生物の形態・サイズ:
2013年〜2018年

ほか「生物の形態・サイズ」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2018年11月 目の丸い形ができる仕組みを解明
 「器官の形作り」の理解から再生医療への貢献に期待
 理化学研究所 京都大学 科学技術振興機構 日本医療研究開発機構
 コンピューターシミュレーション:眼杯組織の丸い形を作るためには、組織の場所ごとに細胞が異なる力を生み出す必要がある
2018年11月 Nature 効率的な筋肉が大型動物の長距離移動を可能にする
2018年11月 Nature バイオメカニクス:砂漠に生息するヌーの優れた筋肉と優れたロコモーション Remarkable muscles, remarkable locomotion in desert-dwelling wildebeest
2018年10月 時事通信 11種の遺伝子特定=カブトムシの角形成―基礎生物研など
2018年10月 朝日新聞 カブトムシの角、生え方決める遺伝子特定 進化解析に道
2018年10月【日本語ブログ】アフリカゾウの皮膚の微細な割れ目
2018年10月 Nature アフリカゾウの皮膚に微細な割れ目が広範に見られる理由
2018年09月 Nature 初期の哺乳類が小さかった理由は顎の力学的構造で説明できる可能性がある
2018年09月 Nature 古生物学:哺乳類の顎と中耳の進化において小型化が果たした役割 The role of miniaturization in the evolution of the mammalian jaw and middle ear
2018年09月 Science 鳥類でみられる周期的な体色は,体節を起源とするプレパターン形成を介し確立される
2018年09月 毎日新聞 テントウムシ羽の模様の遺伝子特定 愛知の研究グループ
2018年09月 テントウムシの多様な斑紋を決定する遺伝子の特定に成功 科学技術振興機構 基礎生物学研究所 国立遺伝学研究所
 斑紋のパターンを決定する遺伝子がパニア(pannier)と呼ばれる遺伝子である
 蛹の中期のステージにおいて黒色色素形成領域で働き、黒色色素(メラニン)の合成を促すと同時に赤色色素(カロテノイド)の沈着を抑制する機能をもつ
2018年09月 生き物の形づくりに働く「力感知・力抵抗」機構 上皮細胞が組織応力に応答して並び換わる仕組みを発見 京都大学 日本医療研究開発機構
2018年08月 Science Big mammals slow down to let their nerves catch up
 Study examines why larger animals have slower reflexes than smaller ones  
2018年08月 哺乳類と鳥類の脳サイズ進化に関する新しい法則 総合研究大学院大学
 鳥類と哺乳類は体の大小とは無関係に、同じ大きさの爬虫類・両生類・硬骨魚類と比べて大きな脳サイズ

2018年07月 神戸新聞 管腔臓器の長さや太さ、形成メカニズムを解明 理研と神戸大が共同研究
2018年08月 大学ジャーナル 大型の管腔臓器の長さと太さが決まる仕組みを初めて解明

2018年06月 世界初! 内臓の左右非対称な形をつくる細胞の動きを解明  臓器の再生への応用に期待 神戸大学 大阪大学
2018年06月 Nature 都市化が体サイズに及ぼす影響
2018年06月 Nature 群集生態学:水生および陸生の都市群集における体サイズの移行 Body-size shifts in aquatic and terrestrial urban communities
 都市のヒートアイランド現象に関連した温度上昇によって、代謝コストは高くなり、より小型の体サイズへの移行が駆動される
 生息地の分断化が著しいという特徴があり、こうした環境では移動性の種が有利となる
 サイズと分散との間に正の共変動がある場合には、より小型の種に向かうという一般的な傾向が、より大型の種に対する選別効果によって無効化される
2018年05月 筋線維がなぜ長いのかを発見 筋肉を増強するための新しい治療戦略に期待 京都大学 日本医療研究開発機構
2018年06月 京都新聞 筋肉はなぜ長い?謎の一端解明 京大グループ
2018年05月 オサムシの体サイズ進化はミミズ次第 捕食者の多様化をもたらす餌の多様性 北海道大学
2018年05月 魚の鱗が同じ方向に伸びる仕組み:shhシグナリングの乱れで鱗は「渦」を巻く 国立遺伝学研究所
2018年04月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Scientists uncover the secret behind shimmering seaweed
2018年04月 オオヒメグモの体節形成に関わる縞パターン形成を定量的に解析 生命誌研究館
2018年03月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Sea mammals are huge for a reason
2018年03月 National Geographic Why Do Whales Get So Big? Science May Have an Answer.
2018年03月 LiveScience Why Aren't There Any Supersize Whales?
2018年03月 National Geographic JP  クジラやトドらの大型化、理由を解明、定説覆す






2017年9月 Nature 幹細胞: 定常状態の上皮代謝回転と器官のサイズのフィードバック調節 Feedback regulation of steady-state epithelial turnover and organ size
2017年8月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Why modern horses have only one toe
 As horses became larger, a single robust toe could better resist stress
2017年7月 National Geographic Now Scientists Can Accurately Guess The Speed Of Any Animal
2017年7月 AFP 「最大の動物が最速でない」理由を解明か、研究
 陸上でも水中でも空中でも中型動物は筋肉・筋繊維が少ないながら最速。最高速を決めるのは加速に要する時間。
  加速という無酸素運動に回せるエネルギー蓄積量には上限があり大型は不利
2017年7月 National Geographic JP  最大の動物が最速でないのはなぜ? 新たな計算式
2017年8月 【日本語ブログ】動物の速度の限界要因
2017年5月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Why whales grew to such monster sizes
2017年2月 Nature News Evolution: In selection, size isn't everything
 雪ハタネズミの生物学は、小さいものより自然淘汰が大きい動物性のボディを好んでいるという科学者の仮定を否定するようである。ハタネズミの研究により、選択により、より小さいボディサイズを促進する遺伝の変化が賛成されていたことが示唆される。
2017年1月 BBC News Seeds offer clue to domesticated plants' larger size
2017年1月 東京大学 体型を決める遺伝子 ~ハエの外骨格の変形をつかさどる遺伝子の機能を解明~

2016年12月 EurekAlert Science 皮膚の細胞は何によって毛が生えたり汗をかいたりするようになるのか
2016年12月 朝日新聞 クワガタの大あご、大きさの謎解明 遺伝子の働きが関与
 「エピゲノム」と呼ばれる現象で、大あごや羽の大きさが変化していた
 薬剤で仕組みを調整すれば、極端に立派な大あごを持つクワガタの育成も可能
2016年11月 Nature 齧歯類の縞模様の発生機構
  Developmental mechanisms of stripe patterns in rodents
2016年11月 Science/AAAS Key to zebra stripes may be found in African mouse
2016年11月 Nature News Deciphering the genes that give mammals their stripes and patterns
2016年11月 Nature 哺乳類の体表の模様に関わる遺伝子の解明が進んでいる。
  Deciphering the genes that give mammals their stripes and patterns
2016年11月 時事通信 しま濃淡決める遺伝子=ネズミやリスで発見―国際チーム
2016年6月 スラド ストライプは動きが遅く見える?
 一部のトカゲは体に縞模様を持っているが、この模様にはトカゲ自身の動きを遅く見 せる効果があるという
細菌という最適サイズ
2016-04 Science/AAAS Why bacteria can’t get any bigger—or smaller

2015/07 本川・社会実情データ図録 身体の大きさと気候との関係 身体の大きさは平均気温が低い寒い都道府県ほど大きくなる傾向がある。
2015/06 財経新聞 東北大、節足動物の形作りのメカニズムの一端を解明
 コクヌストモドキ(Tribolium castaneum)を用いて細胞の振る舞いに 着目して解析
2015年6月 Science  Why the seahorse tail is square
2015/04 EurekAlert 砂漠にできる謎のフェアリーサークルと皮膚細胞の共通点
2015/04 財経新聞 ナミブ砂漠のフェアリーサークルと皮膚細胞のパターンに共通点―OIST
2015/04 【日本語ブログ】海洋生物にコープの法則は適用できるか
2015/03 毎日新聞 扁平メダカ:臓器を立体的にする遺伝子を特定
 突然変異で組織が平らにつぶれた「扁平(へんぺい)メダカ」
 臓器などの大きさを制御するたんぱく質「YAP」を作り出す遺伝子に変異
2015/03 財経新聞 岡山大、一番奥の歯は噛み合わせに大きな影響を与えることを明らかに
2015/02 北海道新聞 ダンゴウオ3種、同種の雌雄だった 北大・阿部助教ら発表
2015/02 スラッシュドット ジャパン ダンゴウオ科の3種、実は同じ種だった
2015/02 EurekAlert Animals tend to evolve toward larger size over time, Stanford study finds  動物はとかく大きくなる方向に進化するもんらしい
2015/02 ABC@オーストラリア Sea animals are 'growing larger'
2015/02 EurekAlert 脊椎動物はどのようにそれらのフォームを呈しますか?
 How do vertebrates take on their form?
  顕微鏡観察とmicromechanical実験のおかげで、科学者は、この折り重なりを誘導するパターンが開発の初期段階から存在していると発見しました。 最終形状を動物に与える折り目は、セル領土の間の境界に沿って異なった特性で形成されます。 この仕事は脊椎動物とその結果、それらが発展の間どう現れたかに関する構成のためにメカニズムを解明しました。
2015/02 EurekAlert Cold-blooded animals grow bigger in the warm on land, but smaller in warm water 冷血動物は暖かい陸では大きく育ち、温水では小さく育つ。
2015/02 Medエッジ 「シマウマはなぜシマシマなのか」に新説
 シマウマのシマは暑さ対策のために生まれた
2015/01 National Geographic JP  気温とシマウマの縞模様の意外な関係
 シマウマの縞模様には体温を低く保つ効果
 気温が高ければ高いほど、シマウマの縞の数が多くなる
2014/11 NatureJP 体のパターン形成に関わるToll受容体
2014/11 news@nature.com ヒョウ皮の起源 Conservation genetics: Leopard-skin origins traced
2014/08 スラッシュドット ジャパン 陸で育てたポリプテルスは陸上で活動しやすいように発達する? 魚類と両生類に進化する分岐点にある動物と 考えられている「ポリプテルス」の稚魚を、陸上と水槽という異なる場所で育てその 結果を比較するという実験を行った。その結果、両者は骨格の発育においてそれぞれ 異なる発達をしたという
2014/09 Nature 発生可塑性と四肢類の出現 Developmental plasticity and the origin of tetrapods
 Polypterus
2014/08 Science 指のパターン形成はモルフォゲン勾配により調節されるBmp-Sox9-Wntチューリングネットワークにより制御される
2014/07 National Geographic JP 動物やヒトの頭部形成の仕組み解明
2014/04 EurekAlert  脳のサイズにおける個々の頭蓋骨の開発影響   Brain size influences development of individual cranial bones
2014/04 EurekAlert  Scientists solve the riddle of zebras' stripes シマウマの縞の謎を解決します。
2014/04 ABC@オーストラリア How the zebra earned its stripes
2014/04 【日本語ブログ】シマウマはどうして縞模様をしているのか? 研究者がその謎を解明
2014/04 AFP シマウマが「しま模様」になった謎を解明か、米研究
2014/04 National Geographic JP シマウマの縞の理由、防虫説が最有力?
2014/04 スラッシュドット ジャパン シマウマの縞模様には防虫効果がある?
 吸血昆虫が生息する地域においてシマウマの縞模様 は顕著であり、吸血昆虫がいないもしくは少ない地域では縞模様が確認されないか少ない
 吸血昆虫は黒や白など単色の表面を好み、縞模様を嫌う
2014/04 朝日新聞 シマウマのしま、虫よけ効果? 狙われる部位は濃い模様
ピンからキリまで
2013/06 EurekAlert From minute to massive -- mammal size evolution explained
 科学者は、別の断片を進化論のパズルに追加しました
特定の哺乳動物科が、他のものは小さいままなのに 非常に大きく進化した理由
2013/06 EurekAlert How to stop a trunk and start a tail? The leg has the key
脊椎動物のボディーの中の最も顕著な解剖学的な違いの1つは彼らの首、トランク、およびテールの相対的サイズです。
 体躯から尾へのトランジションが本質的に脚と胎児の排出腔の誘導に関連づけられる
2013/06 Science 形態発生を画像化する:技術的進歩と生物学的理解
2013/06 Science 上皮組織の恒常性と形態発生のメカニズム
2013/06 Science 形態発生のミステリー
2013/06 Science 微生物は動物の形態発生にいかに関与しているか?
2013/06 Science 臓器はいかにして自らが適正な大きさになったことを知るのか?
2013/06 岡山大 有尾両生類の四肢再生を制御する3種類のたんぱく質を発見
2013/06 理研 動物の体を相似形にするメカニズムを発見
  「大きなカエルも小さなカエルも同じ形になる」という長年の謎を解明
2013/01 【日本語サイト】国立遺伝学研究所
 バクテリアの形態を決める仕組みにも、細胞骨格タンパク質が重要


 以上、 →2013年〜2018年の記事でした


→ 「生物の形態・サイズ」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー