心理学:
2016年

ほか「心理学」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2016年12月 Nature 賭けに出るのはいいが、心理的な錯覚があることを認識しないと痛い目にある。
  Place your bets for a white Christmas
2016年12月 Nature News How to trump group-think in a post-truth world
 When opinions are symbols of belonging, our brains work overtime to keep us believing, says Dan Kahan.
グループシンク 集団思考
2016年11月 Nature Human Behaviour 
2016年11月 Nature Human Behaviour  確信の明示的表現は将来の価値に基づく意思決定のための情報になる
 人間は選択を行うたびに、その選択に対する確信の明示的表現を保持している。視線追跡および行動測定の結果、意思決定に対する確信のなさを追跡することが将来の行動を導くのに役立つ

2016年10月 スラド なぜネットにはデマや陰謀論がはびこるのか
 科学的なニュースは伝搬力が少なく、すぐに鎮静してしまう
2016年9月 HARBOR BUSINESS Online 「自信家であるほど、ショボい人生を歩む傾向」米大学研究で明らかに
 自信が高い人ほどナルシストの傾向が強いため、長期的には嫌われやすい傾向
 自信と能力の相関は0.30ぐらいのもので、両者にはほぼ関係がない
 自信がないことを悩むのは時間の無駄
パブロフ
2016年9月 Nature News Psychologists fail to replicate well-known behaviour linked to learning

2016年8月 スラド 自分が友人だと思っている相手のうち半分は自分のことを友人だと思っていない
2016年7月 LiveScience Why Comparing Yourself to Others Is Normal
 自身をあなたの競争相手だけでなくあなたのチームメイトと比較する どのようにあなたが自身で考えるかの影響
「よし、次はもっとうまくやれる」と自分に言い聞かせると、向上する率が実際高まる
 イメージトレーニングも有効  オンラインゲームで実験して検証
2016年7月 LiveScience 'I Think I Can:' How Talking to Yourself Brings Self-Improvement
 Telling yourself "I can do better next time" does actually lead to doing better next time
英国ウルバーハンプトン大のスポーツ心理学チーム
2016-04 Nature ヒトの判断バイアスの解明に前進 「基準値の無視」
 報酬に基づく学習過程と意思決定過程と注意過程を組み込んだ神経モデルを構築
おちこぼれそうな学生さん、思いやりのある先生なら救われる
共感的な姿勢の教師なら、算数の授業についてこれない生徒を半減できる
2016-04 Science/AAAS  To reduce student suspensions, teachers should try being more empathetic
 おちこぼれ学生を減らすためには、先生はより共感的であってみるべきである
 共感的な思いやりができる数学の教師なら、ついてこれない生徒を半減できる





2016-04 毎日新聞 <ネット分析>子供があって裕福な人ほど…「炎上」参加者はこんな人
2016-03 AFP 「先行き不透明」は「確実な痛み」よりストレスが高い、英研究
2016-03 Nature News Neuroscience: Altered sensations in anxiety
 神経科学:不安によって変更された感覚
2016-04 ワイアード 「痛いかも」の方が「痛い」よりストレスが大きい
2016-03 スラド 忍者が行う「九字の印」、実際に効果があることが判明
2016-02 財経新聞 「最初に失敗したほうが成功は速い」―東大マウス実験
ニューバージョン ミルグラム実験
2016-02 Nature News Modern Milgram experiment sheds light on power of authority
People obeying commands feel less responsibility for their actions.
実験が権限のパワーに光を当てる現代のミルグラム
コマンドに従っている人々は、それらの行動についての少ない責任を感じる。
2016-02 豪州ABC Following orders to do something bad may distance us from a sense of responsibility
50年以上前に行われ、大きな議論を巻き起こした伝説の「ミルグラム実験」の現代版で、命令に従って行動することで、責任意識が軽減することが明らかに
2016-02 Nature 第三者による罰はコストの掛かる信頼性のシグナルとして働く
  Third-party punishment as a costly signal of trustworthiness
2016-02 NatureJP 罰を与えることは信頼性の印となる
2016-02 Science/AAAS Are your students bored? Check their brain waves
  Wave frequencies sync up when classmates are engaged
あなたの学生は退屈するか?それらの脳波をチェックしなさい
級友がからむと脳波同調が起きる
2016-01 medicaldaily Anxiety Can Change The Way You Walk: How Activity In Brain’s Right Side Causes A Leftward Gait
 心配により、あなたが歩く方法は 変更できる左側の足どり:右脳活動原因
2016-01 ScienceDaily Walking blindfolded unveils unique contributions of behavioural approach and inhibition to lateral spatial bias
 目隠し歩行は、行動のアプローチと抑制の側部空間バイアスへのユニークな寄与を初公開する
2016-01 Science/AAAS People take more risks when wearing helmets, potentially negating safety benefits
Study volunteers inflate virtual balloons to potentially dangerous levels when wearing bike helmet
 リスクのホメオスタシス

 以上、 →2016年の記事でした


→ 「心理学」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー