性格/性向/感情/幸福感:
2015年1〜6月

ほか「性格/性向/感情/幸福感」の年月別目次

記事庫の新着・更新情報 
グーグルより上手に英語を無料で日本語訳してくれる『エキサイト翻訳』


2015/06 Emotional brains ‘physically different’ to rational ones
 論理脳の人と感情脳の人とでは脳が物理的に異なっている  Monash University
 情動的共感機能のレベルが高かった人は、島葉(音楽や芸術に感情的に反応したり空腹のような体の状態を読み取ったりする)
 認識的共感機能のレベルが高かった人は、中帯状回(社会的情報を処理する脳半球と意思決定を手伝う脳半球をつなぐ脳の部分)
2015/06 Science/AAAS マウスの視神経経路におけるパルブアルブミン発現陽性細胞の興奮性投射は恐怖反応の生起に寄与する
2015/06 O型はアルツハイマー病にかかりにくい?
  ‘O’ blood type is associated with larger grey-matter volumes in the cerebellum   ‘O'血液型は小脳の、より大きい頭脳ボリュームに関連しています。
 ‘O'大人達は小脳の後部の腹側部の中に2個の対称のクラスタにより大きい頭脳ボリュームを持っていました。
  非‘O'大人達は左の海馬状隆起を含む時の、そして、辺縁系の領域に下側のボリューム値を示しました。
2015/06 Medエッジ ギャンブル依存症の人は「思い込み」で衝動的に賭けてしまう、ドイツの研究報告
2015/06 Nature オキシトシンのハードサイエンス
The hard science of oxytocin
2015/06 大笑いする人、クスッと笑う人、笑わない人、「短い遺伝子」が影響していた
 Quick To Laugh Or Smile? It May Be In Your Genes
2015/06 Short Alleles, Bigger Smiles? The Effect of 5-HTTLPR on Positive Emotional Expressions.
2015/06 本川・社会実情データ図録 「チャレンジ」派か、それとも「平穏無事」派か
  年齢を重ねると「平穏無事」派が多くなる。
  時系列では若者の「平穏無事」派、50歳以上の「チャレンジ」派の増加が目立つ
2015/05 BioToday 幸せは匂いを介して伝播しうる〜嫌な気分も同様
2015/05 朝日新聞 「更生」「立ち直り」使わないで ギャンブル依存症患者ら「病気へ偏見生む」
 「ギャンブル依存症は病気であり、個人の資質や性格が原因とみなす表現は解決を遠のかせ、偏見や誤解を生む」
2015/05 Extreme metal music and anger processing
 ヘビメタで鬱憤解消  メタル音楽と怒りの処理
2015/05 Evolution and Human Behavior
 Does a competent leader make a good friend? Conflict, ideology and the psychologies of friendship and followership
 有能なリーダーは良い友人になりますか? 友情とフォロアシップの闘争、イデオロギー、および性格
2015/05 Medエッジ 「完璧主義者」も3つのタイプ ネガティブな面に注意
 「自己指向」
 「社会規定型」
 「他者指向型」 他者が完璧であるよう期待するだけでなく、期待に応えられない者に対しては極めて批判的
2015/05 スラド 他人の不幸を喜ぶ感情、2歳児にも備わっている
2015/05 AFP 赤い服の男性は怒って支配的に見える、英研究
2015/05 NatureJP グッド・タイムズ、バッド・タイムズ:肯定的または否定的な連合は脳内でどのように配線されているのか
2015/05 ワイアードビジョン 性格は「腸内細菌」によって決まる 「サイコ・バイオティクス」
2015/04 Fermented foods, neuroticism, and social anxiety: An interaction model.
 発酵食品、ニューロティシズム、および社会不安: 相互作用モデル。
2015/04 Science/AAAS  Can unrest be predicted?
2015/04 財経新聞 筑波大、雄マウスの攻撃行動の強度を制御しているメカニズムを明らかに
2015/04 NatureJP : オキシトシンと母性行動
 マウスが仔を回収する行動
  オキシトシンが仔の鳴き声への皮質の応答性を調節しており、その働きは左の聴覚野に特異的である
2015/04 Nature 皮質オキシトシンの光と陰
The yin and yang of cortical oxytocin
2015/04 Nature オキシトシンは皮質で抑制のバランスを取ることで母性行動を可能にする
Oxytocin enables maternal behaviour by balancing cortical inhibition





2015/04 CNN.co.jp 鎮痛剤のアセトアミノフェン、喜びも抑える 米研究
2015/04 NatureJP 情緒的な出来事により弱かった記憶が強められる
2015/04 Nature 情緒的な学習によって関連事象の記憶が選択的かつ逆行的に強化される
Emotional learning selec
tively and retroactively strengthens memories for related events
2015/04 Science/AAAS  'Love hormone' turns mothers into moms
2015/04 豪州ABC 'Love drug' ramps up brain's response to baby's cry
2015/04 【日本語ブログ】内向的な人は仕事で「偽りの自分」を演じることに長けている
2015/04 UK Today (JAPAN JOURNALS) 天気と気分の良し悪し、実は無関係!? ただし、コノ場合は別!
2015/03 EurekAlert Education may not improve our life chances of happiness 教育は私たちの幸福の人生機会を改良しないかもしれません。
良い教育を得るのはあなたの幸福の人生機会を改良しないかもしれません
2015/03 NatureJP 視床室傍核と学習・記憶
2015/03 Nature 恐怖記憶の想起に関わる回路の時間的変化
A temporal shift in the circuits mediating retrieval of fear memory
2015/03 Nature 視床室傍核は扁桃体中心核の恐怖回路を制御する
The paraventricular thalamus controls a central amygdala fear circuit
2015/04 【日本語ブログ】恐怖関連記憶についての研究
2015/03 EurekAlert Personality test finds Britain's most extroverted, agreeable and emotionally stable regions 性格検査はイギリスの最も外向的で、快くて感情的に安定した地域を明らかにする
最も好意的で最も協力的なスコットランド。
オープンなロンドン市民。
ウェールズの人々は感情的に最も安定していません。
2015/03 EurekAlert Air pollution linked to increased risk of anxiety and stroke
 不安と脳卒中のリスク増加にリンクされた大気汚染
2015/03 news@nature.com 道徳的な決定で動揺する目の運動
Altering the timing of a decision on the basis of gaze manipulates choices.
凝視に基づいて決定のタイミングを変更すると、選択は操られます。
  Researchers track eye movements to sway moral decisions

2015/03 朝日新聞 傲慢トップは経営リスクか 「人格障害」ビジネス界注目
2015/03 人の感情を読み取る能力のピークは50代
2015/03 忘れっぽさは創造性にとって重要な鍵となる
2015/03 Science  New study questions trope that conservatives are happier than liberals  保守的な人が自由主義者より幸福であるということばのあやに疑義
2015/03 EurekAlert Brain structure varies depending on how trusting people are of others, study shows 人を信用しやすいかどうかによって、脳の構造は異なります。
 信頼をしやすい人は、前頭前野腹内側部が大きかった(社会的な報酬を評価するのに役立つ脳の領域)
2015/03 【日本語ブログ】高度な認識機能における扁桃体の働き
 長期 にわたる報酬の「高度な認識 機能」においても役割を果たしている可能性
悲しい映画は太りやすい
2015/03 EurekAlert Early life stress may cause excess serotonin release resulting in a serotonin deficit
 幼いときのストレスはセロトニンの過剰な放出を引き起こして、のちのセロトニン不足(気分障害)の原因となるのかもしれません。
2015/03 EurekAlert Joslin scientists find direct link between insulin resistance and behavioral disorders
 糖尿病の人々は同じ水準の管理を必要とする他の慢性病より うつや不安障害に傾向があります。
2015/03 EurekAlert Anxious people more apt to make bad decisions amid uncertainty
 不確実性の中に悪い決定をよりする傾向がある心配している人々
 不安が強い人はまずい判断をしがち:どれが偶然でどれが必然なのか、見分けられなくなる
 「毎日の意志決定における重要な技能は、結果につながった動作が、偶発事件かそれとも繰り返されるなら、予期していなかった悪い結果が何か再発しそうなものであるかを判断する能力です。」
2015/02 財経新聞 協力行動の背景に「罪悪感」 脳の前頭前野の機能を解明
 情報通信研究機構、ヒトの協力行動における前頭前野の機能を解明
 前頭前野が感じる罪悪感と扁桃体が感じる不平等感
2015/03 読売新聞 自分の取り分多く…「罪悪感」感じる場所は右脳
 情報通信研究機構の春野雅彦・主任研究員ら
2015/02 EurekAlert Can money buy happiness?: The relationship between money and well-being
  経験的な購買の効果
豊富に関する考えうるマイナス影響
友人に貸す心理学
裕福はどう幸福を異なって思うか。
2015/02 EurekAlert Aggressive boys tend to develop into physically stronger teens 攻撃的な男子は、肉体的により強い十代に発達する傾向があります。
 攻撃的傾向を示している少年が、ティーンエイジャーとして攻撃的でない少年よりすばらしい体力を開発します
2015/02 Medエッジ 魅力的な男性は「冷たい」
 経済的な「独裁者」ゲームや「平等感」スコアといった専門的な方法を使って客観的な 平等主義レベルを測定
 全体的に男性より女性の方が客観的な平等主義レベルが高くなった
 男性では魅力的な人ほど客観的な平等主義レベルが低く、他人からも平等主義には見ら れないという傾向
2015/02 Medエッジ 「オキシトシン」人をポジティブにするホルモン?金沢大学が報告
2015/02 EurekAlert Communicating emotions
 視覚的な合図は音楽によって伝えられる感情の理解におけるはるかに重要な役割を果たします。
  スピーチの理解で果たす役割より
2015/02 EurekAlert Experimenting preteens may have different brain processes
 思春期直前の子供には、そうしない思春期直前の子供のものと異なって利く脳の過程があるかもしれません。
  新規探求傾向 
2015/02 EurekAlert 激怒は心臓に悪い
 Intense anger associated with high risk of heart attack
 心臓発作の危険は怒りの'普通の頻度'パターンより怒りの急性発症後の2時間で8.5倍高い
2015/02 EurekAlert Keep calm, anger can trigger a heart attack!
2015/02 Medエッジ 個人主義は「頭脳労働」から生まれる
2015/02 EurekAlert Brain marker hints at depression, anxiety years later
  科学者は、将来、4年かそれ以上遠いストレスが多い生活上の出来事によってうつや不安症に陥るかどうかを予測できます。 へん桃核と呼ばれる脳の領域を見ることによって
感情反応とストレス耐性の相関
2015/02 EurekAlert Brain's response to angry or fearful faces may reveal vulnerability to stress
 大学生の「脳がどう怒ったか恐ろしい表情の写真に応じるか」と「何カ月もの何年間もの未来の粉砕か財政的な非常時から回復する彼らの能力」の間の相関関係。
2015/02 BioToday [医学] 脅威への扁桃体反応が人生の心配事への耐性の個人差と関連する
2015/02 EurekAlert Shy babies need secure parent bond to help prevent potential teen anxiety
 内気な赤ん坊は、10代の不安障害を発症するのを避ける上で、両親との強いきずなを必要とします
2015/02 EurekAlert Pitt expert talks about teenage brain development at AAAS Annual Meeting
劇的な脳変化は十代の探検とリスクテイキングについて説明できました。 それは、計画しているのを許容して、即座の報酬の必要性を奨励します。 神経科学者は公開討論会と記者会見における彼女の研究について議論しています。
2015/02 Medエッジ 自由人は一番長生き?支持政党や政治的信条が死亡率と関係
2015/02 本川・社会実情データ図録 東アジア諸国の幸福の構図 幸福度の女性優位、高所得者優位は東アジア共通。年齢別では、日本、中国の高齢者優位に対して香港、韓国は若者優位と対照的。既婚者優位が日本の最大の特徴
2015/02 日立、集団の幸福感を測定する技術を開発 Impress Watch
2015/02 AFP 日立、組織の「幸福度」測定センサー開発
 日立ハイテクノロジーズ
 重さ38グラムの名刺型ウェアラブル(装着型)装置
  加速度、温度、湿度、赤外線、照度などのセンサー類
2015/02 Medエッジ 女性の記憶力が男性より優れるのはなぜか、ネガティブな画像への脳の反応に明らかな男女差
2015/02 Medエッジ 学びは「座って」から「歩きながら」へ?教育と健康で効果両立
  「歩くセミナー」の効果としては、屋外 で、学生が教室にいるときのように話をするのに遠慮しなくなった
2015/02 Medエッジ ネガティブなツイートはリスクが高い、Twitterが心筋梗塞など予防?!
 ツイートにネガティブな感情が含まれていると、心臓病のリスク上昇に関係する
2015/02 news@nature.com  Neuroscience: What drives sugar addiction  砂糖への依存症
2015/02 BioToday 視床下部外側-腹側被蓋野経路阻害で抗し難い糖質欲求を封じうる
2015/02 EurekAlert Molecular tag explains differences in brain's response to anger, fear

分子タグは怒らせる脳反応、恐怖の違いについて説明します。

U. バージニア州の研究者は感情的な反応を処理するのに原因となる脳の部分での生体標識と活動との関係を特定


2015/02 ABC@オーストラリア Language proves we're all optimists at heart
言語は、私たちが心底はすべて楽天家であると立証します。
  楽天家原則: 10の異なった言語の最も頻繁に使用された単語の研究は、私たちがいつも人生の明るい面を見ると立証します。
2015/02 ABC@オーストラリア Angry faces may forecast mental health risk
 怒った顔はメンタル・ヘルス危険を予測するかもしれません。
  怒ったか恐ろしい顔の絵への私たちの脳の反応は、ストレスが多い生活上の出来事に対応してうつや不安障害を発症するリスクを予測するのを助けるかもしれません、と新しい研究は示します。
2015/01 ワイアードビジョン  肥満や喫煙よりも「ネガティヴなつぶやき」のほうが心疾患予測の役に立つ
2015/01 MEDエッジ 恐怖を感じない人は、なぜ感じないのか、脳の仕組み特定、ネイチャー誌で報告
  ストレスセンサー「視床下部室傍核」の働きで変化
 「脳由来神経栄養因子(BDNF)」または「トロポミオシン関連キナーゼB」のどちらかを削除すると恐怖が消えた
2015/01 Medエッジ 原因不明の疲労「恐怖感」が元凶に、有力医学誌で報告
2015/01 【日本語ブログ】「軽い恐怖」を感じると記憶力が強化される
2015/01 読売新聞 「恐怖心、判断力を高める」定説と逆の新説発表

 以上、 →2015年1〜6月の記事でした


→ 「性格/性向/感情/幸福感」情報の 年月別目次を表示する










about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー