生物の行動・繁殖シミュレーション:
2013年〜

ほか「生物の行動・繁殖シミュレーション」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2019年02月 モデル動物が群れをつくるメカニズムを解明
 滋賀医科大学 北陸先端科学技術大学院大学 科学技術振興機構 九州大学
 線虫がたくさん集まるとネットワーク状に群れる
2019年01月 アリロボットの群れを「飼いならす」
 生物の複雑適応システムの進化機序に新たな規則を発見 京都大学 静岡大学 九州工業大学
2016-04 BBC News Chameleon's tongue gives up secrets
 Scientists build a mathematical model that explains the secrets of the chameleon's extraordinary tongue.
2016-03 財経新聞 1細胞レベルの成長ゆらぎがあることで、細胞集団はより速く成長できる―東大・若本祐一氏ら
2016-03 BBC News Supercomputer copies human blood flow
2015/07 ワイアードビジョン 魚ロボットをつくるためには、魚の泳ぎ方を知る必要がある
 「ラグランジュ協同構造」
2015/02 EurekAlert Predicting human crowds with statistical physics
 バーチャルリアリティゲームで現実的な群衆を創設して、公共空間をより安全にするのに歩行者が群衆でどう相互作用するかに関する一般法を使用できます。
2013/11 Nature 大量の極小ビーズの挙動から、さまざまな生物に見られる集団運動の謎が明らかになるだろう。 Follow the crowd
2013/08 スラッシュドット ジャパン 理研、粘菌の行動原理に基づいて「多本腕バンディット問題」を解く方法を考案





2013/06 EurekAlert Discovering 1 reason why swarming evolved offers tantalizing clues on how intelligence developed
非捕食者が群れ行動でうじゃうじゃとしながら捕食者回避で進化できるのを示しているモデル・システム
2013/04 EurekAlert Cheating favors extinction
ニートは絶滅がお好き
 協力的な振舞いは広く現実に観測されますが、'詐欺師'がシステムを利用できる可能性は残っています
  非生産者('詐欺師')に支配されたイースト居留地が生産者('協力者')から完全に成りながら1より絶滅に直面していそうであるのがわかりました。
  調査結果は社会的な微生物群集における、完全な進化論の生態的安定性輪の最初の実験室デモンストレーションの結果です。
2013/04 ScienceDaily Cheating Favors Extinction, Yeast Study Finds: Feedback Between Population and Evolutionary Dynamics
2013/04 Science アリとロボット:社会がいかに進展するのかを理解する
2013/01 EurekAlert Ants' behavior leads to research method for optimizing product development time, costs
アリの振舞いは商品開発時間、コストを最適化するためのリサーチ法につながります。
2013/01 EurekAlert
  Cornell engineers solve a biological mystery and boost artificial intelligence
コンピュータ上で2万5000世代の進化をシミュレート
 生体ネットワークが、なぜモジュールとして組織化される傾向があるかを発見しました


 以上、 →2013年〜の記事でした


→ 「生物の行動・繁殖シミュレーション」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー