生物の行動・繁殖シミュレーション:
2007年〜2012年

ほか「生物の行動・繁殖シミュレーション」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2012/08 LiveScience Computer Program Predicts Crop Pest Outbreaks
コンピュータプログラムは、作物の害虫の発生を予測する
経験から学ぶことができるプログラムはミカンコミバエに対して動作するように取得します。
2012/07 朝日新聞 細菌の「一生」を完全再現 米大学、コンピューターで
 自然界最少の525個の遺伝子しか持たない細菌マイコプラズマ・ゲニタリウム
 細菌の中で起きるすべての生化学反応を特徴づける1900の数値をシミュレーション
2012/07 LiveScience Sexually Transmitted Bacteria Become 1st Complete 'Virtual Organism'
性病細菌は、第一の完全な "仮想生物"になる
小genomed、STDの原因となる細菌は、コンピュータを使用してシミュレートされています。
2012/07 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン 
 「細菌の一生」の完全シミュレーションに成功
システム生物学:コンピューターの中の1個の細胞
2012/08 Nature Systems biology: A cell in a computer
doi:10.1038/488040a

2012/04 Science コンピュータによる生物学は可能か?
Does It Compute?
2012/04 Science 発生パターン形成に対するコンピュテーショナルアプローチ
Computational Approaches to Developmental Patterning
ロボット魚が群泳遺伝子を示す
2012/01 Science Robotic Fish Point to Schooling Gene






2011/01 【日本語記事】Nature 株価大暴落のモデルを作る:生態学の理論で金融市場を救えるか?
2011/01 BBC News Nature's lessons for bank crises
フォーラム:金融システム:生態学と経済学
2011/01 Nature Financial systems: Ecology and economics
doi:10.1038/469302a
経済:金融生態系のシステミックリスク
2011/01 Nature Systemic risk in banking ecosystems
doi:10.1038/nature09659
2010/12 news@nature.com Ants lead way to speedier computer networks
アリは、より迅速なコンピュータネットワークにずっと通じます。
A problem-solving tactic used by insects looks set to help engineers.
昆虫面相によって使用される問題解決戦術は、技術者を助けるためにセットしました。
2010/12 ABC@オーストラリア Ants lay trail to complex problem-solving
2010/09 Research sheds light on altruism
利他行動進化のシミュレーション
 親族関係に加えた遺伝的類似性を感じる能力を持っていたデジタル生物を観測する
緑髭効果(みどりひげこうか、Green beard effectまたはGreen beard)
 同じ遺伝子を持っていることが外から見分けられるのなら、それを守る行動は遺伝子にとっては利己的であり、したがって自然選択の結果、頻度が増大する
2010/09 EurekAlert A model system for group behavior of nanomachines
ナノマシンの集団行動のモデル・システム
2009/11 EurekAlert A new computer simulator allows to design military strategies based on ants' movements
新しいコンピュータ・シミュレータで、アリの動きに基づいて軍事戦略をデザインしてみました
進化:酵母にみられる「雪の吹きだまりゲーム」の動態と条件的な「ただ乗り」行動
2009/05 Nature Snowdrift game dynamics and facultative cheating in yeast
doi:10.1038/nature07921
2009/03 【日本語記事】ワイアードビジョン 利己主義と裏切りが支配する世界に「協力」が生まれる条件は:シミュレーション実験
2009/02 PhysOrg Bizarre bird behavior predicted by game theory
ゲーム理論によって予測される奇怪な鳥行動
 北ウェールズにおける寝所からの若いカラスは、通常でない戦略を採用している ― 食べ物を求めて『ギャング』で探しまわる
2008/06 【日本語記事】Nature 移動のパターン:人間の動きにみられる法則/採餌の際のレヴィ・フライト
ランダムウォークや、ランダムウォークの中に時折長距離ステップが挟まれるレヴィ・フライト
動物行動における統計学理論を人間行動の携帯電話利用者の移動軌跡に拡張
レヴィ・パターンに類似しているものの、時間・空間的に高度な規則性をもっている
2008/06 news@nature.com Mobile phones demystify commuter rat race
Tracking study proves that humans are creatures of habit.
生態学:個人の移動パターンを把握する
2008/06 Nature Understanding individual human mobility patterns
doi:10.1038/nature06958
2008/06 BBC News Mobile phones expose human habits
携帯電話は、人間の習慣をさらす Mobiles expose human habits
2008/06 Discovery Cell Phone Users Secretly Tracked
ひそかに追跡される携帯電話ユーザー
 アーサー・カプランが倫理問題でツッコミ
ライオンの群がガゼルを狩るそのさまを、シャーレの中の細菌で再現いたしました
2008/04 EurekAlert Novel living system recreates predator-prey interaction
 遺伝子組み換えバクテリアを使用した、捕食者と被食者との相互作用を再現する人工生態系
2008/02 【日本語記事】Nature 生態:野生のレヴィウォーク
捕食者の移動パターンは何によって制御されて自然環境下の捕食者分布が決まっているのか。
 電子タグを用い てウバザメ、ウミガメ、ペンギンなどの海生捕食者の個体移動パターンを100万例以上も収集。
 多くの短いステップとごく少数の長いステップを特徴とするランダムウォーク。
 解析結果は、被食者分布の情報に乏しい捕食者にとって最適と予測される「レヴィウォーク」モデルと一致。
生態:海生捕食者の探餌行動にみられるスケーリング則
2008/02 Nature Scaling laws of marine predator search behaviour
doi:10.1038/nature06518
2007/11 New Scientist Computer programs can help make sense of life
コンピュータープログラムは、生命の理解を促進できる
  まるで彼らがコンピュータープログラムであるかのようにモデル化されることによって複雑な生命システムの理解が進むだろう


Modelling for Field Biologists and Other Interesting People
●フィールド生物学者や他の興味ある人々のためのモデリング
 シミュレーションしよう:数学的生態モデリング入門
Hanna Kokko (著)
Cambridge Univ Pr (Sd); 1版 (2007/7/31)

「進化と人間行動」の読者は、面白い人々だろうか?
2007/10 Evolution and Human Behavior Volume 28, Issue 6 (November 2007) ページ448-450
 Are readers of Evolution and Human Behavior interesting people?
 Karthik Panchanathan and Andreas Wilke


2007/10 Discovery The Living Cell: Now In 3-D
生きている細胞:3Dで
 コンピューターX線体軸撮影法に似ている技術を用いて、生きている細胞の三次元イメージをこさえた。
2007/09 EurekAlert Primate behavior explained by computer 'agents'
コンピュータ『スパイ』によって解釈される霊長類行動
 霊長類の複雑な行動は、{彼らの行動を模倣する} 人工知能のコンピュータ『代理人』を用いて 理解できる

フリーライダーが多いシュードモナス菌のコロニーは、ヨソとの競争に負けてしまいますよ
2007/08 EurekAlert Social parasites of the smaller kind
より小さい種類の社会的な寄生体 微生物の詐欺は、彼ら自身の失脚を組織化する
これらのバクテリアは、環境から鉄を純化するために協力する
Too many cheats spoil the broth
あまりに多くのいかさまは、煮出し汁を損なう
動物を2、3匹殺しただけで何か影響でも?
2007/07 EurekAlert Killing only a few animals won't do any harm -- or will it?
 最新の数学的モデリングによって明らかになるその影響
 わずか2~3匹の生物を殺すだけで、その生態系がガラリ変動することは十分にありえる
2007/07 PhysOrg Cheating has long-term consequences in the evolution of cooperation
長期の協力の進化における、ごまかし戦略の重要性
Sam Brownによるニューモデル
 世代を越えて存在する「耐久消費材」にとりつき、やがて崩壊をもたらすチーターたち
2007/07 ScienceDaily Reap What Your Ancestors Sowed: Cheating Has Long-term Consequences In Evolution Of Cooperation
2007/05 EurekAlert Geographer designs computer model to predict crowd behavior
群衆行動を予測するコンピューター・モデル
2007/02 EurekAlert Experimental evolution in robots probes the emergence of biological communication
ロボットにおける実験的な進化は、生物学的コミュニケーションの出現を徹底調査する
 evolvableなゲノムを持つバーチャル・ロボットでシミュレーションしてみました
2007/02 New Scientist Robot swarms 'evolve' effective communication

 以上、 →2007年〜2012年の記事でした


→ 「生物の行動・繁殖シミュレーション」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー