脳、神経科学:
2016年1〜6月

ほか「脳、神経科学」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2016年6月 BBC News Playing card games aids stroke recovery
2016年6月 Science ヒト脳の単一核RNAシークエンシングにより明らかとなったニューロンのサブタイプと多様性
2016年6月 Science マクロファージは脳内出血で副業する
2016年6月 Nature News Neurobiology: Mitochondria make nerves grow
2016年6月 Medical Tribune 脳内出血の発症前6カ月間にTCとLDLが低下
2016年6月 BioToday 穿頭孔に埋めた超音波発生装置で血液脳関門を開いて化学療法剤の脳移行を促せた
2016年6月 Nature News Neuroscience: Myelin clogs up immune cells
2016年6月 BioToday 認知症、脳卒中、脳外傷患者の制御不能泣き笑い(PBA)にもNUEDEXTAが有効
2016年6月 Nature グリア細胞の移植によるハンチントン病の症状軽減
2016年6月 Science 若年マウスと成体マウスの中枢神経系におけるオリゴデンドロサイトの多様性
2016年6月 Nature 防御行動を生み出す中脳の回路
  Midbrain circuits for defensive behaviour
2016年6月 NatureJP  脅威への反応を選択する脳の回路
2016年6月 BioToday 神経信号の流れを変えて病気を治療するコメ粒大の移植装置をGSKが開発中
2016年6月 National Geographic Mystery of How Battlefield Blasts Injure the Brain May Be Solved  爆風による外傷性脳損傷
2016年6月 AFP 緑茶の成分、ダウン症患者の認知能力向上に効果 研究
 没食子酸塩エピガロカテキンを45%含有するカフェインレス緑茶サプリメント
 1年間の臨床試験で患者の記憶力テストや行動テストの評価が改善し、肯定的な影響は試験終了から6か月間続いた
 「没食子酸塩エピガロカテキン」によって、脳の神経細胞の接続方法に改変が起きた
2016-05 BioToday 脳構造を反映する神経回路の成長曲線ができた〜標準からの逸脱は注意欠陥と関連
2016-05 Science 脳スキャンは脳震盪関連疾患を明らかにできるか
2016-05 NatureJP 報酬探索行動の選択と調節
2016-05 読売新聞 ロボット顕微鏡「オーサカベン」、脳と行動を同時観察…阪大チーム開発
 狙った場所に正確に光を当てられる「プロジェクションマッピング(PM)」と、動く物体を自動追跡する技術を組み合わせ
2016-05 Nature News Light-controlled genes and neurons poised for clinical trials

2016-05 Nature 大脳基底核での運動速度の相反的かつ両方向的な制御
  Opponent and bidirectional control of movement velocity in the basal ganglia
2016-05 読売新聞 高齢者ケアへ脳研究促進…G7科技相、声明採択
2016-05 NatureJP 四肢麻痺における筋応答の部分的回復
2016-05 NatureJP 性特異的に再結合する神経ネットワーク
2016-05 Science 自閉症に関連するSHANK3遺伝子のハプロ不全は、ヒト神経細胞においてIh チャネロパチーを引き起こす
2016-05 Science ダウン症候群におけるミエリン形成不全
2016-05 MT Pro リウマチ性疾患も脳卒中発症リスクと関係
 関節リウマチ(RA)だけでなく,リウマチ性疾患を有する患者は一般集団と比べ脳卒中発症リスクが高い
2016-05 読売新聞 脳出血の原因「脳動脈瘤」の治療に新機器...治験へ
 特殊なフィルムで覆われた長さ2〜3センチ、直径3〜5ミリの筒状の機器(ステント)で、国循が開発
 こぶに直接触れない
2016-04 BioToday ウイルス感染は血管内皮にCXCL10を作らせて海馬神経を害して行動異常を促す
2016-04 理研 神経突起を光で誘導
2016-04 Nature 運動企図中の運動前野で見られるロバストな神経活動動態
  Robust neuronal dynamics in premotor cortex during motor planning
2016-04 Nature 脳のフォールトトレラントシステム
  Fault tolerance in the brain
 もし蓄えられた情報がマウスの一方の脳半球の神経の回路から消されるならば、失われたデータは他から再生できるであろう。この発見は脳の仕事で守りメカニズムを強調する
2016-04 Nature News  Neuroscience: Brain may keep watch at night

2016-04 理研 将来の疲労の程度を予測する脳のメカニズムを発見
2016-04 Science 死体研究、脳刺激方法に挑戦
アスピリンで減る脳腫瘍
2016-04 LiveScience Aspirin Linked to Lower Brain Cancer Risk
2016-04 Science/AAAS  Cadaver study casts doubts on how zapping brain may boost mood, relieve pain
2016-04 阪大 ストレスが記憶に与える長期的影響をガラス器内で再現
2016-04 Science 国際的な脳科学プロジェクトが提案された
2016-04 Nature ゴミ収集担当からの予想外の贈り物
  Surprises from the sanitary engineers
2016-04 Nature アストロサイト瘢痕形成は中枢神経系の軸索再生を促進する
  Astrocyte scar formation aids central nervous system axon regeneration
2016-04 NatureJP アストロサイト瘢痕は軸索の再成長を促進する
2016-04 NatureJP 神経発達障害に見られるPTCHD1欠失
2016-04 Science 安静時の神経活動パターンから課題関連神経活動の個人差を予測する:機能的MRIを用いた研究
2016-04 EurekAlert Science ヒトの独特な脳結合性を予測する
2016-04 Nature 脳に生じた破損箇所
  Breaks in the brain
 高処理アプローチが神経細胞DNA2本鎖の破壊のクラスタを発見した。
  クラスタのほとんどは、破壊が組織具体的な役割を持つことができることを示唆する神経の機能と関連する大きい遺伝子にある。
2016-04 Nature ヨーロッパのヒューマン・ブレイン・プロジェクトが、幅広い研究利用を期待して、試作段階の計算ツールを公開へ。
  Flagship brain project releases neuro-computing tools
2016-04 Nature News  Neuroscience: Enzymes help to regrow nerves

2016-04 BioToday 脳領域・背側手綱核が個体間の戦いの勝敗に大いに寄与する





2016-03 毎日新聞  脳卒中配偶者失ったら注意 離婚、死別で高リスク 生活変化影響か
 離婚や死別で配偶者を失うと脳卒中になるリスクが約3割高まる
2016-03 FNN 離婚や死別で配偶者を失った人、脳卒中の発症リスク高まる
2016-04 MT Pro 離婚で脳卒中リスクが1.26倍に
2016-03 阪大 細胞内タンパク質輸送の異常が記憶・学習等の脳高次機能に障害を与える分子メカニズムを発見
2016-03 Science/AAAS Scientists create largest map of brain connections to date
2016-03 BioToday 最大の脳皮質神経網が示された〜似た方向性の神経は大きなシナプスでより繋がる
2016-03 Science 連続した転写の波はマウス新皮質における新生ニューロンの分化を方向付ける
2016-03 Science T細胞の脳へのアクセスを調節する
2016-03 LiveScience Brain Stimulation Could Speed Stroke Recovery
2016-03 BioToday 脳卒中患者のリハビリによる手や腕の機能が脳の電気刺激でより改善/無作為化試験
2016-03 Nature 知覚経験はVIPニューロンのIGF1発現を介して皮質抑制を調節する
  Sensory experience regulates cortical inhibition by inducing IGF1 in VIP neurons
 感覚の経験は、中のIGF1がVIP ニューロンp371 であることを説得して皮質の抑制を調節する
Igf1は、マウスにおいて、外皮のGABA作動性ニューロンの不抑制しているサブタイプの上に、抑制しているインプットを増大させるために細胞自律的で機能する経験引き起こされた遺伝子として識別されて、下流の励磁に影響する--視力を調節し、神経の可塑性を調整している経験の斬新な例を提供する回路内の抑制バランス。
2016-03 NatureJP 経験が皮質の抑制を変える仕組み
2016-03 Nature News ‘Brain doping’ may improve athletes’ performance
Electrical stimulation seems to boost endurance in preliminary studies.
 『脳ドーピング』によりスポーツ選手の性能は改善できる
 脳への電気刺激で、スポーツ選手の持久力が向上したり疲労が回復したりする可能性が。

2016-03 ワイアード 磁力で行動を変える「マインドコントロール」に成功:研究結果
 ゼブラフィッシュとマウス
2016-03 AFP ジカウイルス、脊髄炎に「関連」 症例報告
 急性脊髄炎と診断された15歳の少女 向神経性ウイルス
2016-03 AFP ジカウイルス、成人の脳感染症に関連か 仏研究
2016-03 MT Pro ヘルペスウイルス感染が小児の脳梗塞と関係
2016-03 Nature News Neurodegeneration: Ageing protein imaged in brain

2016-03 Nature 幹細胞で腸に神経系を作り出す
  Stem cells make the bowel nervous
2016-03 NatureJP 腸神経系の前駆細胞
2016-03 NatureJP 初期の脊椎動物の脳を見直す
2016-03 Science/AAAS  Brain-zapping therapies might be hitting lefties on the wrong side of the head
 左ききでは脳打ち療法が頭の間違いの側にあてているかもしれない
2016-02 Science 成体脳においてニューロンはヘッジホッグシグナルを介して星状細胞の多様化を促進する
2016-02 BioToday MRIでたまたま見つかった無症状脳梗塞と後の脳卒中リスク上昇が関連
2016-02 脳の起源はサメより古い5億年以上前 理研と兵庫医大が解析 | サイエンスポータル
2016-02 LiveScience Mini-Brains Allow Scientists to Study Brain Disorders
 1年以内にハエの目サイズの人の「小型脳」
  薬中毒などの神経障害についての研究のためのラボ動物モデルを取り替えることができる
2016-02 Science 成体脳においてニューロンはヘッジホッグシグナルを介して星状細胞の多様化を促進する
2016-02 NatureJP 血液と脳の間でのT細胞のやりとり
2016-02 NatureJP ため息中枢ニューロンの発見
2016-02 AFP 世界初、脳手術に3Dグラス活用し成功 フランス
 バーチャルリアリティー3Dグラスを患者に装着させ、意識を保たせたまま、がん性腫瘍を切除
2016-02 朝日新聞 虫歯菌、脳出血発症の原因か 研究グループが発表
2016-02 CNN.co.jp 脳の萎縮予防、中年期の運動が決め手に 米調査
2016-02 脊椎動物の脳の基本構造、5億年前に完成 理研など解明  :日本経済新聞
2016-02 理研 脳の進化的起源を解明
2016-02 脳の構造 5億年以上前に形成か NHKニュース
手術によって盗癖中毒に
2016-02 LiveScience Surgery Leaves Woman with 'Temporary Kleptomania'
2016-02 スラド 脳の血管に挿入して使用する神経活動記録装置
2016-02 読売新聞 虫歯菌が脳出血に関与か…国立循環器病センター
  特定の遺伝子を持つタイプの虫歯菌  血小板の止血作用を低下させる「cnm遺伝子」
2016-02 朝日新聞 虫歯菌、脳出血発症の原因か 研究グループが発表
2016-02 Nature News  Neuroscience: Molecule protects ageing neurons

2016-02 LiveScience Your Brain May Work Differently in Winter Than Summer
 集中力の維持は夏至に高まり冬至に弱くなる
 ワーキングメモリは秋に充実し春に乏しくなる
2016-02 AFP 脳振とうの経験者、自殺リスクが3倍高まる カナダ研究
2016-02 Nature 神経発達障害のモデル
 MECP2重複症候群は、MECP2遺伝子の余分なコピーによって引き起こされる小児疾患
  レンチウイルスを用いて、脳でヒトMECP2導入遺伝子を発現するトランスジェニックサルを作製
2016-02 BBC News Brain wrinkles replicated in a jar
 科学者は、簡単な2層ゲルモデルを使って人の脳の溝を再生する。脳の折りたたみが物質的な起源を持っていることを示して、
2016-02 豪州ABC 3D model teases out physics of wrinkly brain
2016-02 AFP 脳のひだ、形成過程の謎を解明 ジェル製立体模型活用
2016-01 財経新聞 リハビリは、神経回路を再編成して運動機能を回復させる―NIPS・伊佐正氏ら
2016-01 Nature 運動ニューロンはギャップ結合を介して逆行性に移動運動回路機能を制御する
  Motor neurons control locomotor circuit function retrogradely via gap junctions
2016-01 Nature News Neuroscience: Chemical revives neuron function
神経科学:化学薬品はニューロン機能を復活させる
2016-01 読売新聞 脳卒中治療にビッグデータ…九大・飯原教授ら診療体制改善目指す
2016-01 Science 規制当局、脳トレの「開拓地帯」を管理する方針
2016-01 MT Pro 高次脳機能障害者にとってスマホ操作が難しい原因とは?
 電子機器操作の特徴である同時・並列的処理には頭頂-後頭葉領域の視空間認知機能の関与が少なくない
2016-01 朝日新聞 脳出血まひ、回復の「道」判明 リハビリ積むと代替神経
2016-01 読売新聞 リハビリ効果、初の科学的解明…生理学研と名市大
 皮質赤核路がリハビリで増強されて、バイパス機能を果たす ラットを使った実験
2016-01 Science 脳関門通過のためのタンパク質補助
2016-01 朝日新聞 あなたの性格、脳の画像でピタリ判定 研究者ら事業開始
 アラヤ・ブレイン・イメージング
2016-01 Science/AAAS Brain game–maker fined $2 million for Lumosity false advertising
Company doesn’t deliver on claims, government agency finds
2016-01 ワイアード  「根拠なき脳トレゲーム」の顛末は、200万ドルの和解金支払いへ

 以上、 →2016年1〜6月の記事でした


→ 「脳、神経科学」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー