癌、悪性腫瘍:
2016年1〜6月

ほか「癌、悪性腫瘍」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2016年6月 読売新聞 乳がんは東京で突出、肝臓がんは西日本に偏在…発症に地域差
 国立がん研究センター
2016年6月 LiveScience Is There a Link Between Bacteria and Breast Cancer?  乳癌細菌
2016年6月 BBC News Cancer risk from coffee downgraded
2016年6月 LiveScience No, Coffee Does Not Cause Cancer — But Its Hot Temperature Might
2016年6月 Science 注目度の高いがんのレビューは論争を引き起こす
2016年6月 スラド 国際がん研究機関、 コーヒーに発がん性はなく、高温の飲み物にはリスクがあるとの研究結果を発表
2016年6月 LiveScience Brain Tumor Risk Linked with Higher Education, Study Finds
2016年6月 AFP 脳腫瘍リスク、高学歴ほど上昇か 研究
 神経膠腫(グリオーマ) 大学教育を受けた男性の方が19%高い。女性の場合は、同23%
 教育水準が最も低い層でのグリオーマ発症率は3000人に5人、一方で教育水準が最も高い層でも、同3000人に6人
2016年6月 BBC News Cancer risk from coffee downgraded
2016-06 BBC News Prostate cancer 'linked to waist size'
 Men with larger waistlines could be at higher risk of developing aggressive prostate cancer
2016-05 読売新聞 職場がん検診、種類で「温度差」...乳・子宮頸は低受診率

2016-05 BBC News Teen cancer death rate causes alarm
 小児ガンの増加
2016-05 AFP 世界のがん死者、金融危機で50万人増加か 英研究
 世界的な金融危機により、2008~2010年にがんで死亡した人が50万人増加した可能性
2016-05 AFP 大腸がん、50歳未満で増加傾向 米大規模調査
 米国の100万人以上を対象とした10年に及ぶ調査に基づく研究
 若くして診断されたこのグループでは、がんの後期(ステージ3や4)で診断される割合が高い
2016-05 LiveScience Colorectal Cancer on the Rise in Adults Under 50
2016-05 BioToday 健康的な生活習慣で癌は3割、癌による死亡は半分ほど減りうる
2016-05 BioToday 除草剤グリホサートが食事を介して癌を誘発することはまずない〜国連/WHO会議
2016-05 MT Pro 被爆時20歳未満の高線量被曝で乳がんが高リスク 原爆被曝者の寿命調査
 JA尾道総合病院
2016-05 BioToday 乳癌リスクは思春期に果物をよく食べると下がり、閉経後の酒量増加で上がる
2016-05 読売新聞 がん死亡率に地域間格差...国際医療福祉大教授ら
 最大40ポイントの開き...中央公論掲載
 全がんで死亡率が最も高かったのは、男性が青森県・津軽地域(弘前市など)、女性が北海道・釧路(釧路市など)
 大腸がんで数値が高いのは男性が津軽で155・7、女性が北海道・南檜山(江差町など)で156・6。
  胃がんは、男性が青森県・下北地域(むつ市など)で151・9、女性が山形県・最上(新庄市など)162・8
2016-05 MT Pro アスピリンでがん患者の生存率向上 英・メタ解析
 低用量アスピリンを服用しているがん患者では非服用患者に比べて死亡率が約15〜20%低かった
2016-05 読売新聞 がん患者向け「卵巣バンク」設立へ...自然妊娠に道
2016-05 毎日新聞 がん 死亡リスク、前向きな人低く 脳卒中発症でも差
 前向きな対処をする人は、特に態度が定まっていない人と比べ、がんを発症するリスクには差がなかったが、がんで死亡するリスクが15%小さくなっていた
 脳卒中の発症リスクについても、前向きに対処する人のリスクは低い
2016-04 毎日新聞  大腸がん腸内細菌が予後に関与 治療法検討材料に 阪大
米国の「がんムーンショット計画」に、リーダーシップの欠如などを懸念する声も。
2016-04 Nature News Scientists worry as cancer moonshots multiply
Fears rise that US government and private funders are working at cross purposes.
2016-04 Nature バイデン米副大統領が率いる米国の「がんムーンショット計画」が、科学者の心をつかみつつある。
  Biden time
2016-04 中山祐次郎 抗がん剤が日本を滅ぼす日 ~1ヶ月300万円の新薬登場~
  平成27年12月17日、厚生労働省は「オプジーボ(一般名 ニボルマブ)」という新しい抗がん剤を肺がんに対して承認した。
 「分子標的薬」従来の抗がん剤と比べると比較的副作用が少なく効果が期待できるのが特長
 「高すぎてウチの病院では使わないことにした」と公表したところ、あっと言う間に「ザルトラップ(一般名 アフリベルセプト)」の値段が半額になった
 継続的な治療を受けているがん患者さんは152万人
 業界内で規制がかかる数年前までの、製薬会社によるすさまじい接待攻勢は高血圧治療を担当する循環器内科医には常識的だった
生理不順で後年の子宮がんリスクアップ
2016-04 Science/AAAS  Irregular periods could boost ovarian cancer risk

2016-04 LiveScience Coffee Linked to Reduced Risk of Endometrial Cancer
コーヒーで子宮がんが減る?
焼き魚と乳がん
2016-04 LiveScience Under Fire: Flame-Broiled Fish Linked with Higher Breast Cancer Risk
2016-04 LiveScience Eating Nuts Linked to Lower Risk of Colon Cancer  大腸癌 ナッツ
2016-04 BioToday  有害転帰リスクが極めて低い甲状腺腫瘍を癌がつかない別称にすべき/米国2学会
2016-04 BioToday 喫煙率低下に伴って前立腺癌による死亡率が低下
2016-04 LiveScience Daily Aspirin Is Most Beneficial in Your 50s, Panel Says
 アスピリンを常用するなら50代が最も心臓病や結腸癌予防に効果
2016-04 BioToday 特定の50-60歳代成人のアスピリンによる心血管疾患と大腸癌一次予防を米国が推奨
2016-04 BioToday アスピリン服用と癌による死亡や転移リスク低下が関連/メタ解析
2016-04 BBC News Obesity 'linked to womb cancer rise'
 肥満『子宮癌上昇と結び付けられる』
抗癌効果の漢方
2016-04 BBC News Chinese medicine plant secrets probed
2016-04 BioToday BRCA変異癌予防法の開発を目指す非営利組織HeritXが今後の計画を発表
2016-04 読売新聞 がん生存期間、在宅でも変わらぬ傾向 入院患者と比較
 筑波大と神戸大の研究チーム
2016-04 毎日新聞 末期がん在宅医療でも余命ほぼ同じ 入院と比較 筑波大
2016-04 BioToday コーヒーをよく飲む人ほど結腸直腸癌リスクがより低い
2016-04 BBC News Can singing in a choir boost health?
 聖歌隊において歌うことは、まさに、医師が癌患者に命じたことであるかもしれない
2016-04 AFP 夜間の長時間絶食、乳がんの再発リスクを下げる可能性 米研究
2016-04 BioToday 夜間の絶食時間が長いほど乳癌は再発し難いようだ
2016-03 読売新聞 問題解決に積極的な人、がん死亡リスク15%低く…国立がん研調査
2016-03 Nature 食餌中の脂肪は腸の調節異常を促進する
  Dietary fat promotes intestinal dysregulation
2016-03 Nature 高脂肪食は腸前駆細胞の幹細胞性と腫瘍発生性を高める
  High-fat diet enhances stemness and tumorigenicity of intestinal progenitors
2016-03 BioToday 高脂肪食はPPAR-δ活性化を介して腸の癌化を促しうる
2016-03 LiveScience Many Melanoma Patients May Have Few Moles
 多くの黒腫患者はほくろが少ない
2016-03 BBC News App to help doctors spot cancer signs
 癌にかかって疑っていた患者のための照会について医師を援助する新しいアプリは スタートされる 。
2016-03 Nature ストレスがあるとリンパ系を介したがんの転移が増える
2016-03 豪州ABC Chronic stress speeds up spread of cancer through lymphatic system
 慢性のストレスにより癌の広がりはリンパ性のシステムを通じて加速される
2016-03 読売新聞 中3全員にピロリ菌検査...胃がん死亡率2位の佐賀県、全国初
2016-02 Nature News Cancer biology: How exercise helps to combat cancer

ガンにならないスゴ動物だと言われていたけれど:
  癌になったハダカデバネズミの事例が初めて2例報告された
2016-02 LiveScience 1st Case of Cancer in Naked Mole Rats Confirmed
 ハダカデバネズミも癌になるらしい
2016-02 BioToday ピロリ菌除去治療でどの患者も胃癌リスクが下がる/メタ解析
2016-02 BioToday 食べ過ぎはGUCY2C腫瘍抑制経路を封じて大腸癌を生じやすくするようだ
2016-02 BBC News No safe way to suntan, experts warn
 安全な日焼け方法なんてムリバナ
2016-02 BioToday 成人前の若い頃に食物繊維をよく摂っていた女性は乳癌を生じ難い
日焼けサロンと女性の発ガン
2016-01 LiveScience Young Women's Cancer Risk Linked to Tanning Beds
2016-01 読売新聞 がんの部位別10年生存率、初集計…国立がん研
 全国がん(成人病)センター協議会
妊婦のメラノーマ
2016-01 LiveScience Melanoma May Be Deadlier in Pregnant Women
2016-01 MT Pro 臓器移植受けた患者のがん死リスクは3倍
2016-01 Nature 脂肪細胞から分泌されるタンパク質で前立腺がんが進行する恐れ
2016-01 時事通信 病原たんぱく、血液で全身へ ピロリ菌、胃がん患者で発見 京大など
2016-01 BioToday 小児癌を経た成人に無症状の心疾患がよく認められる
2016-01 AFP 双子のがんリスク、片方発病で上昇 大規模調査
2016-01 LiveScience Twins Study Offers Clues to Genetic Risk of Cancer





2016年6月 Nature News Cancer biology: T cells target solid tumours
2016年6月 NatureJP 併用療法でKRAS腫瘍を標的にする
2016年6月 Science 腫瘍細胞は適応するために脂肪を蓄える
2016年6月 Nature News Infectious shellfish cancers may jump across species
海底で広がる伝播性の腫瘍
2016年6月 Nature Transmissible tumours under the sea
2016年6月 Science/AAAS Contagious cancer found in clams and mussels
2016年6月 NatureJP  海洋生物種に見られる伝播性のがん
2016年6月 Nature 数種の二枚貝で見られる、異なる複数のがん細胞系統の広範な伝播
  Widespread transmission of independent cancer lineages within multiple bivalve species
2016年6月 読売新聞 抗がん剤の効果、判別できる目印を発見…国立がん研究センター
 非小細胞肺がんで、手術後のがん細胞の転移と抗がん剤の効果を判別できる
 摘出した細胞の中に、がんが転移する際に濃度が高くなるたんぱく質「ACTN(アクチニン)4」がどれくらいあるか
2016年6月 時事通信 がん悪化させるたんぱく質発見=診断薬の開発期待―大阪大
2016年6月 Science/AAAS 腫瘍が自ら血管を作る
2016年6月 Nature News Gene editing: CRISPR blocks cancer growth
2016年6月 ゲノム編集で初のがん治療臨床試験へ。米ペンシルベニア大が承認申請 ニュースイッチ
2016年6月 Science 遺伝型解析によってがんリスクを特定する
2016年6月 BBC News Artificial Intelligence 'outsmarts cancer'
 Early trial data shows a drug developed using artificial intelligence can slow the growth of cancer in clinical trials.
2016-06 NatureJP 乳がんのプロテオゲノミクス
2016-06 Nature 乳がん560例の全ゲノム塩基配列解読で明らかになった体細胞変異の全体像
  Landscape of somatic mutations in 560 breast cancer whole-genome sequences
2016-06 Nature プロテオゲノミクスによって乳がんにおいて体細胞変異とシグナル伝達が結び付けられた
  Proteogenomics connects somatic mutations to signalling in breast cancer
2016-06 NatureJP 乳がんの変異シグネチャー
2016-06 Medical Tribune 血中RNAの測定で膵がんを早期診断
2016-06 時事通信 膵臓がんに多いRNA測定=採血で早期診断期待 東大
 膵臓がんに多く存在し、血液中にわずかに流出している特定のリボ核酸(RNA)を測定

2016-05 EurekAlert Science 悪性脳腫瘍の耐性機構が明らかに
 脳腫瘍が周囲の微小環境を操作することによって特定の治療に耐性になるために利用している可能性のある経路
2016-05 NatureJP がん細胞株の再評価
2016-05 朝日新聞 大腸がんを皿で培養、薬の開発に期待 慶大発表
2016-05 少量の尿・血液からがん早期発見。九大が細胞検出の蛍光センサーを開発 ニュースイッチ
 がん細胞が発現すると漏出する生体内の多糖物質(グリコサミノグリカン)とセンサーが結合して発光
2016-05 BioToday 腸内微生物の乱れはカルシニューリン-NFAT経路を活性化して大腸癌発現を促しうる
2016-05 BBC News Breast cancer genetic discovery hailed
2016-05 MT Pro 大脳白質の変化が肺がん脳転移に影響
 肺がん患者では,脳への転移が多い:大脳白質の変化が軽度な患者ほど,脳転移の発生率が高かった
2016-04 読売新聞 ゲノム・健康情報1000人分のデータ、東北大が公開
2016-04 財経新聞 理研らが肝臓がん300例の全ゲノムを解読 新しい治療法開発に期待
2016-04 BBC News DNA tweak 'boosts' cancer-killing cells
2016-04 BBC News Pair of drugs 'eliminate 20% of tumours'
 A fifth of people with advanced melanoma have no sign of tumours in their body after treatment with a pair of immunotherapy drugs
2016-04 NatureJP がんの活性なプロモーターでの変異率
 転写開始とDNA修復を結び付ける機構が存在する証拠
 プロモーターの変異密度は、がんの除去修復への依存と相関している可能性
2016-04 NatureJP 細胞外マトリックスから脱落したがん細胞が増殖し続ける仕組み
2016-04 NatureJP 加齢ががんのプログレッションに及ぼす影響 皮膚がん
2016-04 Nature 完璧な併用
  Cocktails for cancer with a measure of immunotherapy
2016-04 Nature 進化し続ける脅威
  Cancer therapy: an evolved approach
2016-04 NatureJP 進化する脅威:腫瘍の薬剤耐性の生物学的性質に進化の理論を適用して克服するというアイデア
2016-04 Science/AAAS Some diabetes drugs may help cancer spread in mice

2016-04 BioToday 各々の癌患者に広まる転移腫瘍のゲノム変化はよく一致している
2016-04 Science MYCはCD47とPD-L1を介して抗腫瘍免疫応答を制御する
2016-04 Science 腫瘍学の変容
2016-04 EurekAlert Science 特別号:癌の転移
2016-04 MT Pro がん幹細胞を攻撃する抗がん薬,第Ⅰ相試験へ
2016-03 EurekAlert Science がん遺伝子が血管疾患を引き起こす
2016-03 NatureJP T細胞の抗腫瘍活性を増強する
2016-03 Science 染色体周辺の高次構造崩壊によるがん原遺伝子の活性化
2016-03 NatureJP 発がん性非コードRNA
2016-03 NatureJP 転移に対する最初の免疫応答
2016-03 NatureJP p53近接遺伝子群が腫瘍発生に関与する
2016-03 財経新聞 がん細胞が“俊足”になる仕組みを解明
2016-03 Nature News  Cancer: Gene blocks anti-tumour response

2016-03 BioToday [医学] 硬さ、通電性、熱伝導の違いで癌組織を識別しうる3Dプリント装置ができた
2016-03 BioToday [医学] 血小板減少をもたらす癌現遺伝子SRC機能強化変異が見つかった
2016-03 AFP がんや多発性硬化症など検知、血液検査の研究進む
 細胞が死ぬ際に放出するDNAの変異パターンを基にした病気の検知方法の研究
 メチル化のパターンが、細胞の特定の固有性を明らかにする
2016-03 Science/AAAS  Tests of blood-borne DNA pinpoint tissue damage
2016-03 Science/AAAS  Nano-balls filled with poison wipe out metastatic cancer in mice
 毒によって満たされたナノボールは、マウスの転移の癌を拭き取る
2016-03 EurekAlert Science 癌細胞治療のタイミングを計る
 p53産生の早期ピーク時に放射線治療を行った場合は95%の細胞が死滅した
2016-03 NatureJP 膵臓がんのゲノミクス
2016-03 BioToday 腫瘍自体の特徴でなくリンパ管欠乏と細胞破壊免疫低下が癌転移と強く関連
2016-03 BioToday 悪液質を伴う癌患者の除脂肪体重がグレリン受容体刺激薬で改善/Ph3試験
2016-03 iPS細胞で作った組織のがん 微量でも検出可能に NHKニュース
2016-03 Nature News Fat mice provide clue to obesity-colon cancer puzzle
Study suggests stem-cell stimulation is behind obesity’s contribution to cancer risk.
太っているマウスは肥満結腸ガンパズルへの手掛かりを提供する
研究により、幹細胞刺激が肥満の癌リスクへの寄与の後ろにあることが示唆される。
2016-03 NatureJP 肥満を促す食餌の代謝への影響
2016-02 EurekAlert Science 標準的でない治療戦略は、癌を根絶するのではなく制御する
2016-02 NatureJP アミノ酸除去でがんと闘う
2016-02 Science/AAAS Now in 3D! Microscope offers new way to view live cancer cells

2016-02 Nature がん撲滅という実現しそうにない目標を掲げる米国の「ムーンショット」計画は、これまでのがん研究の進展を軽視している。
  Back to Earth
2016-02 Nature News US cancer institute to overhaul tumour cell lines
Veteran cells to be retired in favour of fresh tumour samples grown in mice.
腫瘍細胞ラインをオーバーホールする米国癌研究所
マウスにおいて育てられた新鮮な腫瘍サンプルを支持して廃棄されるベテランのセル。
2016-02 Nature News Cancer biology: Metabolism varies within tumours

2016-02 読売新聞 抗がん剤効き過ぎる遺伝子、三重大教授ら発見
2016-02 Science/AAAS  Exploding nanobubbles can kill cancer cells
 爆発ナノ泡は癌細胞を殺すことができる
金原子のクラスタは、コマンドの癌細胞を殺す小さい泡を引き起こす
2016-02 Nature News Bioengineering: Exploding bubbles kill cancer cells

2016-02 がん細胞周辺の血管の壁に裂け目 NHKニュース
 一時的に裂け目が出来て、血管の壁が開いたり閉じたりする特殊な現象が起きている
 抗がん剤が血管を通過しにくいため、がん細胞に届きにくかったケースでも、裂け目の開け閉めをコントロールできれば効率的に薬を届けることができる
2016-02 BBC News Proton cancer therapy 'proves effective'
2016-01 Science ゼブラフィッシュのメラノーマモデルから、発癌イニシエーション時に神経堤のアイデンティティを持つ細胞が出現する過程が明らかになった
2016-01 NatureJP p53がん抑制因子のウイルスによる乗っ取り
2016-01 MT Pro がん細胞の保護に関わる遺伝子IER5発見 新たな分子標的薬の創出に道
 転写活性化因子HSF1と結合してHSPを(ヒートショックプロテイン)誘導するIER5を発見
2016-01 NatureJP がん幹細胞のサポート機構
2016-01 毎日新聞 <がん>増殖遺伝子発見 治療薬開発に道 国立がんセンター
 遺伝子IER5が作るたんぱく質が「HSF1」という別のたんぱく質の働きを活性化し、がん細胞をストレスから回復させる「HSP」というたんぱく質が新たに作られる
2016-01 news@nature.com Cancer biology: Gene promotes melanoma spread

2016-01 Nature がん発生に対する外因性リスク要因の多大な寄与
  Substantial contribution of extrinsic risk factors to cancer development
2016-01 Nature ループに組み込まれた発がん遺伝子
  Oncogene brought into the loop

 以上、 →2016年1〜6月の記事でした


→ 「癌、悪性腫瘍」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー