生物兵器:
2004年

ほか「生物兵器」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』

past 情報公開/情報漏洩

 科学者は関係情報を隠すべきか テロリストに生物兵器の作り方を教えていないか
炭素菌入り郵便、そしてバイオラボが種々あるという現実
2004/10 USA TODAY Anthrax slip-ups raise fears about planned biolabs
生物兵器の研究所を見破る方法   発表論文から秘密研究を透視
2004/06 ▲日本語記事 ネイチャーバイオニュース
テロリストの魔手から科学を守れ
2004/04 BBC News Caution urged over bio research
 Scientists must ensure research details do not fall into terrorists' hands

past 過去の各国の生物兵器


細菌戦の被害調査始める 実態解明へ、北朝鮮 @朝鮮戦争_
朝鮮戦争の細菌戦は、旧日本軍の細菌戦部隊731部隊を引き継ぐ形で行われたと指摘されている。米国は一貫して実行を否定

2005/09 【日本語記事】 ヤフージャパン(共同通信)
2005/08 Washington Post Soviet Germ Factories Pose New Threat
 Once Mined for Pathogens in Bioweapons Program, Labs Lack Security
731部隊長名のノート発見 元側近宅から2冊 _
 細菌兵器開発のため人体実験を繰り返したとされる旧関東軍防疫給水部(731部隊)の部隊長・石井四郎軍医中将の署名が表紙に記された未公開ノート2冊が、側近だった夫妻の自宅から見つかった。石井氏は戦後、連合国軍総司令部(GHQ)に資料を提供し、戦犯の訴追を免れたが、これまで本人の手記は見つかっていない。直筆ノートならば、GHQにも明かさなかった終戦後の足跡や内面を記した貴重な一次史料ということになる。
 A5判の大学ノート。表紙に鉛筆で「1945—8—16終戦当時メモ」「終戦メモ1946—1—11 石井四郎」と記され、終戦直後に書き留めた備忘録とみられる。在米ジャーナリストの青木冨貴子さん(57)が東京都内の元側近宅でノートのことを知った。
 元側近の妻によると、石井氏は戦後まもなくこの元側近宅を訪れ「アメリカ人が来て没収すると困るから」とノートを預け、59年の死去まで返還を求めなかったという。
 青木さんは米国立公文書館の文書をもとにノートを分析し、「ごく少数の関係者しか知らない部隊幹部の住所など、本人でないと知り得ない事実が書いてある」ことから直筆ノートと判断。石井氏が部隊を創設し、戦後に訴追を免れるまでの経緯を5日発売の著書「731」(新潮社)にまとめた。
 ノートは略語や隠語を多用した断片的なメモの羅列のため、青木さんは当時の史料とつき合わせて解読を試みた。
 ■「1945」メモ
 記述は敗戦翌日から始まる。ソ連が対日参戦し、8月9日に旧満州に侵攻すると、石井氏は東京から駆けつけた司令官に、一切の証拠物件を雲散霧消させるよう命令を受けた。ノートには〈新京(現長春)に軍司令官当地訪問/徹底的爆破焼却、且、徹底防諜を決定す〉と記されている。
 しかし石井氏らは大量の病理標本や浄水機などの機械類、ワクチンなどを持ち帰った。ノートには〈抽出持込〉〈搬出積込〉と記され、命令を受けた直後から資料を持ち出す作業に取りかかったことになる。
 石井氏の帰国経路をうかがわせる記述もある。8月16日、〈新京 停車場貴賓室に徹夜〉。そこから釜山に到着し、貨物船を手配。〈26/8 医務局〉とあり、8月下旬に東京に戻り、26日に陸軍省医務局を訪れたようだ。
 ■「1946」メモ
 石井氏が自宅蟄居(ちっきょ)中に書いたとみられる。
 〈連合国20/11招待時の買出し一覧表〉と記され、GHQ詰めの米国人将校の名前がある。青木さんは「石井が45年11月20日に将校6人を自宅に招き会食したと考えればつじつまが合う」と語る。
 会食時の米軍将校らの会話の内容とみられる個所もある。〈ミスター・イシイを知っているか まだ満州にいて帰らぬ〉などとある。「GHQの一握りの幹部は45年秋から石井の所在を知っており、会食にまで応じながら、尋問のため石井を探し回っていたGHQの調査担当者には隠していたのではないか」と青木さんは推測する。

2005/08 【日本語記事】 asahi.com
731部隊細菌戦訴訟、高裁も被害認定・賠償認めず
2005/07 【日本語記事】 読売
2005/07 BBC News Japan rejects germ warfare claim
平和の使者で死者を  炭素菌つきカミカゼ特攻隊、ハトで計画していました
2004/05 Guardian RAF planned kamikaze anthrax pigeon squadron

past 生物兵器対策:警戒 防衛策 被害の恐れ


2005/09 news@nature.com Lab loses trio of plague miceハ
Risk to public is thought negligible.
バイオテロ対策に民間企業の参加進まず
2005/09 【日本語記事】 asahi.com(SiliconValley.com)
2005/09 EurekAlert New method rapidly detects potential bioterror agent
2005/08 Guardian Doctors' germ war concern
生物化学兵器テロに備える「ガスの拡散調査」、NYで実施
2005/08 【日本語記事】 ワイアードジャパン
2005/07 FuturePundit: Bioterrorism Attack On Food Supply Modelled By Stanford Researchers
バイオテロ:犯人をどうやって特定するか
2005/03 【日本語記事】 ワイアードジャパン
2005/03 BBC News Protest over US biodefence boom
生物兵器テロ、対応できる救急医療機関は2割
2004/11 【日本語記事】 ヤフージャパン(読売新聞)
2004/10 BBC News Act now on biological weapons
ブッシュ大統領、バイオテロ対策を促進する法案に署名
2004/07 ▲日本語記事 ワイアードジャパン
米政府の「バイオテロ対策薬品」開発計画、難航中
2004/06 ▲日本語記事 ワイアードジャパン
2004/05 Boston.com City and hospitals to watch for early signs of bioterrorism
米が生物テロ防止の諮問委設立へ バイオ研究に管理指針
2004/03 ▲日本語記事 asahi.com : サイエンス
2004/01 BBC News Better bio-weapons controls urged





past 防衛策:生物兵器の生物学


2005/02 EurekAlert Engineers develop biowarfare sensing elements for future highly sensitive nerve-gas detectors
2005/01 EurekAlert Researchers develop new tool to detect agents of bioterrorism
 Scientists at the Lawrence Livermore National Laboratory have developed a new "biological smoke detector" to help protect against potential bioterrorist attacks
「吐く息」がバイオテロによる感染者を特定する鍵に
2005/04 【日本語記事】 ワイアードジャパン

past 炭疽菌


2005/07 EurekAlert Critical step traced in anthrax infection
 Pore protein plays active role in toxins' entry into cells
2005/06 EurekAlert Anthrax inhibitors identified by Burnham team
2005/03 EurekAlert Antibodies from plants protect against anthrax
2004/05 BBC News 'Better' anthrax vaccine tested
2004/03 EurekAlert DNA vaccine protects against anthrax
2004/03 BBC News Soldiers link baby deaths to jabs
 Some UK Soldiers who served in Iraq have expressed fears for their unborn babies
after claiming a number of child deaths are linked to anthrax jabs.
2004/01 EurekAlert Small-molecule inhibitors of anthrax lethal factor identified

past 天然痘


2004/11 New York Times W.H.O. Panel Backs Gene Manipulation in Smallpox Virus
天然痘の遺伝子操作を容認 治療薬開発へWHO諮問委
2004/11 【日本語記事】 ヤフージャパン(共同通信)
2004/11 New Scientist WHO backs genetic experiments with smallpox
天然痘研究の規制見直しを 治療薬開発へ科学者提言
2004/07 ▲日本語記事 ヤフージャパン(共同通信)
2004/04 EurekAlert Experimental smallpox DNA vaccine protects primates from lethal monkeypox
天然痘ワクチン1億人分、政府備蓄へ
2004/03 ▲日本語記事 読売 医療と介護

past 生物兵器候補


生物テロで48病原体規制 感染症法改正案
2005/11 【日本語記事】 ヤフージャパン(共同通信)
ウイルスや細菌、対テロへ管理強化 感染症法改正へ
2005/10 【日本語記事】 asahi.com
6病原体、所持禁止…生物テロ防止で厚労省が法改正案
 天然痘、マールブルグ、エボラ、クリミア・コンゴ出血熱、ラッサ熱、南米出血熱
2005/09 【日本語記事】 読売
パラミクソウイルス
2005/07 EurekAlert Discovery could be key to bioterrorism defense
 functional receptor for the Nipah and Hendra viruses--naturally occurring and highly pathogenic paramyxoviruses for which no treatments or vaccines are currently available.
マールブルグ
2005/06 news@nature.com Success in primates sparks hope for Marburg vaccine
  Live inoculations join the fight against fatal fevers
生物テロ防止、厚労省が「病原体保有」に法規制方針
2005/01 【日本語記事】 読売
10個いれば人を殺せる 最凶の感染性細菌、ゲノム解析しました
2005/01 BBC News Super microbe's life code cracked
 the most infectious germs known to science.
 The Francisella tularensis bacterium is a candidate bioterror weapon, as it takes just 10 microbes to bring on disease in humans.
野兎病菌のゲノム解読=旧日本軍研究の生物兵器−英防衛研など
2005/01 【日本語記事】 ヤフージャパン(時事通信)
2004/11 New Scientist 'Suicide tree' toxin is 'perfect' murder weapon
特定の人種を狙った新たな生物兵器——欧州のシンクタンクが警告
2004/06 ▲日本語記事 ワイアードジャパン
2004/03 Nature Science Update Ricin vaccine protects mice from poisoning
 Skin patch could offer simple treatment route.
2004/02 New York Times Ricin as a Weapon


 以上、 →2004年の記事でした


→ 「生物兵器」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー