食品 魚油 オメガ3脂肪酸:
2015年1〜6月

ほか「食品 魚油 オメガ3脂肪酸」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2015/06 カフェインの摂取で慢性ストレスを軽減できる
 Caffeine acts through neuronal adenosine A2A receptors to prevent mood and memory dysfunction triggered by chronic stress
2015/06 ワイアードビジョン カフェインは慢性的ストレスを軽減する
2015/06 Science/AAAS Short-term fasting may improve health 短期的な断食は健康を改良するかもしれません。
  断続的な食事は人々に数個の有益な効果を持っています。
  On-again, off-again diet has several beneficial effects in people
2015/06 Diet that mimics fasting appears to slow aging  周期的な低カロリー食の摂取で「老い」を遅らせる
2015/06 時事通信 トランス脂肪酸、食品添加禁止=18年から、心臓病防止で 米
 FDAは13年に規制案を提示し、その後の調査・意見聴取で、食品への使用に関し「安全とは認められない」と結論付けた。
2015/06 BBC News US orders ban on trans-fats
2015/06 MT Pro 3年以内にトランス脂肪酸を全廃へ,FDA/心血管疾患の減少に期待,関連学会からは称賛の声も
2015/06 BioToday [医学] 3年以内に食品から半硬化油を排除する/FDA
2015/06 BBC News Nuts 'protect against early death'  ナットは'早死にから守ります'。
2015/06 豪州ABC Caffeine combats stress, may help prevent depression and memory loss カフェインはストレスと戦って、うつと記憶喪失を予防します
2015/06 働く女性の4割近くが朝食とらず NHKニュース
存在において、非難を受けている食事のデータはあてになりません。
レポートには食物ガイドラインが人々が飲食することに関する調査に基づくべきでないと書かれています。
2015/06 news@nature.com Dietary data under fire for being unreliable Food guidelines should not be based on surveys of what people eat and drink, says report.

2015/06 読売新聞 肝炎新薬、セイヨウオトギリソウと併用で効果減少
 セントジョーンズワート
2015/06 Medエッジ 魚油由来のオメガ3脂肪酸が筋肉もアップ、60歳以上の男女で効果確認
2015/05 AFP 1日のカフェインはエスプレッソ4杯分まで、EU
2015/05 BBC News Excess caffeine health warning - EU
2015/05 Medエッジ アマゾンの植物にうつ症状8割削減の効果、煎じて飲む「アヤワスカ」
2015/05 BioToday [医学] コーヒー2-3杯分/日のカフェイン摂取男性は勃起不全を生じ難い
2015/05 読売新聞 ALSにビタミンB12効果、患者の一部が1年半以上延命
2015/05 医療介護CBニュース チョコ摂取で「認知症予防の可能性」-蒲郡市や愛知学院大などの実証研究
2015/05 ワイアードビジョン 性格は「腸内細菌」によって決まる 「サイコ・バイオティクス」
2015/04 Fermented foods, neuroticism, and social anxiety: An interaction model.
 発酵食品、ニューロティシズム、および社会不安: 相互作用モデル。
2015/05 Medエッジ 例えばナッツ、5つの食品が10年後の老化に関係、「テロメア」の長さに影響と確認
 「賢明な食事パターン」全粒粉、魚、豆、野菜、海藻
 豆、ナッツ、海藻、果物、乳製品
2015/05 MT Pro 地中海食による高齢者の認知機能改善をRCTで確認/強化食品により向上した認知機能異なる
2015/05 Medエッジ 脳の萎縮速度を4割も落とす2条件、魚の油に豊富な「オメガ3脂肪酸」と「ビタミンB」
 魚油
2015/05 読売新聞 緑茶やコーヒー、よく飲むと心臓病などリスク減
2015/05 朝日新聞 コーヒーや緑茶、1日数杯で長寿効果 19年間追跡調査
2015/05 財経新聞 緑茶、コーヒーの摂取で死亡リスクが低減=国立がん研究センター
2015/05 スラッシュドット ジャパン コーヒーや緑茶を日常的に飲むと病気での死亡リスクが減る?
2015/05 Science 甘いものを食べすぎ? 新たな血液検査で判定
2015/05 本川・社会実情データ図録 所得水準による野菜・果物・魚・肉の摂取量のちがい いずれにおいても所得が高い方が摂取量が多い傾向。差が大きいのは、果物>肉>野菜・魚の順。また男の方が女より所得による差が大きいのは宴会の際の大食の影響か





2015/04 スラッシュドット ジャパン ペプシ、北米でアスパルテームの使用中止を決定
2015/04 MT Pro 加糖飲料を水や茶に変更すると,2型糖尿病リスクが14〜25%低下
2015/04 Science/AAAS  Misleading sugar structures produce bitter result for protein sleuths
2015/04 生命医科学科 加藤 啓子 教授 マウス実験において「食事に含まれる油脂の種類が変わると、不安行動や恐怖記憶も変わる」ことを発見  京都産業大
2015/04 日刊工業新聞 食用油脂の種類で不安や恐怖に対する記憶変わる-京都産業大、チョコに不安軽減効果
2015/04 BioToday 魚油は16:4(n-3)脂肪酸濃度を高めて化学療法抵抗性を招きうる
2015/04 AFP コーヒーには健康に良い効果がいっぱい、専門家の間で広がる認識
2015/04 Medエッジ 甘味料「サッカリン」、かえってがん細胞の成長を遅くした、発がん性が言われたが
2015/03 EurekAlert ファーストフードを食べる子減る Percentage of children eating fast food on a given day drops.
2015/03 EurekAlert 1日あたり1個のりんごは医師を遠ざけませんが、それが、あなたが、より少ない処方箋薬を使用することを意味するかもしれない  An apple a day won't keep the doctor away but maybe the pharmacist
2015/04 BioToday [医学] 1日1個のリンゴは医師は遠ざけないが薬を遠ざけるようだ
2015/03 EurekAlert ピーナッツの食事消費は循環器系の健康のためになります。
 高脂肪食にピーナッツを含むと、ポスト食事トリグルセリド応答が改良されて、内皮機能が保護された
2015/03 EurekAlert Experts explore impacts of childhood feeding practices, policies on vegetable consumption 野菜摂取の習慣、政策、幼年期の影響
2015/03 EurekAlert New findings support the benefits of eating walnuts on overall health クルミの健康効果
昼飯を抜く子供達
2015/03 EurekAlert What happened to lunch? New study shows skipping lunch common in children
2015/03 朝日新聞 炭酸 米の販売、10年連続減 
 米国の2014年の炭酸飲料の販売量が10年連続で減少した
2015/03 EurekAlert Chef-enhanced school meals increase healthy food consumption シェフによって強化された学校給食は健康な食糧消費量を上げます。
2015/03 EurekAlert Chefs, offering choice may increase vegetable, fruit selection in schools
 シェフ、選択を提供すると、野菜、果物選択は学校で増加するかもしれません。
2015/03 BBC News 'Eat rice cold for fewer calories'
 米をダイエット用にする方法 --ココナツ油でそれを沸騰させてください、そして、食べる前に冷蔵してください。
2015/03 EurekAlert New low-calorie rice could help cut rising obesity rates
それは吸収カロリーを半数以上切るかもしれません。
2015/03 EurekAlert Attraction to comfort food linked to positive social connections  積極的な社会的な接続にリンクされた気楽に食べられる物へのアトラクション
2015/03 EurekAlert High-fat diet alters behavior and produces signs of brain inflammation 高脂肪食は、振舞いを変更して、脳の炎症の兆候を作り出します。
2015/03 EurekAlert Drinking raw milk dramatically increases risk for foodborne illness, analysis finds 生乳を飲むと危険が食物感染病のために劇的に増加する
2015/03 LiveScience 'Cereal Fibers' May Lower the Risk of Dying Early 
'穀類繊維'は早死に危険を下げるかもしれません。
2015/03 EurekAlert 魚油 Pregnant women not getting enough omega-3, critical for infant development  幼児発達に重要な、オメガ-3を十分得ない妊娠している女性
2015/03 BioToday [医学] 葉酸補給で脳卒中発症リスクが低下/中国での無作為化試験
2015/03 BioToday 親に伝わるように学校で子に減塩法を教えることで塩分摂取が減る
2015/03 EurekAlert Oxytocin nasal spray causes men to eat fewer calories オキシトシンスプレー式点鼻薬で、男性は、より少ないカロリー食べます。
 男性の食欲を抑えるのにオキシトシンが有効
 オキシトシン点鼻薬は男性の食欲を抑える
2015/03 EurekAlert 硝酸塩サプリメントが運動能力を増加させるかもしれない理由 Why nitrate supplementation may increase athletic performance
2015/03 news@nature.com 食品に使われている乳化剤の有害な作用
2015/03 Nature 食物中の乳化剤がマウスの腸内微生物相に影響を与え、大腸炎とメタボリックシンドロームを助長する
Dietary emulsifiers impact the mouse gut microbiota promoting colitis and metabolic syndrome
コエンザイムQ10の抗加齢作用に疑問符
2015/03 EurekAlert Popular antioxidant likely ineffective. コエンザイムQ10

人気がある酸化防止剤はおそらく効力がありません。
また、Coenzyme Q10として知られている人気がある栄養補助食品ユビキノンが酸化防止剤として機能すると広く信じられています、遊離基からの損害に対して細胞を保護して。 しかし、マギル大学の科学者による新しい研究によって、ユビキノンは重要な酸化防止剤ではありません--それを摂取してもどんな利益も提供されそうにないのがわかります。


2015/03 BioToday [医学] 高カロリー食物の匂いはよく記憶される~ドパミン神経経由
2015/03 Medエッジ 糖尿病リスク、日本人女性では炭水化物を減らすほど減る、日本の研究グループが報告
2015/03 Medエッジ 健康的ではない食品が、安売りでよく売れる、スーパーの売れ筋を分析
2015/03 Medエッジ 果物にダイエット効果、ほかの条件に関係なく肥満のリスクが1割程度減る
2015/03 Medエッジ ナッツを多く食べる人は、死亡リスクが2割ほど低い、「疑い」を払拭
2015/03 EurekAlert Vanderbilt-led study finds peanut consumption decreases mortality
 低所得と人種的に多様な人口にある状態で死亡率とナッツ消費の協会を調べて、ピーナッツの摂取が、より少ない死に関連しているのがわかりました、特に心臓病から。
2015/03 Medエッジ コーヒーはDNAの自然崩壊を防ぐ
2015/03 Medエッジ 「旧石器時代」風のダイエット効果はホルモンから、高エネルギー、高タンパク質でも
 魚と食物繊維、植物性の食材からの栄養が豊富
 血糖を下げる効果を 持つホルモンの「インクレチン」のほか、食欲を減退させるホルモンを増加させ、満腹感 を増加させる
2015/03 朝日新聞 米で「コーラ離れ」加速 健康志向やソーダ税導入も影響
2015/03 読売新聞 WHOが砂糖新指針…炭酸飲料1缶でも超える
2015/03 日本経済新聞 1日の糖類は小さじ6杯分まで WHOが新指針
2015/03 SankeiBiz 砂糖新指針、欧米で物議「無理」 専門家ら反論、現行基準すら順守できず
魚油
2015/03 EurekAlert Omega-3 fatty acids appear to protect damaged heart after heart attack オメガ3脂肪酸は心臓発作の後に損傷した心臓を保護するように見えます。
2015/03 EurekAlert Mediterranean diet cuts heart disease risk by nearly half
 地中海食事 心臓病のリスク 約半分にカット
 「ストレス解消に甘さがほしい」
親の離婚を経験した子は、加糖飲料の消費量が比較的多め。
日々の暮らしとお食事が安定するよう努めれば砂糖入り飲料の悪影響は抑えられます。
~肥満が深刻なアメリカ
2015/03 EurekAlert Divorce fuels sugary beverage consumption, SF State study finds
 離婚が甘ったるい飲料の消費をあおる
 最近切り離されたか、または離婚した家族の子供は両親が結婚している家族の子供より砂糖入り飲料を飲みそうです。
のちの肥満に、より高いリスクにそれらを置いて、しかしながら、本式の食事を食べるかまたは毎日話す時間を開拓などなどのMaintaining家族ルーチンは離婚の間、展開している不健康な食習慣に対して子供を保護できます。

2015/03 EurekAlert A high-salt diet could protect against invading microbes 塩分の多い食事は、細菌に侵入しないように保護されることができました。
高塩分食は微生物の侵入から体を守る
2015/03 朝日新聞 「食べれば効果」許可不要 第3の表示、責任は業者 健康食品業界「チャンス」
 「科学的な根拠があれば効果を表示できる。粗悪品とは差別化できる点が大きい」
 政府が新制度の参考にした米国では、表示根拠に開示義務がないことから根拠が不明確な商品が出回り、健康を害する消費者や死亡事例が出ている。
2015/03 EurekAlert 甘草 Licorice manufacturers encouraged to state daily limit of consumption
2015/03 BBC News Coffee linked to 'cleaner' arteries
2015/03 AFP 1日3~5杯のコーヒーで心臓病リスク軽減か、韓国研究
2015/03 BioToday [医学] 程々にコーヒーを飲む人は冠動脈カルシウムを生じ難い
2015/02 EurekAlert Oat breakfast cereals may contain a common mold-related toxin オート麦朝食用シリアルは一般的な型の関連の毒素を含むかもしれません。  オートミール
2015/03 Medエッジ グラノーラで人気「オート麦」のシリアルに注意、朝食用の8%でカビ毒が基準値を超える
2015/02 EurekAlert Omega-3 fatty acids and vitamin D may control brain serotonin  オメガ3脂肪酸とビタミンDは脳内セロトニンを制御するかもしれません。 魚油
2015/02 Medエッジ 運動しつつ野菜と果物を取ると…うつに効果
防腐剤 肥満と腸の病
2015/02 news@nature.com Food preservatives linked to obesity and gut disease
2015/03 Medエッジ ネイチャー誌が警告、食品の乳化剤が腸炎とメタボ招く、ここでも腸内細菌の影響を確認
2015/02 EurekAlert Breakfast habits affect teens' metabolic responses to protein-packed morning meals  朝食習慣はタンパク質豊富な朝食へのティーンエイジャーの代謝反応に影響します。
2015/02 日本経済新聞 アミノ酸「システイン」で糖尿病招く恐れ 東大が確認
2015/02 EurekAlert Marine oil supplement has positive effects on post-exercise muscle damage
 omega-3 PCSO-524 運動の後の筋肉痛に魚油
魚油サプリは運動後の筋肉損傷にプラスの効果
2015/02 Medエッジ 魚の油から作られる成分、失明や脳梗塞を防止、遺伝子の相互作用を解明 DHA
2015/02 EurekAlert 低カロリーの夕食と高カロリー朝食は、二型糖尿病の血糖制御を助けます。
 High-energy breakfast with low-energy dinner helps control blood sugar in people with type 2 diabetes
2015/02 毎日新聞 骨粗しょう症:紅茶のポリフェノールに予防効果
2015/02 読売新聞 紅茶の苦みで骨強く…骨粗しょう症予防薬に道
2015/02 朝日新聞 紅茶成分で骨粗鬆症改善の可能性 阪大などマウス実験
2015/02 EurekAlert Diet high in red meat may make kidney disease worse
 赤身肉は腎臓病をより悪くするかもしれません。
2015/02 EurekAlert Drinking green tea before taking supplements may offer protection from toxicity
 サプリメントを服用する前に緑茶を飲むと、毒性から保護されるかもしれません。
2015/02 Medエッジ 糖尿病やメタボの予防、「果糖」を含む甘味料の料理への添加を控えるべし
2015/02 時事通信 コレステロール制限必要なし=食事摂取で新見解―米当局
2015/02 スラッシュドット ジャパン 米政府、健康への影響が懸念される栄養素からコレステロールを除外する見通し
2015/02 読売新聞 コレステロール「過剰摂取心配ない」…米報告書
2015/03 Medエッジ 糖尿病でも卵を1日2個食べていい、心臓や血管の病気にとって有害にはならない
2015/03 Medエッジ 毎日の食事から取るコレステロールの上限撤廃だけではない、長寿への食生活、3つの視点
 塩分、脂肪、糖類の3つの視点から改善すべき
2015/02 Medエッジ たばこ病COPDから肺を守る4つの食品、「野菜」「全粒穀物」「ナッツ」「魚の油」
2015/02 Medエッジ コーヒーは子宮内膜がんを減らす、1日3杯から違いが出てくる
2015/02 EurekAlert Popular soda ingredient poses cancer risk to consumers
 人気があるソーダ成分はがんの危険を消費者に引き起こします。
2015/02 EurekAlert A microbial metabolite of linoleic acid ameliorates intestinal inflammation リノール酸の細菌代謝産物は腸炎を改善します。
2015/02 EurekAlert In the short run, a high-fat diet may help minimize heart attack damage
 短期的には、高脂肪食は、心臓発作損害を最小にするのを助けるかもしれません。
2015/02 EurekAlert Energy drinks significantly increase hyperactivity in schoolchildren 栄養ドリンクは学童の活動過剰をかなり増加させます。  加糖栄養ドリンクを食べる中学生は、活動過剰と不注意兆候のために危険な状態に66パーセントよりいそうです
2015/02 Medエッジ エナジードリンクで子どものADHD増加、砂糖入りソフトドリンクの調査で
2015/02 EurekAlert ワインを飲む別の理由: あなたが脂肪を燃やすのは助けることができました。
 Another reason to drink wine: It could help you burn fat
 グレープジュースか赤ワイン(適度)を飲むと、脂肪を燃やすのを助けることによって、太った人々の健康は改良されるかもしれません
2015/02 Medエッジ 赤ワインや赤ブドウに脂肪を燃やす効果、エラグ酸に機能あり
2015/02 EurekAlert 高酸食事は腎臓健康にマイナスの効果を持っているかもしれません。
 A high acid diet may have negative effects on kidney health  
2015/02 BioToday 濃い赤色のブドウの成分・エラグ酸は脂肪の蓄積や生成を減じうる
2015/02 BioToday  赤ブドウ皮成分レスベラトロールは老化に伴う記憶障害を防ぎうる
2015/02 EurekAlert Compound found in grapes, red wine may help prevent memory loss
2015/02 BioToday 献血後の鉄サプリメント使用でヘモグロビン濃度の回復が早まる
2015/02 Medエッジ 熱い料理はアルツハイマー病につながる、「AGE」が脳にあらぬものを運び込む
 熱々に焼き上げた肉をはじめとした高温調理の食品
2015/02 Medエッジ 女子が9~14歳で加糖飲料を頻繁に飲むと初潮が早く、米国ハーバード大学が報告
2015/02 Medエッジ 高血圧にはまずバナナ?カリウム不足が致命的
2015/02 EurekAlert Beating high blood pressure with a combination of coconut oil and physical exercise ココナツ油と体操の組み合わせがある高血圧を打ちます。
2015/02 Medエッジ スルフォラファン、サプリメントよりも野菜から、ブロッコリー新芽では吸収されやすく
 自閉症や早老病といった病気に有効 である可能性
2015/02 Medエッジ コーヒーを飲むと糖尿病むしろ増える?背景に遺伝子の型
2015/02 MT Pro 肉摂取量増加で冠動脈疾患リスク上昇,日本人2型糖尿病の縦断研究
2015/02 Medエッジ 赤ちゃんの発達に魚とメチル水銀の影響どれほどか?セーシェル共和国の親子を調べた
 生まれる前にメチル水銀に多くさらされていたかどうかは、赤ちゃんの神経の発達には無関係
 オメガ-3多価不飽和脂肪酸を代表するドコサヘキサエン酸が多いと、言語発達が良かったのに対して、精神的な発達には負の影響を及ぼす
 オメガ-6多価不飽和脂肪酸に対して、オメガ-3多価不飽和脂肪酸の量が減るほど言語発達が悪くなる
2015/02 EurekAlert  一般に、安全であると考えられていた低レベルさえシーフードにおける水銀暴露は自己免疫疾患リスクに関連していました。 Exposure to mercury, seafood associated with risk factor for autoimmune disease
2015/02 Medエッジ メチル水銀で自己免疫疾患リスク高まる、マグロやカジキはほどほどに
2015/02 EurekAlert Low vitamin D predicts more severe strokes, poor health post-stroke  ビタミンD不足は、より厳しい脳卒中、病弱のポストストロークを予測します。
2015/02 EurekAlert Iron supplementation improves hemoglobin recovery time following blood donation 献血のあとには鉄分サプリをどうぞ
2015/02 Medエッジ 砂糖入り飲料が1日200mLで4年間に体重は500g増える、米国ハーバード大学がデータ
2015/02 MT Pro 塩分の取りすぎで脳回路に変化、高血圧を加速させる、神経学国際誌で報告
2015/02 Medエッジ ステビアが脂肪肝を抑え込む?南米に自生する多年生キク科植物に由来、日本発の甘味料
2015/02 Medエッジ コーヒーでメラノーマのリスクが低下、「カフェイン・フリー」は効果なし
2015/02 MT Pro サプリメントで褥瘡の治癒が促進/アルギニン・亜鉛・抗酸化物質の補給は有効
2015/02 news@nature.com  Neuroscience: What drives sugar addiction  砂糖への依存症
2015/02 BioToday 視床下部外側-腹側被蓋野経路阻害で抗し難い糖質欲求を封じうる
2015/02 朝日新聞 ビタミンCで放射線障害軽減 防衛医科大、マウスで実験
 今回の量は体重60キロの人だと180グラムにも相当する
2015/01 AFP インド北東部で広がる原因不明の脳疾患の原因はライチの可能性が
 メチレンシクロプロピルグリシン(MCPG)は、有毒成分ヒポグリシンA同様に重度の低血糖症などの症状の原因になると考えられている。
  ヒポグリシンAについて、「西インド諸島と西アフリカでは、ライチと同じ科に属する果実、アキーを熟す前に食べた後に急性脳症を発症した例がある」
2015/01 BioToday うま味は唾液分泌を促して味覚機能や健康を増進しうる
2015/01 MEDエッジ ビタミンDが大腸がんのリスク抑制に新たな証拠、米国ハーバード大学の報告
2015/01 MEDエッジ ビタミンA不足で糖尿病に、血糖を下げる「ベータ細胞」が消滅の恐れ
2015/01 MEDエッジ ナッツ類の威力、多く取っている人はビタミンやミネラル充足率が高い、米大学の分析
2015/01 MEDエッジ 腸内細菌は食べるモノで変えられる、遺伝子よりも食事、米国ハーバード大学の報告
2015/01 MEDエッジ 「マルチビタミンミネラル」女性で死亡リスク4割超も抑える可能性、米国の報告
2015/01 AFP コーヒー豆に鎮痛作用のペプチドを新たに発見、ブラジル
2015/01 Medエッジ 葉酸の強制摂取は子どもの先天病の予防に有効
2015/01 Medエッジ 鉄分を取ると病欠が増える、魚油で悪影響を打ち消せる、栄養学の国際誌で報告 栄養不足しがちな南アフリカの子どもで確認
2015/01 BioToday 米国での穀物への葉酸添加は依然として神経管欠損を防いでいる
2015/01 BioToday 給食前に休み時間をとることで子供の野菜や果物の摂取が増える
2015/01 読売新聞 チョコに血圧下げる効果…愛知・蒲郡市など研究
 カカオを72%含むチョコレートを毎日25グラム
2015/01 中央日報@韓国 韓国人、キムチよりもコーヒーの摂取頻度が高い
2015/01 BioToday 年明けの消費者は健康志向を示しつつジャンク食品を買い続ける
2015/01 BioToday 全粒をよく食べることと死亡率低下が関連
2015/01 スラッシュドット ジャパン チョコレートに認知症予防の効果はない?

 以上、 →2015年1〜6月の記事でした


→ 「食品 魚油 オメガ3脂肪酸」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー