睡眠、体内時計、サーカディアンリズム、時間感覚:
2015年

ほか「睡眠、体内時計、サーカディアンリズム、時間感覚」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2015-12 財経新聞 体内時計が周期は保ちながら時刻合わせできる仕組みを明らかに 東大・畠山、金子氏
 体内時計における周期の頑健 性と位相の可塑性という二つの性質が両立されているメカニズム
2015-12 LiveScience Too Much Sleeping & Sitting as Bad as Smoking & Drinking
 眠りすぎに座りすぎ、これ喫煙や飲酒と同じくらい健康に悪いのだった
2015-12 Science 長寿の秘訣、概日時計
2015-12 朝日新聞 就寝直前までスマホ、7割が不眠症の疑い 専門家も警鐘
2015-11 Science ニューロンの数に反比例する必要睡眠時間
2015-11 Nature 温度リズムが体内時計を調整する
2015-11 LiveScience 8-Hour Sleepers More Likely to Be Heart Healthy
 より多く 健康な心臓でありそうな8時間眠っている人
2015-11 LiveScience Brain Scan May Predict Chance of Coma Recovery
 昏睡からの回復可能性を脳スキャンで見る
2015-11 財経新聞 睡眠覚醒に関わるオレキシンの作動薬を発見 ナルコレプシーの治療薬に期待=筑波大・長瀬、柳沢氏
2015-11 Nature 産業革命以前のヒトの睡眠
  Human sleep before the industrial era
2015-10 LiveScience Fitful Sleep Is Worse Than Staying Awake
 複数の夜に発作的な睡眠の直面していることは、睡眠をほとんど得ないより、人々の幸福のために悪い
2015-10 毎日新聞 脳科学の謎:深い眠り時の記憶形成 浅い眠り促進していた
 浅い眠り(レム睡眠)がないと、深い眠り(ノンレム睡眠)の時に出る学習や記憶の形成を促す脳波が弱くなる マウス実験
2015-10 読売新聞 「レム睡眠」切り替える脳細胞、マウスで発見
 筑波大と理化学研究所のチーム
2015-10 朝日新聞 浅い眠り、記憶への助走? 「レム睡眠」役割解明へ 筑波大など、マウスの実験で確認
 浅い眠りのレム睡眠、記憶定着促す役割 筑波大など発表
2015-10 理研 夢のスイッチが明らかにする夢を見る理由

2015-10 財経新聞  レム睡眠の意義を初めて科学的に示すことに成功―筑波大・林悠氏ら
2015-10 EurekAlert Science 睡眠段階を制御するニューロンが明らかに
  林悠 柏木光昭 鹿糠実香 筑波大  Atoh1-内側細胞が睡眠段階の制御に重要な役割
2015-10 Science/AAAS Crocodiles may sleep with only half their brain
わには彼らの脳の半分だけで眠るかもしれません。
2015-10 Nature 延髄腹側部のGABA作動性ニューロンによるREM睡眠の制御
Control of REM sleep by ventral medulla GABAergic neurons
2015-10 Science/AAAS Chances are, you’re getting enough sleep
たぶん、あなたは十分に眠っています。
New study finds hunter-gatherers get no more sleep than industrialized societies
 狩猟採集民が工業化された社会での睡眠と同様
2015-10 豪州ABC We get the same amount of sleep as people in ancient tribal societies
 私たちは古代の部族社会で人々と同じ量の睡眠を得ます。
2015-10 BBC News Ancestors 'slept less' than we do
2015-10 National Geographic People Without Electricity Don’t Get 8 Hours’ Sleep Either
2015-10 National Geographic JP  電気のない人々でも睡眠は7時間未満と判明
2015-10 スラド 睡眠は8時間必要とは限らない?
2015-10 Science/AAAS Bedtime problems boost kids’ math performance
 Puzzling through a word problem even once a week produces sizable gains
 寝る前に算数の宿題をやると成績が上がる。
  Puzzling through a word problem even once a week produces sizable gains
 週一回、文章問題に挑戦するだけでも効果あり。
2015-10 Science 算数の家庭学習(iPadアプリ)は成績を向上させる





2015-10 毎日新聞 記憶:睡眠中に定着、仕組み解明 東大チーム、分子モーター変化
2015-09 BBC News Body's 'chemical calendar' discovered
2015-09 財経新聞 体内時計が狂うと不妊症になりやすいことを明らかに―阪大・中村准教授ら
2015-09 Science/AAAS Sleepless in Slovenia: The European countries with the highest rates of insomnia
 スロベニアの不眠症: 欧州諸国の不眠率
 ヨーロッパの16の国の大人達の中の睡眠の型における面相を研究してください。
Study looks at sleep patterns among adults in 16 of Europe's countries
2015-09 Science/AAAS Coffee disrupts the body’s internal clock
 コーヒーは体内時計を混乱させます。
 警戒と睡眠を避けることを超えてカフェインの効果は行きます。
 Caffeine’s effects go beyond alertness and warding off sleep
2015-09 LiveScience Caffeine Confuses Your Body's Internal Clock, Study Suggests
2015-09 豪州ABC A double espresso at night may push back your body clock
 夜のダブルエスプレッソはあなたの体内時計を押し戻すかもしれません。
2015-09 BBC News Coffee has secret trick to stop sleep
2015-09 BioToday カフェインはメラトニン概日リズムを遅らせる
2015-09 LiveScience  Poor Sleep May Increase Heart Disease Risk
 睡眠不足は心臓病危険を増加させるかもしれません。
2015-09 Regulating emotions could be key in fighting insomnia, study finds
 不眠症克服には感情の制御(スウェーデン研究)
2015-09 ワイアードビジョン  なぜ寝過ぎると逆に疲れてしまうのか:研究結果 
2015-09 BBC News Wake-up call for later school starts  学校の始業時間を朝10時に
2015-09 午前10時前の就業開始は拷問に等しく、従業員を病気にする(英研究)
 Starting work before 10 a.m. is tantamount to torture and is making staff sick and stressed: researcher
2015-09 National Geographic JP  ネズミが餌にありつく夢を見る可能性、英研究
2015-09 National Geographic Do Animals Dream?
2015-09 AFP 睡眠不足の人ほど風邪にかかりやすい、米研究
  睡眠不足の人が風邪を引く確率は、十分に休息をとった人より4倍高いとの研究結果。睡眠5時間未満の人は、4.5倍にも。
2015-09 Science/AAAS  Lack of sleep puts you at higher risk for colds, first experimental study finds
2015-09 LiveScience Vitamin ZZZ? Sleep Could Fight Risk of Catching a Cold
2015-09 BBC News Poor sleep may make you prone to colds
2015-09 BioToday 睡眠時間が短いと風邪をひきやすい
2015/08 BioToday modafinilは睡眠が足りている人の認知も改善する/系統的レビュー
2015/08 Science アミロイドβと記憶、睡眠の関連
2015/08 豪州ABC REM sleep triggers imagery in the 'mind's eye'
 レム睡眠は'心眼'イメージの引き金となります。
2015/08 BBC News Eye movements 'change dream scenes'
初にレム睡眠の間の人間の脳の中からの録音
 目の動きが夢における「場面変化」に伴う
2015/08 【日本語ブログ】夢と覚醒時の視覚処理との類似性
2015/08 LiveScience Why Your Eyes Dart Around When Dreaming
2015/08 news@nature.com  Neuroscience: Visual brain area active during sleep

2015/08 BioToday tasimelteonは全盲患者の体内時計のずれを正す/2つの第3相試験
2015/08 朝日新聞 睡眠時無呼吸症候群で血圧急上昇 3割が160以上に
2015/07 NatureJP  嗅内皮質のスピード細胞
2015/07 Nature 内側嗅内皮質のスピード細胞
Speed cells in the medial entorhinal cortex
2015/07 BBC News Poor sleeping patterns link to cancer
 不規則な睡眠パターンががんに通じるように「明確に」示されているのを示します。
 ネズミのテスト
2015/07 Science シアノ細菌概日時計の24時間周期の起源が原子レベルで明らかになった
2015/07 Science シアノ細菌の時計タンパク質の立体スイッチが概日振動とクロック出力を橋渡しする
2015/07 朝日新聞 北海道内の大学、学食で広がる100円朝食 「早起きし、生活習慣見直して」
 経費の差額分は大学や保護者などの後援会などが負担するケースが多い。
2015/07 毎日新聞 生物時計:たんぱく質が計る体内時計 分解の化学反応、24時間周期
2015/07 Science/AAAS Why a pandemic flu shot caused narcolepsy パンデミックインフルエンザの予防接種は嗜眠発作 ナルコレプシーを引き起こしました。
ワクチンは自己免疫反応を引き起こしたかもしれません。Pandemrix may have caused an autoimmune reaction
2015/07 Science/AAAS Narcolepsy link to pandemic flu vaccine becomes clearer Pandemrix may have caused autoimmune reactions.
2015/07 Science ナルコレプシーのパンデミックインフルエンザワクチンとの関連が明らかに
2015/06 National Geographic JP 「電気があると睡眠時間が減る」は本当か 実生活における比較は極めて困難だが、アルゼンチンの狩猟採集民族で、電気を使う集団と使わない集団の睡眠時間が調べられた
 電気を使う集団では、使わない集団よりも睡眠時間が短くなる
2015/07 National Geographic Electric Light Means Later Bedtimes
2015/06 EurekAlert Science 地球の自転周期、タンパク質が原子スケールで記憶
2015/06 MT Pro ATSが睡眠に関する推奨を公表/「学校の始業時間を遅らせることを勧める」との項目も
2015/06 時事通信 眠り始めに乱れ=マウス体内時計、ストレスで 早大
 起床する時間帯は、ストレスを与えても体内時計に影響はなかった。
 眠り始めの時間帯にストレスを与えると体内時計が乱れやすい
2015/06 朝日新聞 夜のストレス、体内時計を狂わす マウスで確認
2015/06 財経新聞 夕・夜のストレスで体内時計が乱れることが明らかに 早大
2015/06 BioToday [医学] 認知行動療法で慢性不眠が改善~無作為化試験のメタ解析
2015/06 スラド 急性不眠症に高い効果を発揮するセラピーが開発される
 寝床にいる時間を制限
2015/06 EurekAlert Science 触媒で体内時計のリズムを変える
ほ乳類の概日リズムの周期を変える新しい分子の発見
2015/06 読売新聞 抗不安薬や睡眠薬で急性薬物中毒、4割は医師の過剰処方
2015/05 朝日新聞 「眠気ホルモン」臓器形成を調整 阪大などのグループ、マウス胎児で実験
2015/05 EurekAlert Science 夜の眠りで深く根ざした考え方が変わる  長年抱いてきた社会的偏見が睡眠中に軽減され得ることが新しい研究によって示された。
2015/05 BBC News Sleep training 'can reduce prejudice'
 人種、性別……人から偏見を減らす方法が見つかる? カギは「眠りと音」
2015/05 Science 人種やジェンダーに対する潜在的差別意識を軽減させるトレーニング;睡眠中にさらに強化
2015/05 財経新聞 名大、体内時計の周期を変える新しい分子を発見
2015/05 Medエッジ 余分な睡眠、アルツハイマー病の記憶障害を回復させる可能性
睡眠不足は記憶喪失の原因となり、さらにアルツハイマーの元となるタンパク質も蓄積してしまう
2015/06 Sleep Deficit Linked to Accumulation of Alzheimer’s Protein and Memory Loss
2015/05 時事通信 「寝る直前までスマホ」半数超=学業影響か、改善に手引書 文科省
 教師や子供向けの睡眠改善に向けた手引書を作成
2015/04 読売新聞 自己肯定感高い早寝の子、イライラする遅寝の子
 夜早く寝る子どもほど、やる気につながる自己肯定感が高い傾向
 文部科学省が行った生活習慣についての全国調査
 就寝時刻が遅いほど「午前中の調子が悪い」と答える割合が増える
2015/04 Science/AAAS  Colors help set body’s internal clock
2015/04 BioToday  睡眠中の脳周波数12-15 Hzを生み出す脳トレで不眠が改善しうる
2015/04 読売新聞 睡眠障害を治療すると糖尿病が改善…大阪市立大
2015/04 朝日新聞 糖尿病悪化すると睡眠の質も悪化 大阪市立大ら研究発表
2015/04 読売新聞 夕方の仮眠・週末の朝寝坊、寝る前スマホもダメ
 「夕方に仮眠をとると夜の眠りが浅くなり、睡眠不足の原因になる」
  「週末の朝寝坊は、週前半の時差ぼけを引き起こす」。
   文部科学省が、体内時計の最新研究をもとに快眠のコツなどをクイズ形式でまとめた教材を作成
2015/04 学習した後に1時間ほど昼寝すると、5倍も記憶しやすくなる
2015/03 毎日新聞 睡眠:そろそろ限界?眠らない日本人
 長時間労働、夜勤の増加、ストレスなどから日本人の睡眠時間は年々短くなり、世界でも1、2位を争う“眠らない国”になってきている
2015/03 CNN.co.jp 米国は「睡眠大不況」 対処法は?
2015/03 EurekAlert UCI study of fruit fly 'brain in a jar' reveals mechanics of jet lag 時差ボケ ショウジョウバエ
2015/03 EurekAlert A real eye-opener: Narcolepsy bears classic autoimmune hallmarks 本当に目を見張らせるもの: ナルコレプシーは古典的な顕著な自己免疫性特徴をもつ
2015/03 EurekAlert Time management: Why we feel busier when close to reaching a goal 時間管理: 目標にたどり着く近くにあるとき私たちが、より忙しく感じる理由
2015/03 EurekAlert Losing 30 minutes of sleep per day may promote weight gain 1日あたり30分の睡眠不足は肥満を促進するかもしれません。
2015/03 EurekAlert Feeling sleepy? Might be the melatonin  自然な睡眠に自然発生メラトニン
2015/03 BioToday [医学] メラトニンは概日周期の下での睡眠を促す~概日周期には不要
2015/03 財経新聞 睡眠・覚醒を司る体内時計のペースメーカー細胞を特定 睡眠障害の治療に期待=筑波大
2015/03 Medエッジ 赤ちゃんを夜寝かせるコツ?親子の健康のために
 生後6カ月の夜間の睡眠時間と、生後12カ月の時点のいずれにおいても夜7時以降のテ レビの環境にいるかいないかで、夜間の睡眠時間には差が出て、テレビがあると睡眠時間 が減っていた。
 生後6カ月の時点で睡眠時間が少ないと、その少ない状態は生後1年の時点でも続いて いた。
2015/03 Medエッジ 2歳を超えたら昼寝はやめよう?!保護者には厳しい結果、オーストラリアからの報告
2015/03 Medエッジ 「瞑想」で睡眠障害を改善
2015/02 EurekAlert Researchers find link between persistent insomnia and increased mortality risk 研究者はしつこい不眠症と死亡危険率の増加の間のリンクにを見つけます。
2015/02 EurekAlert Warning on use of drug for children's sleep 子供の睡眠薬使用に関する警告
2015/02 EurekAlert Is your busy schedule affecting your health? Time might not be the problem あなたのびっしりと詰まったスケジュールは体に障っていますか? しかし、その感じは時間自体とあまり関係がないかもしれません
2015/02 EurekAlert Do long sleepers have an increased risk of stroke?  長眠者には、増加する脳卒中リスクがありますか? 一夜あたり8時間以上眠る人々は、増加する脳卒中リスクを持っているかもしれません。
2015/02 Medエッジ 睡眠8時間を超えると脳卒中リスク、英国ケンブリッジ大学が報告
2015/02 EurekAlert Sleeping over 8 hours a day associated with greater risk of stroke
2015/02 EurekAlert Study shows how the brain can trigger a deep sleep  脳が熟睡の引き金
2015/02 EurekAlert Deconstructing mental illness through ultradian rhythms 超日周期のリズムを通した精神病を脱構築します。
 定期的に確立した食事時勢と早い就寝時間で構造化された生活を送るのは、より良い人生に通じて、おそらく精神病の開始を防ぎさえするかもしれません
2015/02 Medエッジ 睡眠時間は短くても長くても良くない
2015/02 EurekAlert Cognitive behavioral therapy for insomnia reduces suicidal thoughts in veterans 不眠のための認知行動療法は帰還兵の自殺企図を減少させます。
2015/02 Medエッジ 不眠症で自殺願望、「認知行動療法」が有効、米国パロアルト病院が報告
2015/02 EurekAlert New study helps explain links between sleep loss and diabetes
 不十分な睡眠が脂肪代謝を混乱させて、インシュリンの効果を下げるかもしれない
 糖尿病と肥満と寝不足
2015/02 EurekAlert Mindfulness meditation appears to help improve sleep quality
瞑想は睡眠の質を向上させるのを助けるように見えます
 睡眠障害の高齢者のために睡眠不足習慣を変えて、就寝時刻ルーチンを確立するのに焦点を合わせるプログラム
2015/02 EurekAlert Depression predicts disturbed sleep among stroke survivors  うつは脳卒中サバイバーの夜間睡眠障害の強力な予言者です
2015/02 EurekAlert 人間、ネズミで見つけられた睡眠不足の一般的な生体標識 Common biomarkers of sleep debt found in humans, rats
2015/02 EurekAlert Support for sleeping in? Half of parents favor later school start times for teens  寝坊サポート? 半数の両親は十代の間、学校の始業時間遅らせを支持します。
2015/03 Medエッジ 「中高の学校開始時間は8時30分以降に」米国学会の提案を受けて調査
2015/02 EurekAlert Teens increasingly sleep deprived
 貧困層、女子、ヒスパニックやマイノリティのティーンエイジャーは寝不足気味
2015/02 EurekAlert Marijuana use is associated with excessive daytime sleepiness in adolescents
 マリファナ使用は若者の過度の昼間の眠気に関連しています。
マリファナ陽性な尿の子供の43パーセントには、嗜眠発作と一致した試験結果か異常なレム睡眠パターンが実際にありました。
2015/02 Medエッジ 眠るまで14分以上かかると要注意!高血圧のリスク300%増大
2015/02 Medエッジ 若いときに眠れない人は、将来ボケる可能性あり、米国エモリー大学
2015/02 MT Pro 「家族思い」の職場にすると、従業員の睡眠不足が解消、米国グループが実験報告
2015/02 MT Pro 睡眠時間に関する年齢別の勧告を発表/全米睡眠財団(NSF)
2015/02 EurekAlert Expert panel recommends new sleep durations
2015/02 EurekAlert How much sleep do we need?
 新生児(1日あたりの4~17時間の睡眠を必要とします)
 65歳以上(1日あたり7~8時間)
2015/02 Medエッジ 赤ちゃんは寝る間に頭が良くなる
2015/02 Medエッジ 睡眠障害や睡眠不足、「アルコール依存」「飲酒運転」「危険な性交渉」の原因に
2015/02 Medエッジ てんかんのある人は寝方に注意、うつ伏せで突然死が増える可能性、米国グループが報告
2015/02 EurekAlert  Brain activity can predict increased fat intake following sleep deprivation  睡眠不足で、脳活動は増加する脂肪摂取量を予測できます。
2015/02 EurekAlert Napping reverses health effects of poor sleep うたた寝は睡眠不足の健康への影響を解消します。
2015/02 EurekAlert MGH/MIT study identifies neurons important for induction of natural REM sleep  自然なレム睡眠の誘導に、重要なニューロン
睡眠障害と骨粗鬆症
2015/02 EurekAlert Sleep problems may impact bone health
 睡眠時無呼吸は一部の骨粗鬆症の原因であるかもしれません。
2015/02 EurekAlert New reset button discovered for circadian clock 
 体内時計のリセットボタン
2015/01 Science 概日周期決定機構からの概日時計タンパク質代謝回転の脱共役
2015/01 BioToday [医学] 夢を夢と自覚しながよくみる人は内省で活性化する脳領域が大きい
2015/01 朝日新聞 幼児、早寝早起き傾向に? 生活習慣変化か、厚労省調査
2015/01 MEDエッジ インフルエンザにかかると眠くなる、回復にもつながる?遺伝子レベルで変化
2015/01 BioToday 睡眠障害を改善する行動介入で小児ADHD症状が改善/無作為化試験
2015/01 BioToday 喘息成人は睡眠時無呼吸を発現しやすい
2015/01 MT Pro 寝る前のスマホ,TVや書籍に比べた睡眠への影響は?/小児,若者を対象とした報告2件

 以上、 →2015年の記事でした


→ 「睡眠、体内時計、サーカディアンリズム、時間感覚」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー