文化人類学:
2014〜2015年

ほか「文化人類学」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2015-12 Science 孤立部族に対する致命的な攻撃
2015-12 Science/AAAS Isolated tribespeople receiving care after violent contact in Brazil
暴力的な接触の後にケアを受け取るブラジルのイゾラド部族民
  新しい情報は昨年死について明らかになり、この秋に連絡します
2015-11 AFP 気候変動と薄氷上の先住民イヌイット カナダ
 昔と比べて約2か月短くなった冬
2015-11 BBC News Why don't people see the yeti any more?
 人々はなぜこれ以上雪男に会っていないか?
 近代化によって変貌するブータンの暮らし
2015-10 Science/AAAS One thousand different words for water
Researcher puts New Guinea’s numerous languages online
 水のための1000語の種々の言葉
研究者はニューギニアの多い言語をオンラインで置きます
2015-10 AFP 選挙控えたタンザニアでアルビノ襲撃事件
 一部の政治家らが幸運のお守りや「魔術」の薬などとしてアルビノの人体の一部を求めている可能性
 2000年以降、少なくとも76人のアルビノが殺害
 切断された遺体の一部は約600ドル(約7万3000円)で、全身は7万5000ドル(約900万円)で売買
2015-10 National Geographic An Isolated Tribe Is Emerging From Peru’s Amazonian Wilderness
 孤立している部族はペルーのアマゾンの荒野から現れています。
2015-10 National Geographic JP 「非接触部族」マシコ・ピロ族、頻繁に出没の謎
2015-09 National Geographic JP かつての首狩り族「ナガ」に平和は訪れるか
8月3日、ナガの最大勢力とインド政府の間で暫定和平協定が結ばれた。果たして世界最長級の内乱は終焉を迎えるのか?
2015/08 Evolution and Human Behavior  Prosocial signaling and cooperation among Martu hunters
 Martuハンターの中のProsocial合図と協力
2015/07 AFP ペルーの孤立先住民族、食料など求めて外部の村民と接触
 マシコ・ピロの人々が孤立した生活を送るジャングルから姿を現し、外部の村民と接触したのは、今月23日以来、2度目。彼らは、森林伐採によるストレスを受けているのではないかという懸念を生んでいる。
2015/08 National Geographic Some Isolated Tribes in the Amazon Are Initiating Contact
2015/08 Science 文明隔絶世界から抜け出し始めたペルーのマシコ・ピロ族
2015/06 豪州ABC Music a universal language? Not quite
音楽、世界語? 全く。
ザ・サウンド・オブ・ミュージック: 音楽はしばしば「人類の世界語」にほめ立てられますが、それが全く本当であるというわけではないと判明します。
2015/06 National Geographic JP 「電気があると睡眠時間が減る」は本当か 実生活における比較は極めて困難だが、アルゼンチンの狩猟採集民族で、電気を使う集団と使わない集団の睡眠時間が調べられた
 電気を使う集団では、使わない集団よりも睡眠時間が短くなる
2015/06 Science/AAAS How baby names vary state to state 州によって異なる赤ん坊の名
人気がある赤ん坊の名は時間がたつにつれて変化する広域的対比を示しています。Popular baby names show regional correlations that change over time

2015/06 EurekAlert Science ニュースパッケージで未知の部族との接触問題を取り上げる

かつてイゾラドNHKスペなど注目を浴びたあのブラジルの孤立部族保護システムが、もうぼろぼろに崩壊

2015/06 Science 孤立部族を保護する
2015/06 Science 人々に慈悲を、我々に道を
2015/06 Science 危機に瀕して
2015/06 Science 孤立部族にどのように接近するか

2015/06 Science/AAAS How to court an isolated tribe 孤立している部族を求める方法。
しばしば悲惨な結果を伴う、「アトラクション前線」は孤立部族に前世紀に接触に誘い込みました。“Attractions fronts” lured isolated tribes into contact in the past century, often with disastrous results
2015/06 Science/AAAS Feature: From deep in Peru’s rainforests, isolated people emerge 
  特徴: ペルーの深い熱帯多雨林から、単一民族は現れます。
ペルーのCuranja川に沿って、単一民族は危険な世界に略奪を作りかえます。Along the Curanja River in Peru, isolated people make forays into a dangerous world
2015/06 Science/AAAS Feature: Is Brazil prepared for a 'decade of contacts' with emerging tribes?
 特徴: 用意をするブラジルは部族として現れるのがある'接触の10年間'ですか?
 イゾラド  評論家は、ブラジルの単一民族を保護するかつて自慢されたシステムがぼろぼろに崩れていると言います。Critics say that Brazil’s once-vaunted system of protecting isolated people is crumbling
2015/06 Science/AAAS Protecting isolated tribes 保護は部族を隔離しました。
Scienceでは、最後の隠れること部族を保護するとき、編集です。Editorial in Science on protecting the last hiding tribes
2015/06 Science/AAAS Making contact 接触を作ります。
最後の孤立している部族の中には、ペルーの熱帯多雨林から現れているものもあります。Some of the last isolated tribes are emerging from Peru's rainforests.
2015/06 Science/AAAS In peril 危険で。
スパイクに連絡するとき、ブラジルが一度孤立している部族の保護を自慢したことがあるという評論家恐れはぼろぼろに崩れています。As contacts spike, critics fear that Brazil's once-vaunted protection of isolated tribes is crumbling.







2015/06 Science/AAAS The poisoned necklace 汚染されたネックレス。
1950年代に、一人の部外者による訪問は、部族民のバンドをうんざりさせました。In the 1950s, a visit by a single outsider sickened a band of tribespeople.
2015/06 Science/AAAS A visitor brings doom to an isolated tribe 訪問者は孤立している部族に破滅をもたらします。
1950年代に、たったひとりのマレビトが、部族に厄災をもたらした
In the 1950s, a visit by a single outsider sickened a band of tribespeople
2015/06 Science 毒入りの首飾り
2015/06 Science/AAAS Will a road through the rainforest bring prosperity or disaster? 熱帯多雨林を通した道路は繁栄か災害をもたらすでしょうか?
聖職者は、道路で国境の町の孤立を終わらせるために森林に関する他のものの恐怖である間、働いています。A priest works to end a frontier town’s isolation with a road, while others fear for the forest
2015/06 Science/AAAS Mercy on these people, and give us a road Will a road through the rainforest bring prosperity or disaster?
2015/06 Science/AAAS How Europeans brought sickness to the New World ヨーロッパ人はどう病気を新世界にもたらしたか。
今日の1492年に始まって、何世紀もの間繰り返された流行病の表面エコーとして現れる孤立している部族Isolated tribes who emerge today face echoes of the epidemics that began in 1492 and were repeated for centuries
2015/05 BBC News Ancient stories record natural world  アボリジニの伝説はどう科学を知らせているか。
2015/05 Science/AAAS Did sexual equality fuel the evolution of human cooperation? When men and women share decisions about who to live with, large social networks may result
 男女平等でさらに進化したヒト協力行動。誰と生活を共にするかの決定を男女が共有することにより、結果として血縁を超えた規模の大きいソーシャルネットワーク(協力関係)が広がりうる。決定権が不平等だと社会が閉じる。
2015/05 EurekAlert なぜ現代の狩猟採集民は一緒に生活する親族の数が少ないの
  狩猟採集民グループ内で男女両方に共同生活者を選択する権限がある場合、 個々の狩猟採集民キャンプにおける血縁者の数が減るという。
 男女両方が生活場所について決定権をもつ場合、夫も妻もキャンプにおける自分の 親族の数を最大限増やそうとするので、男性あるいは女性だけが決定権をもつ場合よりも、コミ ュニティ内の近縁者の数はかなり少なくなる
2015/05 Science 男女平等によってもたらされた、狩猟採集民バンド群のユニークな社会構造
2015/04 こだわりアカデミー  中国からアジアに広がる少数民族
何世紀にもわたり独自の文化を経典で継承。 ヤオ族は世界でも稀有な民族です
神奈川大学経営学部教授 廣田律子
2015/03 EurekAlert The challenges for anthropologists when they're the expert in the courtroom 人類学者のための彼らが法廷の専門家であることの挑戦
アマゾン先住民研究:祖父母はかなりの食料を家族にもたらして下さる
2015/02 EurekAlert Amazonian study quantifies key role of grandparents in family nutrition
 アマゾンの研究は家族栄養で祖父母の重要な役割を定量化します。
 祖父母が彼らの拡大家族への生物学的にかなりの量の食物カロリーで貢献するのを示しています。
2015/02 【日本語ブログ】アマゾン家族の栄養には祖父母の存在がカギ
2015/01 MEDエッジ 世界には思わぬところに健康問題、ヤクの糞の燃料で室内大気汚染のチベット、専門国際誌
2015/01 北海道新聞 アイヌの遺骨 集約に反対の声
 全国の大学に保管されているアイヌ民族の遺骨を、胆振の白老町に新たに整備する施設に集約するとした政府の方針
 「道内各地の集落で遺骨が返還されないまま慰霊の儀式を行わなければならず、信教の自由を著しく侵害する」
2015/01 【日本語ブログ】採集民社会における暴力と戦争の起源
 更新世の人間社会においてすでに戦争は行なわれていた、とする説に否定的
2015/01 news@nature.com Looking for the roots of terrorism テロのルーツへのQA Looking Anthropologist Scott Atran has done extensive field interviews with would-be and convicted terrorists. 人類学者スコット・エトランはひとりよがりの、そして、有罪と決まったテロリストとの大規模な分野インタビューをしました。
スコット・アトラン
2015/01 本川・社会実情データ図録 祖先の霊的な力を感じるか(国際比較)
  最も感じているのは台湾(57%)、これに南アフリカ(55%)、トルコ(48%)、日本(47%)と続く。欧米諸国は概して感じている人が少ない。
2014/11 北海道新聞 先住民族の権利尊重、政府主導で 国連会議の合意文書判明
 9月に米ニューヨークの国連本部で開かれた「国連先住民族世界会議」で採択された成果文書の内容
ヤノマミとナポレオン・シャノン
2014/11 Science 戦士の成功には敵ではなく友
2014/10 Evolution and Human Behavior  Mutualism and manipulation in Hadza–honeyguide interactions ハッザ族とミツオシエの相互作用における相利共生と操作  
2014/10 news@nature.com Ethnographyはエボラ危機で助けることができました。 Tapping into local cultures is key to curbing outbreak, says anthropologist Sharon Abramowitz. 人類学者のシャロン・アブラモウィッツは、地方文化に軽く打ち込むのが大発生を抑止するのに主要であると言います。Ethnography could help in Ebola crisis
2014/09 AFP カラハリ砂漠のサン人、夜間の会話が文化形成に寄与か 研究
 昼夜で話題は異なり、夜は物語中心になる
 米国の人類学者、ポリー・ウィスナー(Polly Wiessner)
2014/09 National Geographic JP 違法伐採めぐりペルー先住民殺害
2014/08 Evolution and Human Behavior  Tobacco use vs. helminths in Congo basin hunter-gatherers: self-medication in humans? 喫煙対コンゴの内湾狩猟採集民の寄生虫: 人間のセルフメディケーション?
2014/08 National Geographic Anthropology Beyond the Human: An Amazon Tribe's Deep Connection With the Rain Forest
2014/07 Science ブラジルの未接触部族、孤立を脱する
2014/06 民俗専門家、中国では「毎日300の集落が消えている」と指摘  Record China
2014/04 スラッシュドット ジャパン ブラジルで現代文明と交流を持った先住民族の多くが消滅していた
 過去40から50年の間に現代文明と接触したことのある先住民族が238 部族あり、そのうち4分の3が消滅、今もなお存続しつづけている部族は23から70部族
 部族の人口が最も減少したの は、現代文明と交流を持った時点から平均して8.6年後であったという。およそ10年 後には人口に回復の兆しが見られたようだが、20年後の人口の平均値は、現代文明に 接触する前と比べて43%だった
2014/04 Nature Crash and rebound of indigenous populations in lowland South America
2014/03 EurekAlert  カナダ北部と僻地のアボリジニの共同体で食糧不安が悪化  Food insecurity a growing challenge in Canada's northern and remote Aboriginal communities
2014/02 AFP 宗教儀式でまとうヒョウ皮が人工皮革に、南ア
 南アフリカ・ナザレ・バプティスト・チャーチ(Nazareth Baptist Church)

 以上、 →2014〜2015年の記事でした


→ 「文化人類学」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー