植物:
2014年

ほか「植物」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2014/11 NatureJP  植物の概日時計系も二元性だった
2014/11 Nature シロイヌナズナの組織特異的な概日時計は非対称的にカップリングしている Tissue-specific clocks in Arabidopsis show asymmetric coupling
2014/11 朝日新聞 植物の体内時計、葉脈の細胞が重要 京大など確認
2014/11 毎日新聞 コケ:驚きの成分、医学以外に利用 人を殺すほどの威力も
 徳島文理大薬学部・浅川義範教授
  コケの研究者は世界に数少ない。そのほとんどがコケの種類や分布を調べる研究者で、成分を調べる研究は、更に珍しい。
2014/11 Nature 植物群落でニッチ分化に働く選択は生物多様性効果を高める Selection for niche differentiation in plant communities increases biodiversity effects
2014/11 NatureJP 植物の共存共栄
2014/11 Nature 植物の初期胚発生への母方ゲノムと父方ゲノムの寄与は同等ではない Non-equivalent contributions of maternal and paternal genomes to early plant embryogenesis
2014/10 中日新聞 植物、組織ごとに異なる生物時計 
2014/11 日刊工業新聞 京大、植物の雌雄決定因子を特定  柿
2014/11 Science Y染色体にコードされる小分子RNAがカキにおける性決定因子である
2014/11 朝日新聞 植物の雌雄決める遺伝子発見 京都大など、科学誌に論文
2014/10 Science 協力によって決まるシダの雌雄比 Ferns’ Sex Ratio Determined By Cooperation
2014/10 news@nature.com 古い世代は、子供で男女比のバランスをとるフェロモンをリリースします。  Ferns communicate to decide their sexes
2014/10 Science アンセリジオーゲンは時空間的に分かれた ジベレリン合成経路を介してシダの性を決定する
2014/10 National Geographic JP 大型台風に耐える最強のイネの謎解明





2014/08 【日本語ブログ】シロイヌナズナにおける能動的なDNA脱メチル化にはαクリスタリンドメインをもつタンパク質IDM2が関与する
2014/08 Science 旧石器時代後のアブラナBrassica napusゲノムにおける初期異質倍数体進化
2014/08 Science ネナシカズラのごちゃまぜの RNA Promiscuous RNA of the Strangleweed Plant 飢えた吸血鬼のように他の植物の茎に絡みつく寄生植物は、寄生された植物と大量の RNA を交換している
2014/08 Science 寄生植物と宿主間で起こるゲノム規模のmRNA(伝令RNA)の交換
2014/07 news@nature.com ヒマワリは内部のリズムに動きます。 Video: Sunflowers move to internal rhythm
2014/07 National Geographic Plants Listen for Hungry Caterpillars, First-of-Its-Kind Study Suggests
2014/07 National Geographic JP 植物は虫の咀嚼音を“聞いて”いる?
2014/07 スラッシュドット ジャパン 植物には自分が食べられている音が聞こえている?
2014/06 京大  柿(マメガキ)の雌雄異株性決定因子 非モデル生物でのNGSを利用した解析で実際に原因となる遺伝子を特定した希有な例
2014/06 Science 分断された森林は病気もたらす? Do Fragmented Forests Open the Door to Diseases? 密接なつながりをもつ植物群は、孤立した群よりも菌類病 原体に耐性がある
2014/05 news@nature.com 寄生種のつる植物は避雷針として機能するかもしれません。 つる植物が、木が落雷を乗り切るのを助けるか否か  Parasitic vines may serve as lightning rods
2014/05 読売新聞 キウイフルーツに含まれる、害虫防ぐ成分とは
2014/05 昼に光合成、夜に細胞分裂が起こるのはなぜか?その謎を解明!  国立遺伝学研究所
 E2Fと呼ばれるタンパク質がスイッチとしてはたらく
 従来の細胞内時計と異なる、遺伝子発現に依存しない新規の時計機構に誘導されている初の事象と考えられる
2014/05 National Geographic JP 昼に光合成、夜に分裂する仕組み解明
2014/05 Science 植物における特殊化した代謝のゲノムの特徴
2014/05 Science トウモロコシは収量が増えると、干ばつに対する感受性も高まる As Corn Yields Grow, So Does Sensitivity to Drought
2014/04 【日本語ブログ】植物の栽培化と動物の家畜化の起源についての近年の見解
2014/04 【日本語ブログ】唐辛子の起源はメキシコ中東部、国際研究チームが初めて立証
2014/04 朝日新聞 トマト、香りで助け合い 害虫の危機伝達 京大など解明
2014/04 理研 植物ホルモン「サイトカイニン」の輸送を担う遺伝子を同定
2014/04 EurekAlert 大気中二酸化炭素の上昇値がタンパク質に硝酸塩を処理する植物の性能を妨げる Field study shows why food quality will suffer with rising CO2
2014/04 news@nature.com バイオテクノロジーで変えられた木は消化のよい木を作ります。 Biotechnology: Altered trees make digestible wood
2014/04 news@nature.com  バクテリアはどう植物をゾンビに変えるか。 Plant biology: How bacteria turn plants into zombies
細菌はそれが感染させる植物とそれを広げる昆虫の両方を操るタンパク質を配備します。
2014/04 news@nature.com  Bacterial tricks for turning plants into zombies
2014/03 EurekAlert 昆虫を引きよせるか、退けるのに異なったにおいを使用します。
  顕花植物はにおいのフレキシブルな使用をすることができます。  Using different scents to attract or repel insects
2014/03 Science 細菌のチロシンフォスファターゼは植物のパターン認識受容体の活性化を阻害する
2014/03 Science 植物が土地に適応するためのNAC転写因子の貢献
5000万年ものの化石植物の生化学の構造
2014/03 EurekAlert  Million suns shed light on fossilized plant
2014/03 理研 自己細胞死を促すシステムの獲得が植物陸上化の鍵を握っていた
2014/03 【日本語ブログ】細胞死が植物上陸の鍵だった
2014/03 EurekAlert  First evidence of plants evolving weaponry to compete in the struggle for selection
2014/03 NatureJP 老齢林の重要性
2014/03 BBC News Amazon trees 'live fast, die young'
 生きいそぎ、死に急ぐ
 という生活史戦略はアマゾンで高い木の多様性につながる重要な役割をプレーしたかもしれません。
植物は複雑な決定をすることができます
2014/03 EurekAlert  Are plants more intelligent than we assumed?
2014/03 【日本語ブログ】植物はこれまでの考えよりもずっと頭がいい? ドイツ研究チームが意外な研究報告
2014/03 ロイヤルゼンマイは「生きた化石」であった Study Indicates Royal Ferns are “Living Fossils”
 1 億 8000 万年前のシダ類の化石が核や染色体といった細胞下構造の原型が保たれた状態で 発見された。
2014/03 Science 化石化した核および化石化した染色体はゼンマイにおける1億8000万年のゲノムの静止状態を明らかにする
2014/03 LiveScience Immortalized Fossil Fern Reveals Evolutionary Standstill
 不滅にされた化石シダは、進化的が据置であることを明らかにします。
2014/03 EurekAlert  Unique chromosomes preserved in Swedish fossil
スウェーデンの化石で保存されたユニークな染色体
 1億8000万年前に生きた保存状態が良いシダ 火山噴火における突然の埋葬のおかげ
2014/03 ワイアードビジョン 「2億年前のシダ化石」から分裂中の染色体を確認
2014/02 ABC@オーストラリア Flowers bloom red for honeyeaters
 オーストラリアの鳥によって受粉させられた花の色における、赤の特別な色合いはミツスイを引き付けます。
2014/02 BBC News Pine smell 'limits' climate change
 松林のにおいが地球温暖化の衝撃を制限できるメカニズム
いくつかのタイプの水生の藻がオレンジの、そして、緑色の、そして、青い光を検出できる
2014/02 EurekAlert  Marine algae can sense the rainbow
  海草は虹を感じることができます。
先が裂けた葉のための遺伝子
  シロイヌナズナは、発展の過程の上でRCOの遺伝子を失って、その結果、単葉を形成します。
2014/02 EurekAlert  Gene for dissected leaves
2014/02 Nature アマゾンの森林は一貫した林冠構造および緑色度を乾季にも維持している Amazon forests maintain consistent canopy structure and greenness during the dry season
2014/02 NatureJP 「緑深い」アマゾンは光のいたずらだった
植物でエピジェネティクスが開花期や構造などの特色に影響できる
2014/02 EurekAlert  Revolutionary new view on heritability in plants
2014/02 Science ホメオボックス遺伝子の重複、制御の多様化、および喪失による葉の形状の進化
10-12,000年前に環境をシミュレートする気候条件のグロースチャンバに植わっているテオシントがとうもろこしにさらに似ている
2014/02 EurekAlert  Greenhouse 'time machine' sheds light on corn domestication
 温室'タイムマシン'小屋
2014/01 Science 植物の幹細胞においてポリコーム群タンパク質の排除により発動する細胞分裂依存的にタイミングをはかるメカニズム
葉の成長を促進する分子スイッチ
2014/01 EurekAlert  Plant scientists unravel a molecular switch to stimulate leaf growth
2014/01 ABC@オーストラリア Do plants feel Earth's magnetic field?
2014/01 BBC News Planting trees 'could stop flooding'
 植林で洪水を防げ
アデノシン三リン酸塩受容体が植物が危険に応じる方法で必要なコンポーネントである
  病害虫、環境の変化、および植物傷を含んでいます。
2014/01 EurekAlert  MU researchers find receptors that help plants manage environmental change, pests and wounds
最も大きい木は、それらの成長率を増加させて、年をとるとき、より多くの炭素を隔離します。
2014/01 EurekAlert  Oldest trees are growing faster, storing more carbon as they age
2014/01 EurekAlert  Trees grow faster and store more carbon as they age
  年をとるほど、木は、伸びが早く、より多くの炭素を格納します。
2014/01 ABC@オーストラリア Old trees 'star players' in carbon uptake
2014/01 LiveScience Giant Surprise: Old Trees Grow Fastest
2014/01 news@nature.com  Tree growth never slows
2014/01 AFP 古い大木の方がCO2を吸収、定説覆す発見
2014/01 EurekAlert  The bigger the tree, the faster it grows
2014/01 【日本語ブログ】樹木は成長する程 成長速度が増す、ネブラスカ大リンカーン校
5200万年前にアガチスとして植物学者に知られている巨大な針葉樹の常緑樹は、アルゼンチンのPatagonian領域に繁栄しました
2014/01 EurekAlert  Iconic Australasian trees found as fossils in South America 2014/01 【日本語ブログ】大陸移動の化石証拠の発見、南アメリカでオーストラリア原産の樹木の化石が見つかる

2014/01 LiveScience Fossils of Ancient Australasian Trees Found in Patagonia
温度が世界の最も高い木の最も重要なドライバーである
  木が大きければ大きいほど、それが格納する炭素が、より多く
  樹高における全体的変動を探ります、最も高い種の後ろで温度が最も重要な要素であると認識して。
2014/01 EurekAlert  Temperature found to be most significant driver of the world's tallest trees
2014/01 National Geographic Oldest Known Fossil of Flowering-Plant Sex Found in Amber
2014/01 EurekAlert  こはくの化石は顕花植物で古代の再現を明らかにします。 Amber fossil reveals ancient reproduction in flowering plants
2014/01 National Geographic JP 白亜紀の琥珀に、受精中の花を発見
2014/01 【日本語ブログ】花粉管を伸ばす1億年前の花
ブラシノステロイドと呼ばれる植物ホルモンは、植物がそれらの成長期と環境圧に依存する最も良い生き残り戦略を選ぶのを助けます。
2014/01 EurekAlert  To grow or to defend: How plants decide

 以上、 →2014年の記事でした


→ 「植物」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー