性淘汰 性差・性行動の生物学:
2014年

ほか「性淘汰 性差・性行動の生物学」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2014/12 Evolution and Human Behavior Extraneous color affects female macaques’ gaze preference for photographs of male conspecifics
異質な色は男性の同種の写真のための女性のマカク属の猿の凝視好みに影響します。
2014/11 昆虫が有性生殖と単為生殖を切り替える仕組みを解明 -シロアリ女王、卵の孔を閉じて精子通さず 京都大学プレスリリース
2014/11 news@nature.com 白アリ卵は精液を避けます。 Zoology: Termite eggs ward off sperm
2014/11 Science 哺乳類の社会進化とオスによる子殺し
2014/11 National Geographic JP ティラピア、尿でメスを誘う
2014/11 National Geographic Male Tilapia Use Pee to Attract Females; Could It Help Fish Farms?
2014/11 National Geographic JP アミメニシキヘビの単為生殖を初確認
2014/11 日刊工業新聞 京大、植物の雌雄決定因子を特定  柿
2014/11 Science Y染色体にコードされる小分子RNAがカキにおける性決定因子である
2014/11 朝日新聞 植物の雌雄決める遺伝子発見 京都大など、科学誌に論文
2014/11 Nature 植物の初期胚発生への母方ゲノムと父方ゲノムの寄与は同等ではない Non-equivalent contributions of maternal and paternal genomes to early plant embryogenesis
ノガンのオスは毒成分のカンタリジンをもつツチハンミョウ科の甲虫を好んで食べ、腸内の寄生虫などを殺し求愛を成功させる
2014/11 National Geographic JP ノガンのオス、求愛のため毒虫も食べる





2014/10 National Geographic Male Birds Poison Themselves to Appear Sexier—a First
2014/10 Science 協力によって決まるシダの雌雄比 Ferns’ Sex Ratio Determined By Cooperation
2014/10 news@nature.com 古い世代は、子供で男女比のバランスをとるフェロモンをリリースします。  Ferns communicate to decide their sexes
2014/10 Science アンセリジオーゲンは時空間的に分かれた ジベレリン合成経路を介してシダの性を決定する
2014/10 読売新聞 51歳差フラミンゴのカップル、ヒナが誕生
 多摩動物公園
2014/10 National Geographic ハエは最初の交尾が子供の大きさを左右
2014/10 精子に含まれる謎の化合物によって子孫の形質が変化 Revisiting telegony: offspring inherit an acquired characteristic of their mother's previous mate
2014/09 National Geographic JP 小さなオスのスニーカー戦略とは
2014/08 Evolutionary Psychology  Recreational drug use and fluctuating asymmetry: Testing the handicap principle 気晴らしのための麻薬使用と非対称を変動させます: ハンディキャップ原則をテストします。
2014/08 Nature 雌が本当に望むもの What females really want
 配偶者になるかもしれない人と性交するかどうかに関する選択をするのに雌のショウジョウバエによって使用された神経の「副-サーキット」の識別は脳が決定に達するようにどのように複雑な情報を統合するかを理解するためのテンプレートを提供します。
2014/08 Nature 汝の隣人を愛せよ Love thy neighbour
2014/07 National Geographic JP 多様性とセクハラ軽減が種の繁栄の鍵
2014/07 National Geographic JP 異種交配を妨げる線虫の“キラー精子”
2014/07 news@nature.com  Evolution: Sperm are speedier in groups
 群れれば素早い精子
2014/07 朝日新聞 ひと目ぼれのメカニズム解明に光? 早大がウズラで実験
 異性の存在が性ホルモンの分泌を瞬時に変化させる仕組み
 雄ウズラは雌を見ると、数秒後に交尾する
2014/06 毎日新聞 雌の好み:「強い」雄より「求愛上手な」雄 岡山大チーム
 オオツノコクヌストモドキ
2014/06 京大  柿(マメガキ)の雌雄異株性決定因子 非モデル生物でのNGSを利用した解析で実際に原因となる遺伝子を特定した希有な例
2014/05 news@nature.com  Spider mating plugs become better with age
 熟年のクモの交配プラグは、より良くなります。
  また、動物'貞操'メカニズムの有効性はサイズに依存します。
2014/06 National Geographic JP クモの「交尾栓」、その効果は?
2014/06 Science チンパンジーにおける生殖細胞系突然変異誘発には強い雄のバイアスがある
2014/06 Evolutionary Psychology  Covert sexual signaling: Human flirtation and implications for other social species
 ひそかな性的な合図: 人間のいちゃつきと他の社会的な種のための含意
2014/05 news@nature.com 都会のカエルは排水管をメガホンとして使用します。 溝で集まるのは良いナンパ方法を提供するかもしれません。  Urban frogs use drains as mating megaphones
2014/05 National Geographic JP 逆立ちで交尾する新種のカエル、インド
2014/05 Nature マウンティングと攻撃は視床下部腹内側部のEsr1+ニューロンによって段階的に調節されている Scalable control of mounting and attack by Esr1<super>+</super> neurons in the ventromedial hypothalamus  マウス
2014/05 Nature カイコで性決定因子を持つのは雌 Female silkworms have the sex factor
2014/05 Nature 雌特異的な単一のpiRNAがカイコにおける性決定の最上位因子である A single female-specific piRNA is the primary determiner of sex in the silkworm
2014/05 NatureJP カイコの雌化因子
2014/06 【日本語ブログ】カイコの性は雌に特異的な単一のpiRNAが決定する
2014/05 news@nature.com 型にはまった性:ゾウリムシで見られるEとOという接合型はどのようにして遺伝するのか
2014/05 Nature 親の性を維持し続ける Keeping one's sex
 原生生物Paramecium tetraureliaの子孫はいつも親の交配型を保有します。 この遺産は、ヨソのDNA配列からのゲノムを保護するリボ核酸で誘導されたDNA削除小道から生じるように明らかにされます。
2014/05 京都大学霊長類研究所 Environmental, Biological, and Social Factors In fluencing Fecal Adrenal Steroid Concentrations in Female Japanese Macaques (Macaca Fuscata) 
ニホンザルのメスにおける、おりの副腎ステロイド濃度に影響を及ぼす環境的、生物学的、社会的な要素
2014/05 Nature 子育てをするのか、しないのかを決めるニューロン To care or not to care
 性と性的な経験によって、子への成体マウスのふるまいは異なります。 脳の視床下部のニューロン活動は、これらの異なった応答を規制する。
2014/05 news@nature.com カイコの性は普通の遺伝子ではありません。 セックスをタンパク質よりむしろリボ核酸で決定している見つけられた最初の生物です。  Silkworm sex factor is no ordinary gene
2014/04 スラッシュドット ジャパン 雄マウスの性欲は痛みを与えても抑えることはできない
2014/05 BioToday  雄ではなく雌マウスに限って痛みは性欲を減退させる
2014/04 National Geographic JP 交尾前にオスを食べるコモリグモのメス
2014/04 news@nature.com Y染色体は消え失せません。  性染色体は哺乳類の進化の間じゅう縮まっていますが、遺伝子のままで残る多くが性決定を超えて極めて重要な役割をプレーします。  Reprieve for men: Y chromosome is not vanishing
2014/04 Nature Y染色体の哺乳類全体にわたる起源と機能的進化 Origins and functional evolution of Y chromosomes across mammals
2014/04 Nature 哺乳類のY染色体には幅広く発現する遺伝子量感受性調節因子が保持されている Mammalian Y chromosomes retain widely expressed dosage-sensitive regulators
2014/04 NatureJP Y染色体の存在理由:哺乳類Y染色体の進化と多数の機能
2014/05 BioToday  Y染色体は性決定だけでなく男性の生存に不可欠なようだ
2014/04 Science ショウジョウバエにおいて発達早期の臨界期までの睡眠量が求愛行動を決定する
2014/04 news@nature.com  Female insect uses spiky penis to take charge
2014/04 National Geographic JP 生殖器がオスメス逆転した新種の昆虫
2014/05 読売新聞 雌雄の性的役割逆転の昆虫、北大准教授らが発見
 ブラジルの洞窟 チャタテムシ  トリカヘチャタテ
2014/04 BBC News Whales avoid harassment in shallows
 子をもっている雌のザトウクジラは、セクシャルハラスメントを避けるために浅瀬に向かいます。
2014/04 ABC@オーストラリア 雄ニワシドリは幻想パワーをふるうことによって女をゲットする。 Male bowerbirds master the art of illusion
2014/04 EurekAlert 多くの性的なパートナーがいる雌のショウジョウバエは男性の絶滅を防ぐ重要な役割をプレーしています  Male extinction prevented by promiscuous females
2014/04 EurekAlert  触られた雌のゴキブリは、より速く繁殖します。   'Touched' female cockroaches reproduce faster
雄ユーラシアのカケスは、女パートナーの願望が自身のと異なりうるのを知っています。
2014/03 EurekAlert  Male Eurasian jays know that their female partners' desires can differ from their own
偏っている男女比は鳥で、より多くの混乱、一夫多妻、および離婚を予測します。
2014/03 EurekAlert  Biased sex ratios predict more promiscuity, polygamy and divorce in birds
2014/03 National Geographic JP 性染色体の進化が生物多様性の一因
ヨザルは浮気しない
2014/03 EurekAlert  Owl monkeys don't cheat, Penn study shows
2014/03 National Geographic JP カブトムシの角は矛盾だった
  カブトムシの雄の角は、雄同士の闘 争では長い方がよく、天敵から食われるのを避けるには短い方がよい、という深刻な ジレンマを抱え込んでいる
2014/03 Nature ショウジョウバエのラブソングに見られる秩序あるランダムさ Ordered randomness in fly love songs
2014/03 Nature ショウジョウバエでは動的な感覚の手がかりが求愛歌の構造を変化させる Dynamic sensory cues shape song structure in Drosophila
2014/03 BBC News Peacock sex sounds attract females
 クジャクは、女性の注意を引き付けるためににせのセックス音を出します。
2014/03 BBC News Teenage elephant mums 'are fitter'
 出産したティーンエイジャー象は若死にするが、高齢出産する母親よりは適任
ティーンエイジャーとして出産するアジアゾウが、より年取った母親より若い状態で死にますが、彼らの生涯より大きい家族を育てます
2014/03 EurekAlert  Teen elephant mothers die younger but have bigger families, University of Sheffield research finds
2014/03 LiveScience Iguanas Have Oldest Reptilian Sex Chromosome
 イグアナの1,000以上の種が世界中に存在しています。 今、研究は、恐竜が生きたとき、これらの種の大部分がそれらが1億4000万年前と同じくらい長い間一般的な先祖から引き継いだのと同じ性染色体を共有するのを示しています。
71パーセントの鳴鳥には女性の歌があった
2014/03 EurekAlert  Darwin: It's not all sexual (selection)
2014/03 National Geographic JP 地中からメスを誘う紫のカエル
レーザービームで、ハエはいちゃつきます。 M
  心を変えた装置は求愛にかかわる暑がりな神経経路を動かします。
2014/03 news@nature.com  Laser beam makes flies flirt
eau de male goatの雄ヤギを分析することによって、直接女性と話す柑橘類香料入りの成分を特定
 それは、生殖器官をオンにする雌のヤギの脳に影響します。
2014/02 EurekAlert  Male goat essence really turns the females on
排卵を引き起こすために見つけられたただ一つのフェロモン。
2014/02 news@nature.com  Male scent stimulates female goats’ fertility
2014/03 news@nature.com  Zoology: Pheromone turns on goat brains
情熱の色:  雌のトカゲのオレンジの下腹部は繁殖時期に合図します。
2014/02 EurekAlert Color of passion: Orange underbellies of female lizards signal fertility
2014/02 National Geographic JP 動物は何を考えているのか?
2014/02 LiveScience New Species of Mammal Is a Sex Fiend
 黒の尾をしたantechinusは、セックスのために命を捧げたような有袋類です。 南東のオーストラリアで発見された新しい種の押すは消耗し尽くすまで何時間もセックスします。
2014/02 National Geographic JP ハチドリは歌を変えてメスを呼ぶ?
2014/02 National Geographic JP 恋するキツネザルのペアは匂いもお揃い
2014/02 Nature 統合型生殖周期の収斂進化が単相生活を促進する Convergent evolution of a fused sexual cycle promotes the haploid lifestyle
2014/02 NatureJP 半数体の生活に都合の良い調節戦略
気むずかしいクモは処女を好みます。
2014/02 news@nature.com  Animal behaviour: Picky spiders prefer virgins
ひれ足類動物の雌雄二形が約2700万年前に起こった
2014/02 EurekAlert  Graduate student makes major discovery about seal evolution
母乳は男子用と女子用で異なる
2014/02 ABC@オーストラリア Mother's milk made to order for boys, girls
 母は、彼女らが、息子か娘か気にかけないと言うかもしれませんが、彼女らの母乳はそうでなく言います。
同性愛の進化
2014/02 BBC News The evolutionary puzzle of homosexuality
2014/02 【日本語ブログ】タキキニンを発現するニューロンはショウジョウバエの雄に特異的な攻撃的な性向を制御する
雄ダマジカは、雌鹿の注意を競争するときライバルが交尾期の間に作るうめき声における変化に敏感であり、他の男性が単に口調から引き起こす脅威のレベルを評価できます
2014/02 EurekAlert  Fight or flight? Vocal cues help deer decide during mating season
2014/02 LiveScience Female Mice Choose Mates That Don't Sing Like Dad
2014/02 朝日新聞 父のラブソング嫌う女の子 マウスで確認、近親婚防ぐ?
 麻布大伴侶動物学研究室の菊水健史教授ら
雌のカニが交配するのにおいて可能にして、昇給を若くする身体の部分を形成するのに責任があるワタリガニの眼柄で新しいホルモンを発見
2014/02 EurekAlert  Hormone in crab eyes makes it possible for females to mate and care for their young
2014/02 LiveScience Female Spiders Judge Mates by Their Gift Wrap
雌のParatrechalea ornataクモ 婚姻ギフト 白い絹のラッピング
 南米の準水生のクモの求愛と交配の間に絹のラッピングの役割
2014/02 EurekAlert  White silk wrappings key to female spider's heart
蚊の精液には「嗅覚」があって、蚊がかぎ出すことができる同じ化学物質のいくつかが精液が力泳をさせる
2014/02 EurekAlert  Mosquito sperm have 'sense of smell'
2014/02 LiveScience Mosquito Sperm Have 'Sense of Smell'
2014/01 【日本語ブログ】メダカの雌が見知った雄を配偶者として選択する行動の神経基盤
2014/01 Science 交配は線虫の母親を縮退と死に導く
2014/01 Science 線虫において雄は分泌物を介して雌雄同体の寿命を短縮させる

2014/01 Science ショウジョウバエの寿命と生理機能は性的な知覚と報酬により調節される
2014/01 Nature 兄弟愛は雌の役に立つ Brotherly love benefits females
2014/01 Nature ショウジョウバエでは集団内の雄の血縁性が雌への危害を低減する Within-group male relatedness reduces harm to females in Drosophila
2014/01 NatureJP 繁殖のことなら兄弟は協力し合う
キツネザル恋人は彼らのにおいを同期させます。
2014/01 EurekAlert  Lemur lovers sync their scents
危険なさざ波: カエルのラブソングは災いの種を呼び出すかもしれません。
  雄tungaraカエルは、女性を引き付けるために水溜まりから呼びます。 彼らの呼び出しは偶然にさざ波を引き起こします。
  カエルを食べるこうもりによって、さざ波が犠牲の位置特定に使用される
2014/01 EurekAlert  Risky ripples: Frog's love song may summon kiss of death
2014/01 EurekAlert  Bats use water ripples to hunt frogs
2014/01 Science 多感覚に訴える性的ディスプレイは危険を伴う波動によりコウモリやカエルに傍受される
2014/01 ABC@オーストラリア A frog's love song is a bat's dinner bell
2014/01 EurekAlert  Does it pay to be a lover or a fighter? It depends on how you woo females
  where animals fall on the lover/fighter scale depends on how much they are able to ensure continued mating rights with females.
 好くか嫌うかスケールは、どの程度持続関係を確保できるかしだい

好いた男といっしょになった雌のネズミからの子は実験的な感染によりよく対処できます
2014/01 EurekAlert  Choose your love
彼らの兄弟と同居するハエが、求愛行動の際にメスに与えるダメージが少なめ
2014/01 EurekAlert  Flies with brothers make gentler lovers
 関係ない雄ハエが関連するハエより猛然と女性の注意のために競争している:男性には短い寿命、女性には多産減少をもたらして。
性欲は鳥のアクティブなナイトライフを運転します。
  1日の鳥の動きを研究
  男性がほぼ毎晩活発であった
 メスは発情期にのみ夜の間活発でしたが。
2014/01 EurekAlert  Desire to reproduce drives active nightlife of birds
2014/01 朝日新聞 脳内の女性ホルモン、雄の攻撃性を左右 ウズラで実験
研究はY染色体の終焉の呪いを祓います。
  染色体がなぜそれほどちっぽけであるかを理解するために8アフリカ人と8ヨーロッパ人男性のY染色体を比較
  有害な遺伝子(いわゆる純化淘汰)を取り除きますが、残っている遺伝子のために重要な役割を見つけるためにサイズを強い自然淘汰の結果と考えます
  Yの遺伝子がほとんど重要でなく、染色体がやせ細って消えるように運命づけられているという巷説を晴らして。
2014/01 EurekAlert  Study dispels theories of Y chromosome's demise
2014/01 EurekAlert  The human Y chromosome is not likely to disappear
  人間のY染色体は見えなくなりそうにはありません。
2014/01 Natural selection on human Y chromosomes
群れの南京虫が孤独な南京虫より2.2日間速く成長した 7.3パーセントの重要な違い。
2014/01 EurekAlert  Bed bugs grow faster in groups
2014/01 EurekAlert  セックスは細菌のために重要です。 Sex matters for microbes
  アフリカ睡眠病に原因となる細菌で初めて、交配を観測しました。 トリパノソーマ
2014/01 EurekAlert  Yeast's lifestyle couples mating with meiosis
減数分裂と結婚するイーストのライフスタイルカップル
 カンディダlusitaniae
2014/01 BioToday テストステロンは雄鳥の性的欲求行為・さえずり頻度を高める
2014/01 神経の活性化で配偶行動にいたる Working up the Nerve to Mate
 神経、 特に神経細胞も自分の知っているオスを配偶者として選択するというメスの配偶者選択行動 に一躍を担っている
2014/01 毎日新聞 メダカ:事前に見合いしてから“恋人”に ホルモンが関与
2014/01 毎日新聞 「そばに居続けるオス」 メス脳内に「恋心」のスイッチ
2014/01 読売新聞 オスのそばにいると恋に落ちる?メダカのメス
2014/01 Science 親近なメダカ個体間の交尾選好性における神経学的メカニズム

 以上、 →2014年の記事でした


→ 「性淘汰 性差・性行動の生物学」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー