生命倫理、生命操作、安楽死:
2004年

ほか「生命倫理、生命操作、安楽死」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』

past さまざまな撹乱


死亡後に医療機関が研究目的で無断保持! 乳児の遺体1,000体の合同埋葬が開始される
2004/08 UK Today (JAPAN JOURNALS LTD.)
2004/08 BBC News Organ scandal babies are buried
 The funerals of the first unidentified babies whose remains were found during the organ retention scandal at Alder Hey Hospital have taken place.
第二次サイエンス・ウォーズ?  近来まれにみる非科学的政府:ブッシュ共和党
  ハワード・ガードナーサイコップ
2004/03 CSICOP The New Science Wars
米国生命倫理評議会、メンバー差し替え
2004/03 Washington Post Bush Ejects Two From Bioethics Council
 Changes Renew Criticism That the President Puts Politics Ahead of Science
2004/03 Los Angeles Times Ethics Policy Announced for NIH Officials
 Top scientists will be required to disclose outside income from biomedical firms. New panel may also evaluate consulting restrictions.
2004/03 Washington Post We Don't Play Politics With Science
脳研究とその倫理 ポンコツなブッシュの科学・医療政策
2004/03 The Loom: Bioethics of--and in--the Brain
科学的? 科学の名を騙ったダブルスピークにご用心@ブッシュ政権
 「不死の商人」で暴かれた詐欺的幹細胞政策
2004/02 Washington Post Beware 'Sound Science.' It's Doublespeak for Trouble
「5日間食料なしで戦える兵士」開発プロジェクトに取り組む米国防総省
2004/02 ワイアードジャパン

past 延命欲


老化防止薬は可能か、若返りの妙薬は必要なのか 不老長寿の倫理問題
2004/06 The Gerontological Society of America New public policy and aging report highlights facts and fiction about anti-aging medicine
2004/05 Trends in Biotechnology 2004, 22:219-221 Biotechnology, bioethics and anti-aging interventions

past ヒトの未来 バイオテクノロジーの進展変化 研究者の倫理


医学 : 次はどこへ? 生殖生物学
2004/11 Nature@日本
『人格』より『人材』づくり ヒトゲノムで選別も? 教基法の改正 『機会均等』に暗雲
2004/07 東京新聞
お先危ないぞ  人類が22世紀に生き残っている確立は五分五分じゃないか?
2004/07 Scientific American Doom and Gloom by 2100
近未来バイテク法廷ドラマ「センチュリーシティー」登場 〜Lori B. Andrews
 遺伝子組み換え人間の人権はどうなるか
 ヒトクローン犯罪、違法な遺伝子診断、モトカノの人格インストールによる家庭内紛争
 来るべき「すばらしい新世界」を考えるのに好材料
books 2004/05 The Christian Science Monitor Rights of gene-altered kids, clones spill from TV plot - to reality
「人体市場 商品化される臓器・細胞・DNA」 L.アンドルーズ/D.ネルキン著 岩波書店 2002年  ローリー・アンドリューズ
books 「ヒト・クローン無法地帯:生殖医療がビジネスになった日」  ローリー・B.アンドルーズ著 紀伊国屋書店  2000年(原書1999)
不自然選択 人体工学とヒトの未来  将来我々は一つの種でいられるか
2004/05 New York Times Unnatural Selection
中国の未来はどうなる!? 超高速で進む高齢化と性比の偏り
2004/04 FuturePundit: Aging Or Sex Ratio Bigger Demographic Problem For China?
男性は不要?  オックスフォード大教授、女性が支配する近未来社会を大胆予想
2004/03 JAPAN JOURNALS LTD.
レオン・カス(キャス)インタビュー
 我々が求めたものは我々が欲しかったものなのか?  デザイナー・ベビー、気分改変薬、バイテク推進
2004/01 The Christian Science Monitor  Biotechnology: How far should researchers go?

フランシス・フクヤマ


人間改造を恐れるフクヤマ
2004/10 Betterhumans Is Transhumanism the World's Most Dangerous Idea?
 Francis Fukuyama thinks so, but the only real danger it poses is to reactionary bioconservatism

優生学の悪夢


人種と優生学とオーダーメイド医療
2004/10 New York Times The Genome in Black and White (and Gray)
人種的平等主義の終焉と社会生物学
2004/10 The Occidental Quarterly Sociobiology and the End of Racial Egalitarianism
「ベルカーブ」からの10年
2004/10 VDARE.com 'You Have To Tell The Truth' - The Bell Curve After Ten Years
2004/10 National Review Online Too Much Reality  The Bell Curve turns ten.
2004/07 The Christian Science Monitor Eugenics stir emotions in Germany
ナチの影 バイテクに二の足を踏んでいるドイツの研究者
2004/06 BBC News 'Nazi shadow' over IVF research
 German scientists must address the taboo of Nazi fertility research in order to make progress in the future
2004/06 EurekAlert Germans must research the history of reproductive medicine during the Nazi era

past 倫理@脳・神経科学


2004/12 ScienceDaily Your Brain And You: Penn Researcher Forecasts Ethical Challenges Ahead For Neuroscience And Society
脳科学と社会が直面するであろう倫理問題
2004/12 Medical News Today Your Brain and You: Ethical Challenges Ahead for Neuroscience and Society
神経科学が問いなおす「自由意志と責任」
2004/12 ワイアードジャパン
脳強化革命、すでに進行中  脅かされるアイデンティティ 神経倫理学は間に合うか
2004/06 The Christian Science Monitor Strange food for thought
認識の自由と倫理センター  Center for Cognitive Liberty and Ethics (CCLE)
 「認識の自由」を脅かす来るべきテクノロジーたち  脳神経操作技術 記憶消去薬 脳内音侵入
2004/04 New Scientist We hold these freedoms to be self-evident...
来るべき記憶管理ドラッグ 記憶を消す薬 記憶力アップ薬
 裁判において被告は脳操作薬をのむべきか?  薬物で操作される脳には自由思考はあるか
 脳-血液関門をめぐる良薬と悪薬の攻防  たちあわられる「意識の自由」という市民権問題
2004/04 New Scientist Richard Glen Boire インタビュー
脳力アップの倫理問題
2004/04 EurekAlert Ethics of boosting brainpower debated by researchers
「脳研究の倫理」 やっと検討
2004/01 読売 医療と介護

past 遺伝子情報


知らぬが仏か幸せか 個人の遺伝情報
 ゲノムは占い扱いできない 遺伝子はあなたの運命ではない
 難病治療の可能性は個人プライバシーを犠牲にして見合う福音たりうるか
 生命保険業と遺伝情報差別を禁止する法律
2004/05 Guardian Where ignorance is bliss
遺伝子という偏見をどうするか
 命を救うか 忌避のタネにするか  個人の遺伝情報という諸刃のやいば
2004/04 Washington Post Heading off Genetic Bias

pastお誕生前の治療


骨形成不全症の胎児を、お腹の中にいるまま幹細胞で治療
 遺伝障害によるコラーゲン生成不良 Osteogenesis Imperfecta (OI)
 堕胎された胎児から採取した幹細胞を使用 拒否反応見られず
 患児は現在2歳半
2004/12 BBC News Bone disease hope from stem cells
 Doctors have treated a baby with brittle bone disease while still in the womb
胎児治療学会が発足 一部は保険適用の対象に
2004/11 共同通信





past 生命科学・生殖医療と世論


人工生殖・不妊治療・幹細胞にヒトクローン
 人類学者が見るリプロダクティブ・ヘルス フェミニスト人類学と生殖
2004/12 Anthropology News Technologies of Reproduction
信仰と研究:幹細胞、胚、法王、生命倫理
2004/12 Nature 432, 666 - 669 Embryonic stem-cell research is putting fresh strain on the already fractious relationship between science and religion. TonyReichhardt explores how faith is shaping the ever-changing landscape of bioethics.
レオン・カス(キャス)、政治と倫理について語る
2004/10 Washington Post Playing Politics With the Sick
科学は倫理的問題を考える上で何かの役に立つのだろうか?
2004/09 Skeptical Inquirer magazine Can the Sciences Help Us to Make Wise Ethical Judgments?
「米の生命倫理は見当違い」 学者が大統領の政策酷評
2004/09 京都新聞
2004/09 Nature 431, 19 - 20 Politics, morals and embryos

法王曰く「ヒトクローンは人間の傲慢」
2004/08 Telegraph Pope condemns human cloning as arrogance
2004/07 EurekAlert New regulations hinder research
 New ethics committee regulations impede and delay clinical research, sometimes to the extent that conclusions are flawed and patients damaged, according to several articles in this week's BMJ
近親相姦、獣姦、人肉食にヒトクローン…
 嫌悪とタブー、倫理の進化心理学 +ピンカー、レオン・カス
2004/07 Guardian To urgh is human
バイテク会議『BIO 2004』開催、抗議活動家が続々集結
2004/06 ワイアードジャパン
バイオテクノロジー展示会に対して抗議行動
2004/06 asahi.com(SiliconValley.com)
2004/01 Washington Post Bioethics Panel Calls for Ban on Radical Reproductive Procedures
2004/01 The Washington Times The challenge of biotechnology
 conclusion to the series of editorials on the challenges raised by the October report of the President's Council on Bioethics.

デザイナーベビー  受精卵選別


受精卵診断「利用広がる」 欧米3施設が意義強調
2004/08 共同通信
受精卵診断訴訟、学会側「司法判断なじまず」 口頭弁論
2004/07 asahi.com : 健康
着床前診断訴訟:初の口頭弁論、学会却下求める 東京地裁
2004/07 毎日新聞
産科婦人科学会、慶応大申請の受精卵診断を正式承認
2004/07 asahi.com : サイエンス
受精卵診断を正式承認 国に法整備要望
2004/07 共同通信
移植用デザイナーベビー認可
2004/07 Guardian Green light for 'designer babies' to save siblings
遺伝子で子供を選別するデザイナーベビーの認可 我々は倫理の底なし沼に踏み込んだのか
2004/07 Guardian Are we on the genetic slippery slope?
 No, say doctors specialising in reproductive medicine. Saviour siblings are just the logical next step
2004/07 BBC News 'Designer baby' rules are relaxed
 The fertility watchdog has decided to relax the rules governing the creation of so-called 'designer babies' to help sick siblings.
2004/07 New Scientist 'Saviour sibling' babies get green light
2004/07 中央日報
受精卵診断:骨髄提供の適否判定認める 英国
2004/07 毎日新聞
受精卵診断、公開倫理委で初承認 慶応大の重い遺伝病例
2004/07 asahi.com : サイエンス
 生命にかかわり成人前に発病する病気を現時点での「重い病気」と定義
着床前診断:日産婦倫理委も全会一致で承認
2004/07 毎日新聞
受精卵診断を秋にも実施 大谷院長、審査なしで21組に
2004/07 産経新聞
着床前診断、秋にも再実施=神戸の大谷医師−患者らが「推進する会」
2004/07 時事通信
着床前診断: 大谷産婦人科医院長ら、「推進する会」結成
2004/07 毎日新聞
着床前診断、是非めぐり論議 「遺伝病の差別に」/「母体の負担を軽減」
2004/02 毎日新聞
素晴らしき新人類 デザイナー・ベビー時代の到来:子の性を選べる世界
2004/01 MSNBC Brave New Babies

日本


医療現場向けに生命倫理講座 東大で10月から
2004/09 asahi.com : サイエンス
医の倫理の現代化のあり方 ぬで島次郎
2004/09 日本医師会ニュース
平成16年4月15日 国会 憲法調査会 第6号「科学技術の進歩と憲法」生命倫理 参考人:木村利人
日本生殖医療心理カウンセリング研究会発足
2004/02 読売 医療と介護

past クローニングと幹細胞 ヒト胚


2004/10 Los Angeles Times Stem Cell Debate Focuses on Morality and Money
英国曰く:アメリカは世界中のヒト胚クローン研究を妨げる気か  国連を舞台にした攻防戦
2004/08 BBC News Britons attack US cloning ban bid
ヒトクローン胚:
研究を5年間の期間限定で容認 仏議会
2004/07 毎日新聞
クローン人間作りは「人類に対する罪」 仏が禁止法採択
2004/07 asahi.com : サイエンス
ヒト胚研究5年間容認 仏、クローンづくり禁止
2004/07 共同通信
ザボス、35歳女性にヒト体細胞クローンを着床させる
 クローン代理母も募集中 胚分割でボディスペアもご用意いたします
2004/01 asahi.com : 健康
2004/01 共同通信
クローン代理母を募集 米国の研究者が会見へ
2004/01 共同通信
2004/01 The Observer Scientists pour scorn on doctor's human clone boast

日本


ヒト胚で3府省連絡会議 指針、審査体制を協議
2004/09 共同通信
受精卵研究どこまで許せる?指針作成に研究班設置へ 厚生労働省
2004/09 読売新聞
受精卵研究の指針策定へ 厚労省が実態調査
2004/08 共同通信
クローン胚利用、新指針で 解禁の報告書を正式決定
2004/07 共同通信
ヒトクローン胚作り容認 条件整備、行政指針で対応
2004/07 asahi.com : サイエンス
ヒト胚:作成を生殖補助医療に限り認める 生命倫理調査会
2004/07 毎日新聞
ヒト胚: 難病研究か、生命倫理か 研究目的容認
2004/07 毎日新聞  時間切れ 最終盤は丁寧な審議を放棄、議論不足
ヒト胚研究:法規制せず穏やかな国の指針で 総合科技会議
2004/07 毎日新聞
 指針に基づく審査を日本産科婦人科学会(日産婦)へ丸投げしようとしている
不妊治療研究で受精胚の作製容認 総合科技会議
2004/07 asahi.com : サイエンス
ヒトクローン胚:ボランティアからの入手認めず
2004/07 毎日新聞
不妊治療研究で受精胚の作製容認 総合科技会議
2004/07 asahi.com : サイエンス
余録:ヒトクローン胚 「科学研究は多数決により進歩したためしはない」。
2004/06 毎日新聞
社説:ヒトクローン胚 報告急がず枠組みの整備を
2004/06 毎日新聞
 現実問題として、枠が整備されるまでヒトクローン胚研究はできない。であれば、調査会は最終報告を急がず、厳しい条件を満たす枠組み整備の具体策を、データに基づいて検討した上でまとめるべきではないか。
ヒトクローン胚:作成容認 論理問題浮き彫り
2004/06 毎日新聞
ヒトクローン胚:難病研究などに限り容認 総合科技会議
2004/06 毎日新聞
 国民が求めるのは、少数意見の懸念に応え、なぜ容認の結論なのかを明らかにする「説明責任」を尽くすことだったはずだ。
ヒトクローン胚研究を容認、条件付きで 科技会議調査会
2004/06 asahi.com : サイエンス
ヒトクローン胚作成容認 再生医療に向け研究
2004/06 共同通信
 賛成10人、反対5人:科学的な必要性が吟味されず
クローン胚研究解禁、科技会議調査会が採決
2004/06 読売新聞
 容認8か国英国や韓国など:禁止14か国フランス、ドイツなど
ヒトクローン胚作り: 結論出ず−−生命倫理調査会
2004/06 毎日新聞
人間の「胚」作製、主張平行線で報告書提出延期
2004/05 読売新聞
<ヒト胚>2月8日に研究シンポ開催 総合科学技術会議
2004/01 毎日新聞

past 死んだら不要品? あまったら材料?


体外受精:余分に作られた胚の行方は?
2004/08 ワイアードジャパン
受精卵の扱い、施設で格差 初の全米調査で判明 アーサー・カプラン
2004/08 共同通信
倫理地雷原 あなたの水子の運命を知っていますか  不要とされた受精卵の行方
2004/08 muse@nature.com: A moral minefield
 Couples going through IVF should be allowed to choose what happens to their unwanted embryos
2004/08 news@nature.com IVF embryos meet contrasting fates
 Confusion reigns over how US fertility clinics deal with their 'waste'.

材料はあなたの水子


胎児と赤子の錬金術
 妊婦が腹をさばかれ「胎児」が盗まれた 妊婦は死亡、「赤ちゃん」は元気…
 ゴミ扱い材料扱いされまくる「胎児」はいつなぜ「子宝」に大変身を遂げるのか
2004/12 Townhall.com From fetus to baby
脊髄損傷治療で中国への渡航相次ぐ、医師が実態調査へ 中絶胎児の細胞移植
2004/11 読売 医療と介護
中絶胎児の組織を用いて視覚回復
2004/10 EurekAlert Fetal tissue restores lost sight
2004/10 BBC News Abortion row fears over eye cure
胎児 網膜細胞 移植 成功
2004/10 中央日報
2004/10 New Scientist Fetal tissue graft restores lost sight
<中絶胎児>妊娠12週未満は廃棄物 環境省が見解
2004/09 毎日新聞
中絶胎児の細胞利用は両親同意が必要…指針大筋で合意
2004/08 読売新聞
<胎児細胞移植>せきずい基金が警告「リスク大きい」
2004/07 毎日新聞
胎児細胞移植:せきずい基金が警告「リスク大きい」
2004/07 毎日新聞
中絶胎児の細胞を移植 脊髄損傷の日本人9人が中国で手術
2004/07 共同通信
2004/07 産経新聞
中絶胎児細胞移植、北京に仲介組織
2004/07 読売新聞
中絶胎児処分疑惑:病院長、生ごみで捨てた認める 横浜
2004/07 毎日新聞
社説:中絶胎児利用 公正な組織で徹底議論を
2004/07 毎日新聞
中絶胎児、「一般ごみ」で廃棄 横浜の医院、手足は切断
2004/07 asahi.com : 健康
中絶胎児を一般ごみに 横浜市が産婦人科を調査
2004/07 共同通信
再生医療:死亡胎児の利用解禁へ 中絶への同意と研究説明義務化−−厚労省が指針案
2004/07 毎日新聞
死亡胎児:幹細胞応用 「中絶誘発」懸念の声も
2004/07 毎日新聞
 死亡胎児の幹細胞は現在、一部の研究機関で何の歯止めもないまま独断専行で使われている。
 倫理的に重大な問題

死亡胎児の幹細胞を条件付き利用容認…厚労省委
2004/06 読売 医療と介護
胎児幹細胞利用で規則素案 7月までに厚労省専門委
2004/06 共同通信
神経修復に胎児の細胞を用いた中国医師
2004/06 Knight Ridder Chinese doctor uses fetal cells to treat paralysis in controversial treatment
厚労省専門委:死亡胎児の幹細胞利用で再合意
2004/05 毎日新聞
死亡胎児の細胞利用認める 再生医療に、厚労省専門委
2004/05 共同通信
中絶胎児の細胞で再生治療、脊髄損傷患者が中国渡航
2004/04 読売 医療と介護

中絶行為


2004/06 BBC News US judge blocks late abortion law
人類の繁栄には堕胎は必要か サンガーと妊娠中絶
2004/05 Washington Post Abortion, the Family Enhancer?
【噴水台】堕胎と犯罪
2004/05 中央日報@韓国
2004/03 US foetus law sparks abortion row  The US Senate has overwhelmingly passed legislation which makes it a separate offence to harm a foetus during an attack on a pregnant woman.
堕胎は子殺しか論争@英国
2004/01 BBC News Adviser sparks infanticide debate

past 臓器移植・再生トラブル


脳死者 臓器寄贈 高卒 未婚 男性 多くて
2004/10 中央日報
脳死判定基準満たさないのに判定し臓器提供 鹿児島
2004/09 asahi.com : サイエンス
脳死臓器提供、12〜14歳解禁を提言 小児科学会委
2004/08 asahi.com : 健康

past 安楽死 尊厳死 死ぬ権利


2004/12 BBC News Indian sparks euthanasia debate
2004/12 BBC News Euthanasia seeker dies in India
「脳死状態」の新生児、両親の意向で延命治療中止
2004/12 読売 医療と介護
生後18日の新生児に脳死判定 神奈川の病院で昨秋
2004/12 asahi.com : サイエンス
「脳死」赤ちゃん延命中止 判定基準ない3カ月未満児
 「緩和ケア」の実践例/脳死判定基準が確立していない3カ月未満児
2004/12 共同通信
2004/10 BBC News Doctors neutral over euthanasia
 Two doctors' groups have dropped their opposition to a proposed change in the law to allow them to help terminally ill patients to die.
「死の権利」国際会議開幕 延命拒否の意思主題に
2004/09 共同通信
2004/09 BBC News Coma woman intervention 'illegal'
 The battle between a US woman's husband and parents over whether to keep her alive takes a new twist.
2004/09 BBC News Swiss group 'helped 22 Brits die'
2004/09 BBC News Half 'would help loved ones die'
 Nearly half of people are ready to break the law to help terminally ill loved ones die
2004/07 BBC News Patient wins right-to-life ruling
 A patient has won his legal challenge to prevent doctors withdrawing life-prolonging treatment.
全米唯一の安楽死法を支持 連邦高裁、政府介入を否定
2004/05 共同通信
安楽死問題@ニュージーランド
2004/04 BBC News NZ euthanasia daughter sentenced
「自殺を手伝う」 多くの医者は終末期医療でそう答える
2004/02 BBC News 'Most doctors would aid suicide'

past 障がい者が生まれる権利 障がい者を生まない権利


もっと羊水穿刺を
 全年代の妊婦を調べるべき 障害のある子を産ませるな
2004/01 San Francisco Chronicle  Study argues for more amniocentesis
 Testing moms-to-be can find abnormality in fetuses' genes
2004/01 Boston.com Prenatal testing urged for all women
2004/01 New Scientist Prenatal genetic screening urged for all mums-to-be

past 動物と人間のはざま


人間と動物のハイブリッド作成が許容されている現行法の問題点
2004/06 The Scientist UK hybrid loophole exposed
  Regulator seeks government clarification on licensing human-animal hybrid experiments

past ほか


バイオ企業に商業利用される『極限環境微生物』は誰のもの?
2004/06 ワイアードジャパン

 以上、 →2004年の記事でした


→ 「生命倫理、生命操作、安楽死」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー