistakes
 過去の間違いを繰り返すことを避けるのを助ける『早期警戒信号』を脳で特定した。
瞑想は居眠りとはちゃいまんねん!
2007/06 PhysOrg Brain scans show meditation changes minds, increases attention
脳スキャンは示す ― 瞑想は心を変化させ、注意力を増大させる
2007/07 PhysOrg Study: Meditators 'surprisingly' alert
2007/06 【日本語記事】Science日本版
 注視の神経機構:トップダウン的なフィードバックはどのようにして適切な位置を浮き出たせるのか
  Neural Mechanisms of Visual Attention: How Top-Down Feedback Highlights Relevant Locations
2007/06 EurekAlert Brain's voluntary chain-of-command ruled by not 1 but 2 captains
脳の自発的な指揮系統は、1箇所ではなく2箇所から
2007/06 【日本語記事】ワイアードビジョン 新説:神経の情報伝達は、電気ではなく「波」
 ニールス・ボーア研究所
2007/06 PhysOrg Modeling the restless brain
休まぬ脳をモデル化すること
他の研究者がバックグラウンド・ノイズとみなす脳活性の98パーセント、実は重要で魅惑的
脳は忘れて当たり前
2007/05 New Scientist Forgetfulness is a tool of the brain
2007/05 【日本語記事】毎日新聞 情報伝達:名大研究チーム、仕組みで新発見
2007/05 Discovery Auditory Map Orients by Sound
聴覚の地図は、サウンドによって環境に順応する
2007/05 【日本語記事】Nature@日本 神経 : 脳萎縮マウスでの記憶回復
 重度神経変性の動物モデル(CK-p25 Tgマウス)を使った新しい研究
 環境エンリッチメントとヒストン・デアセチラーゼ(HDAC)阻害剤の投与

ミラーニューロン


文化は、脳細胞に影響する ~Molnar-Szakacs
 文化特異的な神経学的反応を示す最初のデータ
2007/07 ScienceDaily Culture Influences Brain Cells: Brain's Mirror Neurons Swayed By Ethnicity And Culture
 脳のミラー・ニューロン・ネットワークは、同じ文化圏の人間か否かしだいで異なって反応する
 アメリカ人のミラーニューロン、ニカラグア人が演じるアメリカンジェスチャーでは反応鈍い
2006/11 Nature Reviews Neuroscience 7, 942-951 | doi:10.1038/nrn2024
 The mirror neuron system and the consequences of its dysfunction
2007/05 ScienceDaily Mirror Neurons: How We Reflect On Behavior
ミラーニューロン研究今昔
2007/05 EurekAlert/The Observer Mirror neurons: How we reflect on behavior
 感情移入で大きい役割を演ずるミラー・ニューロン

past脳のいろいろな部位の機能/脳内物質・神経伝達物質 神経研究


2007/08 【日本語記事】Science日本版
 アストロサイト(星状細胞)は海馬における単一のシナプスでの神経伝達物質の放出を増強する
Astrocytes Potentiate Transmitter
Release at Single Hippocampal Synapses Gertrudis Perea and Alfonso Araque
2007/08 EurekAlert Carnegie Mellon scientists investigate initial molecular mechanism that triggers neuronal firing
{神経の発火を誘発する} 初めの分子のメカニズム
セルフ・コントロール 『自己制御』の脳領域は fronto-median cortex
2007/08 PhysOrg Area responsible for 'self-control' found in the human brain
 最後の瞬間で故意に予定の行動を保留にする時に活性化
グリア細胞から新しい神経細胞
2007/08 EurekAlert Milestone in the regeneration of brain cells
Supportive cells generate new nerve cells
2007/08 EurekAlert Brain cells work differently than previously thought
脳神経の予想外の動き
 軸索は、適切な刺激によって信号の上/下を逆さにすることができる。
2007/08 BBC News Nerve cell stretchiness uncovered
神経細胞の伸縮性
 手足を動かしても長い神経細胞が切れないその理由
 線虫における実験:ベータ・スペクトリンなるタンパク質が失われると、神経細胞はもろく切れ、麻痺に至る。
2007/08 EurekAlert Nicotinic receptors may be important targets for treatment of multiple addictions
ニコチンの受容体は、複数の中毒の治療において重要な目標であるかもしれない
 習慣性薬物に中毒しやすいネズミの受容体はちょっと違う
2007/08 ScienceDaily Glia Play An Important Role In Circadian Timing
神経膠グリア細胞、体内時計で重要な役割を演ずる
2007/08 EurekAlert New research discovers independent brain networks control human walking
独立系脳ネットワークがコントロールするヒト歩行
2007/08 EurekAlert Discovery of novel nerve cell modulator offers potential for mood disorders, epilepsy treatments
新しい神経細胞変調器の発見は、気分障害(癲癇治療)において可能性を提供する
2007/07 【日本語記事】読売新聞 インスリン脳内では「悪役」
 脳内では老化の促進 ~ハーバード大
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20070729-OYT8T00069.htm
2007/07 ScienceDaily Brain Cells Need MicroRNA To Survive
脳細胞は、サバイバルにMicroRNAを必要とする
2007/07 【日本語記事】Science日本版 脳内中毒中枢の新メカニズム
2007/07 EurekAlert Scientists a step closer to understanding how anaesthetics work in the brain
麻酔薬が脳で効く仕組み
2007/07 【日本語記事】Science日本版 成熟脳の神経幹細胞はモザイク型に形成されている
Mosaic Organization of Neural Stem Cells in the Adult Brain
2007/07 EurekAlert Evidence found for novel brain cell communication
新しい脳細胞コミュニケーションにおいて見いだされる証拠
哺乳類の脳における興奮させる神経細胞の軸索のギャップ接合において最初の電子微細な証拠。
2007/07 【日本語記事】Science日本版
 海馬歯状回のNMDA受容体を介して、海馬の神経ネットワークにおける迅速なパターン区別が行われる
 NMDA: N-methyl-d-aspartate
Dentate Gyrus NMDA Receptors Mediate Rapid Pattern Separation in the Hippocampal Network
2007/07 EurekAlert Chemical in brain acts like a fuel gauge
燃料計のような働きをする脳内化学物質
 脳に低血糖レベル警報を伝える単一の神経伝達物質
2007/07 PhysOrg Brain cells need microRNA to survive
脳細胞は、サバイバルにmicroRNAを必要とする
健康なネズミ・プルキンエ細胞と比較して、博奕打ち遺伝子( Dicer gene:細胞においてmicroRNAsを産み出すために必要)を欠く細胞はかなり退化する。
2007/06 EurekAlert Stroke study sheds light on left-right brain divide
卒中研究と左右の分割脳  右脳の役割を特定 ― 過失に気づいて、訂正する
2007/05 【日本語記事】Science日本版 脳内神経回路を配線する:内在性カンナビノイドによる神経細胞間のシナプス結合の形成
  Hardwiring the Brain: Endocannabinoids Shape Neuronal Connectivity Paul Berghuis
2007/05 Howard Hughes Medical Institute Lithium Eases Symptoms of Fatal Neurological Disorder
 spinocerebellar ataxia type 1 脊髄小脳変性症
2007/05 EurekAlert Growing nerve cells in 3-D dramatically affects gene expression
神経細胞を三次元成長する:遺伝子表現型に劇的に影響を及ぼす
2007/05 【日本語記事】Nature@日本 神経 : タンパク質と取り組むSUMO
核内で基質となる標的タンパク質に結合するSUMO(Small Ubiquitin-like MOdifier protein)
遺伝子転写制御、カイニン酸受容体のターンオーバー制御
2007/05 EurekAlert Brain's white matter -- More 'talkative' than once thought
脳の白質は意外と『おしゃべり』
 哺乳類の脳の白質における神経は、単なる情報の橋渡しのみならず、灰白質細胞なみの情報処理も行っている
2007/05 EurekAlert SUMO wrestling in the brain
 Increasing the amount of SUMO, a small protein in the brain, could be a way of treating diseases such as epilepsy and schizophrenia
2007/05 BBC News 'Sumo' offers brain disease hope
2007/05 【日本語記事】読売新聞 大脳皮質、正常に作る酵素を発見…理研チーム
Cdk5
2007/05 【日本語記事】Nature@日本 アイドリング状態の脳:自発的な変動から明らかになった神経回路
2007/05 EurekAlert Study raises new treatment possibilities for cognitive disorders
認知障害のための新しい治療可能性
ニコチンによって活性化されるレセプターに作用する新しい成分は、統合失調症、ADHD、アルツハイマー病に伴う症状を軽減できそう

脳-血液関門


2007/06 EurekAlert Blood-brain barrier breached by new therapeutic strategy

性差


2007/08 BBC News Coffee 'protects female memory'

遺伝子がらみ


2007/08 【日本語記事】毎日新聞 理研:左右の神経なぜ混線 防ぐたんぱく質解明 突然変異マウスで
http://www.mainichi-msn.co.jp/science/kagaku/archive/news/
2007/08/20070829ddm016040038000c.html
 左右の足を一緒に動かしウサギのように跳びはねて歩く突然変異マウス「ミッフィー」
 たんぱく質「αキメリン」をつくる遺伝子が壊れていた

past 脳検査技術 脳波


2007/08 EurekAlert 60 second test could help early diagnosis of common brain diseases
60秒のテストで、一般の脳疾患の初期診断
ニューロン活動によって脳で産み出されるちっぽけな磁場を分析する
magnetoencephalography (MEG),脳磁図
2007/08 EurekAlert U of Minnesota researchers discover noninvasive diagnostic tool for brain diseases
この方法なら、うまいこと子どもの脳をスキャンできるぞ
 high-density diffuse optical tomography (DOT) 拡散光トモグラフィ
2007/08 EurekAlert Babies' brains to be monitored using light scans
2007/06 EurekAlert 3-D ultrasound scanner provides in-depth view of the brain
3-D 超音波スキャナは、脳の徹底的な見方を与える
2007/05 EurekAlert Better insight into brain anatomical structures
脳の解剖学的構造に対するより良い洞察
脳磁気共鳴映像法のコントラスト薬品用にマンガン酸化物ナノパーティクルはいかが
2007/05 EurekAlert New perspective on brain function now possible
 a tracer which makes it possible for the first time to study the glutamate system in the brains of living people
生きている人の脳でグルタミン酸塩系を追跡できるツール
2007/05 【日本語記事】毎日新聞 携帯型光トポグラフィー:脳の活動部位を外部から測定 日立が開発

脳スキャンで心を読む



バーチャル脳


2007/07 EurekAlert 'Virtual' mouse brains now available online
オンラインで利用できる『バーチャル』ネズミ脳、公開チュウ

past 脳を操作するツール

 別項参照 サイボーグ
2007/08 【日本語記事】ワイアードビジョン 神経細胞を「人工の記憶装置」に
 培養した神経細胞に化学的な刺激物を注入することにより人工の「記憶装置」を作成
2007/08 EurekAlert Miniature implanted devices could treat epilepsy, glaucoma
極小インプラント装置で、癲癇や緑内障を治療しよう
2007/07 EurekAlert The future of medicine -- Insert chip, cure disease?
医療の未来:体内へのチップ挿入で疾患治療?
 脳における信号を解釈し、正しく実行するためにニューロンを活気づける装置
 近い将来、ちっぽけなコンピュータで疾患を直す
 麻痺患者が思考でマシンを制御する
2007/06 Discovery Brain Electrodes Zap Depression
2007/06 【日本語記事】ワイアードビジョン 脳をパルス磁場で刺激して鬱病を治療
脳ペースメーカーはどうして効くの? S/N比で病気の信号を圧倒するからだよ
2007/05 EurekAlert How brain pacemakers erase diseased messages
2007/05 【日本語記事】ワイアードビジョン 米国防総省、脳の活動に反応するシステムを開発中(1)
2007/05 【日本語記事】ワイアードビジョン 米国防総省、脳の活動に反応するシステムを開発中(2)
2007/05 【日本語記事】ワイアードビジョン 「脳のペースメーカー」インプラントで鬱病治療

past 動物


2007/08 【日本語記事】Nature@日本 神経:バッタの記憶形成
無脊椎動物(バッタ)で初めてスパイクタイミング依存的可塑性(STDP)を観察
お魚にも右脳左脳
 新奇なモノに関する情報を処理するのは左、という脳機能局在を確認
 でも、実験室で育った魚は新奇情報処理を右でやってます:生育環境しだい?
 さらには、この結果から「お魚の感情」についての考察も可能
 補食されやすい種では、脳機能局在が発達しているほうが機能的だからか
2007/07 New Scientist When fish get emotional
2007/06 【日本語記事】Nature@日本 脳:サルも「確率的推論」を行う
ヒトで確率的推論を担う大脳基底核中の記憶回路、サルでも確率量の足し算・引き算をやっている
2007/05 EurekAlert 'Smart' mice teach scientists about learning process, brain disorders
『頭の良い』ネズミは、学んでいるプロセス(脳障害)について科学者を教える
脳の特定の酵素を欠いている遺伝子操作ネズミは学習の達人
彼らは環境変化をすばやく察知する
2007/05 【日本語記事】読売新聞 カラスの知的行動、脳地図で証明
 伊沢栄一・慶応大准教授

past 脳の進化


2007/06 EurekAlert Modern brains have an ancient core
現代の脳は、古代の中核を持つ
 多機能のニューロンは、我々の脳の進化の基盤である それは、環境を感じ、ホルモンを放出する

past ほか


2007/07 EurekAlert Nature's weapon against nerve agents
神経ガスに対する自然の兵器
 天然に血液で発見される酵素は、兵士を致命的な神経ガス・サリンの影響から保護するのを助ける可能性があった
2007/05 【日本語記事】 UK Today (JAPAN JOURNALS) 数字に強いか、言語に強いかは、人差し指と薬指の長さで分かる!?

この件に関しては、過去エントリにひとしきり
 → 2004/10 『指の長さと脳みその性別』
胎内で受けたホルモン量が、知覚や思考に影響するのみならず→ 『女脳・男脳/共感脳・システム脳』 、当然「誰を好きになるか」という部分にも影響してくるわけで、合わせて同時期に流れた↓の記事も見ておくべき。

●NEWS性的嗜好とメンタルワークの関係
 「男脳・システム脳」は空間認知力が高め。
 空間回転シミュレーションテストで良い成績順は…なんか絵に描いたように綺麗に「システム脳」っぽい順がそのまま出ますね
  異性愛男性:最高位
   バイセクシャル男性
    同性愛男性
     同性愛女性
      バイセクシャル女性
       異性愛女性:最低
 逆に言えば下から順に「共感脳」なのであり、「思いやり度」テストをこさえるとこんな結果になるのではないかと思われ。
      6位 異性愛男性:最低
     5位 両性愛男性(バイセクシャル)
    4位 同性愛男性(ホモセクシャル)
   3位 同性愛女性(レスビアン)
  2位 両性愛女性(バイセクシャル)
 1位 異性愛女性:最高位
2007/05 EurekAlert Sexual orientation affects how we navigate and recall lost objects, but age just targets gender
However age was found to discriminate on gender grounds but not sexual orientation.
The study found that men's mental abilities declined faster than women's and that sexual orientation made no difference to the rate of that decline either for men or women.

 さらにややこしいことに、共感脳は「暗示に弱い」。
 システム脳の男連中より共感脳は理数系に弱いとされることが多いが、実際に弱いかどうか以前に、暗示に弱い共感脳は「不得意なはず」という先入観にバシバシ影響されてしまって成績が実力以下にがた落ちするケースが多すぎる。

●NEWS2007/05 EurekAlert Stereotype-induced math anxiety undermines girls' ability to perform in other academic areas
ステレオタイプによって誘発された数学不安は、他のアカデミックな領域でも女の子の能力を徐々にむしばむ
2007/05 PhysOrg Stereotype-induced math anxiety robs women's working memory
ステレオタイプによって誘発された数学不安は、女性のワーキング・メモリを萎縮させる

 女脳と数学についてはこちらに集積chitchit
    → 2008/04 『数学の才能は女にもたっぷり』


 以上、 →2007年5~8月の記事でした


→ 「脳、神経科学」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー