ADHD/注意欠如・多動症/リタリン:
2014〜2015年

ほか「ADHD/注意欠如・多動症/リタリン」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2016-01 BioToday ADHD治療ビデオゲーム開発企業が3050万ドル調達
2016-01 福井新聞 母の腸内細菌減、子どもの脳に影響か 福井大チーム、発達障害と関連可能性
 腸内細菌が少ない母親から生まれた子どもに発達障害が現れる可能性
 マウス実験  母体の腸内環境悪化と子どもの脳の発達異常
2016-01 ワイアード 「ADHD治療薬」の巨大な市場、その安全性は?
2015-12 ワイアード 理由わからぬまま増えるADHD児 8人に1人:米国の調査
2015-12 LiveScience More US Kids Are Being Diagnosed with ADHD
 ADHD診断される米国子供のパーセンテージはまだ上昇中である
2015-12 AFP 米ADHD患者数10年で43%増、若者は10人に1人以上
 女児の診断例が03年〜11年の8年間で55%増加し、女児全体に占める割合も4.3%から7.3%へと増えている
 男児の患者数は40%増
2015-11 BioToday ADHD小児のメチルフェニデート治療の益害はいまだ明確でない
2015-11 Science/AAAS Having trouble concentrating? This brain network may be to blame
トラブル集中的を持っていますか?この脳ネットワークは責任があるかもしれません
領域の間の接続性はADHDの可能性を予測します
2015-11 LiveScience Brain Connections Predict How Well You Can Pay Attention
2015-11 EurekAlert ADHD meds may be a prescription for bullying
2015-11 BioToday ADHD小児の刺激薬使用と睡眠不良が関連/メタ解析
2015-11 EurekAlert Children who take ADHD medicines have trouble sleeping, new study shows
2015-11 LiveScience Attention Disorder Drugs May Harm Kids' Sleep
2015-09 BioToday 幼少のADHD小児は自閉症も患っていないかどうかを調べるべき
2015/08 BBC News Life as an adult with ADHD

2015/07 BioToday ADHD小児の薬物治療で怪我リスクが低下〜非ADHD小児と同レベルに
2015/07 財経新聞 阪大、眼球運動の計測で発達障害(ADHD)を診断できる手法を開発
2015/07 朝日新聞 ADHD、脳血流から判定 診断精度8割 中大など開発
 光トポグラフィーはすでにうつ症状の診断補助ツールとして使われている
2015/07 ADHDを脳血流測定で判別する新技術 NHKニュース
2015/06 BioToday [医学] 先発品と同等でないジェネリックADHD薬の販売が続いている
2015/05 朝日新聞 ADHD、目の動き注視 阪大研究、通常より速度遅め
2015/06 読売新聞 外見で判断しにくいADHD、目の動きから診断
2015/05 財経新聞 ADHDの薬物治療効果を内服前に予測できる可能性―東大
2015/04 運動がADHDの子どもの注意力や集中力を向上させる
2015/04 Medエッジ うつや発達障害など治療内容は意外と偏る、セラピストの性別や医療機関の組織風土も関係
2015/04 理研 多動障害や社会行動の異常を抑える新しい分子機構を発見  アービットはCaMKIIαの活性制御を介しカテコールアミンの恒常性を維持
2015/04 財経新聞 理研、多動障害や社会行動異常に関わる分子機構を新たに発見
2015/04 BioToday [医学] ADHD小児の推奨治療・行動療法の割合は5割に満たず





2015/03 EurekAlert One in six college students misuse ADHD stimulant drugs ADHD興奮剤を誤用 大学生の6人の1  リタリンやAdderallなど
2015/03 EurekAlert ADHD plus childhood trauma heightens risk for self-harm, suicide
 ADHDプラス小児期の精神的ショックは自傷行為や、自殺の危険を高めます。
2015/02 BioToday [医学] ADHD患者の死亡リスク上昇は事故等による変死に主に起因する
2015/02 EurekAlert The Lancet: People with ADHD are twice as likely to die prematurely, often due to accidents
2015/02 Medエッジ てんかんの5人に1人がADHDの症状あり、うつの傾向も見られる
2015/01 読売新聞 子供に向精神薬処方増…注意欠如などで2・5倍
 2002年~04年と08年~10年との比較
  13歳~18歳では、ADHD治療薬が2・49倍
  統合失調症などに使う抗精神病薬が1・43倍
2015/01 朝日新聞 子どもへの向精神薬処方が増加 「10年で倍」の薬も
2015/01 BioToday 睡眠障害を改善する行動介入で小児ADHD症状が改善/無作為化試験
2015/01 MT Pro 妊娠中のアセトアミノフェン使用と児のADHDが関連?
2014/11 BioToday ADHD薬Concertaの後発品の一部は効果が劣るかもしれない/FDA
2014/10 スラッシュドット ジャパン 幼少期のネグレクトと注意欠陥多動性障害との関連性
 幼少期の3年間をこうした施設で過ごした子供は、衝動の抑制や集中力に 関わる大脳皮質の組織が薄くなっている
2014/09 MT Pro ADHD児は怒り表情の認知が困難/脳活動計測による世界初の研究成果
2014/06 BioToday 小児期ADHDを脱した成人で脳の同調不全の解消が認められた
2014/06 BioToday ADHDの薬物治療で自殺行動リスクは上昇しない
2014/05 産経新聞 「障害」を「症」に 精神疾患の新名称公表
 「注意欠陥・多動性障害(ADHD)」は「注意欠如・多動症」
 「性同一性障害」は「性別違和」
 「アスペルガー症候群」は単独の疾患としての区分はなくなり「自閉スペクトラム症」に統合
2014/05 BioToday 注意欠陥多動性障害薬の長期安全性の系統的評価が必要
2014/04 BioToday ADHD薬の対象となりうる新しい注意疾患確立の動きがある  Sluggish Cognitive Tempo(SCT)
2014/04 EurekAlert  ADHDによって診断された養護施設若者の抗精神薬使用は増加しています。 Antipsychotic drug use among ADHD-diagnosed foster care youth is increasing
2014/04 EurekAlert  アンフェタミン嗜好への遺伝子的疾病素質は統合失調症やADHDの危険を減少させます。  Genetic predisposition to liking amphetamine reduces risk of schizophrenia and ADHD
子供のADHDの刺激している投薬使用は、青年期後期にBMIリバウンドにつながります。
2014/03 EurekAlert  Child ADHD stimulant medication use leads to BMI rebound in late adolescence
2014/03 BioToday ADHD薬使用米国人は増えている~特に若い女性の使用が増加
2014/03 LiveScience Use of ADHD Drugs Increasing Rapidly Among US Adults
自閉症スペクトラム障害か注意欠陥と活動過剰問題を持っている子供とティーンエイジャー、別の性であることをより願いそうです。
2014/03 EurekAlert  Wishing to be another gender: Links to ADHD and autism spectrum disorders
2014/03 EurekAlert  Study finds increased gender variance in children with autism and ADHD
注意欠陥障害レポート幼年期の身体的な虐待の大人達の30パーセント
2014/03 EurekAlert  Thirty percent of adults with attention deficit disorder report childhood physical abuse
 普通は7%だが、18歳未満で虐待を経験すると3割に
2014/03 EurekAlert  Prenatal nicotine exposure may lead to ADHD in future generations
  胎児期ニコチン露出は次世代でADHDに通じるかもしれません。

ADHDをもっている子供には、十代の肥満と物理的な不活発の、より高いリスクがあります。
2014/03 EurekAlert  Children with ADHD have higher risk of teenage obesity and physical inactivity
繁殖時の父親年齢が高いほど、変な頭の子ができやすい
2014/02 EurekAlert  IU study ties father's age to higher rates of psychiatric, academic problems in kids
 24歳の父親に生まれた子供と比べて、45歳の父親に生まれた子供は、
 自閉症3.5倍、ADHD13倍、精神異常2倍、躁うつ病25倍。
2014/02 BBC News Child health 'link to father's age'
2014/02 LiveScience Dads' Age Linked with Kids' Mental Health Problems
痛み止めアセトアミノフェン(パラセタモール)を使妊娠中に用した女性の子供は、注意欠陥/多動性障害のような行動の問題と多動性障害の高いリスクでいるように見えます。
2014/02 EurekAlert  Study examines acetaminophen use in pregnancy, child behavioral problems
 妊娠中にアセトアミノフェンの使用が子供でADHDにリンク
2014/02 EurekAlert  Use of acetaminophen during pregnancy linked to ADHD in children, UCLA researchers say
子供脳の異状にリンクされた増加している数の化学物質
2014/02 EurekAlert  Growing number of chemicals linked with brain disorders in children
 有毒化学物質は自閉症や、注意欠陥多動性障害や、失読症などの子供で神経発達障害の最近の増加の引き金となっているかもしれません。
2014/02 【日本語ブログ】小児神経発達障害の原因は化学物質の増加、ハーバード大
2014/02 BioToday  発達中の小児脳を害しうる化成物の数が11に増えた
子供で増加するストロークのリスクにリンクされなかったADHDドラッグ
2014/02 EurekAlert  ADHD drugs not linked to increased stroke risk among children
2014/01 BBC News Vitamins ‘effective in helping ADHD’
ADHDがコミュニケーションの苦労をするのがわかります。
2014/01 EurekAlert  Studies find individuals with ADHD have communicative difficulty
 注意欠陥多動性障害は、会話の相手の見解をうまく考えることができない
2014/01 LiveScience For Men with ADHD, Taking Meds May Mean Fewer Car Accidents

 以上、 →2014〜2015年の記事でした


→ 「ADHD/注意欠如・多動症/リタリン」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー