生物兵器:
2010年〜

ほか「生物兵器」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』



2019年02月 Science 物議を醸した鳥インフルエンザ研究に再開の可能性  Controversial flu studies can resume, U.S. panel says
2019年01月 BioToday  殺虫剤やサリン等の化学兵器の神経毒を1回の投与で長く封じる解毒剤ができた
2018年06月 スラド 米国政府、合成生物学の進歩で生物兵器対策の準備が必要と判断
2018年04月 Nature 英国での元二重スパイであるロシア人男性と娘の暗殺未遂や、シリアの化学兵器使用疑惑で、化学捜査団の必要性が浮き彫りに。 Attacks in UK and Syria highlight growing need for chemical-forensics expertise
2018年01月 Science 次期兵器
 They had pumped a narcotic aerosol into the hall, aiming to incapacitate the terrorists. But the vapor—composed of two fentanyl derivatives—was so potent that many hostages lapsed into a coma, and 124 of them died.
2018年01月 Nature 米政府が、危険性を懸念して停止していた、インフルエンザなど一部の病原体の機能獲得研究への資金提供を再開へ。 US government lifts ban on risky pathogen research
2016年11月 朝日新聞 最高危険度の病原体研究施設、建設検討 安全面どう対応
2016年8月 Science/AAAS Anthrax genome reveals secrets about a Soviet bioweapons accident
2016年7月 Nature News Find the time to discuss new bioweapons  Malcolm Dando

2016年5月 National Geographic Military Labs Are Too Careless With Deadly Diseases: Report
2015-10 news@nature.com Russian secret service to vet research papers
ロシアのシークレットサービスは研究論文を診察します。
Moscow biology department among the first to require that all manuscripts comply with law on state secrets.
すべての原稿が国家機密で法に従うのが必要である1番目の中のモスクワ生物学科。
2015-10 news@nature.com US plan to assess risky disease research takes shape
危険な病気研究を評価するニュース米国計画は具体化します。
米国政府は、ウイルスをより危険にする基金'機能の獲得'研究への禁止令を続けているかどうか考えています。
2015-10 Science/AAAS  U.S. government rejected dozens of risky pathogen studies in past few years
 米国政府は過去数年間で何十もの危険な病原体研究を拒絶しました。
2015-09 LiveScience DARPA Is Developing Human Bio-Factories to Brew Lifesaving Vaccines
 DARPAは、救命ワクチンを醸造するために人間バイオ工場を開発
2015/06 Nature 軍事・生物科学コンプレックス
The Pentagon’s gamble on brain implants, bionic limbs and combat exoskeletons
2015/05 AFP 世界の化学兵器、90%廃棄 国際機関
2015/05 news@nature.com US military accidentally ships live anthrax to labs
2015/05 朝日新聞 米国:生きた炭疽菌を誤送付…国防総省の研究施設
2015/05 ロイター 米軍研究所が生きた炭疽菌を誤送付、米国内や在韓基地に
2015/06 朝日新聞 生きた炭疽菌、在日米軍施設にも誤送付 米陸軍研究所
2015/06 AFP 米軍による炭疽菌の誤送付、05年に日本にも
2015/04 news@nature.com A century of chemical warfare: nations reflect on grim anniversary

2014/11 news@nature.com 米国立衛生研究所(NIH)に長期間「放置」されていた天然痘ウイルスの廃棄が、しばらくの間先送りに。 ‘Forgotten’ NIH smallpox virus languishes on death row
2014/10 news@nature.com ウィルス研究一時停止は広過ぎる 強化された病原体の研究への政府禁止令はインフルエンザ監視とワクチン開発に影響します。   Viral-research moratorium called too broad
2014/10 Nature 米政府が、危険なウイルスの機能獲得研究への助成を、一時停止へ。 US suspends risky disease research
2014/10 Science 米国、20種あまりの危険なウイルス研究を停止
2014/10 news@nature.com  Viral-research moratorium called too broad
2014/07 National Geographic Smallpox and Anthrax Scandals Cap History of Fumbling Dangerous Materials
2014/07 Science 生物学的安全を脅かす大失態に関する緊急告知
2014/02 BBC News Nazis 'researched war mosquitoes'
 ダッハウ強制収容所のナチの科学者は第二次世界大戦の間、兵器としてマラリア感染蚊の使用を調査しました。
2014/02 Nature 英国が、生物・化学テロ攻撃対策として、除染などの初期対応の訓練を拡大へ。 UK rolls out terror-attack plan
2013/11 EurekAlert Anthrax toxin can lurk for days in cells as a lingering threat
炭疽菌によって作り出された致命的な毒素は、何日もヒト細胞に隠れることができます
2013/11 EurekAlert Anthrax bacteria play hide and seek
 病原菌がもう検出さえされないとき、炭疽菌感染は致命的である場合があります。





2013/11 Nature 生物兵器拡散を防ぐためのEUの規制が感染症研究を難しくすると、科学者から懸念が。 Pathogen-research laws queried
2013/08 Science 米国防総省の新バイオテロ発見コンテストを上位候補者が非難
2013/04 Nature Budget forces tough look at biodefence
米国のバイオテロに備えた医薬品などの備蓄に、厳しい予算削減の影響が。
doi: 10.1038/496149a
2012/02 EurekAlert Individual differences in anthrax susceptibility discovered by Stanford scientists
炭そ病の敏感さの個人差
 炭疽菌毒素への敏感さは個人の中で大いに変わるかもしれない遺伝形質です
2012/01 読売新聞 鳥インフル研究、自主的に停止…テロ悪用懸念
 強毒性の鳥インフルエンザウイルス「H5N1」
 東京大医科学研究所の河岡義裕教授ら日米欧などの科学者39人
 サイエンスとネイチャーに「研究を自主的に60日間停止する」声明発表
2012/01 BBC News Bioterror fears halt research on mutant bird flu
2012/01 news@nature.com Scientists call for 60-day suspension of mutant flu research
2012/01 【日本語記事】BioToday 強毒性インフルエンザの研究が60日間停止される
2011/12 news@nature.com Fears grow over lab-bred flu
恐怖は研究室で培養されたインフルエンザを覆います。
 科学者は危険な鳥インフルエンザ異形のために、より厳しい生物学的安全性測定を求めます。
2011/12 朝日新聞 「鳥インフル論文、テロ悪用も」 米研究所が非公表勧告
 国家科学諮問委員会が20日、内容の一部を公表しないよう科学誌に勧告
2011/11 読売新聞 鳥インフル論文、テロ懸念で米誌掲載見合わせ
 オランダと日本などの研究論文2本
 米科学誌サイエンスが掲載を見合わせている
専門家、炭祖菌ワクチンの子供への接種調査を承認
2011/11 Science Panel Endorses Anthrax Vaccine Study in Children
2011/09 news@nature.com Pentagon rethinks bioterror effort
米国国防総省はバイオテロの努力を再考します。
Critics say US$1.5-billion initiative has not delivered results.
評論家は、15億USドルのイニシアチブが実績をもたらしていないと言います。
2011/09 Science Reinventing Project BioShield
バイオシールド計画の改革
2011/09 Science Helping Hollywood Create and Battle a Pandemic
世界的流行を生み出しては闘うハリウッドを後押し
2011/09 Science Taking Stock of the Biodefense Boom
生物兵器防衛ブームの棚卸し

2011/06 Science Panel Selects Most Dangerous Select Agents
専門委員会が指定する非常に危険な「指定生物剤」
 2001年の炭そ病手紙攻撃が米軍の研究者によって犯された
 役人と生物医学科学者は危険な病原体と毒素の邪悪な使用に用心するために何ができるかに関する討論を促進
 先週、連邦のパネルは、選んだエージェントの選んだグループで安全策をきびしくして、他のものの上で研究制限を緩和するように求めました。
 提案は概して生物医学共同体によって歓迎されましたが、或るものは最も危険な病原体で働いている研究者の高められた選別とモニターのための推薦に躊躇しています。
2011/05 news@nature.com WHO to decide fate of smallpox stocks
WHOは天然痘株の運命について決めます。
Heated debate expected next week over when to destroy lab samples of deadly virus.
いつ研究室のサンプルを破壊するかの上で来週恐ろしいウイルスに予想された激しい議論。
2011/05 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン
 米国、バイオテロに備え最後の天然痘ウィルスを保存
2011/05 BBC News Should the US and Russia destroy their smallpox stocks?
ロシアやアメリカは天然痘株を廃棄すべきか?
2011/05 BBC News Smallpox decision deferred again

2011/01 毎日新聞 731部隊:遺構保存、中国・ハルビンで本格化 医学悪用、負の「世界遺産」目指す
2010/10 【日本語記事】BioToday 天然痘と炭疽病の両方に効果的な凍結乾燥可能ワクチンが開発された
バイオセキュリティ
2010/08 news@nature.com US report pins down future biosecurity
Committee recommends a sequence-based system for identifying pathogens.
委員会は病原体を特定する系列ベースのシステムを推奨します。
2010/07 EurekAlert iGEM team helps prevent rogue use of synthetic biology
合成生物学のふとどきな利用を防ぐ
 合成のゲノム解析で連邦の指導を実行するのに生命情報工学を使用
 製造されたDNAがバイオテロのための有害なエージェントとして活用される可能性を検出せよ
2010/04 cnn.co.jp 携帯電話で生物化学テロを感知 国土安全保障省が開発主導

 以上、 →2010年〜の記事でした


→ 「生物兵器」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー