教育、子ども、乳幼児~思春期:
2015年

ほか「教育、子ども、乳幼児~思春期」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


カンガルーケア、低体重出産児の死亡リスクを減らしうる
2015-12 LiveScience Skin-to-Skin 'Kangaroo-Style' Care May Benefit Newborns' Health
2015-12 Nature 7つの社会集団における公平性の個体発生
  The ontogeny of fairness in seven societies
2015-12 NatureJP 子供が「それは不公平だ」と思うようになるとき
2015-12 LiveScience Childhood Bullying Can Have Lasting Effects on Mental Health
 生涯残る幼少時のいじめ影響  幼年期のいじめ
2015-12 読売新聞 子供のヘディングを制限...米サッカー協会が指針
2015-11 Nature 【神経科学】乳幼児期の言語経験が脳に長期持続的な影響を及ぼす
2015-12 【日本語ブログ】乳幼児期の言語経験と脳への長期持続的な影響
2015-11 中央日報@韓国 「『児童幸福指数』最下位の韓国、親が変わらなければ」 
2015-11 news@nature.com Cultural differences determine when kids learn to play fair
文化的な違いは、いつ、子供が、公正に遊ぶのを習うかを決定します
多く—けれどもnotのすべての子供--社会は8の年で不公平な取引を拒絶します。
2015-11 AFP  肥満の子ども、8歳から心疾患の兆候
 国連リポートは、1990年以来妊娠関連の死が約50%低下すると伝えているけれども、わずか9つの国がUN目標に行き当たる。
2015-11 毎日新聞 <相手の表情>「顔を読む」能力 身に着くのは3歳半ごろ 明和政子
2015-11 読売新聞 「顔色読み取り」、3~4歳から…京大グループ
2015-11 財経新聞 ヒトが顔を「見る」ことの意味は成長につれて変化する―京大・明和政子氏ら
2015-10 虐待受けた愛着障害児は脳に異常 福井大が世界初の研究成果 特集・医療最前線ふくい 福井のニュース |福井新聞ONLINE
2015-10 読売新聞 虐待で精神疾患の子ども…表情、感情認知が困難か 福井大
 虐待で疾患の子、感情読み取る脳の部位小さく
 視覚野の容積の大きさを比較
 反応性愛着障害(RAD)の子どもは、健康な子どもより、容積が平均で20・6%減少
2015-10 毎日新聞 <虐待受けた子供>脳の機能低下 褒めても響かぬ?
 福井大などの研究 他人の表情も読み取りにくく
2015-10 47news 受動喫煙で子の虫歯2倍 7万人超のデータ解析
2015-10 毎日新聞 受動喫煙:煙にさらされた子、虫歯2倍 京大チーム発表
2015-10 産経新聞 【暮らしの注意報】高所“平気”症の子供たちが急増中? 高層マンション暮らしで怖さ薄れ…転落事故も続々と
2015-10 慢性疲労の子ども 脳の過剰活性解明 神戸の理研など解明 (神戸新聞NEXT)
2015-10 理研 小児慢性疲労症候群患児の脳活動状態を明らかに
2015-10 読売新聞 不登校の子どもに多い「小児慢性疲労症候群」、脳の一部が働き過ぎ
2015-10 理研  記憶や学習能力のベースラインは子ども時代につくられる! 
2015-10 財経新聞 記憶や学習能力の基礎となる脳内構造体はこども時代につくられる 国立遺伝学研究所・岩田亮平氏ら
2015-10 LiveScience Many Kids with Mental Health Issues See Only Pediatricians
 心の問題をもっている子供の多くは、小児科医だけにかかっています
2015-10 BioToday 超早産児の吸入ステロイドは死亡を増やして気管支肺異形成を防ぐ
2015-10 Nature 予想外の出来事に対する生後12カ月の乳児のニューロンの応答
2015-10 Science/AAAS Bedtime problems boost kids’ math performance
 Puzzling through a word problem even once a week produces sizable gains
 寝る前に算数の宿題をやると成績が上がる。
  Puzzling through a word problem even once a week produces sizable gains
 週一回、文章問題に挑戦するだけでも効果あり。
2015-10 Science 算数の家庭学習(iPadアプリ)は成績を向上させる
2015-10 EurekAlert 算数アプリが、家庭の算数に対する心配を埋め合わせる
2015-10 LiveScience Anxiety In Children May Be Prevented With Family Therapy
 子供の不安は家族療法で
2015-10 理研 愛着障害児の報酬感受性の低下を解明 PDF
2015-09 MT Pro 「死ぬまで射精可能」は男子で4割,女子で2割
  高校生の妊孕性に関する知識の調査報告
2015-09 news@nature.com Brain stimulation in children spurs hope — and concern
 子供の脳刺激拍車望み、および関心
  発達中の脳の治療は、改良のために、より大きい範囲を提供しますが、リスクをまた激化させます。
 Treatment of developing brains offers greater scope for improvement but also intensifies risks.

2015-09 BioToday 高校卒業頃の運動能力や筋力が高い男性は血管疾患リスクが低い
2015-09 LiveScience Energy Drinks Tied to Brain Injuries in Teens
 十代で脳障害に結ばれた栄養ドリンク
2015-09 LiveScience Kids May See Better If They Play Outside
 外でよく遊ぶ子は、近視になりにくいかも
2015-09 BBC News Outdoor play 'good for the eyes'
2015-09 BioToday 小学校の野外活動増加で近視が減少〜中国での無作為化試験
殺虫剤に小児がんリスク
2015-09 LiveScience Pesticides Linked to Kids' Cancer Risk
2015-09 LiveScience 2-Year-Olds Have the Most Tricycle Accidents
三輪車で一番事故るのは2歳
青少年のSNS利用は不安と睡眠不足の温床
2015-09 LiveScience Social Media Use in Teens Linked to Poor Sleep, Anxiety





2015/08 BioToday 英国小児の死亡率を下げるには早産の原因を減らす必要あり
2015/08 EurekAlert UK death rate of pre-school kids almost double that of Sweden
 イギリスの幼児死亡率はスウェーデンの倍
2015/08 BioToday 家庭で読むことにより親しんでいる子は言語処理脳領域がより活発
2015/08 LiveScience Yawn! School Starts Too Early for Teens, CDC Says
 中高生には、始業時間は早すぎないか
 米国の中高は午前8時頃に始まります
2015/08 時事通信 小学生の不登校率、過去最悪=2年連続で増加 学校基本調査
 病気や経済的な理由以外で年間30日以上欠席した「不登校」の小中学生
2015/08 朝日新聞 小学生の不登校、最高に 14年度
 14年度中の不登校の小学生が全児童に占める割合は0・39%で、過去最高
 2年連続で増加
2015/08 BioToday 偏食の子はうつや不安リスクが高い〜就学前小児の試験
 自閉症スペクトラム障害(ASD)ではない2-5歳小児およそ1000人を調べた
 偏食とうつ、社交不安障害、全般的不安症状のリスク上昇が関連
2015/08 LiveScience Picky Eating in Kids Tied to Anxiety, Depression
 感覚過敏の結果である可能性、そして食事時間が逆境タイムになる
 大人に関しては、やはり好き嫌いが強い大人はメンヘルが悪めだけど、子供よりは好き嫌いは目立たせることなく振る舞えている
2015/08 AFP 子どもの好き嫌い、うつや神経症と関連か 米研究
2015/08 読売新聞 小4の1割、おじさん化?…肝機能・脂質に異常
2015/07 本川・社会実情データ図録 子ども世代についての将来展望(国際比較)
  自国で育った子どもたちの暮らし向きが親たちより良くなると思っている日本人は18%と少なく、フランス人、イタリア人に次いで暗い将来展望
2015/07 朝日新聞 難聴、生後すぐ検査を 早期療育で言葉の発達に効果 
 新生児聴覚スクリーニング検査
2015/07 BioToday 小児の抗生剤使用と若年性特発性関節炎リスク上昇が関連
2015/07 朝日新聞 子どもの「くる病」増える 戦後ほぼ消えたはずでは…
2015/07 Science 子どもの科学教育、必ず初歩的な質問を
2015/07 BioToday 小児科医が小児肥満予防のために果たすべき役割をAAPが提示
2015/07 BioToday 一般診療で口腔予防サービスを受けた幼稚園児の虫歯は少ない
2015/07 スラド 日本で人気の鉛筆硬度がHBから2Bに、児童の筆圧低下が一因か
2015/07 【日本語ブログ】幼若期の抗生物質の使用とその後の発育への影響
2015/07 【日本語ブログ】新生児の段階で予測できるかもしれない小児期の気質
2015/06 本川・社会実情データ図録 児童・生徒のイライラ度の推移
  バブル期以後、中高校生のイライラ度は低下傾向。小学生のイライラ度はやや増
2015/06 Science/AAAS Even 3-year-olds have a sense of justice 3歳にさえ、正義感があります。
研究者は幼児で高度な道徳的推論を見つけます。Researchers find advanced moral reasoning in young children
2015/06 豪州ABC Children have an innate sense of restorative justice
2015/06 AFP 10代のいじめ経験、成人後のうつ病と関連性 英研究
2015/06 豪州ABC Teenage bullying linked to adult depression
2015/06 BioToday 頻繁にいじめられた子は若い大人の頃のうつ病リスクが2倍以上高い
2015/05 スラド 他人の不幸を喜ぶ感情、2歳児にも備わっている
2015/05 豪州ABC Bullied kids have higher risk of adult obesity and heart disease  
  いじめられた子供には、成長後の肥満と心臓病の、より高いリスクがあります。
2015/05 朝日新聞 長期入院の子ども、4割学習指導なし 文科省調査
2015/05 財経新聞 日本人児童の顔認知は13歳程度で成熟 人種で相違がある可能性
2015/05 EurekAlert Science 学童期における「顔認知」の発達過程を詳細に解明 
2015/05 産経新聞 真っ直ぐ立てない子供たち「まるでゴリラ」…足指に“異変”も 
 東京都内の小学校の養護教諭の調査で、足の指先が地に着かない「浮き指」がある子供が8割
 バランスを取るために、膝を曲げ、猫背で歩く
 20年前は16・3%
  幼児期や学童期に歩く距離が短い
  足の指を使う雑巾がけなどの運動をしなくなった
2015/05 朝日新聞 教育ビッグデータで成績上がる? 市場「3千億円規模」
2015/04 毎日新聞 野球肘:痛みなくても4割に腫れや緩み 少年に多い靱帯異常 筑波大講師、小学生をMRI検査
2015/04 豪州ABC Mind-reading kids more popular at school  学校では、より人気がある読心術の子供  学校では、彼らの同輩の中では、読書もう一方の心が上手な子供が、より人気があります。
2015/03 Science/AAAS  Poverty may affect the growth of children’s brains
2015/03 news@nature.com Poverty shrinks brains from birth 
2015/03 AFP 子どもの貧困、脳の発達に影響 米研究
2015/03 EurekAlert 世帯所得、子供で脳の構造に関連する親の教育、および若者 世帯所得と脳の構造の間の相関 Family income, parental education related to brain structure in children and adolescents
2015/04 豪州ABC Family income may influence kids' brain development
2015/03 EurekAlert Teenagers shape each other's views on how risky a situation is ティーンエイジャーは状況がどれくらい危険であるかに関するお互いの意見を形成します。
2015/03 EurekAlert Children less likely to come to the rescue when others are available
 他のものが手があいているとき、より救助に来そうにない子供
 他の子が助けることができるとき、5歳くらいの幼児は困った人をより助けそうにはありません。
2015/03 BBC News Inactive child 'may be couch potato'  
  不活発な暮らしの子は、中年のカウチポテトに成長しそうです。
2015/03 朝日新聞 「サッカーひざ」成長期に傷 同じ動き、軟骨に負荷
2015/03 EurekAlert Infant growth affected by exposure to environmental pollutants  環境汚染物質に暴露で影響を受ける幼い成長
2015/03 Medエッジ 赤ちゃんを夜寝かせるコツ?親子の健康のために
 生後6カ月の夜間の睡眠時間と、生後12カ月の時点のいずれにおいても夜7時以降のテ レビの環境にいるかいないかで、夜間の睡眠時間には差が出て、テレビがあると睡眠時間 が減っていた。
 生後6カ月の時点で睡眠時間が少ないと、その少ない状態は生後1年の時点でも続いて いた。
友人は子供をアクティブに保つ際に効果があるかもしれません。
友人と共に身体的活動に従事していた子供は、運動させる家人によって加わられたか奨励された子供より運動に関するさらに少ない負の感情を持っていました。
2015/03 EurekAlert Friends may make the difference in keeping children active
2015/02 EurekAlert Aggressive boys tend to develop into physically stronger teens 攻撃的な男子は、肉体的により強い十代に発達する傾向があります。
 攻撃的傾向を示している少年が、ティーンエイジャーとして攻撃的でない少年よりすばらしい体力を開発します
2015/02 EurekAlert Research suggests anesthetics could have long-term impact on children's brains 麻酔薬が子供の脳の上に長期の影響力を持っているかもしれない
2015/02 EurekAlert Early consumption of peanuts prevents peanut allergy in high-risk infants
 ピーナッツの早めの摂取はハイリスク新生児のピーナッツアレルギーを予防します。
2015/02 EurekAlert Eating peanut at an early age prevents peanut allergy in high-risk infants
2015/02 EurekAlert Study finds peanut consumption in infancy prevents peanut allergy
2015/02 EurekAlert Experimenting preteens may have different brain processes
 思春期直前の子供には、そうしない思春期直前の子供のものと異なって利く脳の過程があるかもしれません。
  新規探求傾向 
2015/02 EurekAlert Drowned children do not benefit from resuscitation beyond 30 minutes おぼれた子供は30分間蘇生の利益を得ません。 査結果は長引いている蘇生のための現在のガイドラインに質問します。
2015/02 Medエッジ 溺れた子どもへの心肺蘇生、30分が分水嶺
2015/02 BioToday [医学] 溺れた小児の30分超の蘇生処置後の転帰は非常に悪い~9割が死亡
2015/02 EurekAlert Study: 25 percent of children who are homeless need mental health services ホームレスである子供の25パーセントはメンタル・ヘルスサービスを必要とします。
2015/02 EurekAlert Delaying children's school entry linked to poor academic performance
 子供の入学の遅れは不十分な学業成績にリンクされた。
2015/02 EurekAlert Napping beyond age of 2 linked to poorer sleep quality in young children
 2歳をすぎてもお昼寝する幼児は、貧しい睡眠の質に注意
2015/02 EurekAlert Shy babies need secure parent bond to help prevent potential teen anxiety
 内気な赤ん坊は、10代の不安障害を発症するのを避ける上で、両親との強いきずなを必要とします
2015/02 EurekAlert Teens increasingly sleep deprived
 貧困層、女子、ヒスパニックやマイノリティのティーンエイジャーは寝不足気味
2015/02 EurekAlert Support for sleeping in? Half of parents favor later school start times for teens  寝坊サポート? 半数の両親は十代の間、学校の始業時間遅らせを支持します。
2015/02 EurekAlert Pitt expert talks about teenage brain development at AAAS Annual Meeting
劇的な脳変化は十代の探検とリスクテイキングについて説明できました。 それは、計画しているのを許容して、即座の報酬の必要性を奨励します。 神経科学者は公開討論会と記者会見における彼女の研究について議論しています。
2015/02 EurekAlert Babies can identify complex social situations and react accordingly  赤ん坊は、複雑な社会的な状況を特定して、それに従って、反応できます。
2015/02 EurekAlert Babies can follow complex social situations
2015/02 EurekAlert Early childhood programs found to significantly lower likelihood of special education placements in third grade
  州によって支持された幼児期のプログラムへのアクセスは子供が3年で特殊教育に置かれるという見込みをかなり減少させます
2015/02 Medエッジ 幼少期のネグレクト、早めの対応で「脳白質」発達を回復可能
2015/02 Medエッジ 早期発見で完治できる精神の病気、子どもに隠れる「抗NMDA受容体抗体脳炎」
2015/02 Medエッジ 性交年齢を早める要因、きざしは男子は5歳、女子は10歳から
2015/02 Medエッジ 12歳前のラグビーやアメフトでは注意?始めた年齢次第で成人後の記憶や思考力のリスク
2015/02 Medエッジ アイスホッケー、頭部強打で脳が小さく?米国大学グループが報告
2015/02 Medエッジ 赤ちゃんは寝る間に頭が良くなる
2015/02 EurekAlert 成長後のアテローム性動脈硬化症にリンクされた幼いころのビタミンD不足
 Low childhood vitamin D linked to adult atherosclerosis
2015/02 【日本語ブログ】幼少期のトラウマは大人になってからも健康や財産面に悪影響を与え続ける
2015/01 BioToday 親に捨てられて施設暮らしを続けた子は脳白質の発達が不良
2015/01 MEDエッジ サッカーの練習が成長期の男の子の骨を強くする、3年間の練習の効果を検証
2015/01 朝日新聞 幼児、早寝早起き傾向に? 生活習慣変化か、厚労省調査
2015/01 読売新聞 子供に向精神薬処方増…注意欠如などで2・5倍
 2002年~04年と08年~10年との比較
  13歳~18歳では、ADHD治療薬が2・49倍
  統合失調症などに使う抗精神病薬が1・43倍
2015/01 朝日新聞 子どもへの向精神薬処方が増加 「10年で倍」の薬も
2015/01 時事通信 中1の虫歯平均1本に=指導効果、早期治療進む―福島の肥満傾向続く・学校保健統計
 中学1年の虫歯本数は1人平均1本で、30年前の約5分の1
 幼稚園児のアトピー性皮膚炎の割合は2.37%と過去最低

 以上、 →2015年の記事でした


→ 「教育、子ども、乳幼児~思春期」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー