ADHD/注意欠如・多動症/リタリン:
2016年〜

ほか「ADHD/注意欠如・多動症/リタリン」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2019年7月 ADHD - 罰に対する高い感受性を日本の子どもでも確認  沖縄科学技術大学院大学
 ADHDを持たない子どもたちよりも罰に対しての感受性が高い

2019年5月 豪州ABC Scientists discover dozens of previously unknown genes linked to serious mental illnesses
 The discovery of genes linked to schizophrenia, bipolar disorder, depression and attention deficit hyperactivity disorder (ADHD)
2019年03月 小児ADHD治療の新薬、条件付き承認
 リスデキサンフェタミンメシル酸塩(商品名ビバンセ)
2019年03月 毎日新聞 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症
2019年03月 BioToday ADHDのアンフェタミン治療はメチルフェニデートより精神病を生じ易い
2019年02月 服薬時の脳反応から神経発達症の早期診断を支援する基礎技術を開発 光トポグラフィーを用い、患者負担の少ない注意欠如・多動症(ADHD)の治療をめざす  国際医療福祉大学 中央大学 日立製作所 自治医科大学 科学技術振興機構
2018年12月 科学技術振興機構 ADHDの脳構造の特徴を人工知能により解明し、遺伝子多型の影響を発見
2018年12月 ADHD児診断の高感度予測手法の研究発表で日本臨床神経生理学会学術大会優秀演題賞を受賞 熊本大学
 抑制課題を遂行している際の子どもの行動および前頭前野の脳血流賦活変化のデータに機械学習アルゴリズムを
2018年11月 AFP 誕生日遅い児童をADHDと過剰診断する傾向、発達の遅さと教師が混同? 研究
2018年12月 BioToday 学年の最も幼い子はADHD(注意欠如・多動症)と誤診されやすい


2018年08月 小児ADHD薬、成人で追加申請
  塩野義製薬とシャイアー・ジャパン グアンファシン(商品名インチュニブ錠)
2018年08月 BioToday ADHDの小児にはメチルフェニデート、成人にはアンフェタミンをまず使う
2018年07月 BioToday 電子通信装置の利用頻度が高い子ほどADHD症状を発現しやすい
2018年06月 EurekAlert-Science  何十万もの ゲノムで精神疾患を明らかにする
  約900,000人ものゲノムを解析するBrainstorm Consortium
 アルツハイマー病や多発性硬化症などの神経疾患には遺伝的重複はほとんど認められなかったが、精神疾患には多くの重複が認められた
 神経性やせ症、強迫症、および統合失調症には最も多くの相互重複
 精神疾患との重複がみられた唯一の非精神疾患は片頭痛
 自閉スペクトラム症およびトゥレット症に共通するバリアントリスクは、他の精神疾患の影響とは異なる
 冠動脈疾患ならびに2つの脳卒中に関連した表現型(虚血性脳卒中および若年性脳卒中)とうつ病の有意な相関
 8種類の精神疾患のうち5種類で、2個以上の認知機能の指標(大学の成績、知能など)との遺伝的関連性
2018年06月 BioToday 統合失調症や双極性障害等の10の精神疾患と関連する遺伝子変化は似通っている
2018年06月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Hundreds of new genes may underlie intelligence—but also autism and depression
2018年06月 BioToday 知能や神経質さと関連する多数の遺伝子を同定
 知能と関連する939の遺伝子が新たに
  知能がより高いことと関連する遺伝子変化の多くはより長生きな人やアルツハイマー病・ADHD(注意欠如・多動症)・統合失調症でない人に多く、知能が高いとそれらの病気にかかりにくくなる
2018年06月 朝日新聞 ADHD治療薬、子どもへの処方率は0.4%
2018年06月 BioToday  妊娠中の高血圧症とその子の自閉症やADHDリスク上昇が関連/メタ解析

2018年05月 BBC News ADHD pills 'not just for naughty boys'
 More than 1.6 million prescriptions for ADHD medication were dispensed last year - double 10 years ago.
2018年03月 朝日新聞 対人関係や依存症…ADHDの大人が陥りやすい諸問題
2018年01月 BioToday 妊娠がありうる年齢の女性のADHD薬使用が米国で増えている

2018年01月 Nature 注意欠如・多動症の新しい治療薬の臨床試験





2017年12月 注意欠如・多動症(ADHD)児の診断を高感度で予測する手法を開発   国立精神・神経医療研究センター
 抑制課題遂行中の行動及び前頭葉脳血流動態に機械学習を適用して診断予測精度を検討
2017年7月 LiveScience Adults with ADHD May Face Higher Risk of Dementia
 認知症リスク3倍 台湾人口99%のコホート研究
2017年6月 BioToday 妊娠中の抗うつ薬使用と子のADHDリスク上昇の関連には母親の精神病が寄与する
2017年5月 BioToday  ADHD薬を受け取っている期間は交通事故にあいにくい
2017年5月 LiveScience Taking ADHD Medications May Help Reduce Car Accidents
2017年4月 BioToday  妊婦の抗うつ薬使用で子の自閉症やADHDは増えない 母親の病気が危険因子
2017年4月 Medical Tribune 小児期のADHD治療薬などが承認  インチュニブ グアンファシン塩酸塩
2017年3月 毎日新聞 自閉症 患者の聴覚過敏 三重大が原因一部解明 /三重
 自閉症のラットを使って、聴覚に関わる器官や神経系を研究
 「上オリーブ複合体」と呼ばれる神経内で、信号を抑制する役割の神経細胞に障害
 この抑制神経は「音がどの方向から聞こえるか」を判断している
2017年2月 朝日新聞 「ADHD」診断された子持つ母 「原因がわかり、ほっと」6割
 海外の研究では18歳以下の約5%にみられるとの報告もある。
2017年2月 AFP ADHD、脳の大きさにわずかな差 大規模研究で確認
 ADHDは身体的な疾患であり、単なる行動の問題ではないと論文は主張
2017年2月 毎日新聞  多動性障害児ネット調査 母6割、確定診断で安心
2017年1月 BioToday ADHDと関連するD4受容体多型が皮質線条体グルタミン酸放出を減らすことが示された
2016年8月 朝日新聞 カード破産が多い? ADHD
2016年7月 BioToday 小児のてんかんや熱性発作と後のADHD(注意欠如・多動症)リスク上昇が関連
2016年7月 日本経済新聞 発達障害ADHDの原因、特定の遺伝子重複 阪大解明
2016年6月 LiveScience Workaholism Linked to ADHD and Depression
2016年6月 BioToday  ADHD小児のメチルフェニデート使用と不整 脈リスク上昇が関連
2016年5月 BioToday 脳構造を反映する神経回路の成長曲線ができた〜標準からの逸脱は注意欠陥と関連
2016-05 LiveScience Rare Tumor May Cause ADHD Symptoms in Some Kids
2016-05 BioToday 小児期と成人期の両方をまたぐADHDは少ない〜違う病気かもしれない
2016-05 AFP 注意欠陥多動性障害、成人期に発症も 研究
 ADHDは、成人の約4%でみられると考えられている
 合計166人が成人期ADHDと診断されたが、その内の68%は「小児期にはどの検査でもADHDの基準を満たしていなかった」
2016-05 ワイアード スマホの通知は「ADHDに似た症状」を引き起こす:研究結果
2016-05 BioToday ADHD小児のビデオゲーム治療の効果を調べる二重盲検無作為化試験開始
2016-05 LiveScience Best Treatment for Preschoolers with ADHD Is Not Meds, CDC Urges
 就学前のADHDっ子への投薬は待て
2016-04 Nature Ptchd1Y/−マウスの注意欠陥は視床網様体核の障害による
  Thalamic reticular impairment underlies attention deficit in Ptchd1Y/− mice
2016-03 LiveScience Birth Date May Influence Child's Risk for ADHD Diagnosis
 子供の誕生日付は、どの子供が注意欠陥多動性障害(注意欠陥多動障害)によって診断されて、その後医薬品に置かれるかを決定すること役割を果たすことができた。
 8月生まれ:小学校中学年まで 早生まれ効果か
2016-03 BioToday [医学] 学年の中で生まれが最も遅い子は早い子に比べてADHDと診断されやすい
2016-03 MT Pro ADHD薬使用で小児の骨密度低下の懸念 米国整形外科学会年次集会

 以上、 →2016年〜の記事でした


→ 「ADHD/注意欠如・多動症/リタリン」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー